Home » News

News

  • Topics
  • News timeline

    特集
    4月 2, 2019

    特集 新しい会場 新しいカタチ

    News
    3月 21, 2019

    UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート

    Column
    4月 19, 2019

    antenna*specialイベントの作り方 ヨガ1日講座で“MIZUNO”を体験する!

    News
    4月 17, 2019

    8K作品をシアター上映  〜デルタ電子

    News
    4月 12, 2019

    2019年5月28日~5月30日「Advertising Week Asia 2019」開催

    News
    4月 12, 2019

    世界17か国延べ約11万人が参加したカリフォルニア発オープンマインド・トライアスロン イベント 自然の中でRUN・YOGA・MEDITATIONを楽しむ「WANDERLUST 108」開催

    News
    4月 11, 2019

    IoT、組込み業界 日本最大級の展示会【 第28回 Japan IT Week【春】前期 】4/10(水)-12(金) 東京ビッグサイトで開催

    News
    4月 11, 2019

    革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド 2019春」2019年4月19日(金)~21日(日)開催

    Column
    4月 10, 2019

    Largo × antenna* トレンド情報としてエスプレッソ文化 伝えるイベントを開催

    News
    4月 10, 2019

    5月4日、東京都の多摩川河川敷で、キッズとそのファミリーのアウトドアイベント「アクティブキッズキャンプ」開催

    News
    4月 10, 2019

    ハワイアン・ミュージックパフォーマンスやフラ&タヒチアンダンスショーを毎日開催『お台場ハワイ・フェスティバル 2019』開催

    News
    4月 9, 2019

    アジア最大級のアートイベント“デザインフェスタVol.49”東京ビッグサイト西ホール全館で5月18日(土)19日(日)開催

    antenna*specialイベントの作り方 ヨガ1日講座で“MIZUNO”を体験する!

    antenna*specialイベントの作り方 ヨガ1日講座で“MIZUNO”を体験する! »

    創業113年のスポーツメーカーミズノでは2018年4月、大阪市北区茶屋町にミズノオオサカ茶屋町をオープンした。日常にスポーツを取り入れたライフスタイルを提案するグローバルフラッグシップストアだ。12月9日同店にて、ミズノとantenna*は共同で、『antenna* special “Ready!Lady!YOGA”』を初開催した。

     

    イベントの体験レポートと合わせて、イベント+記事配信の組合せでコラボ企画を展開した担当者インタビューをお届けする。イベント時にはPR動画も撮影するなど、イベントの場を120%活用した事例になる。

     

    体験イベントとして企画された「antenna* special “Ready!Lady!YOGA” ヨガ1日講座」は、ヨガプログラム、ウエアレンタル、店内ツアーの3つの体験が用意され、14時から3時間半にわたって行われた。参加者は、antenna* の募集に応募があったユーザーなど20名。女性限定イベントとして展開した。

     

    会場は、7階層で構成されたミズノオオサカ茶屋町の7階で、ヨガ教室やランニングクリニックができるイベントホールのあるフロアからスタートした。参加者は、はじめに、ヨガ用ウエアをレンタルする『Ready!Lady!Rent』の無料体験で、手軽にヨガに参加できる気軽さを実感(通常は1週間700円)。ウエアが入った袋を開けた参加者から「わぁーっ、かわいい!」と、喜びや感動が混ざったような反応も聞かれた。

    ウエアに着替えると、ヨガマットが用意されたスタジオで『Ready!Lady!YOGA スペシャル体験版』がスタート。しなやかなココロとカラダづくりを体感できるプログラムを、生活ヨガ研究所の代表であり、NPO法人日本YOGA連盟認定指導者のほかインド政府公認ヨガインストラクターの珠数孝先生が指導した。

     

