Home » Articles posted by イベントマーケティング 編集部
社外の「ロールモデル」から学ぶ、プロフェッショナルへのキャリアプラン  ~シリーズ1.外資系人事のプロフェッショナルから本物の人事を知る〜

社外の「ロールモデル」から学ぶ、プロフェッショナルへのキャリアプラン ~シリーズ1.外資系人事のプロフェッショナルから本物の人事を知る〜 »

31 1月, 2020

2019年12月4日(水)、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにて、セミナー形式のイベントが開催された。タイトルは、『社外の「ロールモデル」から学ぶ、プロフェッショナルへのキャリアプラン~シリーズ1.外資系人事のプロフェッショナルから本物の人事を知る〜』。主催は、「イベントの未来をつくる105人」、イベント開催のオーガナイザー達が集い、面白いイベントを仕掛けていく試みを行うコミュニティだ。

 

今回の登壇者は以下の4名。

 

 

松林大輔氏

【プロフィール】株式会社ストリートスマート代表取締役/一般社団法人at Will Work代表理事。“「働き方」を選択できる社会へ”というスローガンのもと、虎ノ門ヒルズで年に数回、「働き方」に絡めたイベントを開催。政界の要人も招くなど、その規模の大きさは日本随一を誇る。コミュニティ「イベントの未来をつくる105人」のボードメンバーである。

 

 

 

安田雅彦氏

【プロフィール】株式会社ラッシュジャパン人事部長。1989年に大学卒業後、新卒でセゾングループ・西友に入社、3年後から人事部勤務となる。1999年に子会社・エルエルビージャパンに出向。その後、2001年にグッチグループジャパン、2008年にジョンション・エンド・ジョンソン、2013にアストラゼネカ、2015にラッシュジャパンに転職を果たし、国内企業・外資系企業の各社において人事部門を担当。現在に至るまで、通算27年間の人事業務経験を持つ。

 

 

佐藤留美氏

【プロフィール】株式会社ニューズピックス副編集長。雙葉学園で学んだのち、青山学院大学に進学、在学中に学生結婚。卒業後、紆余曲折を経て株式会社キャリアデザインセンターに籍を置き、その傍らで副業として執筆業を開始。30代の10年間はフリーランスのライターとして活躍し、「週刊東洋経済」「PRESIDENT (プレジデント)」等で執筆活動を行う。2007年、編集部の立ち上げ当初から経済メディア・ニューズピックスに参画。社内のタレントマネンジメントにも携わっている。

 

杉浦佳浩氏

【プロフィール】代表世話人株式会社®代表取締役。証券会社からキャリアをスタートし、株式会社キーエンスを経て、三井住友海上火災保険株式会社に入社、その後20年間勤務。30代の初頭で「サード・プレイスの重要性」や、「会社内外における仲間の融合」といったテーマについて考えを巡らせたことを契機に、「人と人とを繋げる人でありたい」という自身の活動方針へと至る。現在、人との縁を大切にしながら、数十社を超える会社において顧問として活躍、世話人役を務めている。

 

司会進行役は、松林氏が務めた。イベントは2部構成となっており、第1部は安田氏によるセミナー形式、第2部は安田氏・佐藤氏・杉浦氏・松林氏によるパネルディスカッション形式で進められた。終了後には隣接のスペースで、登壇者を含む参加者同士の交流を目的とした懇親会が催された。

 

 

第1部が幕を開けると、まずは安田氏が登壇。自身の多彩な業界における人事勤務経験を踏まえ、「キャリアドライブの仕方」「組織におけるキャリア開発の方法」「人事の役割の心構え」といったテーマで、話を展開させていった。

後半では、「ビジネスパートナーとしての人事の在り方」や、「これからの社会で求められる人事の姿」といった話題へ。最後に今回の講演の核心である「タレント戦略の立て方」というテーマに迫り、その「基本の考え方」に続き「ビジネスゴールの見極め方とそこへ向けたアプローチ法」「組織力診断のシート形式によるチェック法」「全体像の把握について」「サクセッションプランニング(後継者育成計画)の立て方」「人材育成・獲得計画の立て方」「タレントレビューのための共有・討議の方法」といった、深い学びに溢れた内容で第1部を締めくくった。

そのままの流れで第2部へと移行すると、安田氏に加わる形で佐藤氏と杉浦氏、司会役の松林氏が登壇し、パネルディスカッションが開始された。

 

第2部は、Q&A方式による進行。最初に、スクリーンに映し出されたQRコードを経由して、会場にいる参加者が各々の所持端末から登壇者への質問を送る。すると、それらが再度スクリーンに反映され、最終的に集まった質問内容を会場全体で共有できる、という画期的な方法が取られていた。

