Home » Articles posted by 編集部情報班 (Page 161)
2016年は羽田空港で江戸時代のお正月を味わおう!「新春はねだ江戸まつり2016」開催決定

2016年は羽田空港で江戸時代のお正月を味わおう!「新春はねだ江戸まつり2016」開催決定 »

3 12月, 2015

東京国際空港ターミナル株式会社(本社所在地:東京都大田区羽田空港2-6-5、代表取締役社長:土井勝二)は、2016年1月1日(金)~1月3日(日)の3日間、羽田空港国際線旅客ターミナル(以下、羽田空港)にて「新春はねだ江戸まつり2016」を開催する。「はねだ江戸まつり」は、「江戸」をテーマにしたイベントで、羽田空港内の「江戸小路」および「TOKYO POP TOWN」を中心に、今回で5回目の開催。花魁道中の練り歩きや江戸風パフォーマンスのステージなどを展開し、江戸の町にタイムスリップしたかと錯覚するような体験をすることが出来る。

日本音楽のプロモーション事業 「J-Music LAB」の台北開催が決定

日本音楽のプロモーション事業 「J-Music LAB」の台北開催が決定 »

3 12月, 2015

一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)は、海外における日本音楽のプロモーション事業「J-Music LAB (ジェイ・ミュージックラボ)」を、来年1 月15 日(金)から17 日(日)の3 日間、台湾・台北にて実施する。2013 年にインドネシア・ジャカルタからスタートし、3 年目を迎えた本事業は、今年11 月のタイ・バンコク開催に続き、初めての開催地となる台湾・台北で「J-Music LAB 2016 in Taipei」として開催される。実施する事業は、16日(土)と17日(日)の2日間で行われる日本人アーティスト計8組によるライブパフォーマンスの他に、現地のファンとの交流会や日本音楽に関する情報を展示するブースの設置、日本人アーティストのビデオコンサートなども予定している。

全国新酒鑑評会金賞受賞日本酒集合「第8回福島産直市」12月18〜19日 銀座駅で開催

全国新酒鑑評会金賞受賞日本酒集合「第8回福島産直市」12月18〜19日 銀座駅で開催 »

2 12月, 2015

2015年12月18日(金)と12月19日(土)の2日間、東京メトロ銀座駅構内で、福島の名産品が東京・銀座駅に集合する「第8回福島産直市」が開催される。福島県の一日も早い復旧・復興を願い、福島県産品と観光の支援を継続的に展開する「ふくしま⇔東京キャンペーン」の一環として行われ、今回で8回目の開催。

第8回福島産直市 2015年12月18日(金)~12月19日(土) 18日12:00~20:00 / 19日11:00~17:00 東京メトロ銀座駅 地下1階 日比谷線コンコース

秋田・鳥取「ハタハタフェスティバル2015」東京築地本願寺で開催

秋田・鳥取「ハタハタフェスティバル2015」東京築地本願寺で開催 »

2 12月, 2015

全国有数のハタハタの漁獲量を誇る秋田県と鳥取県が手を組んで自慢のハタハタ料理や地元の名物料理などを楽しんでもらおうと催される、今年で5回目の開催となるハタハタづくしの祭典。30以上のブースが築地本願寺前広場に出店。「しょっつる鍋」や「白ハタ寿司」、「白ハタ炙り丼」、「ハタハタつみれ汁」、「焼きハタハタうどん」、「ハタハタ一夜干し」など、会場に数多くのハタハタ料理が並ぶ。メニューのなかには、ハタハタフェスティバルの会場以外では、なかなか口にすることのできないハタハタのオリジナルメニューも登場。ハタハタ料理のほかにも、ノドグロや白イカ、きりたんぽ鍋、カニ汁など、秋田・鳥取の美味も集結して、地酒やクラフトビールと一緒に楽しむことができる。イベントステージには、山陰海岸学習館ギョギョバイザーのさかなクンや、秋田県出身のメディアプロデューサー元祖爆笑王の出演のほか、なまはげ太鼓、因幡の傘踊りといった伝統芸能も披露される。

東武ファンフェスタ2015 南栗橋工場で開催

東武ファンフェスタ2015 南栗橋工場で開催 »

1 12月, 2015

2015年12月6日(日)埼玉県久喜市の東武鉄道南栗橋車両工場で「東武ファンフェスタ2015」が開催される。南栗橋車両管区内で車両撮影会や工場見学、体験乗車、東武鉄道グッズの限定販売などが楽しめる今年で11回目を迎えるイベント。来場者には、もれなく「6050型オリジナルティッシュケースボックス」がプレゼント。人気の高い「鉄道コレクションシリーズ(鉄コレ)」の「東武鉄道3000系・3050系(新塗装・セイジクリーム)」の先行販売も行われる。