    『Ready!Lady!YOGA』は、もともとミズノオオサカ茶屋町が『Ready!Lady!PROJECT』シリーズの一つとして開催しているミズノオリジナルヨガレッスンで、通常4回で展開しているプログラム。今回は特別に1回で体験できるスペシャル体験版として提供した。ウエアレンタルも『Ready!Lady!Rent』として、トレーニングアパレルを中心に、トータルコーディネートがそろう1週間のレンタルサービスだ。プログラムもレンタルサービスもいつもは有料で展開している女性向け体験サービスで、「やりたいことを自由に、ためらわず挑戦したい」女性向けにミズノでは、最初の一歩をさまざまな内容で用意しサポートしている。

     

    ヨガで汗をかいたあとは、参加者の表情もすっきり。今回、体験イベント用に特別に用意されたドリンクで水分をとって、休憩タイムにも笑顔があふれた。

     

    2つの体験を終えた後は、店内ツアーも。7Fのスタジオから降りて、1〜6Fの店内を見て回り、熱心に靴やアパレル用品を手に取りながら、「あ、これカワイイー」とポロッと言葉が出るような自然な反応があったという。

     

    店内では、体の重心バランスの計測をして足に最適なインソールを作るためのデータ計測ができる「足圧計測体験」、脚にかかる衝撃を計測する「インパクトフィッター体験」なども行われた。

     

    さまざまなブランドを扱うスポーツ量販店とは異なり、ミズノブランドがずらっと揃うミズノオオサカ茶屋町では、旗艦店ならではの種類の多さに、意外なラインナップを見つけて立ち止まる姿も多かった。

     

    イベント終了後、企画したミズノ株式会社コンペティションスポーツ事業部第1事業企画販促部企画戦略課の郷沙央里さんとantenna* 広報の北見裕介さんに今回の開催趣旨や効果についてお話を伺った。

     

    郷沙央里さん(ミズノ)

     

    ヨガ体験イベント企画のワケ

     

    ミズノの持っている課題意識として、「アスリート」や「メンズ向け」のような世間イメージが強く、実際には多くの女性向け商品の取り扱いがあるのに認知が低いということがありました。加えて、ヨガイベントは普段から手ぶらで参加できるものとして開催があるものの、それ自体の認知も課題でした。ミズノの旗艦店は全国で大阪と東京の3箇所ですが、そのなかの一つである今回の会場ミズノオオサカ茶屋町では、ヨガだけして帰られるというお客様も多かったんです。ですので、イベント自体に、「ミズノのウエアを着用できる」「実際に体を動かしてウエアの着用感を試せる」「ヨガ体験後に店舗見学ツアーを行う」という要素を取り入れました。

     

    イベントのKPI設定

     

    一番は「認知を増やしたい・広げたい」というところが最も大きな目標設定のポイントになっていたので、ヨガ体験イベント自体には数値的に特別な設定はしていません。それよりもむしろ、イベントではストレートに「ウエアを着用して着心地の良さを感じるなど、ミズノだからこそできる体験」を参加者の方に伝えたい思いがありました。

     

    KPIとして重要になってくるのは、イベント実施後にantenna*さんを通じた記事の配信後の反応と考えて設計しました。

     

    コラボイベントで感じた体験価値

     

    実は、イベント後にお客様の実際の反応を振り返って、「意外と、認知を広めるだけがイベントの目的ではなかったな」ということに初めて気が付きました。というのも、ミズノでは、ユーザーエクスペリエンスをプロモーションの中でも大事にしています。そんな中で、今回いらしていただいたお客様から、素直に、喜びや感動が混ざったような「ウエアが可愛い!」「靴が可愛い!」「ヨガ、気持ちよかった!」といったお言葉を伺えました。体験を通して、お客様の中にこういった出会い・発見による驚きや喜びが芽生えるんだ、という瞬間を目の当たりにできたのが、私たちにとっても非常に大きな収穫のある発見でしたね。

     

    北見裕介さん(antenna*)

     