 

Q.退職勧奨のプロセスを、ストレートに知りたい。

A.安田氏:退職勧奨をされた側の人が辿る、普遍的な心理の動きというのがある。

1.怒り:「どうして俺が退職勧奨されなければならないんだ」と思う時期。

2.拒絶:退職勧奨をなかったものにしたいがための行動(会議に出ない、メール返信をしないなど)を起こす時期。

3.探索:拒絶するエネルギーを使い果たし、退職金や次の就職先について考え始める時期。

4.受容:退職勧奨を受け入れる時期。

人事の役目は、この4つの心理の動きにきちんと付き合うこと。退職勧奨のアプローチは計4回、1ヶ月ほどの期間で決着をつけるというのが基本となる。

大切なのは、一度肩を叩いたら、最後まで絶対にやり通すこと。これは鉄則で、退職勧奨が退けられる事例があったら甘さが出るし、強い信念を持って切り出した話を簡単に撤回する方が、筋が通らず失礼にあたる。

 

Q.個人の成長にフォーカスしている印象を受ける「タレント戦略」と、組織全体の「課題解決」との相関性について知りたい。

A.安田氏:かつてのタレント戦略には、2つの側面があった。

1つは、「一人の素晴らしいリーダーが、組織を引っ張っていく」という組織モデルを作ること。つまりは、「圧倒的なリーダーを育てていく」という仕組み。

もう1つは、個々人のタレント=ケイパビリティについて、全体で話し合ってレビューしていく過程で、組織の問題解決に繋げていくこと。

しかし、最近の新しい流れでは、「一人のリーダーに頼らず、複数のリーダーを育てていこう」という動きへと変わってきている。個人の成長だけにフォーカスせずに、個々人のタレントへのレビューや、複数のリーダーを育てていく組織全体の過程の中で、「課題の解決」に迫っていくことが大切。

 

Q.素晴らしいリーダーが持っている共通スキルについての見解とは。

A.佐藤氏:これからやってくるAIの時代において、リーダー及び優秀な人とは、「一人で多様なスキルを多く持つ」か、あるいは「多様性を受け入れる土台のある」人。

日本では従来、本業一筋の「職人タイプ」が尊敬されがちだが、これからは、「ワン・スキル・イズ・リスキー」の時代。少し多動気味なほどに、多様なことをやっている人の方が、リーダーとして価値を発揮してくる。たくさんの仕事を兼務できる能力を持っていたり、個人としての「お品書き」、「タグ」が多い人が重宝される時代になっていく。

杉浦氏:かつてドラッカー氏が言っていた話として、「これからは、単一のことしかできない“プロフェッショナル”の時代は終わって、“多様性のあるコミュニケーションが取れる人材”の時代がくるはず」というものがある。私自身の長年の動きにも似たような側面があり、「サード・プレイス」というものについて思いを巡らせつつ活動する中で、社内外に多くの繋がりを作った。結果、「社外上司」や「社外部下」といった存在がたくさんできることで、会社のためにも、個人のキャリアのためにもなっていく、というようなことが起きた。ようやくそういう時代が来たのかと、身を以て感じている。

 

他にも、時間内には受け答えしきれないほどの多くの質問が、積極的に参加者から寄せられた。時に笑いを交え、わかりやすい具体例なども挙げられながら、明るく活気ある雰囲気の中で、会は進行した。閉幕後も、登壇者との対話をさらに深めたい参加者達が各登壇者の周囲に列をなし、懇親会の時間中にも、活発な質疑応答の様子が見受けられた。

(撮影・取材=本田理恵)

 

#LOCAL Meetup 第2回:神奈川県逗子市 財政難と老舗店の跡地利用を考える

#LOCAL Meetup 第2回:神奈川県逗子市 財政難と老舗店の跡地利用を考える »

4 10月, 2019

3月14日、地方創生を考えるコミュニティーイベント「第2回 #LOCAL Meetup」を開催しました。今回は、ゲストスピーカーとして神奈川県逗子市にご登壇いただきました。

#LOCAL Meetupは、地方が抱えるさまざまな課題について、ワークショップ形式で議論するイベントです。毎回自治体の担当者をゲストにお招きし、まちの課題や悩み、目指すべき姿などを参加者に共有し、それをもとに皆でディスカッションします。参加者の皆さまにも、地方への理解を深めて課題をより身近に感じるとともに、自分の経験から得た知見やノウハウをシェアし合う機会としていただくことを目指しています。

#LOCAL Meetupの発起人であり司会進行を務めた伏見学は冒頭で「このイベントの主役はワークショップに参加する皆さん。知っているようで知らない”地方”について考え、アイデアを具現化するきっかけになれば」と話しました。

