【PR】このサイトにはプロモーションが含まれます

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング8選【2024年7月最新】|将来性・選び方・時価総額を紹介!

読者A

仮想通貨を買いたいけどおすすめの仮想通貨がぶっちゃけわからない、、、

読者B

銘柄ってどれにすればいいの?

仮想通貨と言われるとビットコインと思う方がいるのかもしれません。

実はビットコイン以外にも仮想通貨は無数にあり、その種類は1万種類を超えています。

そんな1万種類ある仮想通貨の中で自分に最適な仮想通貨を選ぶのは至難の業です。今回はそんな中でおすすめの仮想通貨銘柄について紹介していきます。

仮想通貨買うならコインチェック!
  • 5年連続アプリDL数No.1!※
  • 入出金手数料が無料!
  • 仮想通貨始めるならおすすめの仮想通貨取引所です!

コインチェック

\最短5分で申し込みできます!/

無料でコインチェックに申し込む!

注意

このサイトに記載されている情報は金融庁に認可された暗号資産交換取引所のみを掲載しております。

仮想通貨おすすめランキング8選!

おすすめの仮想通貨8選
  1. ビットコイン(BTC)|仮想通貨の代名詞
  2. イーサリアム(ETH)|魅力的な技術で期待大
  3. リップル(XRP)|国際送金に活用
  4. テザー(USDT)|世界初のステーブルコイン
  5. ソラナ(SOL)|低コスト・高速速度の通貨
  6. ポリゴン(MATIC)|高速かつ低コストの利用が可能
  7. アバランチ(AVAX)|スケーラビリティ問題に対応
  8. サンドボックス(SAND)|ゲーム内通貨として活用

ビットコイン(BTC)|仮想通貨の代名詞

おすすめ銘柄:ビットコイン

ビットコインの特徴
  • 時価総額が全ての仮想通貨で1位
  • 『ビットコイン=仮想通貨』で仮想通貨の代表格
  • 仮想通貨投資で迷ったらとりあえずこれ

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモト(仮名)によって発表された最初の分散型デジタル通貨(仮想通貨)です。

知名度はビットコイン=仮想通貨と言われるほど有名な仮想通貨で、時価総額は2024年4月現在で1位を保持しています。

銀行のような中央機関に管理されておらず、その代わりにビットコインは「ブロックチェーン」という技術を活用しています。

またビットコインの供給量は2100万枚に制限されており需給に基づいて価格の変動が起こります。

資産アシスト編集長

仮想通貨と言ったらこれ!でおすすめの仮想通貨です

通貨名称 ビットコイン(BTC)
時価総額ランキング 1位
発行者 サトシ・ナカモト
発行年月 2009年1月
発行枚数 2100万枚
用途 送金・投資・非中央集権の通貨としての役割など
公式サイト https://bitcoin.org/ja/

イーサリアム(ETH)|魅力的な技術で期待大

おすすめ銘柄:イーサリアム

イーサリアムの特徴
  • 時価総額が2位の仮想通貨
  • ビットコインと異なり発行枚数が制限されてない
  • DAppsやスマートコントラクトが魅力
  • NFT市場で活躍している

イーサリアムはビットコインに続き時価総額が2位の仮想通貨です。

最大の特徴と言えるのが「スマートコントラクト」技術によって情報の改ざんができなくなるといったものです。

時価総額が2位でビットコインは発行枚数を決めていますが、イーサリアムは発行枚数を決めていないといった点が大きく異なります。

また、DApps(分散型アプリケーション)の開発の役割を持っておりブロックチェーン上のプラットファームで最も利用率が高いのも特徴です。

また、NFTの発行と取引にもイーサリアムが活用されていて今後にも期待できます。

資産アシスト編集長

時価総額が2位でビットコインと違い発行枚数がないのが特徴ですね。

通貨名称 イーサリアム(ETH)
時価総額ランキング 2位
発行者 ヴィタリック・ブテリン
発行年月 2015年7月
発行枚数 制限なし
用途 分散型アプリケーション(DApps)の開発、スマートコントラクトの実行、デジタルアセットの発行、デジタル身分証明
公式サイト https://ethereum.org/ja/

