Home » top

top

News timeline

News
11月 16, 2018

名古屋発の世界最大級コスプレイベントが東京進出『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定

News
11月 16, 2018

自動車産業分野での海外展開チャンス!自動車CEO商談会を開催 019年1月16日~18日 東京ビッグサイト

News
11月 15, 2018

目指せ、第2のLINE!IoT、AI、VRなどの韓国先鋭ベンチャー40社が東京に集結 韓国最新IT動向セミナー、展示会、ピッチイベント 11月27日(火) 開催

News
11月 15, 2018

東京都アクセラレータプログラム「FinTech / Tech Business Camp Tokyo 2018」24の海外スタートアップによるビジネスプラン発表イベント開催

News
11月 14, 2018

「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継

News
11月 14, 2018

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~2019年3月2日(土)・3日(日) 初開催

News
11月 13, 2018

Inter BEE 2018の歩き方−初日編−

Interview
11月 13, 2018

[インタビュー]「Inter BEE 2018」コンテンツ・サービス切り口へ

インターネット展示会.tv
11月 13, 2018

[第45回 国際福祉機器展 H.C.R. 2018] 自動寝返り支援ベッド「FB-640N」 – フランスベッド株式会社

News
11月 13, 2018

「産業ときめきフェア in EDOGAWA」 江戸川を代表するものづくり企業が集合し11/16~17に開催

名古屋発の世界最大級コスプレイベントが東京進出『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定

名古屋発の世界最大級コスプレイベントが東京進出『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定 »

16 11月, 2018

テレビ愛知・世界コスプレサミットが主催となり、2018年11月11日(日)に日本最大規模の歩行者天国コスプレイベント「ホココス ~南大津通歩行者天国COSPLAY~」が開催された。当日は20万人以上(コスプレおよび撮影参加)が参加。イベント前に行われたトークセッションにはゲストとして、ジャッキー道齋さん、ウサコさん、えなこさんといったWCSに古くからゆかりのあるコスプレイヤーが登壇し、その中で世界コスプレサミット実行委員長の小栗 徳丸より『世界コスプレサミット2019』についての発表があった。

■『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定! 2019年7月27日(土)~7月28日(日)に、東京ドームシティ(運営:株式会社東京ドーム、本社:東京都文京区、代表取締役社長:長岡 勤)をメイン会場としてコスプレを楽しめるイベント『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』の開催が決定。コスプレ撮影はもちろん、「WCS2019 コスプレチャンピオンシップ」に出場する世界41の国・地域(予定)の代表が一同に集結したパフォーマンスステージなど、世界のコスプレイヤーとの交流を楽しめるイベントを予定。また、WCS加盟の各大使・領事にも参加してもらえるようなレセプションも計画中。

●世界コスプレサミットとは 毎年夏季に名古屋・愛知で開催される世界的なコスプレイベント。日本のアニメや漫画などのポップカルチャーを愛する世界各地のコスプレイヤーが名古屋に集結し交流を図るとともに、コスプレイヤー世界一を決める「ワールドコスプレチャンピオンシップ」や、コスプレパレードなど様々な企画を開催。 名古屋市や愛知県、外務省など自治体・行政も主催として参加している。 http://worldcosplaysummit.jp/

自動車産業分野での海外展開チャンス!自動車CEO商談会を開催 019年1月16日~18日 東京ビッグサイト

自動車産業分野での海外展開チャンス!自動車CEO商談会を開催 019年1月16日~18日 東京ビッグサイト »

16 11月, 2018

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:高田坦史)は、日本のものづくり中小企業の海外展開支援の一環として、インドネシア・タイ・ベトナムから自動車部品関連産業に関わる24社の経営者(CEO)等を日本に招聘し、2019年1月16日(本日)から18日(金曜)の3日間、東京ビッグサイトにおいて「自動車CEO商談会」を開催する。