 

●逗子市が抱える”マクロ”と”ミクロ”の課題

今回は「持続可能なまちづくり 財政難と老舗玩具店の閉店を事例に」をテーマに、逗子市子育て支援課の川嶋名津子さんにお話しいただきました。

マリンスポーツや別荘地としてのイメージがある逗子市ですが、市の収入の半分を占める市税は平成20年度以降減少し、平成28年度の市税収入は平成20年度に比べて約10億円の減少となりました。都心にアクセスが良いベットタウンとして発展してきましたが、住民のライフステージの変化に伴って高齢化が進み、税収の減少に反比例するように社会保障費は大きく増加しています。法人税収入が少なく税収の50%以上を個人市民税が占めるため、今後税収が劇的に増加することも見込めません。こうした背景から2018年、7億円規模の緊急財政対策が敷かれました。

「取り残された親世代が住むまち」ともいえる逗子市のこうした現状を象徴する出来事の一つに、1945年創業の老舗玩具店「のんきや」の存続問題が挙げられます。逗子のメインストリート「銀座通り」にある同店は、かつて放課後の子どもたちの居場所として親しまれた商店街の顔ともいえるお店でしたが、ネット通販や大手量販店への顧客の流出で売り上げが低迷、閉店を検討する事態となりました。

しかしながら、地元の人たちの強い希望もあって、何とかしてのんきやを残そうとする動きがあります。登壇した川嶋さんからは、参加者へ向けて「このような店が生き残るためには? 老舗玩具店のエッセンスを残す活用方法は?」という問いが投げ掛けられました。

 

●ベッドタウンという特徴を逆手に

ワークショップでは、これらマクロ / ミクロの課題に着目し、前半で「どうする財政難!?」を、後半で「老舗おもちゃ屋・のんきやの活性化」をテーマに設定。逗子市出身の方や仕事で”地方”に関わっている方、個人の課題として地方創生を考える方など、様々なバックグラウンドを持つ参加者らが4つのテーブルに分かれ、各テーマにつきそれぞれ約20分間をかけて意見を交わしました。

「どうする財政難!?」のテーマでは、「オフサイトミーティングの聖地・逗子」構想が提案されました。ベッドタウンである逗子から平日の昼間に1万1000人のビジネスマンが流出してしまうという課題に対し、逆に1万1000人のビジネスマンを逗子に呼ぶプランとして、東京から1時間という適度な距離感を生かしたオフサイトやコワーキングスペースでの利用を想定。さらにこれらのキーワードからは“意識高い系”のビジネスマンが連想されるため、迎え入れる旅館や喫茶店にリッチな環境を整えることによって、SNSでの拡散も期待できるという案が出されました。

逗子がコワーキングスペースの設置に適した土地であるというコメントが多く飛び出す中、一戸建てが多くアパートやマンションが極端に少ないというまちの特徴を指摘したグループからは、空き家問題と絡めて逗子への「試し住み」ができる環境を整備してみてはどうかというアイデアが出されました。他にも、身近なインバウンドの流入元として、まずは逗子市内にある米軍住宅の人たちに来てもらえるようなまちにしたいという意見や、夏以外のシーズンにも市外から訪れてくれる人が増えるよう、秋冬のイベントを意識的に仕掛けてみてはどうかという意見が出されました。

 

●老舗玩具店の“役割”を残す

後半のテーマである「老舗おもちゃ屋・のんきやの活性化」では、のんきやを「物に加えて、人・サービスが集まる場にする」という発想を軸にしたアイデアが多く飛び出しました。のんきやが愛される理由ともなっていた店主の人柄に触れ、店主が一人一人におすすめのおもちゃを選んでくれるサブスクリプションモデルのサービスを提供してみてはどうかという声や、店で借りたおもちゃを使って逗子の豊かな自然の中で遊べるような仕組みづくりをしてはどうかという声。

他にも、子育て中の母親同士が悩みを共有したり、地域の人々に相談をしたりするという活用方法が提案されました。また、おもちゃメーカーが新しく開発した商品をどこよりも早く試せるテストマーケティングの場とするアイデアや、サイクリストにとって都心から程よい距離である逗子に本格的なサイクリングショップを作るなど、全く新しいビジネスの場に生まれ変わらせるアイデアも。最後に「のんきやでの良い思い出をもつ大人たちが、今の子どもたちに同じような体験を用意してあげることによって、のんきやの“役割”は100年後も続くことができるのではないか」という意見が出ると、参加者から多く共感の声が聞かれました。