リップル(XRP)|国際送金に活用

おすすめ銘柄:リップル

リップルの特徴
  • 送金に特化した暗号資産
  • ブリッジ通貨なので速く安く送金が可能
  • 各国の金融機関や企業に導入されている

リップル(XRP)は送金に特化した仮想通貨(暗号資産)です。

実際にリップルを利用して各国の金融機関や企業などの多種多様な送金サービスに利用されています。

なぜこれほど送金にリップルが使われているかというと速く・安い手数料で送金が可能だからです。リップル登場前の送金ではここがネックでした。

各国の公的な機関から注目を受けている仮想通貨です。

資産アシスト編集長

公的機関にも導入され始めているのがポイントで将来性に期待ですね

通貨名称 リップル(XRP)
時価総額ランキング 7位
発行者 リップル社
発行年月 2013年11月
発行枚数 1000億枚
用途 国際送金
公式サイト https://ripple.com/xrp/

テザー(USDT)|世界初のステーブルコイン

おすすめ銘柄:テザー

のテザー特徴
  • 1USDT=1USDになるように作られている
  • 多くの取引所で基軸通貨として利用
  • 世界初のステーブルコイン

テザーは世界で初のステーブルコインです。ステーブルコインとは価値の安定性を担保するように設計された通貨のことです。(参考:野村證券)

米ドルと連動しており、価格変動が少ないため多くの仮想通貨取引所で基軸通貨として利用されています。

時価総額ランキングも3位の通貨で信頼できる暗号通貨です。

直近では時価総額が1000億ドルを超え注目の通貨です。

資産アシスト編集長

意外と聞き馴染みがない通貨ですが時価総額が1000億ドルを超えて3位です

通貨名称 テザー(USDT)
時価総額ランキング 3位
発行者 ブロック・ピアース
リーヴ・コリンズ
クレーグ・セラーズ
発行年月 2015年2月
発行枚数 36,269,903,037枚
用途 通貨移動など
公式サイト https://tether.to/en/

ソラナ(SOL)|低コスト・高速速度の通貨

おすすめ銘柄:ソラナ

ソラナの特徴
  • 速い取引速度と低コストを実現
  • 長期保有でステーキング報酬がもらえる
  • 相互性を持った暗号資産

ソラナは「PoH(Proof of History:プルーフ・オブ・ヒストリー」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを導入しており、これによって速い処理速度と取引コストを抑えることに成功しています。

他のブロックチェーンと互換性があるのも他にはない強みです。

また長期間の保有によるステーキング報酬もあり、魅力的な暗号資産です。

資産アシスト編集長

長期間のステーキング報酬が非常に

通貨名称 ソラナ(SOL)
時価総額ランキング 5位
発行者 Anatoly Yakovenko
発行年月 2017年
発行枚数 発行上限なし
用途 トランザクション手数料・ステーキング
公式サイト https://solana.com/ja

ポリゴン(MATIC)|高速かつ低コストの利用が可能

ポリゴン(MATIC)

ポリゴンの特徴
  • 高速且つ低コストの利用が可能
  • イーサリアムのセカンドレイヤー
  • ポリゴンのDAOが設立された

ポリゴンはイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決することを目的とした仮想通貨です。

2017年11月にポリゴンラボの4人がポリゴンを発行しました。

2021年の2月にポリゴンからMATIC(マティック)という名称に変更されたのですが今までの名称のポリゴンと呼ぶことも多いです。

ポリゴン(MATIC)を基軸にしたプロジェクトも近年増加していることから、価格の上昇が期待されています。

資産アシスト編集長

ポリゴンも近年注目の仮想通貨です!