    体験している風景を情報として切り出す

    今回のコラボ企画のゴールは、ミズノさんのブランドイメージとしてある「アスリート」や「メンズ向け」という印象を、「スポーツライト層、女性向け」のラインナップもあることに気づいてもらうことでした。従来型のプロモーションでは、テレビCMや交通広告で広く認知をとる、という訴求方法もありますが、提案したのは、“情報を多重にみせていく”という方法です。

     

    実際にミズノさんでは女性タレントさんを起用した店頭POPなど、すでに女性向けにも訴求されていました。そこでantenna* では、実際に体験している風景をみせていくことで、別の価値を提案できるのではないかと思っています。

     

    いま、生活者の方が接触するメディア数・情報量は多くなりすぎています。そんななかで、1回の情報接触で認知が大きく上がる、イメージアップするということは正直、むずかしい。一つのブランドを訴求するには、複数の角度から情報を出していくことと、複数回接触していくことが必要です。体験イベントでは、普通に生活している方に参加していただいて、日常のなかのひとコマの体験としてシーンを切り出すことができます。その写真を記事のサムネイルとして出すのと、パンフレット用の撮影写真を出すのとでは、たとえ同じようなヨガ体験の場面設定をしたとしてもどうしても受け取る側の印象は変わりますよね。

     

    イベント自体は普段、店舗で開催しているものですし、公式サイトからの発信ではなく、トレンド情報としてのantenna*の記事をみて「あっ、私も行ってみたいな」と思ったら行くことができる、そんな動線をつくるように企画しました。

     

    イベント現場力

    今回の体験イベント企画をミズノさんとコラボさせていただいて、すごいと思ったのは、郷さんを含め、イベントの現場にいたミズノの6名の皆さんが、ご自身の業務分担やできることを当たり前にこなしていく機動力でした。

     

    たとえば、広報の方は、体験イベント中の参加者さんのようすをPR動画として撮影されていましたし、郷さんはご自身のネットワークを活用されてヨガ後の参加者の皆さん用にドリンクを調達されていたりと参加者視点で必要なモノを用意され、自然に分担していました。皆さんがそれぞれに判断してテキパキと動かれていたという印象です。

     

    一つのイベントとしてのKPIがあるというより、イベントがあって、それぞれの業務のなかでKPI設定があるというあたり前の場面に出会った印象です。だからなのでしょうか、イベントだからと特別に対応している感じではなく、いつもの業務を当たり前にしている場が今回はイベントだったというくらい、新鮮に感じました。実際に店舗を体験するという内容でしたし、「あっ、いつもの通りにするだけでイベントは成立するんだ」という点は、発見でもありました。

     

     

    参加者には、ミズノのことをあまり知らなかったり、名前を知っているけれど着たり使ったりしたことの少ないという層もいたという。実際にリーチしたかった層だ。それがミズノがantenna* とコラボした理由でもある。ウエアの着用体験などは、アパレルでの試着とも異なる、「着る」の先の、体を動かして「使う」体験が重要だが、新しい層にも「わたしも使ってみようかな」と自然なアプローチのきっかけをつくる体験イベントになったようだ。

     

     

    8K作品をシアター上映  〜デルタ電子

    8K作品をシアター上映  〜デルタ電子 »

    17 4月, 2019

    デルタ電子は4月16日、富士ソフトアキバプラザで8Kドキュメンタリー作品「Water with Life in Taiwan」の上映会を開催した。

    同作品はデルタ電子ファウンデーションとNHKエンタープライズが制作した45分におよぶ8K高解像度映像の環境ドキュメンタリー作品。貴重な資源である水の四季折々の美しい表情や海水温度上昇、サンゴの白化現象、豪雨の実態などを捉え、人類の活動が地球温暖化や水資源に与える影響について提起している。台湾や北海道で高速撮影、ドローン撮影、首位中撮影などを駆使して撮影されたもの。制作はデルタ電子ファウンデーションとNHKエンタープライズ、協力はアストロデザインなど。

