Home » Posts tagged "マーケティング"

News timeline

News
11月 19, 2018

ゲームマーケット2018秋 11月24日(土)、25日(日) 東京ビッグサイトにて開催

News
11月 19, 2018

「障害者アートフェスティバル in SONIC」開催 ~見て!感じて!心くすぐるアートの魅力~

News
11月 16, 2018

名古屋発の世界最大級コスプレイベントが東京進出『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定

News
11月 16, 2018

自動車産業分野での海外展開チャンス!自動車CEO商談会を開催 019年1月16日~18日 東京ビッグサイト

News
11月 15, 2018

目指せ、第2のLINE!IoT、AI、VRなどの韓国先鋭ベンチャー40社が東京に集結 韓国最新IT動向セミナー、展示会、ピッチイベント 11月27日(火) 開催

News
11月 15, 2018

東京都アクセラレータプログラム「FinTech / Tech Business Camp Tokyo 2018」24の海外スタートアップによるビジネスプラン発表イベント開催

News
11月 14, 2018

「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継

News
11月 14, 2018

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~2019年3月2日(土)・3日(日) 初開催

News
11月 13, 2018

Inter BEE 2018の歩き方−初日編−

Interview
11月 13, 2018

[インタビュー]「Inter BEE 2018」コンテンツ・サービス切り口へ

第8回「営業を展示会ブースに立たせない理由?  〜B to B マーケター庭山一郎から見た 展示会エトセトラ 

第8回「営業を展示会ブースに立たせない理由?  〜B to B マーケター庭山一郎から見た 展示会エトセトラ  »

24 1月, 2017

私はクライアントに、「展示会のブースの説明要員として営業パーソンを立たせるのは最小限度にしましょう」と提案します。今日はその理由を書いてみましょう。

欧米でも「セールスはハンターだ」という言葉があります。鉄砲を担いで山野を駆け回る猟師のイメージです。 猟師やハンターは比喩ですが、意味するところは動く獲物にしか反応しないということであり、動く獲物とは「6か月以内に注文をくれそう」「お金の匂いがぷんぷんする」「現在使っている製品や、取引しているベンダーに不満を持っている」という案件のことです。こうした条件に合致した案件には営業はアグレッシブに行動してくれます。

しかし、そうしたハンターから見れば展示会で収集する名刺やアンケートは「種」なのです。理屈では「これを大事に育てれば、いつか実がなる」とは理解しているのですが、どう扱って良いかも分からないし、本質的に興味がありません。ですから営業同士でおしゃべりがはじまります。かつて同じ部署で働いた経験があるとか、共通の上司がいるとかの話で盛り上がり、ロゴの入ったポロシャツを着ているのも忘れて話し込んでしまいます。これはとても見苦しいものです。 営業がハンターなら、マーケティングはファーマー(農民)と呼ばれます。荒れ地を耕して畝をつくり、その土地や気候に合った種を蒔き、何年もかけて水や肥料をやり、雑草を抜き、害虫を駆除しながら辛抱強く育てることが出来ます。

ハンターとファーマーの違いは知能指数や運動神経ではなく、この「気質」なのです。

そして、展示会は、マーケティングのサプライチェーンに例えるなら「種蒔き」です。しかも畑の作物のように同じ時期に蒔けば同じように育って秋に一斉に収穫できる作物ではありません。

ほとんどの種は芽を出しませんし、出しても野鳥や山の動物(競合)に食べられてしまいます。だから収穫したい量の数十倍数百倍の種を蒔かなければならないのです。

マーケティングが担当するメールマガジンの平均的なクリック率は1~5%ですが、95% に無視されるこの確率はハンターの気質をもった営業には耐えられないものです。

日本の展示会は、欧米のカンファレンス主体のエグゼクティブ用のものは少なく、数千人、数万人が来場します。ですから商談をするというより、種蒔き、つまり多くのリードデータの収集に適しています。だからこそ私は、展示会のブースには営業を立たせない方が良いと考えているのです。

世界最大級規模の企業主催イベントDreamforceに行ってきた

世界最大級規模の企業主催イベントDreamforceに行ってきた »

8 11月, 2015

(文=尾花 淳 2BC株式会社 代表取締役)

CRMを中心としたIT製品をクラウドで提供しているセールスフォース・ドットコム社が、年次イベントである「Dreamforce2015」をサンフランシスコで、9月15日~18日に渡って開催した。提供する製品の拡充とそのユーザー増加に呼応するように規模が年々拡大しているが、本年は、来場の事前登録が17万人、実施されたセミナー・セッションが1,500、協賛出展企業が400社と、単独企業が主催するイベントとしては名実ともに世界最大級のイベントとなっている。

巨大なコンベンションセンターを中心に、周囲のホテルの宴会場、ショッピングモール内のスペースやカフェまで貸しきり、また、道路も封鎖してステージを作り、道路には会場の案内図をプリントし交差点には会場案内図を持った係員が立っている(施設内ではなく街の交差点ですよ!)など、街中をジャックしてのイベントは否が応でも参加者の気分を盛り上げる。大勢の参加者に宿泊施設も足らず、今年は、豪華客船を港に停泊させて、その客室をホテルかわりにしていたほどだ。これはもちろん、話題作りの側面が大きいだろうが、でも少し予約が遅れると会場まで1時間以上かかるところか、普段の5?6倍の値段で宿泊しなければならない事情を考慮すれば実効性もそこそこあるのだ。