通貨名称 ポリゴン(MATIC)
時価総額ランキング 17位
発行者 ジャヤンティ・カナニ
サンディープ・ネイルワル
アヌラグ・アルジュン
ミハイロ・ビェリック
発行年月 2017年11月
発行枚数 10,000,000,000枚
用途 DAO・Polygonネットワークの活用
公式サイト https://polygon.technology/

アバランチ(AVAX)|スケーラビリティ問題に対応

アバランチ(AVAX)

アバランチの特徴
  • DAppsの開発に特化したプラットフォーム
  • スケーラビリティ問題・トランザクション料金問題に対応

アバランチはブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」「トランザクション料金問題」に対応しています。

またDAppsの開発に特化したプラットフォームでありイーサリアムに競合するイーサリアムキラーの1つです。

資産アシスト編集長

イーサリアムキラーの一つということで今後に注目ですね

通貨名称 アバランチ(AVAX)
時価総額ランキング 11位
発行者 Ava Labs社
発行年月 2020年9月
発行枚数 720,000,000 枚
用途 DApps開発
公式サイト https://www.avax.network/

サンドボックス(SAND)|ゲーム内通貨として活用

サンドボックス(SAND)

サンドボックスの特徴
  • The Sandboxのゲーム内通貨として活用されている
  • ゲームを通して仮想通貨が得られるものとしては有名な通貨
  • 2023年にはサウジアラビアのデジタル政府機関との提携

サンドボックス(SAND)はThe Sandboxというプラットフォーム内で通貨として活用することができる仮想通貨です。

The Sandboxの登録ユーザー数は200万人を超え、ピーク時のアクティブユーザー数は100万人を超えるなど、ユーザー基盤が順調に拡大しています。

今後も定期的なアップデートや対応機種の拡大により、さらなる成長が期待されており通貨の価値も上昇する可能性があります。

資産アシスト編集長

ゲームが好きな人にはおすすめな通貨です!

通貨名称 サンドボックス(SAND)
時価総額ランキング 85位
発行者 The Sandbox
発行年月 2011年
発行枚数 制限なし
用途 ゲーム内通貨の役割
公式サイト https://www.sandbox.game/ja/

【初心者必見】おすすめの仮想通貨銘柄の選び方4選

おすすめの仮想通貨の選び方4選

時価総額が高い仮想通貨を選ぶ

時価総額は、仮想通貨の安定性や信頼性を示す指標の一つです。

時価総額が高い仮想通貨は、市場での取引量が多く、流動性が高いため、価格の安定性が比較的高いと考えられます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、時価総額が高い通貨は投資初心者にも適しています。

将来性を参考に選ぶ

将来性を参考に仮想通貨を選ぶのも正しい選択肢です。

将来性を調べるのには、仮想通貨のプロジェクトのビジョンや技術的な強み、実現可能性を調べたり評価することが重要です。

もっとしっかり調べたい方は、買いたいと思っている通貨のプロジェクトが解決しようとしている問題や提供するサービスが今後の市場ニーズに合致しているかを確認しましょう。

そして、プロジェクトチームの実績やパートナーシップも将来性を判断するポイントとなります。

投資対象としての注目度を参考に選ぶ

市場やコミュニティで注目されている仮想通貨は、投資対象としての価値が高まる可能性があります。

実際には仮想通貨の投資家・アナリストの見解をもとに選ぶことが挙げられます。

そのためにはニュースやソーシャルメディア、フォーラムなどでの話題性をチェックし、注目度の高い通貨を選ぶことが重要です。これにより、投資のタイミングを見極める際の参考になります。

希望の仮想通貨が購入できる取引所を選ぶ

希望する仮想通貨が取引されている取引所を選びましょう。

基本的に今回紹介した仮想通貨はこれから紹介する取引所にあるので安心してください。

取引所の信頼性やセキュリティ、取引手数料、ユーザーフレンドリーなインターフェースなども考慮する必要があります。

では次に仮想通貨が買えるおすすめの取引所の紹介をします。

仮想通貨が買えるおすすめの取引所3選

1位:コインチェック|初めての暗号資産におすすめ

コインチェック

コインチェックの特徴
  • 取り扱い通貨が国内最大級!
  • ビットコインの取引手数料が無料!
  • アプリのDL数がNo.1!*

* 対象:国内の暗号資産取引アプリ 期間:2019年1月〜2023年12月 データ協力:AppTweak

コインチェックは、一言でいえば利用者のレベルに関係なく使いやすい仮想通貨取引所です。

スマートフォン用のアプリに定評があり、使いやすさから国内の仮想通貨取引所アプリの中で最もダウンロードされています。

また、各種サービスも充実しており、取り扱い通貨の多さや話題のNFTアートが販売できるマーケットプレイスの開設、サポートの良さなどを考えると1位にふさわしい内容といえます。

ただ、レバレッジ取引がない点や手数料が他の国内取引所に比べて若干高い点に注意が必要です。

仮想通貨を始めるならおすすめの取引所です!

