Home » 特集
エンゲージメント高める 社内イベントづくり

エンゲージメント高める 社内イベントづくり »

2 7月, 2019

エンゲージメント高める 社内イベントづくり ブランドと顧客の深く良好な関係を構築し、Win-Win で双方向なコミュニケーションをつくる、エンゲージメント・マーケティング。関係構築は顧客との間だけでなく、企業とスタッフ、スタッフ同士の間にも重要だろう。個の力からチームで戦う組織をつくるための、社内イベントを活用したエンゲージメント向上の手法について学ぼう。

特集 感情を揺り動かす映像体験とは

特集 感情を揺り動かす映像体験とは »

4 6月, 2019

<2018年6月30日号に掲載した特集記事です>

感情を揺り動かす映像体験とは Unruly Japan カントリーマネージャー 香川晴代さん ブランディング60:販促40

かっこいい入場シーン、コンサートでの演出、商品説明、イベント告知のティザーなど、ジャンルを問わずイベントの現場やその前後に、映像を活用することが増えている。なぜ映像を使うのか、映像のもつ機能についてもう一度考えてみよう。映像でなにができるのか、どうすれば効果を最大化できるのだろうか。

オフシーズンのファンマーケティング

オフシーズンのファンマーケティング »

21 5月, 2019

ゴールデン・スポーツイヤーズを控え、市場拡大が期待される日本のスポーツ産業。一方、先月号でお伝えしたSportInnovationSummit(SIS)では、欧米に比べ日本は潜在力を活かしていないという意見も出た。ここではプロチームの取組みを紹介し、ビジネス視点でのプロスポーツのあり方、ファンマーケティングにおけるイベント活用を考える。

特集 集客力の正体

特集 集客力の正体 »

7 5月, 2019

集客力って一体、なんだろう。 要素が複合的に重なっていそうだけれど、因数分解してみたらきっとその正体がみえてくるはず。 CASE 01 5,000 名超えのビジネスカンファレンス Sansan Innovation Project 2019

特集 新しい会場 新しいカタチ

特集 新しい会場 新しいカタチ »

2 4月, 2019

会場の選択は、イベント(主催者)のマインドや目指す品格など方向性を付加するツールにもなる。続々とふえる新しい会場やヒントとなるようなアイデアの扉を開けてみよう

映像・通信と食の対応もウリ「AP新橋」

映像・通信と食の対応もウリ「AP新橋」 »

2 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE06  AP新橋

新橋駅徒歩1 分の好立地に、シックで落ち着いた空間と高機能な設備を併せ持つ「AP新橋」が、昨年9 月に開業した。

3 階はワンフロア570㎡を

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」 »

2 4月, 2019

ー特集 新しい会場 新しいカタチー CONFERENCE02「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

9つのルームと3 つの控え室、総面積1,500㎡、1,100 名以上を収容する大型カンファレンスセンター「ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター」。

空港直結!日仏共同、初物づくしの国際展示場! 「Aichi Sky Expo」 

空港直結!日仏共同、初物づくしの国際展示場! 「Aichi Sky Expo」  »

2 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー EXHIBITION01 「Aichi Sky Expo」 2019 年8 月30 日オープン

今年8 月30 日に開業する愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」には展示場としての「日本初」が多い。国際空港に直結、常設の保税展示場、コンセッション方式。そして日仏合同の特別目的会社(SPC)による運営など、すべての「初」が、海外からの来場者、出展者、イベント誘致の強力な武器になりそうだ。

展示場までの道路や県内の有料道路運営をてがける前田建設グループとともにSPC である愛知国際会議展示場株式会社(AICEC)を設立したフランスのイベント会社GL イベンツは、フランス・リヨンにある13 万㎡のユーロエキスポのほか世界で約40 施設を運営。イベント運営会社としてもメゾン・エ・オブジェをはじめ250 本の展示会や、オリンピックなどのメガイベントも手がける。

