Home » Interview » Innovatorインタビュー » Innovator #12 京橋ファクトリー  企業とコミュニティとが 出会う価値     −

News timeline

News
10月 20, 2017

東京国際フォーラム開館 20 周年記念イベント「光のアクアリウム」「新たな船出」開催

News
10月 20, 2017

「Japan Content Showcase2017」過去最大出展者数を記録! 10月23日(月)~26日(木)池袋・渋谷会場で開催

インターネット展示会.tv
10月 19, 2017

[ファベックス関西 2017] 屋外設置型ポータブル冷凍庫「-25℃冷凍番」 – 株式会社ユーエン

インターネット展示会.tv
10月 19, 2017

[ファベックス関西 2017] 屋外設置型ポータブル冷凍庫「-25℃冷凍番」 – 株式会社ユーエン

インターネット展示会.tv
10月 19, 2017

[ファベックス関西 2017] 健康志向を背景に業務用途でも需要が上昇中「果汁100% シークヮーサージュース 」 – 南西食品株式会社

インターネット展示会.tv
10月 19, 2017

[ファベックス関西 2017] フィリピン産の豊かな食材を紹介「Food Philippines Taste by Design」 – フィリピン総領事館 商務部

インターネット展示会.tv
10月 19, 2017

[ファベックス関西 2017] 食品工場のための高機能塗り床材 「ピュアクリート」 – 株式会社キューケン

News
10月 19, 2017

第6回共創イベント 陸前高田市が神戸とコラボ!障がい者スポーツの視点から考える、ダイバーシティを実現する官民一体のまちづくりのアイデアを創発するワークショップを開催【イベント開催・参加者募集】

News
10月 19, 2017

渋谷の街がTEAM BEYONDで染まる『BEYOND FES 渋谷』10月20日開幕

News
10月 18, 2017

日本唯一のシェアリングエコノミーの祭典「SHARE SUMMIT 2017」カンファレンスを東京・渋谷にて開催 先着順: 一般オープン枠募集開始

Innovator #12 京橋ファクトリー  企業とコミュニティとが 出会う価値     −

京橋ファクトリー
代表取締役社長 八木 太亮さん
執行役員 COO 前田 裕司さん

 

プロモーションやサンプリングなどをしたい企業と、スポンサーからの協賛を希望するコミュニティやイベント。その両者を結び付けるサービス、それが「スポンサークル」である。

サービス開始の2015 年8 月からわずか1 年強ながら、ランニングサークル、草野球チームといったサークル、料理教室やシェアハウス、女子会などのコミュニティ、さらには各種イベントにおいて、アルコール飲料メーカーやヘアケアメーカーといった企業からの協賛やサンプリングを提供し、マッチングを実現している。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-10-42-01「コミュニティには枕投げ大会や自治体の登録などもあって、実に多種多様です」と話すのは、スポンサークルを運営している(株)京橋ファクトリーの執行役員 COO 前田氏。

同社ではもともとビール好き女性のコミュニティ「ビール女子」を運営し、大手飲料水メーカーから協賛のオファーが絶えなかった。「セグメント化されているコミュニティには企業が価値を感じてくれる。しかしながら、企業がコミュニティを発掘することは難しいし、コミュニティ側から企業へのアプローチも現実的ではない。そんなマッチングしにくい環境にあった両者を結び付けるサービスとして立ち上げました」。現在、コミュニティ・企業の登録数はパートナー企業と合わせて約3,000 にもなる。

 

SNSやWEBメディアの効果で
企業にとって広報やCSにも

ユーザーニーズとしては、コミュニティが企業の協賛を求めているケース、企業が自社のサークルを活性化したいケース、イベントでスポンサーを探しているケースなど様々。「コミュニティ側の運営費削減や無料のプレゼントというところに満足していただいています。企業側は、効率的にサンプリングができる、商品やサービスの認知度が広まるという利点に加え、副次的な効果としてwebメディアに取り上げられることでCSR や広報的な効果も発生しています」。

代表取締役社長の八木氏も「当社の事業の中核となるサービスに成長しておりますし、win-win だというところで、コミュニティと企業がタイアップしているという文化が根付くことが理想です。そのためにも、今後とも認知度の向上とサービスの充実を図っていきたい」と話す。今後はイベントの運営も担当するなど、サービスを広げていく考えだ。