取扱通貨の種類 29通貨
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
パレットトークン(PLT)
サンド(SAND)
ポルカドット(DOT)
フィナンシェトークン(FNCT)
チリーズ(CHZ)
チェーンリンク(LINK)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
ポリゴン(MATIC)
イミュータブル(IMX)
エイプコイン(APE)
アクシーインフィニティ(AXS)
ラップドビットコイン(WBTC)
アバランチ(AVAX)
シバイヌ(SHIB)

\最短5分で申し込みできます!/

Coincheckで口座開設をする!

2位:BITPOINT|アルトコインが豊富でSBIグループ

BITPOINT

BITPOINTの特徴
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料
  • 高機能ツールが充実
  • アルトコインが豊富!

BITPOINTは株式会社ビットポイントジャパンが運営している仮想通貨取引所です。

SBIグループが親会社なのでセキュリティ面等で安心して取引ができます。

特に注目していただきたいポイントは『現物取引にかかる手数料がすべて無料』というところです。

その他にも即時入金手数料・出金手数料・口座管理料などが無料で使えます。 また、「BITPOINT PRO」という高機能ツールが充実しています。 初心者から上級者までおすすめできる取引所です。 また、アルトコインが豊富でもあります。

運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-9
設立 2016年3月3日
資本金 75億3,000万円(2020年9月30日現在)
IR情報 第7期(2022年3月期)事業報告・決算公告
加盟協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 公益社団法人 日本監査役協会
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号

取扱通貨の種類 22種類
取り扱い通貨 ビットコイン/円(BTC/JPY) ゼノ/円(GXE/JPY) シバイヌ/円(SHIB/JPY) ポリゴン/円(MATIC/JPY) クレイ/円(KLAY/JPY) ディープコイン/円(DEP/JPY) ジャスミー/円(JMY/JPY) エイダ/円(ADA/JPY) イーサリアム/円 (ETH/JPY) トロン/円 (TRX/JPY) リップル/円 (XRP/JPY) アイオーエスティー(IOST/JPY) ポルカドット/円(DOT/JPY) チェーンリンク/円(LNK/JPY) ビットコインキャッシュ/円 (BCH/JPY) ベーシックアテンショントークン/円 (BAT/JPY) ライトコイン/円 (LTC/JPY) フレア/円(FLR/JPY)コスモス/円 (ATOM/JPY)トンコイン/円 (TON/JPY)ツバサガバナンストークン/円 (TSUGT/JPY)オシトークン/円 (OSHI/JPY)

BITPOINTで口座開設をする!

3位:SBI VCトレード|安心のSBIグループ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴
  • SBIグループの仮想通貨取引所
  • 500円から購入可能!
  • 各種手数料は無料!

SBI VCトレードはメガバンクSBI新生銀行SBIグループに属する暗号資産取引所です。

取扱い通貨数が少ないのでニッチな暗号通貨を利用したい人には向かないですが、信頼できる暗号資産取引所でおすすめできます。

銀行を運営している会社なので最高水準のセキュリティで安心して取引が可能です。 各種手数料が無料なのも嬉しいですね。

運営会社 SBI VCトレード株式会社
住所 〒106-6021 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
設立 2017年5月26日
資本金 13億5,000万円(資本準備金を含む)
IR情報 第6期事業報告 第6期計算書類
加盟協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(会員番号1011)

取扱通貨の種類 23種類
取り扱い通貨 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC、FLR、OAS、XDC、SHIB、DAI、ATOM、APT、HBAR、ZPG

SBI VCトレードで口座開設をする!