東武ファンフェスタ2015 2015年12月6日(日) 10:00~15:00 ※最終入場は14:30まで 南栗橋車両工場(南栗橋車両管区) 無料 ※雨天決行(荒天中止)

「SEMICON Japan 2015」 12月16日から東京ビッグサイトで開催

「SEMICON Japan 2015」 12月16日から東京ビッグサイトで開催 »

1 12月, 2015

世界を代表するマイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会 「SEMICON Japan 2015」 が 12月16日(水)〜18日(金) 東京ビッグサイトで開催される。今年のSEMICON Japanは、マイクロエレクトロニクスすべてのサプライチェーンを包含する情報ハブとしての発信力をさらに追及。質、量ともに昨年を上回るイベントを目指す。

「SEMICON Japan 2015」の展示会場は、前工程ゾーン(東2-5ホール)、後工程・総合・材料ゾーン(東1・2ホール)の2ゾーンで構成。特別展「WORLD OF IOT」と2つのパビリオンおよび国・地域・自治体系パビリオンの構成は、下記の通り。

特別展「World of IoT」(東3ホール) IoT革命を実現するための製品や技術を提供する企業にハイライトをあてた、世界のSEMICONで唯一の特展。未来を形にするIoT革命のキープレイヤーが世界中から集まり、産業を横断するコラボレーション、テクノロジ創造、ビジネス機会、未来への洞察の機会を提供。 「Manufacturing Innovation Pavilion(製造イノベーションパビリオン)」(東1ホール) 半導体デバイスの高性能化・高速化・コスト低減を実現するためのプロセス技術・製造技術・生産技術、部品・材料技術を集結。 「Sustainable Manufacturing Pavilion(持続可能なモノづくりパビリオン)」(東1ホール) あらゆる産業で重要性が高まる持続可能性。そのひとつの鍵となるIoTデバイスの半導体需要に応える200mmラインへのソリューションを、規制適合や水平分業と共に提案。 国・地域・団体パビリオン 「SEMICON Japan 2015」では、通常ゾーンに、地理的あるいはビジネスセグメント別に次のパビリオンを提供し、グローバルな業界との交流を促進。 ・USパビリオン、・ドイツパビリオン、・モスクワパビリオン、・東北パビリオン、・九州パビリオン、 ・ベンチャービジネスパビリオン、・商工会議所パビリオン

 

SEMICON Japan SuperTHEATER(セミコン・ジャパン スーパーシアター) 会場:会議棟1FレセプションホールA 会期中3日間にわたり、国内外のリーディング企業のトップエグゼクティブ、技術エキスパートや著名アナリストを招き、9つのテーマについて語りつくすキーノートカンファレンスイベント。 TechSTAGE SOUTH(テックステージ・サウス) 会場:東3ホール TechSTAGE NORTH(テックステージ・ノース) 会場:東5ホール 展示会場に設置された2つのTechSTAGEでは、半導体製造技術の最前線を、各分野を代表する第一線技術者が講演するSEMIテクノロジーシンポジウムを中心に、技術情報を提供。 TechSPOT WEST(テックスポット・ウエスト) 会場:東1ホール TechSPOT EAST(テックスポット・イースト) 会場:東3ホール   特別展「WORLD OF IOT」エリア内 東1ホールのパビリオンエリアと、東3ホールの特別展「World of IoT」エリアにステージを設置し、各エリアの出展者が、その製品、技術、サービスを発信。

 

開催概要

名称

SEMICON Japan 2015

会期

2015年12月16日(水)–18日(金)

展示会開催時間

3日間共通 10:00–17:00

会場

東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟

主催

SEMI (Semiconductor Equipment and Materials International)

後援 (予定・順不同)

米国商務省 特定非営利活動法人LED照明推進協議会 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 一般社団法人電子情報技術産業協会 東京商工会議所 一般社団法人日本液晶学会 一般社団法人日本真空学会 日本真空工業会 一般社団法人日本電子回路工業会 一般社団法人日本電子デバイス産業協会 一般社団法人日本半導体製造装置協会 一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会

入場料

Read more

第2回ご当地鍋フェスティバル2015 12月4日(金)から12月6日(日)日比谷公園で開催

第2回ご当地鍋フェスティバル2015 12月4日(金)から12月6日(日)日比谷公園で開催 »

30 11月, 2015

2015年12月4日(金)から12月6日(日)までの3日間、東京・日比谷公園で、旬のお肉・魚介類・野菜・きのこなどを使った、全国各地の特徴ある鍋料理を集めたご当地鍋の祭典「第2回ご当地鍋フェスティバル2015」が開催される。

第二回「ご当地鍋フェスティバル@日比谷公園」 2015年12月4日(金)~12月6日(日) 4日(金) 10:00~20:00 / 5・6日 10:00~17:00 日比谷公園 噴水広場・小音楽堂