当CEO商談会は前述の3カ国の自動車関連企業と日本のものづくり中小企業の経営者レベルでのネットワーク構築を目的に開催。商談会の実施にあたっては、中小機構が運営するビジネスマッチングサイトJ-GoodTechに登録することで、海外企業への事前の情報発信や希望に応じた商談が優先的に組まれる。また、会場内では海外企業のパネル展示コーナーも併設する。

《開催概要》 ・日時: 平成31年1月16日(水曜)、17日(木曜)、18日(金曜) 開催時間10時~18時(最終日は17時で終了) ・会場: 東京ビッグサイト 西ホール2階(東京都江東区有明3-11-1) ブース番号W23-59(「第3回スマート工場EXPO」会場内(注3)) ・申込期間:11月13日(火曜)~12月26日(水曜)(予定) ・参加費:無料 ・応募方法:ウェブサイト(http://www.smrj.go.jp/sme/market/ceo/car/index.html)より登録

目指せ、第2のLINE!IoT、AI、VRなどの韓国先鋭ベンチャー40社が東京に集結 韓国最新IT動向セミナー、展示会、ピッチイベント 11月27日(火) 開催

目指せ、第2のLINE!IoT、AI、VRなどの韓国先鋭ベンチャー40社が東京に集結 韓国最新IT動向セミナー、展示会、ピッチイベント 11月27日(火) 開催 »

15 11月, 2018

大韓貿易投資振興公社(以下、KOTRA)は、2018年11月27日に「ザ・プリンス パークタワー東京」(東京都港区)にて、韓国ベンチャー企業の40社の展示会、ピッチ、セミナーイベント(参加費・無料)を開催する。

イベント概要

< 展示会 日程 > 2018年11月27日(火)10:00~18:00 (受付9:30~) < 会場 > ザ・プリンス パークタワー東京「コンベンションホールE・F・G」(東京都港区芝公園4-8-1) < プログラム >  ■10:30~11:10:趙章恩氏 IoT×AIで加速する超スマート社会と韓国の未来 ■13:00~14:00 精鋭企業10社によるスタートアップピッチ ■14:40~15:10 : DAYLI Financial Group 韓国企業のAI最新活用事例と日本での応用 ■15:30~16:50 EdTechが描く日本の英語教育の未来

申し込みと詳細

KOTRA ホームページ http://www.kotrait.or.jp/seminar/itexpo2018a_p.html

*大韓貿易投資振興公社(KOTRA):1962年に設立された韓国の貿易投資振興機関。86カ国・127カ所に、拠点を配置。日本では、東京・大阪・名古屋・福岡の4カ所に貿易館を設置、東京IT支援センターは韓国IT企業のビジネス交流会、展示会の開催などを通じて日韓両国のビジネス拡大のために尽力している。

【本件に関する問合わせ】 企業名: 大韓貿易投資振興公社(KOTRA) 東京IT支援センター 武部誉花 電話番号:03-5501-2847 E-mail: ektakebe@kotra.or.jp

東京都アクセラレータプログラム「FinTech / Tech Business Camp Tokyo 2018」24の海外スタートアップによるビジネスプラン発表イベント開催

東京都アクセラレータプログラム「FinTech / Tech Business Camp Tokyo 2018」24の海外スタートアップによるビジネスプラン発表イベント開催 »

15 11月, 2018

東京都は昨年度に続き、外国スタートアップ企業を対象としたアクセラレータプログラム「Fintech/Tech Business Camp Tokyo 2018」を実施、その集大成となるビジネスプラン発表会を11月26日 (月)、11月27日 (火)に開催する。Day 1(Fintech Day)では、オープニングに小池都知事が登壇するほか、“グローバルのFintechトレンド“を体感できるフィンテック系外国ユニコーン企業のトークセッションを予定。Day2(Tech Day)においても、海外のテックシーンを牽引するインフルエンサー4名によるスタートアップトレンドのパネルディスカッション、テック系外国ユニコーン企業のトークセッションを通じ、“世界におけるTech市場の今”を紹介する。