AICEC社長のモルガン・ショドゥレール氏は、前職で、AICEC と同じ日仏のコンセッションである関西エアポートに在職。今回も日仏共同で、自動車、航空・宇宙技術・ロボットといった愛知の産業ブランドの世界への発信をめざす。ハードウェア面で注目は、6 万㎡と大規模な展示面積。そのうちの1 万㎡は、天井高20 mの無柱空間で、映像・音響・舞台演出が可能でコンサートの利用も可能。オープニングイベントでもe スポーツを実施する。海外インセンティブ・トラベルでの使用も見込み、スペインのIBTM に出展するなどMICE の誘致にも積極的だ。

産学行政の集まる需要創造会議

3月27 日には愛知県庁で需要創造会議を実施。地域をあげて同展示場の需要創造と受入体制の充実を目指すこととなった。同会議は2つのプロジェクトチーム(PT)で構成される。戦略PT は、経済・労働団体・大学・空港・行政機関がブレインとして、イベント開催・誘致に対するアドバイスを行う。また受入体制充実PT では、イベント開催に関連する宿泊・交通・警察などの機関や、アフターコンベンションや地域の魅力発信の主体である観光関係団体と商工農関係団体などが参画する。

 

渋谷らしい価値提案「渋谷ソラスタ コンファレンス」

渋谷らしい価値提案「渋谷ソラスタ コンファレンス」 »

2 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE01 渋谷ソラスタ コンファレンス

2019 年6月1日オープン

ON とOFF が調和するデザイン

イベントの成功には「持続的な集中力」が必要で、そのためには集中力の

MICE 競争力強化へ国内最大級バンケット誕生「パシフィコ横浜ノース」

MICE 競争力強化へ国内最大級バンケット誕生「パシフィコ横浜ノース」 »

1 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONVENTION 01 パシフィコ横浜ノース  2020 年春オープン

パシフィコ横浜に来年春、新施設「ノース」が加わる。ノースは、約6300㎡の無柱・カーペット仕様で8 分割可能な多目的ホール。さらに大中小42 室の会議室も備えており、あらゆる規模・タイプの催事に対応する。

「パシフィコ横浜は会議場、展示場、宿泊機能が一体となったオールインワンのMICE 施設。近年はアジア等で大型のバンケット会場を備えた施設が増えており、競争が激化している。国際・国内会議や大型企業インセンティブにも対応でき、新たな市場を創出できる新施設の開業に期待しています」と経営企画課長の佐藤利幸さんは説明する。国内の宴会場の規模は最大で3000㎡ほどで、ノースはその倍以上と国内最大級の規模となる。

「コンクリート敷きの展示ホールをバンケット会場に設えるのはコストも時間もかかります。ノースは、カーペット敷きで、10m の天井高と映像・音響機器を備え、大規模なバンケット会場としてご利用いただけます」と誘致推進課長の小澤謙さんは語る。

すでに、「2020 年JCI 世界会議」「IEEE 原子核科学シンポジウムと医用イメージングに関する国際会議」(2021 年)「第 15 回 世界計算力学会議」(2022 年) など、国際会議・大型学会を中心に、大会・展示会を含め60 件以上の開催が決定しているという。

「みなとみらい周辺には、商業・観光・文化・エンターテイメント機能が集約していることに加え、海や公園といった環境に恵まれています。MICE の参加者が周辺地域を訪れることで、消費や交流が生まれ、地域の盛り上がりに繋げていきたい」(佐藤さん)。

3 月19 日には「パシフィコ横浜の地域経済への貢献を測定する調査」の結果を発表。2017 年度の経済波及効果は約2,310 億円と前回より12%増加。ノースの存在が波及効果をさらに向上させそうだ。

 

施設の充実と街の魅力の総合力でMICE を誘致して、地域全体の活性化に寄与していきたいですね。

経営企画課長 佐藤 利幸さん(左) 誘致推進課長 小澤 謙さん(右)