Home » 特集 (Page 2)
迫力ある演出を手軽に実現する「ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール」

迫力ある演出を手軽に実現する「ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール」 »

1 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE08 ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール

研修特化型ホテル「ホテルフクラシア大阪ベイ」は、研修室35 室(20㎡~ 918㎡)、客室320 室、宴会場7 会場を備え、研修や少人数の会議、方針発表会、周年イベント、国際会議まで用途に合わせた会場が利用できる。

なかでも918㎡のザ・コスモホールは、360 度全面スクリーン常設、計9台のプロジェクター同期、ムービングライトによる演出など、イベントへの没入感を加速させる

「多彩な映像・照明演出を手軽にできるコスモホールで、記憶に残るイベントを」と営業本部副本部長の市川浩之さんは呼びかける。

またインテックス大阪、ATC ホール、ハイアット・リージェンシーとベイエリアMICEとして地域連携し、複数施設を使ったイベント開催や合同での誘致活動を行っている。

所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1-7-50 収容人数:ザ・コスモホール600 人(シアター形式) 運営会社:株式会社マックスパート ホテルフクラシア大阪ベイ URL: https://www.kensyu-center.jp/

 

イベントが街にシャワー効果を「紀尾井カンファレンス」

イベントが街にシャワー効果を「紀尾井カンファレンス」 »

1 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE04  紀尾井カンファレンス

2016 年7 月に開業した「紀尾井カンファレンス」は、東京ガーデンテラス紀尾井町を開発した西武プロパティーズと、国際会議やMICE 運営大手の日本コンベンションサービス(JCS)

6000人規模の国際会議 受入実績も「Osaka Bay Area MICE のチームのおもてなし」

6000人規模の国際会議 受入実績も「Osaka Bay Area MICE のチームのおもてなし」 »

1 4月, 2019

ー特集 新しい会場 新しいカタチー 運営のしかた03 

6000人規模の国際会議 受入実績も

大阪南港のベイエリアでは、4会場・1団体が共同で出資した「Osaka Bay AreaMICE」が昨年9月からエリア一体型のMICE受入体制を

 街にしみだすオープンなプロモーション〜

 街にしみだすオープンなプロモーション〜 »

1 4月, 2019

写真は「インタラクティブ」「音楽」「映画」の3つの要素で構成されるSXSW。公式マップのStroly(本紙34号参照)を開くと他拠点すぎてピンで埋め尽くされるほど。写真提供:未来予報

運営のしかた01

多拠点型 街イベントの広がり

3月はさまざまなメディアやSNS のフィードからも米国オースティンで開催されていた「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」の話題が流れた。今年は経済産業省主催、落合陽一さん

ローカルシフトを考える 広聴型MICEのススメ

ローカルシフトを考える 広聴型MICEのススメ »

22 3月, 2019

MICE 活性化のヒントはどこにあるんだろうか。 いま、世界ではMICE について再定義が進んでいる。 地方創生につながるMICE を開発するためには、広く聴き、多くとつながることが重要だ。用途や場所、概念などを一度忘れて、新しい目で可能性を考えてみたい。

ローカルMICE の今

先月、全国のMICE 関係者が集まった「国際ミーティングEXPO2015」のセミナー会場で、ほぼ満席となる人気の講演があった。「世界が注目するローカルMICE の可能性〜いまなぜローカルMICE なのか?」をテーマにしたMPI 対談だ。登壇者は、MPI(MeetingProfessionals International)ジャパンチャプターの地方創生アンバサダーで、元気ジャパン代表理事/XPJP 代表取締役社長の渡邉賢一氏と、同副会長兼教育委員長で、ホットスケープ代表取締役の前野伸幸氏。 22 カ国18,500 人の会員をもつグローバル組織であるMPI をはじめ、ミーティングプランナーが集まる海外団体では” Possibility toincrease local MICE knowledge.(ローカルMICE に対して知識を共有しながらミーティングプランナーの質を高めていこう)” という議論がされ、そこでは、ビーチ、クルーザー、砂漠、城、森がMICE の開催場所として再定義されているという。

 

ニーズの変化

 

現在のニーズ変化を3つに分解してみると、「用途の拡大」「エリア・ベニューの拡大」「概念の拡大」が挙げられる。

これまでは、いわゆるMICE というと、会議施設やホテルがベニューで、目的も国際会議やカンファレンスだったが、細分化されている。そのひとつに、5年ほど前からユニークベニューという言葉が盛んに使われるようになったが、ベニューとして会議場やホテル以外に、神社や庭園、レストランなどに広がってきた流れがいまも続いており、街全体、地域全体がベニュー化してきている。たとえば3,000 人クラスの大規模ではなく、10 人単位の少人数もMICE と言われるようになり、概念の拡大化が時代のテーマになってきているのではないかと、指摘する。