    同作品の編集版である「水とめぐる四季」は3月31日にNHKBS8Kチャンネルで放送され、好評のため再放送をされているが、今回はアキバシアターの320インチスクリーンにデルタ電子の2万ルーメンの8Kプロジェクター「INSIGHT Laser 8K」で投影し、精細で迫力のある映像を楽しめた。

    当日はデルタ電子(株)の柯進興社長、中国語版ナレーションも行ったデルタ電子ファウンデーションのShan-Shan Guo氏、NHKエンタープライズ佐藤一裕氏、Digital Projection Ltd.のKengo Ka氏も登壇した。

    2019年5月28日~5月30日「Advertising Week Asia 2019」開催

    2019年5月28日~5月30日「Advertising Week Asia 2019」開催 »

    12 4月, 2019

    2019年5月28日~5月30日に「Advertising Week Asia 2019」(主催: Stillwell Partners Inc.、Advertising Week Asia 2019 実行委員会)が、東京で開催される。「Advertising Week」は、2004年ニューヨークで開催されて以来15回目。クリエイティブ、デジタル、メディア、マーケティング、ITプラットフォームなど広告事業に係わるあらゆるジャンルの企業・人が集う世界最大級のマーケティング&コミュニケーションのカンファレンス。2016年にはアジア版として東京で初開催され、現在、世界5大陸で開催。2019年は南アフリカで初開催予定。東京の開催は2016年の初開催から数えて今回が4回目であり、国内外から広告業界のエグゼクティブが登壇する。

    ●「Advertising Week Asia 2019」 http://asia.advertisingweek.com/

    日程: 2019年5月28日(火)~5月30日(木) 会場: 東京ミッドタウン(東京・六本木) および 六本木エリア 主催: Stillwell Partners Inc.、Advertising Week Asia 2019 実行委員会

    世界17か国延べ約11万人が参加したカリフォルニア発オープンマインド・トライアスロン イベント 自然の中でRUN・YOGA・MEDITATIONを楽しむ「WANDERLUST 108」開催

    世界17か国延べ約11万人が参加したカリフォルニア発オープンマインド・トライアスロン イベント 自然の中でRUN・YOGA・MEDITATIONを楽しむ「WANDERLUST 108」開催 »

    12 4月, 2019

    RUN・YOGA・MEDITATIONを自然の中で体験する、カリフォルニア発オープンマインド・トライアスロン「WANDERLUST 108(ワンダーラスト・ワンオーエイト)」が、2019年6月1日(土)に東京、6月15日(土)に名古屋、その他にも大阪、福岡を含む全5回開催される。

    “WANDERLUST 108日本開催特設サイト” (https://t.livepocket.jp/d/wanderlust/

    「WANDERLUST 108」は、2009年にカリフォルニアから始まり、全17か国60都市で開催され、延べ約11万人が参加している世界でただ1つのオープンマインドなトライアスロンイベント。2018年より日本で開催され、横浜、名古屋、大阪にて約2,000人が参加。イベントプログラムは、RUN・YOGA・MEDITATIONの3つのアクティビティに加えて、大人気のaya yogaやAerial YOGAなど貴重なワークショップを無料で体験することができ、1日を通じて楽しめるコンテンツとなっている。会場にはマインドフルネスをサポートする美容グッズ・フード・ドリンクといったブースも設置。各アクティビティでは、世界各国の「WANDERLUST 108」で活躍しているインストラクターが登場し、会場を盛り上げる。6月1日(土)の東京開催では、ヨガクリエイターとして注目を浴びているayaや、国内のみならず香港、広州でも活躍中のDJ Atsuko Satoriの出演が決定している。

