Home » Articles posted by 岡星竜美

News timeline

News
8月 17, 2018

昼はワークプレイス、夜はビアテラスの2つの顔を持つ広大なアウトドア空間!9月10日(月)~17日(祝・月)「品川アウトドアオフィス&ビアテラス on the Green」開催

News
8月 17, 2018

10月31日(水)から11月4日(日)『スマートイルミネーション横浜2018』開催

News
8月 16, 2018

8月18日(土)川崎競馬場、19日(日)調布駅前の2夜連続で、ねぶくろシネマが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを野外無料上映

News
8月 16, 2018

外食業界の課題解決・売上アップのためのヒントが見つかる商談展示会「外食ビジネスウィーク 2018」開催2018年 8月28日(火)~30日(木) 東京ビッグサイト

News
8月 15, 2018

牛肉料理No,1決定戦「牛肉サミット2018ザ・ファイナル!」8月25日(土)26日(日)開催!

News
8月 15, 2018

大規模展示会にて無料の「海外展開相談ブース」を出展

News
8月 14, 2018

神戸雑貨の祭典『KOBE ZAKKA COLLECTION』 9月15日から3日間開催

News
8月 14, 2018

神奈川県下最大級の展示数を誇るキャンピングカー、 秋の祭典が川崎競馬場で9月22日・23日に開催

News
8月 13, 2018

【初開催!】第87回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019 LIFE×DESIGN 注目フェア“START SCANDINAVIA”

News
8月 13, 2018

「パラ駅伝 in TOKYO 2019」開催決定!~健常者と障がい者ランナーがタスキをつなぐ、パラスポーツの一大イベント~第4回大会は、全国規模に拡大してチーム募集案内をスタート

岡星竜美

岡星竜美

岡星竜美 東京富士大学 経営学部イベントプロデュース学科教授 JEPCイベント総合研究所所長 元・電通テック~イベントプロデュース会社シリウスを立ち上げ独立、関わったイベントの中でも、「2002FIFAワールドカップ・バブリックビューイング」(国立競技場)は、カンヌ国際広告祭メディア部門受賞。現在、日本初のイベント学教授として、イベント学研究、人材育成に取り組んでいる。

イベントの正体を探る #6  [ イベントの成果]イベントの成果と”成功”評価とは ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #6  [ イベントの成果]イベントの成果と”成功”評価とは ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

26 2月, 2016

【第6回】イベントの成果

イベントの成果と”成功”評価とは ?

日本初!イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。イベント学を教えるということは、研究対象である”イベントの正体”を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。今回もテンプレート「岡星式:イベントDO具(どうぐ)」をHPからダウンロードできます。今回でシリーズが終わりますので、イベントの正体の6つのフェーズが揃います!

最終回はフェーズ6[イベントの成果]と[評価]についてです。まず、イベントの成果とは何でしょうか。イベントの定義はさまざまですが、最も簡素で普遍的なものが、通商産業省(現経済産業省)のイベント研究会によるものでしょう。

■イベントの定義

イベントとは、何らかの目的を達成するための手段として行う行・催事であるイベントは“目的を達成するための手段である”。ということは“イベントには必ず何らかの目的があり、イベントそのものは目的ではない”ということです。

どんなイベントにも「目的」があり、これらが明確に設定されていないと、実は[成果]も[評価]もわかりません。成果測定も成功評価も、事前に設定された「目的」に対して、達成されたか・されていないかで下されるものだからです。

イベントには主催者がいて、その主催者には必ず「目的」があって、そのための手段としてコンテンツを提供し、イベント全体を構成しています。

ここで、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。イベント実施の「目的」は、実は一つの視点では不足しています。イベントに関わる関係者は、主催者だけではありません。イベントには、制作の主体(主催者)、実際に制作・運営を行うイベント会社など(制作者)、イベントに賛同して参加する地元企業など(出展者)、そして出場したり鑑賞したりする人(参加者)の4者の立場があり、それぞれに異なる「目的」があります。

イベントのステークホルダー(共通の利害関係者)とも言える4者ですので、イベント全体の成功と言う“大目的”の成就を願っていることは間違いありませんが、いざ個々の立場に立ってみると、実はそれぞれに“中目的”や“小目的”があるということがわかります。