《アジェンダ》 ■ Day1:Fintech(11/26) 13:40~ 開会の挨拶・記念撮影 東京都知事 小池 百合子 13:50~ 基調講演1 バークレイズ証券株式会社 会長 児玉 哲哉氏 14:10~ 基調講演2 森・濱田松本法律事務所 パートナー、金融革新同友会FINOVATORS 増島 雅和氏 14:30~ 昨年度プログラム参加企業の体験談 元シフト テクノロジー APAC最高執行責任者 Peter Haslebacher氏 14:55~ 11社によるピッチ*1 Fintech Business Camp Tokyo2018 参加スタートアップ11社 16:15~ 外国ユニコーン企業のトークセッション ■パネリスト1: S​y​m​p​h​o​n​y バイスプレジデント、 セールスエンジニアリング 上原 玄之氏 TransferWise Ltd. プロダクト責任者 Kaarel Kuddu氏 ■モデレータ: 株式会社LONGHASH 代表取締役社長 Chris Dai氏 16:45~ 基調講演3 金融庁 総合政策局 総合政策課長 田原 泰雅氏 17:05~ 閉会の挨拶 東京都政策企画局 戦略事業担当部長 田尻 貴裕 17:15~ デモ鑑賞

■ Day2:Tech(11/27) 13:30~ 開会の挨拶 東京都 国家戦略特区推進担当部長 米津 雅史 13:35~ パネルトーク:外国のスタートアップトレンド ■パネリスト: (シンガポール) 36Kr 秘書 兼 チーフライター Wang Jingyu氏 (パリ) Boma 共同設立者 Michel Lévy-Provençal氏 (ロンドン) VC Innovations フィンテックエコシステムディレクター、コンテンツディレクター Elizabeth Lumley氏 (サンフランシスコ) Unconventional Ventures 共同創業者 Bradley Leimer氏 14:45~ 13社によるピッチ*2 Tech Business Camp Tokyo2018参加スタートアップ13社 16:15~ 外国ユニコーン企業のトークセッション ■パネリスト:Slack Japan株式会社 マネジャー, カスタマーサクセス Ray Halvorson氏 ■モデレータ:Plug and Play Shibuya マネジング パートナー Phillip 誠慈 Vincent氏 16:45~ キーノート 内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当) 付 参事官(イノベーション創出環境担当) 付 企画官 石井 芳明氏 17:05~ 閉会の挨拶 東京都

「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継

「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継 »

14 11月, 2018

現地に行けない国内外の記者・ビジネスパーソンが、地域を超えオンライン取材・参加できる!今話題のスタートアップや過去ファイナリストの最新アップデート等、注目セッション多数 (11月15・16日開催)

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下:PR TIMES)は、2018年11月15、16日に東京の渋谷ヒカリエで開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」のVideo-Streaming Partnerとして同イベントのライブ配信を実施する。「TechCrunch Tokyo 2018」は、TechCrunch Japan(運営:Oath Japan株式会社、URL:https://jp.techcrunch.com/)が11月15日(木)、16日(金)に渋谷ヒカリエで開催する日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典。最新テクノロジー、新進気鋭のスタートアップが一堂に会し、昨年は2500名以上の参加者が来場。主な見どころは、国内・海外の著名ゲストスピーカーを迎えての「ファイアーサイド・チャット」やよりカジュアルなトークセッションを中心とする「TC Lounge」、創業3年未満のスタートアップの展示が多数集う「スタートアップデモブース」、そして今年最も輝いているスタートアップを選ぶピッチコンテスト「スタートアップバトル」。

視聴URL1115日) https://www.youtube.com/watch?v=r9rzMg3TzYQ 1116 https://www.youtube.com/watch?v=7ZNtwGaodyE

《ライブ配信予定メディア:日本国内向け》 TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/ PR TIMES https://prtimes.jp/ YouTube  https://www.youtube.com/channel/UCqUl_nj1nQ0_T0iAej8sjfw/ Facebook  https://www.facebook.com/prtimes.tv/ Twitter  https://twitter.com/PRTIMES_TV

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~2019年3月2日(土)・3日(日) 初開催

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~2019年3月2日(土)・3日(日) 初開催 »

