Home » Articles posted by 酒井統史

News timeline

News
12月 14, 2018

ランタンアート2018開催

News
12月 14, 2018

【情報処理学会主催】2019年2月5日開催 ソフトウェアジャパン2019「ビッグデータ、IoT、AIでプロフェッショナルを生き残れ」

News
12月 13, 2018

体験型マーケティングを展開する博展が、企業のSDGsの推進を支援する「サステナブル・ブランド国際会議2019東京」を主催

News
12月 13, 2018

横浜みなとみらいが煌めく1日限りのライトアップイベント「TOWERS Milight(タワーズミライト)」12/21開催

News
12月 12, 2018

牡蠣や日本酒を毎日先着500名に振る舞い! 首都圏初開催“瀬戸内グルメ一色”大型イベント 「せとうちグルメフェス」2019/1/12~14@上野恩賜公園

News
12月 12, 2018

もっと柔軟に、効率よく。これからの働き方を考えるイベント  東京都主催「ライフ・ワーク・バランスEXPO東京2019」開催

News
12月 11, 2018

京都国際マンガミュージアムイベント 「荒俣宏館長の節分おばけ☆仮装百鬼夜行」 開催

News
12月 11, 2018

第2回開催 アート・音楽・食 の総合祭『Reborn-Art Festival 2019』2019年8月3日(土)〜9月29日(日) 58日間開催

News
12月 10, 2018

街中がフォトジェニック 12月22日(土)・23日(日)『代官山NOEL2018』開催

News
12月 10, 2018

マジック:ザ・ギャザリング、静岡で日本初の2イベント同時開催 「グランプリ・静岡2018」

酒井統史

酒井統史

酒井統史 有限会社ビディア 代表取締役 展示会というフェイストゥフェイスのマッチングの場と、動画とITを用いたマーケティングを統合することで、費用対効果も上げられるし、お客さんの興味を引いて来場してもらえるようになるし、来れない方にも情報を提供できるし、翻訳でグローバル対応もできるし…と考え動画マーケティングを提唱している。キャズムの谷底から青空を見上げ、はしごとか投げ縄とかを作っている。光明を投げてくれる企業コラボ、大募集中です。

[イベント主催イバラの道] イベントをやることになってしまった!

[イベント主催イバラの道] イベントをやることになってしまった! »

14 9月, 2015

「あ、受かった・・」

「動画マーケティングイバラの道」を執筆しています、ビディアの酒井です。日本商工会議所の補助金、平成26年度補正(平成27年実施) 小規模事業者持続化補助金に採択を頂き、イベントをやることになってしまいました。

この補助金は、3月から足掛け半年、長い道のりでした。実は一度申請して落ち、落胆しておりましたところ、追加募集がかかり、再度応募して採択して頂けたという経緯なのです。膨大な書類に事業戦略をまとめ、数字を計算し、明るい将来予測と事業の社会へのポジティブな効果を文章に入れ込みました。何度も中小企業診断士の先生に赤ペンをもらい、なにくそ~と修正修正を繰り返し書き上げました。

先週の金曜(9月11日)に採択との発表があり、努力が報われた、プランを理解してもらえたという嬉しさがこみ上げる反面、不安がむくむくと湧いてきました。なにせ、イベントの主催など、やったことがないからです。

イベントに人は来るのか?イベントのセミナー講師は集まるのか?その前に、どこで、どうやるのでしょうか?その前の前に、イベントの名前も決めなければ・・。

・・大丈夫なのでしょうか?いや、やばいですね。 皆さん、ご期待ください(何を?)。

採択通知をもらって喜ぶ筆者

動画メールマーケティング イバラの道 #01

動画メールマーケティング イバラの道 #01 »

27 7月, 2015

第1回

フード外食関係の展示会担当者にマーケティングぅ!

 

皆さん、こんにちは。展示会での動画マーケティングを提唱しています、有限会社ビディアの酒井です。

今回は、食品食材・外食・食品加工機器関係の展示会出展担当者に、どの程度、何をマーケティング(集客)しているのか、実際に聞いてみました。今回ヒアリングした会社数は89社になります。

回答頂けたのは6割程度です。

【回答頂けた企業の割合】

 

 

ご回答頂けた企業の内、1.展示会の招待券を郵送、2.営業マンが直接勧誘、3.メールによる招待、4.広告、5.動画マーケティングの各項目について、実施の有無についてお聞きしました。回答は重複ありとなっています。(図1)

図1 イベントへの集客手段(縦軸は%)

招待券の郵送が最も多いのですが、3割程度は郵送も行っていません。その3割は、来場者のみ狙っている、ということでしょうか。担当者がめんどくさいからやってない、という理由でなければいいのですが。また、「営業マンの直接勧誘」と、「メールによる招待」は半数の企業しか行っていません。そして費用をかけた「広告」を行っているところは2割程度です。新規顧客の開拓は、会場に来た来場者を狙え/現場で捕まえろ作戦…と考えるべきでしょうか。オンライン広告業界の皆さん、まだまだ開拓の余地は大きそうですよ! 郵送した招待券の量をヒストグラムで見てみましょう

図2 招待券発送量で並べた頻度分布図(縦軸は招待券発送量)

1,000通以上出すところが2割ぐらいです。ほとんどの会社さんが数百通の規模ですね。最大で1万通出している会社さんも有りました。費用を簡易的に1通100円だとしたら、郵送費だけで100万円ですね!(図2)

残念ながら今回も、動画マーケティングを行っている会社さんはゼロでした…さみしぃ~。イバラの道はまだまだ続きますよぉ~。