    【開催概要】 東京会場 イベント名 :WANDERLUST 108 TOKYO(ワンダーラスト・ワンオーエイト・トーキョー) 開催日時  :2019年6月1日(土)8:00~15:00 スケジュール:受付/8:00〜  RUN/9:00~ YOGA/11:00~ MEDITATION/12:15~ WORKSHOP/13:00~ 会場    :駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区駒沢公園1) 出演者     :aya/DJ Atsuko Satori

    名古屋会場 イベント名 :WANDERLUST 108 NAGOYA(ワンダーラスト・ワンオーエイト・ナゴヤ) 開催日時  :2019年6月15日(土)9:00~15:30 スケジュール:受付/9:00〜 RUN/10:00~ YOGA/11:30~ MEDITATION/12:45~  WORKSHOP/13:30~ 会場    :りんくうビーチ(愛知県常滑市りんくう町2丁目) 出演者     :aya/DJ Atsuko Satori

    WANDERLUST 108日本開催特設サイト:https://t.livepocket.jp/d/wanderlust/ 公式HP :https://wanderlust.com/ja/108-events/tokyo-2019/    公式日本Instagramアカウント :@wanderlustfest_jp 公式日本Facebook アカウント :@wanderlustjpn

    IoT、組込み業界 日本最大級の展示会【 第28回 Japan IT Week【春】前期 】4/10(水)-12(金) 東京ビッグサイトで開催

    IoT、組込み業界 日本最大級の展示会【 第28回 Japan IT Week【春】前期 】4/10(水)-12(金) 東京ビッグサイトで開催 »

    11 4月, 2019

    リード エグジビション ジャパン株式会社(本社:新宿区西新宿/代表取締役社長:石積 忠夫)は、2019年4月10日(水)から12日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて「第28回 Japan IT Week【春】前期」を開催する。本展は、IoT/M2M展、組込みシステム開発技術展の2展から構成されている IoT、組込み業界 日本最大級の展示会。今年は620社が出展。自動車、FA、家電、医療機器などメーカーの設計・開発者をはじめ、社会インフラ、官公庁、流通・サービスのシステム開発、運用担当者など、組込み技術者やIoT導入を目的としたユーザーには、欠かせない展示会となっている。

    ◆製品・出展社の検索はこちら↓ https://www.japan-it-spring.jp/eguide/

    ◆出展社特集リリースはこちら↓ ~ 小型化、省電力化など 需要拡大中 ~ IoT活用に不可欠な “センサー” が集結! https://www.japan-it-spring.jp/doc_press1/ ~ 市場の約40%は 自動車分野 ~ 自動運転 に必要な  車載向け 組込みソフトウェア  特集 https://www.japan-it-spring.jp/doc_press2/

    入場に必要な招待券申込み(無料)はこちら >> https://www.japan-it-spring.jp/inv/

    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【 第28回 Japan IT Week【春】前期 】  開催概要 会  期:2019年4月10日[水]~12日[金] 10:00~18:00 (12日[金]は17:00まで) 会  場:東京ビッグサイト 西展示棟 主  催:リード エグジビション ジャパン(株) 出展社数 / 来場者数見込み:620社 / 40,000名 [予定。]

    ◎ 会場レイアウト図はこちらから >>> https://www.japan-it-spring.jp/doc_map/ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

    革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド 2019春」2019年4月19日(金)~21日(日)開催

    革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド 2019春」2019年4月19日(金)~21日(日)開催 »

    11 4月, 2019

    観光地・浅草の奥座敷であり、革靴の生産出荷額日本一を誇る「革とモノづくりの街」である奥浅草エリアを中心に、革靴工場や革卸問屋などの専門店、街の飲食店や雑貨店などを巡り、エリアの魅力を体感できるイベント革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド 2019春」が開催される。2013年5月の初開催以来、春・秋の年2回(2014年のみ1回)の開催を重ね、今回で12回目を迎える。毎回1万5000人~2万人を集客し、春の開催では、<凝縮版>として、事前予約制ツアーなどが予定されている。

