Home » News » パシフィコ横浜に2020年春、 国内最大規模の多目的ホール等を有するMICE施設が誕生

パシフィコ横浜に2020年春、 国内最大規模の多目的ホール等を有するMICE施設が誕生

国内最大級の複合MICE施設、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場、所在地:横浜市西区、代表取締役社長:鈴木隆)は、2017年5月22日(月)に、『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』(以下、「新施設」)の予約受付を開始する。

新施設は、パシフィコ横浜展示ホールに隣接して整備されるもので、2020年春に国内最大規模の多目的ホールと全42室の大中小会議室の開業を予定。規模・用途に応じて最大8分割可能な多目的ホールは、大型企業コンベンションの開催に最適なスペースで、記念式典やインセンティブトラベル(報奨・研修旅行)、見本市・展示会、新商品発表会、大型パーティーなどに利用できる。また、施設の拡張により、既存施設と併せて3,000名規模の大型国際会議・学会を2件同時並行で開催することが可能。

・みなとみらいコンベンション施設(仮称)(右)とパシフィコ横浜の既存施設(左)俯瞰
https://www.atpress.ne.jp/releases/128179/img_128179_1.jpg
・施設外観
https://www.atpress.ne.jp/releases/128179/img_128179_2.jpg
・国内最大規模の多目的ホールG1~G8
https://www.atpress.ne.jp/releases/128179/img_128179_3.jpg

■『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』の特徴
1.国内最大規模の多目的ホール
天井高10m、無柱・床面カーペット仕様で、規模・用途に応じて最大8分割できるフレキシブルなスペース
2.大型企業コンベンション(記念式典・インセンティブトラベルなど)の利用に最適
5,000名規模のパーティーをはじめ、記念式典やプライベートショー/新製品発表会、見本市・展示会などの開催が可能
3.3,000名規模の国際会議・学会の開催が可能
既存施設と併せて、3,000名規模の国際会議・学会を2件並行して開催可能

■『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』施設概要
2020年春開業予定(延床面積 約47,000平方メートル、一般駐車場 200台併設)

【G1~G8】※1F
面積  :6,337平方メートル
特徴等 :・国内最大規模の多目的ホール
・天井高10.0m(無柱)
・床面カーペット仕様
・最大8分割可能
収容人数:スクール 約330~4,000名
シアター 約600~6,000名
立食   約500~5,000名
丸卓   約250~2,300名

【G211~G221、G301~G304、G311~G320、G401~G404、G411~G420、ガーデンラウンジA・B・C】
※2F、3F、4F
面積  :78~587平方メートル 計6,185平方メートル
特徴等 :・全42室の大中小会議室
・天井高2.9~5.7m
収容人数:スクール 約40~290名
シアター 約80~480名
ロの字  約30~100名
島組   約30~130名
※詳細は URL: http://www.pacifico.co.jp/planner/facilities/new/tabid/612/Default.aspx

■『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』予約受付開始日
2017年5月22日(月) URL: http://www.pacifico.co.jp/pacifico/inquiry/tabid/346/Default.aspx

■『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』の利用に関する問い合わせ先
パシフィコ横浜 営業推進部
TEL:045-221-2121(平日9:00~12:00、13:00~17:30)