前野氏からはセミナーの冒頭に「2020 年までに東京以外で新設・増床の計画がある1,000人以上収容または1,000㎡のMICE 施設は20プロジェクトあるが、果たして利益を生む施設になれるだろうか、また大型施設がないとMICE 誘致はできないだろうか」との疑問が投げかけられ、改めて地方都市におけるMICE の可能性を、渡邉氏が数字データから紐解く、という試みがされた

 

数字で見る傾向

 

国際会議件数の伸び率1位は富山県 MICE のなかで国際会議の開催件数(JNTO資料より)では、東京が一番多く、神奈川、福岡と大都市圏が上位となっているが、伸び率という側面で渡邊氏が独自計算したところ、都道府県別では1位富山県、(2005 年から2014 年で12 倍)、2位島根県(同8 倍)、3位福島県(同7倍)、4位岡山県(4. 7 倍)、5位佐賀県(4倍)と、近年は地方での増加が顕在化している。

市町村別でも1位千葉県柏市(同12 倍)、2位沖縄県恩納村(12 倍)、3位富山県富山市(同11 倍)、4位沖縄県名護市(同8倍)、5位島根県松江市(同8倍)と、細分化してもローカルシフトが目立っていることがわかった。

 

ビジネストリップの約半数は

東アジアと欧米、残りの半分は?

 

現在、日本を訪れる外国人の約10%がビジネストリップと言われている。1990 年には90万人がMICEを含めた商用旅行に来ているが、現在では、約2倍の160 万人ほど。リーマンショックの直前2007 年に商用旅行はピークを迎え、2015 年にその数字を抜く勢いになった。そのうち全体の半数が韓国、中国、アメリカの3カ国で占められている。この3カ国のみを追っていけばよいのかというと、そうではなく、残りの半数は40 カ国で按分されている。ここが、もしかすると各市町村にとって勝負どころだろう。

 

キーワード

渡邉氏は、また、これまで、商用旅行もFIT も含めて、ツ−リストと言っている時代が長かったが、「エクスペリエンス・コレクター」と言い換えてもいいのではないかと提案。たとえば総務部のインセンティブ担当者や、法人で開発合宿をする方は、その目的を達成するための、目的満足度を高めるためにエクスペリエンスを必ずみている。その地域に行ったときにベニューだけをみているのではなく、エクスカーションをどうするのか、その地域ならではのプラスアルファをどうするのか、アクティビティをどうするのか、エクスペリエンスとどうコネクティングしていくのかが、ベニューサイドとプランナーの間で大事なことだ。

また、ローカルMICE を考えるうえで、ポイントについては、

地方目線でおらが村に来いやという売り込み目線だけではなく、外国人目線でいまなにが動いているのか、ミーティングプランナーが、いま、なにをやりたいのか、ローカルMICE になにを求めているのか、海外目線が重要 2番目はグランドデザイン。標識のデザインも含め、この街をどうしていくのか、交流人口増を含めてどうしていくのかグランドデザインなしではむずかしい もはや既存の業界や職場、部署にこだわっている時代ではない。なにもやらなくてもインバウンドの市場はふえていく。クロスボーダーできる環境で企画会議をやるなり、みんなでアイディアを出すなりして、この需要にどう立ち向かっていくのかと、3つを挙げた。

 

地方創生とローカルMICE 必要なのは広聴型

 

地方創生の大きな背景にあるのは、人口減の問題だ。現在、伸びているのが首都圏4都県と近畿2府県、福岡と沖縄で残りは人口が半減すると言われている。2050 年には3,000万人減る。3,000万人というと東北6県、北陸、中国地方、四国、九州全県合わせて2960 万人となる。その全県が0人になる規模が3,000万人減ということ。そういった深刻な人口減の話もあるなか、明るい話題もある。

定住人口が1人減ると114 万円消費額が減ると言われています。ただし、一人当たり14 万円使っている外国人が8人来ると112万円の利益になる。定住人口減を交流人口増でカバーするというのは立派な地方創生の戦略なのではないかと、渡邉氏は言う。

また、地方創生でも、ローカルMICE でも、よく何が課題かを聞くと、プロモーションやメディアマーケティングという声を聞くが、渡邉氏が提唱するのが、広報型地方創生や広報型MICE ではなく、広聴型ディステイネーションマーケティング、広聴型MICE だ。 いま、何が求められているかを聴き、チューニングしていくことが必要なのだ。

 

ITC 活用し分析

 

そんななか、ICT を活用し、広聴型MICEを推進するのが、福岡市の「ビッグデータの活用によるMICE参加者の行動分析」。携帯電話の位置情報等を用いて,MICE参加者の行動を分析し,交通アクセスや市内各地への回遊(アフターコンベンション)などの課題対応に向けた実証的な分析をはじめるとしている。