ワークショップ終了後はそのまま懇親会を開催。様々なバックグラウンドをもつ参加者同士で交流を楽しみました。#LOCALは今後も、多くの方にご参加いただくことによって、多様なアイデアが生まれる場の創出を目指します。

(撮影・文=#LOCAL Meetup)

 

 

イベントの未来をつくる105人 メンバー紹介

イベントの未来をつくる105人 メンバー紹介 »

24 5月, 2019

イベントの未来をつくる105人のコミュニティページ。ボードメンバー紹介です。

イベントの未来をつくる105人とは

イベントの未来をつくる105人とは »

24 5月, 2019
ミッション ◆ 10 年後のイベントの未来を創っていこう ◆ イベントの大切に残していきたいことを明確にしよう ◆ 未来のイベンテイナーを輩出しよう ◆ 関わる全ての人それぞれがコミュニティになろう ◆ 互いに尊敬しあえ
京都国際マンガミュージアムイベント 「荒俣宏館長の節分おばけ☆仮装百鬼夜行」 開催

京都国際マンガミュージアムイベント 「荒俣宏館長の節分おばけ☆仮装百鬼夜行」 開催 »

11 12月, 2018

京都国際マンガミュージアムが、妖怪への造詣が深い荒俣宏館長監修のもと、仮装イベント「荒俣宏館長の節分おばけ☆仮装百鬼夜行」を開催する。当日は、仮装した参加者が京都国際マンガミュージアムと元離宮二条城間を荒俣館長とともにパレードで往復する。また今回は、鳥取県・岩手県・徳島県の3県が主催する「怪フォーラム」の京都開催関連イベントにも!

日時 平成31年1月27日(日)午後2時~午後5時30分(予定) ※要事前申込 ※雨天決行,荒天時のみ中止 場所 京都国際マンガミュージアム (京都市中京区烏丸通御池上る) 対象 どなたでも参加可能。 定員 100名(先着順。) 当日のスケジュール 午前10時~ 午後1時50分  受付及び着替え (10時受付開始 12時更衣室利用開始) 午後2時~     京都国際マンガミュージアム集合後,二条城へ移動(パレード)。二条城の敷地内で写真撮影会 午後3時45分~  二条城から京都国際マンガミュージアムへ移動(パレード) 午後4時30分~  参加者の中から優れた仮装を選ぶ「節分おばけ賞」の授与式 主催等 主催 京都国際マンガミュージアム 協力 元離宮 二条城(元離宮二条城事務所),岩手県,鳥取県,徳島県, 株式会社KADOKAWA 問合せ先 京都国際マンガミュージアム TEL:075-254-7414 FAX:075-254-7424

第2回開催 アート・音楽・食 の総合祭『Reborn-Art Festival 2019』2019年8月3日(土)〜9月29日(日) 58日間開催

第2回開催 アート・音楽・食 の総合祭『Reborn-Art Festival 2019』2019年8月3日(土)〜9月29日(日) 58日間開催 »

11 12月, 2018

昨年、宮城県石巻市・牡鹿半島を中心に51日間にわたって初開催された「アート」「音楽」「食」による前代未聞の総合祭『Reborn-Art Festival 2017(リボーンアート・フェスティバル ニーゼロイチナナ)』は延べ26万人が来場、地元の協力によって、大盛況にて幕を閉じることが出来た。自然が持っている様々な力と魅力溢れるアート作品・51日間鳴り続けた音楽・全国の指折りのシェフによる食、そしてそれに関わる人たちによってたくさんの化学反応が起きたことで「簡単にマニュアル化の出来ない生きる実感」を伝えられたフェスに。第2回開催となる2019年は、震災という途方もない自然の脅威や資本主義が勢いを増していく現在の世相に対抗する動きや循環、そこで感じることができる「いのちのてざわり」をテーマに2019年8月3日(土)〜9月29日(日)、58日間にわたって開催されることが決定。今回は新たな試みとしてマルチキュレーター制を採用。各エリアごとに、それぞれのキュレーターが選んだアーティストたちのアート作品が展示。さらに網地島エリアが追加されて、アート作品展示エリアが拡大される。

【「Reborn-Art Festival 2019」 公演概要 】 ●名 称:Reborn-Art Festival 2019 (リボーンアート・フェスティバル ニーゼロイチキュウ) ●日 程:2019年8月3日(土)~9月29日(日)※網地島エリアは8月20日(火)より開催 ●会 場:牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾 (宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町) ●主 催:Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク ●共 催:宮城県、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町 株式会社河北新報社、東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社、ヤフー株式会社 平成30年度文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業 ●問い合わせ:Reborn-Art Festival運営事務局 E-mail:info@reborn-art-fes.jp ●オフィシャルウェブサイト:http://www.reborn-art-fes.jp/

