IT分野のカンファレンス「第1回財務・経理・総務展 BOXIL EXPO」が2021年2月24日から26日までの3日間、オンラインEventHubで開催される。主催はスマートキャンプ株式会社。出展企業および参加者の募集をしている。

同展にはバックオフィス領域のDXを支援するソリューションや業務効率化のヒントが出展される。

コロナ禍の新しい生活様式への変化は、政府や企業など様々な領域において、デジタル化の風潮を一層強くなっており、テレワークの推進を背景に、「ペーパーレス化」や「脱・ハンコ」の機運が盛り上がっている。改めて、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を管理するバックオフィス領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性が高まっている。

「BOXIL EXPO 第1回 財務・経理・総務展」は、BOXIL EXPOとしては初となる財務・経理・総務のバックオフィス領域に特化したオンライン展示会。出展企業の各種セミナーを通じて、IT製品を中心に最先端の業務支援サービスに触れる機会を創出し、ソリューションを発見できる場を提供する。各社のサービスについて、直接担当者に、その場で問い合わせることもできる。また、各分野の著名人による基調講演やスペシャルコンテンツも予定されている。

2020年12月10日・11日には、同じくバックオフィス業務の一角を担う人事や労務担当者を対象とした「BOXIL EXPO 2020 人事総合展」を開催し、参加者は3,000名にのぼった。2020年にスマートキャンプが開催した3回のBOXIL EXPOの総出展企業数は130社を超え、総参加者数は15,000名を突破した。

【「BOXIL EXPO 第1回 財務・経理・総務展」開催概要】

開催日:2021年2月24日(水)~26日(金)
場所:オンライン(公式EventHub)
参加費:無料・事前申込制
定員:3,000名
事前申込/特設サイトURL:https://expo.boxil.jp/event/office-2021-winter

【BOXIL EXPOとは】

スマートキャンプが提供する、利用者数国内有数のSaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL SaaS」で培ったノウハウとコンテンツ力を生かし、2020年6月より開催しているオンライン展示会。リアルタイムで配信されるセミナーの視聴から、気になったサービスについて、その場で提供会社の担当者に質問、個別商談もシームレスに進めるのが特長。SaaS(IT製品)を提供する企業が一同に集う展示会の中では日本最大級となり、各回テーマに沿ったコンテンツがそろう。

2021年は、営業・マーケティング、人事などをテーマに全6回の開催を予定しており、多数のビジネスパーソンとソリューションとの出会いを創る。オンライン展示会の特長を生かして、情報の地域間格差をなくすことで、各社の課題に応じたソリューションを提供し、業務の効率化、DXの推進を支援していく。

【スマートキャンプ株式会社】

「BOXIL SaaS」を軸に企業のセールスやマーケティング支援を行う。2019年12月に、株式会社マネーフォワードのグループ会社となり、バックオフィスをサポートする事業も展開している。

 

問合せ先:

公式サイトは
https://expo.boxil.jp/event/office-2021-winter

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る