サクラインターナショナル細田憲之

特集:リアルとメタバースそれぞれの空間デザイン戦略

来場者をワクワクさせるブース演出制作には蓄積したノウハウを注入

ジャパンインターナショナルボートショー2022 Honda ブース

細田 憲之さん サクラインターナショナル(株)クリエイティブ&オペレーション本部  東京デザイン部 次長

3 月31 日からパシフィコ横浜で開催された「ジャパンインターナショナルボートショー2022」で本田技研工業が出展。製品である船外機の展示だけでなく、ボート本体と合わせた展示やアウトドアシーンの演出が注目を集めた。

単なる数ではなく、部門や役職など細かくセグメントされたリード獲得数や商談件数など、売上につながる年間KPI を顧客と共有する。昨年度まで営業を担当していた高橋さんらしく、顧客のマーケティング・営業目標達成に伴走するのが得意のスタイルだ。

注目を集めるデザインだけでなく、出展効果を高める運用も提案。コストバランス最適化のため装飾予算を削ることもある。施工だけでなく、クライアントに提供する価値が自社のブランド力になるという考えからだ。

ブースのレイアウトも運用面から考えはじめる。1 本の大きな動線に来場者をセグメントする場所をつくり、その後、各部署の担当者につなぐための設計をする。問題点を発見するために自身がブースに立つことも多い。

自社の強みを活かした
独自の提案が結実

顧客の目標に沿うだけでなく、自社の強みも活かしている。年間契約が多いのは、造作を再利用する同社の「ユニットプラン」による顧客のSDGs への貢献が評価されている。

「この部材を変更すればトラック1 台減らせる」といった提案も、施工管理の経験が豊富な高橋さんなら可能だ。会場入口からの誘導だけでなく、有力企業のブースやセミナー会場などの人の流れを利用した設計をするのも、展示会場の施工実績豊富な同社のノウハウといえる。1つを極めるより、多くのことを一通
り経験して、仲間の苦労や想いを理解しようとしてきた高橋さん。点と点がつながるときに、デザインする力もさらに向上するだろう。


→ 次の記事
3 次元と時間軸でコミュニケーションの余白を再現

← 前の記事
企画から運営までワンストップ 最適化を図り、目標達成する

特集「リアルとメタバースそれぞれの空間デザイン戦略」の他の記事

    –  XR 総合展 / Art + in YomiuriLand HANA・BIYORI
 長崎 英樹さん シンユニティグループ ㈱タケナカ専務取締役
2. 空間デザインは心理戦 物理的制限が武器になる
 東京インターナショナル・ギフト・ショー 石川県ブース
    竹村 尚久さん SUPER PENGUIN ㈱ 代表取締役
    高橋 祐也さん ㈱昭栄美術 クリエイティブ部 プランニング課
4. 来場者をワクワクさせるブース演出  制作には蓄積したノウハウを注入
 ジャパンインターナショナルボートショー 2022 Honda ブース
    細田 憲之さん  サクラインターナショナル(株)クリエイティブ&オペレーション本部 東京デザイン部 次長
 五十嵐 知宏さん 伊藤忠テクノソリューションズ(株)/ Innovation Space DEJIMA プロデューサー
山下 純さん(株)丹青社 デザインセンター デジタルデザイン局 チーフクリエイティブディレクター
大久保 玲亮さん (株)丹青社 デザインセンター デジタルデザイン局 デザイナー
 柴崎 栄二さん モニック(株)営業部部長
7.“ 共創 ” テーマにオープンなメタバース構築へ加速
 「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」レポート
  Facebook Japan 代表取締役 味澤 将宏さん

協賛

モニック、西尾レントオール、昭栄美術、DMMオンライン展示会

モニック
https://www.monic.co.jp/

LUFU Collection
https://www.lufu-monic.jp/

西尾レントオール
https://www.nishio-rent.co.jp/rentall/

昭栄美術
https://www.shoei-bijutsu.co.jp/

DMMオンライン展示会
https://online-event.dmm.com/

 

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る