Home » videos

News timeline

News
7月 1, 2020

「B2Bイベントの未来ーイベントが、かつての様式に戻ることはない」 Christian Muche⽒

Interview
8月 5, 2020

MICE業界の最長老森本福夫氏が会長職に 〜イベントサービス新社長に立木淳一氏

News
8月 5, 2020

バーチャル展示会のオンラインイベント開催 シンユニティグループ コースケ・よーことのコラボも

Innovatorインタビュー
8月 2, 2020

日本能率協会 理事 小宮太郎さん 「商談機会の創出」関西ホテル・レストラン・ショー開催直前インタビュー

MICE
8月 2, 2020

日本在住外国人の生活を支援する展示会「第1回 EXPAT EXPO TOKYO 2020」11月に初開催

未分類
7月 31, 2020

コロナに負けないイベント業界からのメッセージ

News
7月 30, 2020

[現地レポート#01_感染拡大防止策編]大型BtoB展示会が再開、「関西ホテル・レストランショー」7展にみるリアル開催持続の道のり

EVENT MARKETING 展示会
7月 29, 2020

関西ホテル・レストラン・ショー開幕 商談機会をの声に応えコロナ対策十分に

イベミラReport
7月 29, 2020

【オンライン開催】<シリーズ> コロナがなかったら | #01 SXSW2020 By イベントの未来をつくる105人

イベミラReport
7月 29, 2020

Future Creation#01 いま求めているオンラインイベントツールを考える

News
7月 20, 2020

2021年オリパラでの幕張メッセ使用期間を発表

イベント延期ではなくスライド大作戦 ゲスト 山名清隆さん コースケ・よーこの不要不急な話 第9話 7月10日

イベント延期ではなくスライド大作戦 ゲスト 山名清隆さん コースケ・よーこの不要不急な話 第9話 7月10日 »

11 7月, 2020

 7月10日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第9話をお送りしました。

第9話のゲストは… 山名清隆さん 「ミズベリング」プロジェクト事務局プロデューサー 株式会社スコップ 代表

「7月7日7時7分、全国一斉同時乾杯」という遊び心のあるソーシャルアクション「水辺で乾杯」。全国で1万人が参加していますが、今年は、新型コロナ対策として2013年の開始以来、初の延期となりました。

今回のゲストは、このアクションの仕掛け人で、「ミズベリング」プロジェクト事務局プロデューサーの 山名 清隆 (Kiyotaka Yamana)さん。

現在、イベントはリアル開催に向けて、さまざまな決断があり、迷いや想いのあるイベント主催者の皆さんにとっても、ソーシャルアクション「水辺で乾杯」での判断のポイントや立ち返った開催意義、延期による新たな機会創出など、マインドセットの参考になるかと思います。 ニューノーマルなソーシャルアクション様式についてお聞きします!

EventRegist(イベントレジスト)ヒラヤマコースケ( Kosuke Hirayama)さんとイベントマーケティングひぐちようこ( 樋口 陽子 (Yoko Higuchi))がお送りする「コースケ・よーこの不要不急な話」。

この番組は、不要不急とは言っても、いまだから話したい日常で大切にしているコトのお話をお聞きするゆるっとしたトーク番組です。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中。

イベントのコト起こしにもヒントになる、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことをゲストをお迎えして、リスナーの皆さんと共有していきます。

 

「コースケ・よーこの不要不急な話」第9話

配信日:2020年7月10日(金)12:00〜12:30 ゲスト:山名清隆さん|「ミズベリング」プロジェクト事務局プロデューサー、株式会社スコップ 代表 ゲストプロフィール 山名清隆さん ソシモ(社会的動機)が目覚めるような企画作りが大好きなプロデューサー。ミズベリング、スマートドライバー、愛妻家協会など。

配信元: ▼FacebookLIVE イベントマーケティングFacebookページにてライブ配信 ▼Podcast https://anchor.fm/event-marketing お知らせ: 「コースケ・よーこの不要不急な話」はPodcastからもお聴きいただけます!

 

イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その5(第5章-1) MTPCマーケティング戦略

イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その5(第5章-1) MTPCマーケティング戦略 »

7 7月, 2020

わかる!イベント・プロデュースの著者で、二松學舍大学 国際経営学科 非常勤講師の宮地克昌先生がお送りする、企画プレゼン・スキルアップの動画。第5回目は、「MTPCマーケティング戦略」をお送りします。

==MTPCマーケティング戦略==

提案の骨子をMTPCマーケティング戦略でまとめます MTPCマーケティング戦略は 1. マーケット、2. ターゲット、3.ポジショニング 4. コンセプト の4つの要素で構成されます そして、発想力、表現力、および段取り力に裏打ちされていなければなりません

市場(Market): 「内部環境」における“あるべき姿(理想像)”を創造し、 「外部環境」の変化に対応すること=解決するべき課題 マーケティング発想による課題解決 ターゲット(Target): 絞り込まれた対象者の 潜在的なニーズ ポジショニング(Positioning): イベントやコンテンツの USP(特徴や魅力) ターゲットとポジショニングの最適化 コンセプト(Concept): イベントやコンテンツに対して、対象者が感じる 意味や価値、ベネフィット