14 11月, 2018

株式会社モビリティランドは、2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社との3社共催イベント「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」を開催する。「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」は、メーカーの垣根を越えて、さまざまなモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育むベントとして企画。当日は、国内外の2輪・4輪レースを開催する鈴鹿サーキットを舞台に、TOYOTA GAZOO Racingと Hondaの、それぞれ世界選手権をはじめとするカテゴリーで活躍するマシンやドライバー、ライダーが出演する。

■開催概要 開催日程: 2019年3月2日(土)・3日(日) 開催場所: 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市) 共催: トヨタ自動車株式会社(TOYOTA GAZOO Racing)、本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット 入場料金: 公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で無料 https://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/ ※通常料金:ゆうえんち入園料 大人(中学生以上)1,700円、子ども(小学生)800円、幼児(3歳~未就学児)600円)

Inter BEE 2018の歩き方−初日編−

Inter BEE 2018の歩き方−初日編− »

明日11月14日から16日までの3日間、「(第54回)2018年国際放送機器展」(Inter BEE 2018)が幕張メッセで開催される。ライブ・エンターテインメント業界にとって注目の展示会。イベマケ編集部では体験型映像コンテンツやイベント関係者にオススメの「Inter BEE 2018」の歩き方をまとめた。初日編からご紹介。

 

11月14日(水)

10:30〜11:15 |展示ホール8 INTER BEE CREATIVE内オープンステージでクリエイティブセッションを聴講

「MEDIA × CREATIVE:最先端メディアが切り拓く新たなエンタテインメントの未来」

「INTER BEE CREATIVE」では、主に4K・8K・HDRの映像制作最前線を講演、セッション、出展ゾーンの実機などから、表現手法・テクニックが披露される。オープンステージ初日のセッションで「MEDIA × CREATIVE:最先端メディアが切り拓く新たなエンタテインメントの未来」をテーマに今年3月に実施をされた未来型ライブビューイング「VISIONS」を紹介。「東京ガールズコレクション」とコラボレーションした、この画期的な取り組みがどのような生み出されたのか、その仕掛けを紐解きながら、メディアとクリエイティブが生み出す新しい未来像を探る。

スピーカーに諸石 治之 氏(株式会社IMAGICA GROUPビジネスディベロップメント部 ゼネラルプロデューサー)、丸山 剛一 氏(日本電信電話株式会社研究企画部門 プロデュース担当 担当部長/チーフプロデューサー)、山口 徹也 氏(日本電信電話株式会社研究企画部門 プロデュース担当 担当部長)、山崎 裕司 氏(株式会社NTTドコモ コンシューマービジネス推進部 デジタルコンテンツサービス デジタルコンテンツ企画担当課長)を迎え、モデレーターは月刊イベントマーケティング 編集長の樋口陽子(株式会社MICE研究所)が務める。

ここで新しいライブビューイングの未来を共有できそうだ。

 

11:20頃〜 |INTER BEE CREATIVE MEET-UPのFireSide ChatでさきほどのクリエイティブセッションスピーカーとのQ&Aへ

「MEDIA × CREATIVE:最先端メディアが切り拓く新たなエンタテインメントの未来」のスピーカーへのQ&AはINTER BEE CREATIVE MEET-UPのFireSide Chatへ。クリエイティブセッションでは、直接スピーカーと対話ができるコーナーを隣接する芝生エリア内に設置。より詳しい情報交換やネットワーキングを楽しむことができる。

 

11:50頃〜 |INTER BEE CREATIVE MEET-UP隣のNTTドコモブースのINTER BEE 5G体験へ

「MEDIA × CREATIVE:最先端メディアが切り拓く新たなエンタテインメントの未来」のセッションでもキーワードとなった5G(第5世代移動通信システム)を実際に体感。5Gデモバスではユースケースとして期待されるメディア&エンターテインメント分野での活用の可能性をバス内部で体験することができる。

 

12:30〜13:45|現場のパワーの源!ロケ弁グランプリ

Inter BEEの名物イベント・ロケ弁グランプリが今年も開催。 新たな店も加わり、厳選12店舗がバラエティ豊かに競演します。 イベントもテレビ制作も、影の主役はお弁当!