    開催概要 開催日時:2019年4月19日(金)~21日(日) 各日10:00~17:00 開催場所:浅草・奥浅草エリア (台東区北部の隅田川西側、浅草国際通り~言問通り~明治通り一帯) ※浅草エーラウンド2019春の特設会場は、台東区立 産業研修センター (浅草駅から台東区循環バス「北めぐりん」で約6分 「⑦橋場老人福祉館西」下車徒歩3分) 公式サイト:http://a-round.info/ 主催:エーラウンド実行委員会 後援:台東区、東京商工会議所台東支部

    【エーラウンド実行委員会とは】 東京皮革青年会や東都製靴工業協同組合に参加する革や靴の関連業者が中心となり、地域内に店舗を構える商店主や、在住・在勤の有志が集まった任意団体。コアスタッフ約20名、当日ボランティアを含めると延べ100人体制で運営。

    Largo × antenna* トレンド情報としてエスプレッソ文化 伝えるイベントを開催

    Largo × antenna* トレンド情報としてエスプレッソ文化 伝えるイベントを開催 »

     

    2019年2月9日(土)、ホテルやレストラン向けエスプレッソ用コーヒー豆等の商品を展開するLargoと、良質な東京ライフを送るための外出先、イベント、グルメ情報などを掲載するメディアantenna*の共同主催で、「Largo <>antenna* チャンピオンバリスタとエスプレッソの楽しみ方講座」が開催された。

     

    Largoはコーヒー事業を手がけるUCC上島珈琲株式会社(以下UCC)が展開するエスプレッソ豆のブランド。antenna*はファッションやライフスタイル、グルメなどのトレンド情報が見られるスマートフォンアプリだ。

    イベント会場は、横浜・中華街付近にある、Largoブランド初のコンセプトショップLargo Cafe&Bar Lounge presented byUCC。

     

    講座は午前と午後の2回。同じ内容で、それぞれ最大15人のantenna*読者が招待された。講座の内容は、抽出技術などを競う大会「UCCコーヒーマスターズ」で2019年チャンピオンに輝いたユーシーシーフードサービスシステムズ㈱所属の梶谷理早さんの淹れるエスプレッソやカフェラテ等を楽しみながら、梶谷さんとantenna*編集長の小川智宏さんによる対談を聴く、という体験と対談の二部構成。

     

    この日は雪の降る天候ではあったが続々と集う参加者を前に、早速イベントが幕を開ける。「Largoのことや店のことを知って、好きになってもらいたい」という思いが込められた挨拶とともに、チャンピオンバリスタの梶谷さんが登場。梶谷さんは今年1月に行われた「UCCコーヒーマスターズ」のエスプレッソ部門で優勝、次回は9月に行われる大会「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2019」に出場予定とのこと。挨拶後、早速エスプレッソ抽出へと移る。

     

    エスプレッソマシンや抽出用の器具が揃うカウンター前に、参加者達が集う。梶谷さんはエスプレッソを淹れる傍ら、一つひとつの器具について、動作を交えながら説明を行っていく。

    まずは機械で豆を挽き、

    挽いた豆の粉を、秤の上にセットしたブラインドシェイカーなる容器の中に、今回使用する19gをぴったり測り入れ、

    ホルダーに均一になるように詰める。

     

    その後、タンパーと呼ばれる器具で

    均一に圧力をかけ、ホルダーの中の粉を押し固める。(=タンピング)

    最後に、エスプレッソマシンにホルダーをセットし、抽出。一度に2杯、淹れることができる。

    こうして仕上がったものを、3回混ぜる。これには、淹れたてのエスプレッソの表面にできるクレマ(=上に浮いている泡)と下部の液体を混ぜる効果があるとのこと。混ぜる前と飲み比べてみると、舌触りの滑らかさが全く違うのがわかる。

     