仮想通貨投資をする際の注意点・リスク

仮想通貨投資をする際の注意点・リスク

ボラティリティ(変動性)に注意

仮想通貨市場は他の投資商品に比べて非常にボラティリティが高く、価格が急激に変動することがあります。

このため、短期間で大きな利益を得る可能性がある一方で、大きな損失を被るリスクもあります。

投資を行う際には、価格変動に対する正しい理解と対策が重要です。

常に市場の動向を監視し、適切なタイミングで取引を行うことが求められます。

詐欺・ハッキングに注意

仮想通貨はインターネットを介して取引されるため、詐欺やハッキングのリスクが常に存在します。

信頼できる取引所を選び、二段階認証や冷蔵ウォレットなどのセキュリティ対策を講じることが重要です。

また、偽のICO(Initial Coin Offering)やフィッシングサイトに注意し、公式サイトや信頼できる情報源からの情報を元に行動するようにしましょう。

金融庁に認可された仮想通貨取引所を選ぶことでこれらのリスクを最低限まで防ぐことが可能です。

レバレッジ取引には用心して取引する

レバレッジ取引は、自己資金以上の取引を可能にすることで大きな利益を狙うことができるメリットがある取引です。

特に仮想通貨のようなボラティリティの高い市場では、大きな利益が期待できる反面、同時に大きな損失を招くリスクも伴います。

仮想通貨取引を行う際は過度なレバレッジを避け、自己資金の範囲内でリスクを極力減らした取引を行うことをおすすめします。

【Q&A】おすすめの仮想通貨に関するよくある質問

1000倍を目指せる仮想通貨は?

発見するのが非常に難しいですが1000倍のリターンを目指せる仮想通貨には以下の特徴があります。

1000倍を目指せる仮想通貨の特徴
  • 低時価総額
  • 革新的なコンセプトの仮想通貨
  • バイラルマーケティング
  • タイミングと市場環境

初期段階で時価総額が低い仮想通貨は、大きな成長ポテンシャルを持っています。

また、他のプロジェクトが手をつけていない新しい市場や分野でのユースケースを持つ仮想通貨は、1000倍のリターンを目指せる可能性があります。例えば、分散型金融(DeFi)や非代替性トークン(NFT)市場の成長は、この要素に該当します。

ミームコインのように、コミュニティの力で急速に広がるプロジェクトは、高いリターンを生む可能性があります。ドージコイン(DOGE)やシバイヌ(SHIB)がその例です。

これらの特徴を持つ仮想通貨は、将来的に大きな成長が期待できるものの、リスクも高いため、投資を行う際には十分なリサーチとリスク管理が必要です。

仮想通貨の次のバブルはいつ?

仮想通貨市場のバブルは予測が非常に難しいです。

歴史的にはビットコインの半減期や新しい技術の導入、規制の変化が大きな影響を与えてきました。

例えば、ビットコインの半減期後にはしばしば価格上昇が見られましたが、市場全体の動向や世界的な経済状況も大きな要因となります。

2024年に4回目の半減期が行われ、次の半減期は過去4年おきに半減期が起きていることから2028年だと考えられています。

仮想通貨おすすめ銘柄のまとめ

本記事のまとめは以下の通りでした。

本記事のまとめ
  • 将来性や時価総額がある仮想通貨を選ぶ
  • リスクや危険性に十分注意する
  • 仮想通貨を購入するならコインチェック!

将来性が非常に見込める仮想通貨。

他の金融商品よりも多くのリターンを見込める反面、リスクも存在します。

仮想通貨を選ぶ際にはさまざまな選び方がありますが必ず自分自身でしっかり考えてから投資を行うことが重要です。

仮想通貨を購入する際は国内かつ金融庁に認可された仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

その上でコインチェックでの利用をおすすめします!

仮想通貨買うならコインチェック!
  • 5年連続アプリDL数No.1!※
  • 入出金手数料が無料!
  • 仮想通貨始めるならおすすめの仮想通貨取引所です!

コインチェック

\最短5分で申し込みできます!/

無料でコインチェックに申し込む!