 

14:00〜14:45|イベント関係者必見!展示ホール8 INTER BEE CREATIVE内オープンステージでクリエイティブセッション

映画監督をめざした先に 〜「カランコエの花」の監督にきく〜

実は「カランコエの花」の中川 駿監督は、映画監督になる前イベント会社に勤務していた。社内の歓送迎会イベントでは映像づくりを担当しており、そこでの経験で映像づくりに目覚めて映画監督になったという。進行は当時イベント会社の先輩だった株式会社stand up A guy’s代表取締役の竹倉 寛敦 氏が務める。

 

映画監督 中川駿さん    Stand up A guys 竹倉 寛敦さん

 

15:00〜16:30|展示ホール視察 (株)タケナカ     LEDプロジェクタを使用したステージを組んで2つの新しい演出を披露する。 1)メディアインタラクティブチームによる「Join Visual」 2)ライブメディアチームによる「スマートステージ」

〜17:30|MEET UPエリアでオリジナルビールを味わう

クラフトビール INTER BEER 登場!!  会場内だけの限定販売!! ビール片手に、初日を振り返るも良し、明日の作戦を立てるのも良し。

[インタビュー]「Inter BEE 2018」コンテンツ・サービス切り口へ

[インタビュー]「Inter BEE 2018」コンテンツ・サービス切り口へ »

11月14日から16日までの3日間、「(第54回)2018年国際放送機器展」(Inter BEE 2018)が幕張メッセで開催される。ライブ・エンターテインメント業界にとって注目の展示会。今回の見どころ、今年のキーワードを中心に一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会Inter BEE プロジェクトマネージャー 石崎 芳典さん「Inter BEE 2018」の歩き方をうかがった。

 

新4K8K衛星放送開始直前! 放送事業者9社がメッセージ

12月1日からいよいよ新4K8K衛星放送が開始します。Inter BEE 2018の会期2週間後にサービス開始という直前のタイミングです。放送機器の受像機側であるテレビを市場に投下していく時期。主催団体の(一社)電子情報技術産業協会(JEITA)では、啓発活動の一環として「Inter BEE 2018」でも広く一般に向けて紹介しています。

具体的には、今回、「Inter BEE 2018 Opening & Keynote」として、初めてオープニングセレモニーと基調講演を一体化し、500名規模で実施します。放送サービスの開始について衛星放送事業者9社によるメッセージも紹介されます。展示では、中央エントランスの入り口コーナーと(一社)放送サービス高度化推進協会ブースで4K8Kによって変わる番組コンテンツを、また、NHK/JEITAブースでは、東芝、シャープなどメーカー各社からチューナー搭載の最新テレビの展示と新しい制作フローなどを体験いただけます。4K8Kによる効果には、高精細、高臨場感のある高品質コンテンツで、ライブ映像やスポーツ観戦も没入感ある身近なものになると予想されます。

 

 映像・エンタメ分野でも期待! 2020年サービス開始の5G

2020年に向けてサービスを開始しようとしている5G(第5世代移動通信システム)については、映像・エンターテインメント分野で期待されているテクノロジーです。従来のスマートフォンの100倍の通信速度があると一般に言われています。映画一本が超速でダウンロードできたり、高精細映像もストレスなくストリーミングで受信できたりするなど、映像ビジネスが変わります。 昨年からInter BEEでは通信業者のセッションはありましたが、今回はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信キャリア3社が揃い、それぞれお話いただく「5Gセッション2018」(11/16)の基調講演を行います。NTTドコモブースでは実際に5Gの画像を高精細映像で体験できる5Gデモバスが展示されます。 5Gは高速大容量・同時多発接続・低遅延の特徴があります。コンテンツホルダーさんや映像制作会社さんに体験し、イメージを膨らましていただけたらと思っています。

 