かつて「イベントの評価は不可能」と言われたことがありました。その理由は、イベント制作の成り立ちや事情はさまざまであり、その複雑で複層的な要素を全て加味して評価を下すことは困難との解釈でした。この時点での評価者は、イベント外部の第三者を想定していました。

イベントを評価するにあたり、外部の視点で内部の複雑な事情をすべて把握して評価することはむずかしく、また評価するべきではない。また、イベントの持つ「目的」は、主催者・出展者・制作者・参加者ごとに異なるために、一つの視点からの評価は困難…このことが、今までにイベント評価手法が確立しなかったワケではないかと思います。

その後、社会的な風潮として、国際企業や教育機関などで自己点検による自己評価システムが採り入れられたり、国際標準機構によるISO規格の思想が支持されたりしました。この様な流れを受け、イベントの評価は『他者による評価ではなく、自己点検であるならば可能』と思い至りました。

単発のイベントもありますが、毎年定期的に開催する、もしくは何回かのシリーズとして開催するというイベントもあります。そんな場合は、自己点検によるイベントの総合的評価を、次回開催に活かして改善してゆくことが望まれます。

今後、自治体での議会説明やスポンサーへの説明に活用できるようなモデルを、試行錯誤しながら完成させたいと考えています。”説明責任”を果たすために必要な[イベントの成果]そして[評価]の仕方の一つとして、理解していただければと思います。

◯イベントの成果

 

イベントの成果のパワーポイントは下のULRからダウンロードできます。

http://www.event-marketing.co.jp/wp-content/uploads/2016/02/d70f0d38343a760d85c8649b0b47cba2.pptx

イベントの正体を探る #5  [ イベントの責任]イベントを “続ける” ための責任 ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #5  [ イベントの責任]イベントを “続ける” ための責任 ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

26 1月, 2016

【第5回】イベントの責任

イベントを “続ける” ための責任 ?

日本初!イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。イベント学を教えるということは、研究対象である”イベントの正体”を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。今回もテンプレート「岡星式:イベントDO具(どうぐ)」をHPからダウンロードできます。シリーズが終わると、イベントの正体の6つのフェーズが揃いますのでお楽しみに!

後半の第5回目はフェーズ5[イベントの責任]についてです。イベント業界も社会の構成員として、取り組んでいかなくてはならない様々なテーマがあります。その一つが、街の風紀問題です。

近年、なぜだか世界一の盛り上がりをみせてきている東京の「ハロウィン」。特にスゴイのが渋谷のハロウィン。魑魅魍魎?がスクランブル交差点をジャックする光景は圧巻!多くの参加者、観覧者を集客できたわけですのでイベントとしては“大成功”と言いたいところですが、その裏ではいろいろな問題が発生しています。

第一は、街に残された大量のゴミ。ゴミを持ち帰った人も多いと思いますが、それでも祭りの後の渋谷の街はゴミが溢れかえっていました。「来年からハロウィンはやめたほうがよい」等の声も上がるのも仕方がない状況でしょう。

しかし、昼過ぎには渋谷の街はすっかり元通りになっていました。それは、ボランティア団体の若者たちや地域の方が、雨の中、朝からゴミ掃除を行ったのです。なかには、前日ハロウィンを楽しんだ人たちが、仮装姿のままでゴミをひろうという姿もみられました。

行政も積極的に関与しました。渋谷区は早くから『ハロウィンごみゼロ作戦in渋谷実行委員会』を開設、着替えやメイクをするため鏡を備えた9つのテントを渋谷駅近くの公園に設置。また、繁華街の3か所に臨時のゴミ集積所を設けつつ、ゴミは持ち帰るように呼びかけました。

民間企業も動きました。よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、お笑い芸人をリーダーとする『SHIBUYAハロウィン・ゴーストバスターズ』を企画。ハロウィンで出た渋谷のゴミを、若者ボランティアが映画「ゴーストバスターズ」の格好で回収。クリエイターがゴミを再利用しアートの制作から展示をする。その様子は世界に配信されました。ゴミ拾いをエンタメにしてしまうイベントとして、渋谷ならではの新しい試みとして注目されました。楽しいイベントを”続けて”ゆくための基本は、参加者・観覧者が「出したゴミは持ち帰る」ですが、自治体も民間企業もボランティア団体も、みんなが力を合わせて、街を社会を守る意識と体制を持つことが大切かと思います。