    本場イタリアでは、エスプレッソには砂糖を入れて飲むのが一般的らしく、Largoの店舗内にも、グラニュー糖とブラウンシュガーの2種類が用意されていた。

    おすすめのブラウンシュガー入りエスプレッソを口に含むと、まろやかで厚みのある甘さが口内に広がる。梶谷さん曰く、「最後に少し溜まった砂糖をぐいっと飲むのも美味しい」とのこと。

    梶谷さんが全員分のエスプレッソを淹れている傍ら、待機中の参加者は、Largoコンセプトショップだからこそ楽しむことのできる4種類のエスプレッソを試飲したり、豆の香りを試しに嗅いでみたりといった体験を楽しんでいた。

    続いて、新しいLargoの缶を開ける作業へ。普段業務用の販売のみで、900gもの豆が入ったこの缶を開ける機会は、一般には滅多にない。

    専用の器具を使って参加者代表が開封を行うと、その瞬間から、閉じ込められていた豆の香ばしい香りがあたり一体に広がった。「ローストナッツやチョコレートのような香り」と、梶谷さんは表現する。

    その華やかな香りの秘密は、UCCが独自開発した「アルミ特殊缶」にあるという。

    まず、最初に炒りたてのコーヒー豆をマイナス2℃の冷気で急冷し、香り成分を豆に閉じ込める。そして、そのまま豆をアルミ特殊缶に密封する。すると、3週間の熟成を経て、香りがアップするのだそう。

     

    あまりにも豊かな良い香りを前に、開けたての豆を試食してみる参加者達。

     

     

    続いて、お待ちかねの対談タイムへ。

    antenna*編集長の小川さんの司会進行で、エスプレッソの一般的な楽しまれ方や梶谷さんがバリスタへの道を志した経緯、先日行われたばかりの大会「UCCコーヒーマスターズ」の詳細など、“エスプレッソの深い話”が、入門部分から少しマニアックなものまで、多岐にわたる方向に展開されていく。

    途中、参加者にカフェラテが配られる。先ほどのエスプレッソとは違った深い味わいを感じつつ、さらなるエスプレッソの深い話へと惹き込まれていく参加者たち。

     

    最後に質疑応答タイムがあり、対談は終了。

    参加者側からの質問も、「バリスタ」という職業の定義や練習の詳細、エスプレッソ用とドリップ用のコーヒー豆の違いや、エスプレッソの風味の表現の仕方、エスプレッソと合う食べ物など、多様な分野に渡るものが見られた。本日得た知見を前提に、さらにエスプレッソの世界を深堀りするような質問が多かったのが印象的だった。

     

    エスプレッソと一緒に楽しめる特製のスイーツが提供されたところで、イベント自体も終了へ。

    インテリアもお洒落で落ち着く雰囲気のLargo店内で、思い思いの場所で参加者にカフェタイムを楽しんでもらい、自由解散。そんな、カフェらしいまったりとした流れで、イベントは幕を閉じた。

     

    複数の参加者に、本日のイベントの感想を聞いた。

    「友人に誘われて参加しました。コーヒーは好きですが、エスプレッソはほぼ未体験な中で、今日飲んでみたら、原液のような濃さでも意外と美味しく飲みやすく、驚きました。自分が知らなかった飲み方を知ることができて、楽しかったです」

     

    「ネットで調べてイベントを知りました。数種類のエスプレッソを飲み比べたり、最初の美味しい淹れたての一杯を飲んだりしながら、味の違いが比較できて面白かったです。最後のお菓子の甘みも、エスプレッソと合わせると口の中で溶け合ってカフェラテのようになって、とても美味しく感じました。ドリンクのカフェラテは泡が細かく、口当たりが良くて感動しました」

     

     

    参加者が帰られた後、今回のイベントを企画されたお二人に、企画意図を含めお話を伺った。

    5月4日、東京都の多摩川河川敷で、キッズとそのファミリーのアウトドアイベント「アクティブキッズキャンプ」開催

    5月4日、東京都の多摩川河川敷で、キッズとそのファミリーのアウトドアイベント「アクティブキッズキャンプ」開催 »