街中がフォトジェニック 12月22日(土)・23日(日)『代官山NOEL2018』開催

街中がフォトジェニック 12月22日(土)・23日(日)『代官山NOEL2018』開催 »

10 12月, 2018

12月22日(土)・23日(日) 『代官山NOEL2018』 が開催される。キャンドルアーティスト総勢80名とカメヤマキャンドルハウスの協賛のもと、約8,000本のキャンドルが街に灯る。メイン会場はDAIKANYAMA T-SITE、TENOHA代官山など。

■開催日程: 2018年12月22日・12月23日(11:00-21:00) ※3日目となる2018年12月24日にはDAIKANYAMA T-SITEにおいて「MONOTORY」と「代官山ノエル」の共催によるクリスマス特別ハンドメイドワークショップを開催予定 ■開催会場:代官山町一帯 DAIKANYAMA T-SITE TENOHA代官山 代官山ヒルサイドテラス SIGN ALLDAY ログロード代官山 日本基督教団 本多記念教会 ■主催 日本基督教団本多記念教会 ■共催 一般社団法人日本キャンドル協会 ■協賛 株式会社アカツキライブエンターテインメント カメヤマキャンドルハウス ■協力 MONOTORY(https://monotory.me) 一般社団法人向源 株式会社SERENDIPITY DAIKANYAMA T-SITE 代官山ヒルサイドテラス 東京急行電鉄株式会社 街いく探検隊 ■後援 代官山商店会 ■出演 ―キャンドル― ・キャンドルアーティスト約80名(日本キャンドル協会) ―ミュージックー ・代官山ゴスペル隊 ・青学ボーカルエンターテイメントグループ URC ・MC みほとけ(https://twitter.com/mihotoke_chan) ー宗教ー ・牧師さん(日本基督教団) ・お坊さん(向源)  など

マジック:ザ・ギャザリング、静岡で日本初の2イベント同時開催 「グランプリ・静岡2018」

マジック:ザ・ギャザリング、静岡で日本初の2イベント同時開催 「グランプリ・静岡2018」 »

10 12月, 2018

トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング(以下、マジック)』の大型イベント「グランプリ・静岡2018」が、11月29日(木)~12月2日(日)に静岡のツインメッセ静岡にて開催された。日本初の2イベント(レガシーの部とスタンダードの部)同時開催にて行われ、レガシーの部では覚前輝也選手が、スタンダードの部では中島篤史選手が優勝し、優勝賞金10,000米ドルを獲得。

https://www.atpress.ne.jp/releases/172815/img_172815_3.jpg ※グランプリ・静岡2018レガシーの部優勝 覚前輝也選手

「グランプリ・静岡2018レガシー」イベント特設ページ https://mtg-jp.com/coverage/gpshz18legacy/

イベント名称: グランプリ・静岡2018レガシー 開催期間  : 2018年11月30日(金)~12月1日(土) 開催場所  : ツインメッセ静岡 参加者数  : 1,429名(メインイベント参加者のみの合計) 賞金総額  : 50,000米ドル 優勝賞金  : 10,000米ドル

https://www.atpress.ne.jp/releases/172815/img_172815_4.jpg ※グランプリ・静岡2018スタンダードの部優勝 中島篤史選手

イベント名称:グランプリ・静岡2018スタンダード 開催期間:2018年12月1日(土)~12月2日(日) 開催場所:ツインメッセ静岡 参加者数:1,960名(メインイベント参加者のみの合計) 賞金総額:50,000米ドル 優勝賞金:10,000米ドル

■グランプリ・静岡2018について 「グランプリ」とは、誰でも参加可能な最高レベルの競技イベントと、競うだけではなく楽しめるバラエティ豊かなサイドイベントを兼ね備えた「マジックのお祭り」。1シーズンに40~50回開催されており、ほぼ毎週末に世界のどこかでグランプリは開催されている。上位に入賞することで賞金のみならず、 世界中のトッププレイヤーが集う世界大会「プロツアー」への招待を獲得することができる。

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(1)

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(1) »

1 8月, 2018
2018年6月22 日、代官山にあるLECIEN CREATIVE SPACEにて、『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』が開催された。ワークショップの内容は、手芸作家の中島一恵さんが手がける
ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(2)

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(2) »

1 8月, 2018
たとえば、こちらの参加者の方の作品。黒字にショッキングピンクという色使いの映え具合が美しく、極め付けにアクセサリーとなっているピアス・ネックレス・ブレスレットの部分が、玉留め技法を多く用いて立体的になっているところが面白