今回はゴミ問題を取り上げましたが、環境汚染や暴動といった問題を

引き起こすイベントもなくはありません。イベントも社会の構成員として、「環境」「社会」「経済」への配慮を欠いてはいけません。特にビッグイベントの場合は、与えるインパクトは大きなものがあります。それらは、良いものだけとは限りません。なかには、イエローカードやレッドカードが出されてもおかしくないものもあるかも?イベント業界も、社会に地球に優しい持続可能なイベントを模索しなければなりませんね。”続ける”ために必要な[イベントの責任]として、理解していただければと思います。

 

イベント制作の責任・貢献のパワーポイントは下のULRからダウンロードできます。

http://www.event-marketing.co.jp/wp-content/uploads/2016/02/13bd5548de0a39721c233c22e727099d.pptx

イベントの正体を探る #4  [ イベントの効果]イベントの”見える/見えない”効果 ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #4  [ イベントの効果]イベントの”見える/見えない”効果 ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

28 12月, 2015

【第4回】イベントの効果

イベントの”見える/見えない”効果?

日本初!イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。イベント学を教えるということは、研究対象である“イベントの正体”を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。今回もテンプレート「岡星式:イベントDO具(どうぐ)」をHPからダウンロードできます。シリーズが終わると、イベントの正体の6つのフェーズが揃いますのでお楽しみに!

後半の第4回目はフェーズ4[イベントの効果]についてです。イベントを実施することによる効果はいろいろありますが、まず経済効果が挙げられることでしょう。

イベントの正体を探る #3  [ イベントの制作]イベントの制作を進めるロケット ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #3  [ イベントの制作]イベントの制作を進めるロケット ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

16 12月, 2015

日本初! イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。医学が人体のつくりを知るように、イベント学を教えるということは、研究対象である”イベントの正体”を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。

今回もテンプレート「岡星式:イベントDO具(どうぐ)」をHPからダウンロードできます。シリーズが終わると、イベントの正体の6つのフェーズが揃いますのでお楽しみに!

さて、第3回目はフェーズ③[イベントの制作]についてです。イベントの企画を行う段階から、企画にGOが出て計画を立てる段階へ、準備を進める段階、そしていよいよ本番を実行する段階、終わって報告書を提出する段階までの、一連の制作の流れをまとめてみましょう。

参考になる考え方に、世界的に知られているプロジェクトマネジメントがあります。1960年代、NASA(アメリカ航空宇宙局)が

イベントの正体を探る #2  [ イベントの本体]イベントをつくるピラミッド ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #2  [ イベントの本体]イベントをつくるピラミッド ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

15 12月, 2015

日本初! イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。医学が人体のつくりを知るように、イベント学を教えるということは、研究対象である”イベントの正体”を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。

今回もテンプレート「岡星式:イベントDO具(どうぐ)」をHPからダウンロードできます。シリーズが終わると、イベントの正体の6つのフェーズが揃いますのでお楽しみに!

さて、第2回目はフェーズ②[イベントの本体]についてです。イベントの本体とは、コンテンツそのもの、イベントそれ自体という意味です。

イベントづくりに直接関わる仕事には、大きく5つあると思います。

イベントの正体を探る #1  [ イベントの概要 ]イベントは骨太なゾウ ? 東京富士大学 岡星竜美 教授

イベントの正体を探る #1  [ イベントの概要 ]イベントは骨太なゾウ ? 東京富士大学 岡星竜美 教授 »

14 10月, 2015

 イベントは骨太なゾウ ?

日本の大学で初めて、イベントの学科でイベント学を教えている岡星です。医学が人体のつくりを知るように、イベント学を教えるということは、研究対象である “ イベントの正体 ” を知らなくてはいけません。そこで私は、イベントの正体を6つのフェーズにまとめてみました。

今号から6回にわたり紹介していきますが、毎回テンプレート「岡星式 : イベント DO 具 ( どうぐ )」をWeb サイトからダウンロードできます。シリーズが終わると、イベントの正体の6つのフェーズが揃いますのでお楽しみに! 第1回目は、フェーズ① [ イベントの概要 ] についてです。連日膨大な数のイベントが開催されています。東京で1日に行われるイベントの数は 2,000 件、全国では2~3万件とも言われ、イベントの無い日々は考えられません。一口にイベントと言っても、大はオリンピック・パラリンピックから、小は幼稚園のお遊戯会までさまざまなイベントがありますが、構成要素はみな同じです。 イベントの基本的な構成要素は、