【開催延期のお知らせとお詫び】NB-1グランプリ鍋奉行決定戦2015~大鍋で田舎を食べ尽くせ!同時開催:日本の酒蔵~大盤振る舞い2015 in YOYOGI

【開催延期のお知らせとお詫び】NB-1グランプリ鍋奉行決定戦2015~大鍋で田舎を食べ尽くせ!同時開催:日本の酒蔵~大盤振る舞い2015 in YOYOGI »

30 11月, 2015

2015年12月3日(木)~6日(日)に予定していた、「NB-1グランプリ鍋奉行決定戦2015 同時開催:日本の酒蔵~大盤振る舞い2015 in YOYOGI」のイベント開催が延期。延期日程につきましては現在調整中。 ※本件に関してのマスコミ関係者様からの問合せ先 NB-1グランプリ鍋奉行決定戦運営組織委員会 (イベント・バンキング内) プレス担当:山本 携帯080-1473-3350 Mail:eventbanking@email.plala.or.jp

12/6 東日本橋・横山町馬喰町問屋街で「大江戸問屋祭り2015」開催

12/6 東日本橋・横山町馬喰町問屋街で「大江戸問屋祭り2015」開催 »

30 11月, 2015

2015年12月6日(日)、日本最大の現金卸問屋の街・日本橋横山町馬喰町問屋街の新道通りで行われる年に一度のお祭り「第22回大江戸問屋祭り」が開催される。普段は問屋に入ることのできない一般のお客さんが「1日限りの問屋体験」ができるお買物イベント。当日は、横山町馬喰町新道通りの両脇に並ぶ卸問屋の店先に、婦人・紳士服、かばん、アクセサリー、服飾雑貨など多種多様な商品がずらりと並び、卸価格で買い物を楽しむことができる。先着2000名に干支根付がもらえるスタンプラリーや、ジャズパレードなども催される。

東京・芝の増上寺にて「ミャンマー祭り2015」11/28・29 開催

東京・芝の増上寺にて「ミャンマー祭り2015」11/28・29 開催 »

27 11月, 2015

2015年11月28日(土)と11月29日(日)の2日間、東京都港区芝公園の増上寺にて「ミャンマー祭り2015」が開催される。今回で3回目の開催。増上寺の会場では、都内のミャンマー料理店17店が出店する「ミャンマー横丁」や、ワークショップ、伝統工芸品の買い物ができる「ミャンマー市場」、ステージパフォーマンスなどを楽しむことができる。

ミャンマー祭り2015 2015年11月28日(土)~11月29日(日) 28日 10:00~18:00 / 29日 10:00~16:00 増上寺境内、光摂殿講堂

主なフードブースとメニュー ビルマ族、シャン族、モン族、カチン族など、多民族国家ミャンマーならではの多彩なメニューを味わうことができる。 都内のミャンマー料理店17店舗が出店。

ゴールデン バガン ・カオレウン(もち米とじゃがいも団子のバナナの葉包み蒸し トマトソースかけ) ・パーチョ(蒸した太刀魚の納豆ソースかけ) ノング インレイ ・シャンカウスエ(鶏肉入りのシャン風米麺そば) ・牛モツの煮込み(ハチノス、センマイ、シマチョウのスパイシー煮込み) ヤマニャ ・モン風モヒンガー(モン風のスパイスの効いた魚スープの米麺そば) ・ピーパラター(豆の粉を焼いた生地に鶏肉とじゃがいもの付け合わせ) オリエンタルキッチン マリカ ・ダンパウ(バター風味の鶏もも肉を載せたサフランライスのドライカレー) ・マリカサラダ(7種類以上の山菜を和えたオリジナルサラダ)

主なイベント ミャンマーの大僧正による人生相談コーナー 北九州市門司港にある日本唯一の本格的ミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」の住職のウィマラ大僧正による、ミャンマー仏教・瞑想指導や人生相談。 アジアンノット ワークショップ ミャンマー南部のカレン州で育ったスタッフによる、紐とビーズだけで作るアジア風ひも飾りの作り方教室。 ミャンマー雑貨の販売 ミャンマーの一部の高僧だけが身につけることができる、藕糸(ぐうし)と呼ばれる蓮の繊維で織った布や、伝統的な化粧品「タナカ」を配合した手作りの石けんなど、ミャンマーの民芸品や特産品の販売。 ロンジー体験 ミャンマーの民族衣装「ロンジー」を会場内でレンタルして、ミャンマー・スタイルで会場を歩くことができる。 タナカ体験 タナカという木の樹皮をすりおろして作る伝統的な化粧品で、日焼け止めとしても愛用される「タナカ」。 ステージパフォーマンス ミャンマーの人気歌手によるライブや、舞踊団による伝統舞踊。

詳しい情報は http://myanmarfestival.org/