また、民間でも、ビッグデータを活用した取り組みがスタートしている。inbound&outbound,D.M.O. サービスを2016 年から2020 年までの事業テーマとするうぶすなが1月からスタートさせるのが、「訪日外国人行動分析レポートサービス〜行脚〜」だ。訪日外国旅行者のSNS 上のつぶやきを収集し、行動分析を行いレポートするサービスで、これまで訪日外国人の国内での周遊ルートがわかりづらかった部分が解明される。すでに北海道の自治体は導入を検討しているという。

 

DMO が重要な役割に

 

うぶすなの吉井靖代表取締役は「現在、政府の地方創生戦略のなかで、ビッグデータ活用は必要不可欠となっている」と話す。それは、政府の「まち・ひと・しごと創生基本方針2015 〜日本版DMO を核とする観光地域づくり・ブランドづくりの推進〜」においても、ビッグデータ等を活用したマーケティング、KPI 設定・PDCA サイクル確率等による戦略策定が義務づけられているからだ。吉井氏は、「その中核組織となるのは、DMO(DestinationManagement/Marketing

UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート

UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート »

21 3月, 2019

UFI Asia Pacific conference report

特集 クライアントと創る空間デザイン

特集 クライアントと創る空間デザイン »

2 3月, 2019

空間をデザインするうえで手がかりとなるコミュニケーションシーンでは、どんな言葉や手法を使っているのか。現地に赴き聴いた2つの事例インタビューと、プランナーにヒアリングしたケースを紹介する

コミュニケーションの流れをデザインに  〜 鴻池運輸株式会社 x 株式会社昭栄美術

コミュニケーションの流れをデザインに  〜 鴻池運輸株式会社 x 株式会社昭栄美術 »

1 3月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは…. 鴻池運輸株式会社 プロジェクト名:国際物流総合展2018

1)クライアントのニーズ ブランドとサービスの認知向上、および、新規顧客開拓のために出展されました。多岐にわたる事業内容をいかに効果的に紹介し、リアルな商談につなげるかを最大のポイントとしていました

2)ニーズ具現化のポイント より実りのある商談に繋げるため、来場者の導線やコミュニケーションの流れのシミュレーションを重ね、デザインへと落としこんでいきました。 物流の枠を超えたさまざまな事業領域を印象付けられるよう、ブース上部に大型ビジュアルを掲出しメッセージを発信。さらに、ブースへの誘引から事業紹介まで、ターゲットニーズに応じたコミュニケーションの在り方を考慮し、様々な施策を実施。4日間の会期を通じて、アンケートや個別対応により来場者との出会いに繋がりました。

金子 奈枝さん 株式会社昭栄美術 デザイナー

高級感出す 細部への配慮 レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会 x 西尾レントオール株式会社

高級感出す 細部への配慮 レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会 x 西尾レントオール株式会社 »

28 2月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン 今回のクライアントは…. レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会 プロジェクト名:レッドブル・エアレース 千葉2018

1)クライアントのニーズ クラブラウンジ・VIP ラウンジ・メディアセンターを含む会場の設計・施工。世界中からのVIP を接遇するための高級感と柔らかさのある空間づくり。

2) ニーズ具現化のポイント 駐車場の車止め撤去といった建機分野から会場設営やイベント関連のレンタル品など弊社グループのリソースを結集してサービスを提供しました。

高級感を演出するために、テントらしさが出てしまう骨組み部分を布で覆ったり、仮設トイレもVIP用に内装を変更したりと細部にわたってこだわりました。前年度の図面をもとに設計するのではなく、主催者の方のコンセプトやイメージをヒアリングし、それを図面に落として、また意見をうかがうということを繰り返してつくりあげていきました。その苦労が実って「過去最高のしあがり」とお褒めいただきました。

高田 淳さん 西尾レントオール株式会社 RA 東京営業所 所長

ブランドの世界観を共有 〜 株式会社コスモビューティー x 株式会社ピー・エイチ・ワークス

ブランドの世界観を共有 〜 株式会社コスモビューティー x 株式会社ピー・エイチ・ワークス »

28 2月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン 今回のクライアントは…. 株式会社コスモビューティー プロジェクト名:化粧品開発展2019

1)クライアントのニーズ 会場全体導線から、来場者が思わず足を止めるような魅了する空間ブースデザインの差別化。それにより価値ある企業との出会いを演出すること。

2)ニーズ具現化のポイント 今回のブースデザインではアイデアとインパクトある空間表現を提案。化粧品研究開発における、商品の安全・安心品質、といったブランディングの世界観を大変明確に、互いに深く共有できました。

白をベースに清潔感を訴えるブースが立ち並ぶなかで、黒をベースに月と星で“コスモ”を再現したブースは、来場者の方々が、異空間に思わず吸い込まれて行くような神秘的な雰囲気になりました。空間、時間、人間といった“ 間” にこだわり、「たくさんの来場者に圧倒的にアピールできた」と高いご評価をいただきました。

遠藤孝貴さん 株式会社ピー・エイチ・ワークス 代表取締役 (デザイナー)