キーノート・スピーチのオープニングではスティービーワンダーが華を添え、中日の夜はライブで盛り上がる・・・と、まぁとてつもないイベントである。本紙の読者からすると、このイベントの企画・演出・運営など学べる点は数多くあるかと思うが、ブランディングにマーケティングに、そして、セリングやユーザーサポートの場としても機能させていることは、規模は難しくとも、参考にしたいところだろう。

マーケティングシステムも提供している同社だが、そこでは例年と比較すると「地に足のついた」展示やセッションだと感じた。これまでの数歩先行くコンセプト押しから、実際にマーケターが実践できる内容を強く押していた。実際のユーザー企業とのQAセッションなどでもレベルの高い質問も数多くでて、データ・ドリブンなマーケティングの本格的な幕開けを予感させた。

 

Twitterアカウントの投稿分析機能を追加~コムニコマーケティングスイート

Twitterアカウントの投稿分析機能を追加~コムニコマーケティングスイート »

ソーシャルメディアマーケティング事業のコムニコ(東京都本社、林雅之代表取締役社長)はこのほど、同社が開発するソーシャルメディアマーケティング運営支援ツール「コムニコマーケティングスイート」(http://products.comnico.jp/cms/jp/service)にTwitterアカウントの投稿分析機能を追加した。これによりFacebookとTwitterの両SNSでの運用が可能となる。

コムニコマーケティングスイートは、

ITpro EXPO2015で展示会出展後の営業フォロー支援ツール無料提供~イノベーション

ITpro EXPO2015で展示会出展後の営業フォロー支援ツール無料提供~イノベーション »

効率的なBtoBマーケティング(企業間取引)の変革を目指すイノベーション(東京本社、富田直人代表取締役)は、日経BP (東京本社、長田公平代表取締役社長)主催の「ITpro EXPO 2015」に出展・協賛した企業を対象に、営業フォロー支援ツール「ListFinder(以下リストファインダー)」(http://promote.list-finder.jp/)を30日間限定で無料提供する。 期間は「ITpro EXPO 2015」終了翌日の2015年10月3日~11月2日の30日間で、1アカウントにつき1ドメインの初期費用(10万円)と月額費用(3万~)が無料となる。

「リストファインダー」は名刺のデジタル化サービスや顧客の一元管理、サイト閲覧企業や個人の可視化などにより、よりニーズの高い見込み顧客への優先的アプローチを可能とするツール。すでにBtoBマーケティングに力を入れる企業450社への導入実績がある。イノベーションでは今後もリストファインダーの機能充実を図り、2017年までに1000社への導入を見込む。リストファインダーの導入価格は初期費用10万円、月額費用3万円~。

今回の無料提供では①サイト閲覧企業と個人の可視化②見込み顧客の一元管理③名刺デジタル化サービス(展示会関連分)④一括メール配信(展示会関連分)の各機能を体験可能。より出展の成果を実感したいという顧客の声を反映した内容となっている。

 

◆ 「ITpro EXPO 2015」開催要項 名称  ITpro EXPO 2015 会期  2015年9月30日(水)~10月2日(金) 10:00~17:30 会場  東京ビッグサイト東4-6ホール、会議棟 主催  日経BP社 後援  総務省、経済産業省、アメリカ合衆国大使館商務部 協力  日本経済新聞社、テレビ東京 入場料 3,000円(税込)※事前登録者、招待券持参者は無料

http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2015/

動画メールマーケティング イバラの道 #01

動画メールマーケティング イバラの道 #01 »

27 7月, 2015

第1回

フード外食関係の展示会担当者にマーケティングぅ!

 

皆さん、こんにちは。展示会での動画マーケティングを提唱しています、有限会社ビディアの酒井です。

今回は、食品食材・外食・食品加工機器関係の展示会出展担当者に、どの程度、何をマーケティング(集客)しているのか、実際に聞いてみました。今回ヒアリングした会社数は89社になります。

回答頂けたのは6割程度です。

【回答頂けた企業の割合】

 

 

ご回答頂けた企業の内、1.展示会の招待券を郵送、2.営業マンが直接勧誘、3.メールによる招待、4.広告、5.動画マーケティングの各項目について、実施の有無についてお聞きしました。回答は重複ありとなっています。(図1)

図1 イベントへの集客手段(縦軸は%)

招待券の郵送が最も多いのですが、3割程度は郵送も行っていません。その3割は、来場者のみ狙っている、ということでしょうか。担当者がめんどくさいからやってない、という理由でなければいいのですが。また、「営業マンの直接勧誘」と、「メールによる招待」は半数の企業しか行っていません。そして費用をかけた「広告」を行っているところは2割程度です。新規顧客の開拓は、会場に来た来場者を狙え/現場で捕まえろ作戦…と考えるべきでしょうか。オンライン広告業界の皆さん、まだまだ開拓の余地は大きそうですよ! 郵送した招待券の量をヒストグラムで見てみましょう

図2 招待券発送量で並べた頻度分布図(縦軸は招待券発送量)

1,000通以上出すところが2割ぐらいです。ほとんどの会社さんが数百通の規模ですね。最大で1万通出している会社さんも有りました。費用を簡易的に1通100円だとしたら、郵送費だけで100万円ですね!(図2)

残念ながら今回も、動画マーケティングを行っている会社さんはゼロでした…さみしぃ~。イバラの道はまだまだ続きますよぉ~。