Home » News » パシフィコ横浜、MICE施設として世界で初めて「IoTお忘れ物自動通知サービス」の提供を開始

News timeline

News
2月 21, 2019

毎年45万人が来場するエルミこうのすの人気イベント 今年も日本一高いピラミッドひな壇が登場 「鴻巣びっくりひな祭り2019」開催

News
2月 21, 2019

2月27日(水)乃村工藝社が、講演会とワークショップを開催 「未来のコミュニティを考える ~復興から学び、つなぐ~」参加者募集

News
2月 20, 2019

注目の『eスポーツ エキシビションマッチ』がライブ・エンタメ業界 日本最大の展示会内で開催

News
2月 20, 2019

2月16日(土)から京都の岡崎と北山で 大規模屋外アートイベントスタート

News
2月 19, 2019

渋谷で“好き”を仕事にする働き方の見本市『MOV市』2/23開催  いなり王子のトークショーやVTuber体験など多彩に展開

News
2月 19, 2019

3月10日(日) 第15回社会起業大学 ソーシャルビジネスグランプリ2019 -ワクワクを「まんなか」に- 開催

News
2月 18, 2019

経済産業省、NEDO及びIoT推進ラボ、「IoT推進ラボ合同イベント」開催

News
2月 18, 2019

断熱展~持続可能な暮らしに向かう、暖かい家~ 開催

News
2月 15, 2019

東京国立博物館「博物館でお花見を」3月12日~4月7日開催  桜にちなむ名品の展示や庭園の開放、イベントも実施

News
2月 15, 2019

最新の終活情報を 見て知って体験できる日本最大級の終活イベントを大田区で開催「終活ファミリーフェスタ2019 in 東京」2019年3月3日

パシフィコ横浜、MICE施設として世界で初めて「IoTお忘れ物自動通知サービス」の提供を開始

国内最大級の複合MICE施設、パシフィコ横浜は、紛失防止サービスを手がけるスタートアップ企業であるMAMORIO株式会社(以下MAMORIO社)と共同で、2018年9月12日(水)本日より、MAMORIO社の提供するIoT Gateway「MAMORIO Spot」を活用した「IoTお忘れ物自動通知サービス」の提供を開始した。本サービスは、MICE施設として、世界に先駆けて提供される。

「MAMORIO」を活用したお忘れ物自動通知サービスの概要について

1. サービス概要 
本サービスは、ユーザーが紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」を財布や鍵などの身の回り品等につけておき、スマートフォン上で「MAMORIOアプリ」をインストールすることで利用できる。
その物品が紛失してしまった際に、MAMORIO Spotが設置されている駅や商業施設等の忘れ物センターに届けられると、MAMORIOの電波を受信し、忘れ物が発見された位置情報を持ち主のスマートフォンに自動的に通知するサービス。
本サービスはMAMORIO社独自のクラウドトラッキング(特許取得済)をベースに作動しており、忘れ物が集約される場所にアンテナを設置することで、忘れ物の発見確率を飛躍的に高めることが期待されている。
MAMORIO Spotは既に多くの大手鉄道会社や商業施設等に導入実績があり、2018年8月末現在で鉄道15社98路線、バス4社308路線でMAMORIOがついた忘れ物を発見する確率を高めている。
パシフィコ横浜以外のMAMORIO Spotに忘れ物が届けられた場合でも、その位置情報が通知される。
※紛失時に、ユーザー自身で「クラウドトラッキング」機能をONにする必要がある。

2. 運用概要 
(1)運用開始日 2018年9月12日~
(2)MAMORIO Spot設置場所 パシフィコ横浜 中央防災センター(遺失物集約所)
(3)対応エリア 国立大ホール、会議センター、展示ホール、アネックスホール、国際協力センター、臨港パーク、ぷかりさん橋、国際交流ゾーン、みなとみらい公共駐車場、臨港パーク駐車場

3. MAMORIOについて(MAMS-001シリーズの場合) 
(1)通信方法  Bluetooth4.0
(2)対応機種  BLEに対応したiOS9、Android4.3以降の機種
(3)サイズ 縦35.5mm×横19.0mm×厚さ2.8mm
(4)有効距離  約60m
(5)電池タイプ リチウム電池、電池寿命約1年間(利用状況による)
(6)希望小売価格 1個3,980円(税別)
(7)販売店舗 MAMORIO社公式ストア、Amazon.co.jpなどのEC\\ECショップ、ヨドバシカメラなどの大手家電量販店、東急ハンズなどの雑貨店など