    10 4月, 2019

    5月4日(土)、東京都福生市、多摩川中央公園で、キッズとそのファミリーのためのアウトドアイベント『アクティブキッズキャンプ』が開催される。ランニングバイク大会『第1回 Tokyo Fussa Rotary Cup』を中心に、キッズとファミリーが思いっきり体を動かして遊べるアウトドアフェスティバル。

    ■ 開催日 2019年5月4日(土)9:00〜17:00 ■ 入場料金 入場無料 (一部アトラクションは有料 / 大会のエントリーは有料事前エントリー) ■ 開催場所 多摩川中央公園 ■ 主催 東京福生ロータリークラブ アクティブキッズキャンプ実行委員会 ■ 運営・企画 一般社団法人YBP PROJECT ■ 運営協力 日本ランニングバイク連盟 ■ 企画協力 CAMMOC(キャンモック) イベント情報配信サイト:https://www.activekidscamp.tokyo/

    ハワイアン・ミュージックパフォーマンスやフラ&タヒチアンダンスショーを毎日開催『お台場ハワイ・フェスティバル 2019』開催

    ハワイアン・ミュージックパフォーマンスやフラ&タヒチアンダンスショーを毎日開催『お台場ハワイ・フェスティバル 2019』開催 »

    10 4月, 2019

    ゴールデンウィークの4月27日(土)~5月6日(月・振休)の10日間、「MY“ALOHA”」をテーマに「お台場ハワイ・フェスティバル 2019」が開催される。出場者・来場者が一体になって作り上げる参加型の同イベントは、今年で17年目となり、昨年は9日間で約48万人の来場者数を記録した。

    お台場ハワイ・フェスティバル 2019 期 間:4月27日(土)~5月6日(月・振休)計10日間 時 間:10:30~21:00 ※コンテンツにより異なる 会 場:ヴィーナスフォート、MEGA WEB、パレットプラザ 他 主 催:お台場ハワイ・フェスティバル 2019実行委員会 共 催:一般社団法人 東京臨海副都心まちづくり協議会 後 援:ハワイ州観光局 協 賛:日本航空株式会社/ヒルトン・グランド・バケーションズ/株式会社伊藤園/サントリービバレッジソリューション株式会社/株式会社TOKAI 協 力:POLYNESIAN CULTURAL CENTER

    アジア最大級のアートイベント“デザインフェスタVol.49”東京ビッグサイト西ホール全館で5月18日(土)19日(日)開催

    アジア最大級のアートイベント“デザインフェスタVol.49”東京ビッグサイト西ホール全館で5月18日(土)19日(日)開催 »

    9 4月, 2019

    約60,000人が来場する、アジア最大級のアートイベント「デザインフェスタ」と原宿の「デザインフェスタギャラリー」を運営するデザインフェスタ有限会社(東京都渋谷区、取締役:吉崎京子)は、2019年5月18日(土)・19日(日)の2日間に渡り、「デザインフェスタvol.49」を東京ビッグサイトにて開催する。2019年は、デザインフェスタが25周年を迎え、2020年の東京オリンピックを前にメモリアルを迎えるアジア最大級のアートイベントとして、クリエイター共に、よりパワーアップし開催する。

    イベント概要 【イベント名】 デザインフェスタVol.49 【開催場所】 東京ビッグサイト 西ホール全館 東京都江東区有明3丁目11番1号 【日程】 2019年5月18日(土)・19日(日) 11:00 〜 19:00 【チケット情報】 ○一日券○ 前売:800円 / 当日:1,000円 ○両日券○ 前売:1,500円 / 当日:1,800円 ※小学生以下無料 【来場者数】 60,000人(2日間見込み) 【出展ブース数】 約4,000ブース 【主催】 デザインフェスタ有限会社