初の同時開催! DIGITAL CONTENT EXPO  

今年はじめてDIGITAL CONTENT EXPOとの同時開催を行います。(一財)デジタルコンテンツ協会さんとしては、今後はよりビジネスとして社会実装されるイベントへのシフトを検討されていました。Inter BEEでは、メディア&エンターテインメント分野の新たなユーザ体験を提示する場として、「コンテンツ」を中核に位置づけ、「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の要素を網羅した「メディア総合イベント」への発展をテーマにしています。この方向性が一致し、スムーズに決定しました。  今回、54回目の開催の目玉として、制作機器のイメージから、コンテンツの切り口、サービスの切り口など、新たな視点がポイントと謳っていること自体が、特徴かと思います。

 

 

「産業ときめきフェア in EDOGAWA」 江戸川を代表するものづくり企業が集合し11/16~17に開催

「産業ときめきフェア in EDOGAWA」 江戸川を代表するものづくり企業が集合し11/16~17に開催 »

13 11月, 2018

2018年11月16日(金)・17日(土)の2日間、タワーホール船堀(東京都江戸川区)にて「第20回産業ときめきフェア in EDOGAWA」が開催される。

■20周年「産業ときめきフェア in EDOGAWA」」について 今年で20回目を迎える本フェアは、区内外の製造業を中心とした130の企業・団体が一堂に会す展示会。展示・実演などを通じて優れた製品・技術力を紹介し、ものづくり体験コーナーなど、一般の方々も楽しめるイベント。今年は20周年記念特別展示として、「IoTで進化するものづくり」をテーマにパネル展示および映像放映を実施予定。

産業ときめきフェア公式ホームページ https://www.city.edogawa.tokyo.jp/tokimeki/index.html

■開催概要 【日時】  2018年11月16日(金)10時00分~17時00分 17日(土)10時00分~16時00分 【会場】  タワーホール船堀(江戸川区船堀4-1-1) 【アクセス】都営新宿線 船堀駅下車 徒歩1分 【入場料】 無料 【出展者数】製造業を中心とする130の企業・団体

2018年11月20日(火)~22日(木)『JAPANTEX2018』開催 テーマは「Japan Style ✕ Interior Beauty プロフェッショナルたちの祭典」

2018年11月20日(火)~22日(木)『JAPANTEX2018』開催 テーマは「Japan Style ✕ Interior Beauty プロフェッショナルたちの祭典」 »

13 11月, 2018

2018年11月20日(火)~22日(木)、東京ビッグサイトにて『JAPANTEX2018』が開催される。テーマは「Japan Style ✕ Interior Beauty プロフェッショナルたちの祭典」。

会期: 2018年11月20日(火)~22日(木) 3日間 開催時間: 10:00~17:00 開催テーマ: Japan Style ✕ Interior Beauty プロフェッショナルたちの祭典 会場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東展示ホール7

〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1 TEL:03-5530-1111

http://www.bigsight.jp 主催: 一般社団法人日本インテリアファブリックス協会 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目3番23号 フクダビル6F TEL:03-3433-4521 FAX:03-3433-7860 http://www.nif.or.jp 一般社団法人日本能率協会 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 http://www.jma.or.jp 合同開催: 第40回 Japan Home & Building Show 第13回 ふるさと建材・家具見本市 第3回 トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア 第2回 団地・マンションリノベーション総合展 第2回 景観・ランドスケープ総合展 アジア・ファニシングフェア 2018東京 S-design /店舗・商業空間デザイン展 2018 ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO 2018 トイレ産業展 2018 HOSPEX Japan 2018 アグロイノベーション 2018 後援: 経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)、 日本国際貿易促進協会、出展国大使館(順不同、申請予定) 協賛: 関連団体に申請予定 出展者数: 250社(予定) [2017年実績 327社] 展示予定規模 585ブース(予定) [2017年実績 650ブース] 来場予定者 70,000名(建築+インテリアWEEK・合同開催全体) 主催・問い合わせ: 一般社団法人日本インテリアファブリックス協会 〒105-0013 東京都港区浜松町2-3-23 フクダビル6F TEL03-3433-4521 FAX03-3433-7860 nif2018@nif.or.jp