ーーーーーー全体の構成ーーーーーー

1.はじめに ウイルスと共生する時代のイベント     – 真価が問われる 「まつり」と「イベント」とは? – 社会的に不可欠な 「まつり」と「遊び」 – 快適なイベント空間から「まつり」の空間への回帰 コンペにおける提案の流れ (音声解説) – 厳しさを増す “生き残り” をかけた戦い – 提案先の「感性」に響く “腑に落ちる” プレゼン – “異なる視点”を持つ 「カウンターパートナー」 – “閉塞感” を払拭する 「ポジティブ提案」 – “未来の夢” で獲得する 「好印象」 – 100回の練習で身につける “1分自己PR” – 「自己紹介」から昇華した “自己PR” (演習) – 1分自己紹介/1分自己PR (参考・音声解説)   2.市場環境(情報収集) – 市場環境に影響を与える “時代の潮流” – 誰もが取り組むべき “人口減少社会” の克服 – 退職者層(男性)の市場に見る 新たな “競争相手” – 「モノからコトへ」 (参考) – 「コト消費」例:イカ差様レース (参考) – “コト消費” 関連新聞記事 (参考) – ピザ・パーラーの市場 (参考) – 「形式知」を浮かび上がらせる “創造心”によるインプット – 「発想力」も鍛えられる 情報の “新陳代謝” – 新聞のクリッピング例:「無観客試合」 (参考) – 新聞のクリッピング例:「YOSAKOIソーラン」 (参考) – 新聞のクリッピング例:「キャンドルナイト」 (参考)   3.傾聴力(情報収集)
- 「暗黙知」を「形式知」にする “コピーライター” – 「傾聴力」 で把握する “潜在的な欲求” – 「傾聴力」 を高める トレーニング – 「ラポール」 (参考) – “三褒め” を心掛ける (参考) – 傾聴力 (演習):「回転ドアの事故」 – ハインリッヒの法則 (参考) – 傾聴力 (演習):「就職後の経験」   4.ベストプラクティス(情報収集) – 自分の言葉で語る “成功要因”

月刊イベントマーケティングとは、MICE研究所とは

月刊イベントマーケティングとは、MICE研究所とは »

6 7月, 2020

イベントの専門紙「月刊イベントマーケティング」を創刊にいたった経緯やミッション、MICE研究所の取組みについて、田中力が語っています。7月2日のコンベンション勉強会の自己紹介でもお話したところのまとめです。

0:00  月刊イベントマーケティングについて 02:18 MICE研究所について 05:56 BACKSTAGEの紹介(イベント関係者向けカンファレンス) 06:13 編集長に叱られる (イベントの未来をつくる105人コミュニティ) 06:36 コースケ・よーこの不要不急な話(毎週金曜12:00から生放送+Podcast)

ーーーー 月刊イベントマーケティングというメディアと 会社名であるMICE研究所について説明していきます。

月刊イベントマーケティングを作る時に何を考えたか

まず考えたのは、「みんな、なぜイベントをやるんだろうか」ということ

例えばその理由に「販売促進」であるとか、「知名度向上」であるとか「ブランディング」であるとか、色々な理由・目的があると思うが みんな「マーケティング」と言われることなんじゃないかと考えました。

それではイベントをマーケティング視点で考えていくと、新しいイベントの形ができるのかなといういう風に考えました。 具体的にはなにが必要なのかなというと、イベントのゴールを考えたり、効果測定をしたり、イベント最適化はどういう風にしたらできるんだろうかということをやっていくのが、私たちの使命だ、と考えてそこで”フェイス トゥ フェイスを科学する”という、月刊イベントマーケティングのキャッチフレーズができました。

紙面の月刊イベントマーケティングという題字の上に小さく ”Face to Face を科学する”って書いてあります。

実際にどう科学するというと 紙面ではマーケターの人を主役にしています。実際にイベントを開催する主催者さんや イベントにお金を払っている人たちです。

マーケティングの媒体ということでもあるので イベントとは関係ないデジタルなマーケティングのことも取り扱っていて、その中でイベント を考えています。

それから、新しいテクノロジーというものも重要なコンテンツになっていますし、海外情報に強いのも特長だと思っています。 イベントをマーケティング戦略おなかで考えているので、ロジックの部分の深堀りも多いですね。 業界紙なんですが、クライアント企業の社長さんはあまりでてきませんw

MICE研究所という会社名

なぜMICE研究所なのかというと MICEの定義というと M=企業会議ミーティング I=インセンティブトラベル C=国際会議・コンベンション・コングレス E=イベント・展示会

という4種類のイベントの総称です。 私はこの定義はあまり好きではないのですが、まあそういう説明が一般的です。

ともあれ、なぜ4つのイベントを一つの分野にまとめるのか理由を考えると 同じ会場を使うから、宿泊をともなう、消費金額が大きく観光振興になる、イベント関係会社が共通している といった理由がありますが、これらはすべて業者側・サプライヤー目線ではないかと思うのです。

イベント・MICE分野が盛り上がるには、お金を払ってイベントを開催する人に、メリットをださなければいけません。業者側が潤うことも大切ですが、お金を払う方々のメリットの方が大切だと。

そうなるとMICEという分野を一括りにすることでこういうメリットがある、ということを提示していかないといけないんですよね。イベントする側の人たちにとって一つになると、どんないいことがあるのか。

国際会議を主催している人、販促イベントをやっている人、それぞれまったく違う仕事の仕方だったり考え方だと思うのですが、そういう人たちに共通してメリットになるのは、イベントを開催するノウハウとか、横断的な効果測定とかができるといいのではないでしょうか。

顧客や見込み客がイベントに来てくれた効果って、すぐに売上があがるということだけでなく、もっと長期的なもの。例えばブランディングしたことによる販売促進、優秀な提携先との新サービスの提供、優秀な人材の確保などいろいろなものがあると思います。イベント関係の取引先をまとめて管理することで、スケールメリットを活かした価格交渉などコストメリットもでてきます。

イベント開催のための小さくない費用に対してその対価をどうだすかということですね。

そのようなことを考えると、これもFace to Faceを科学することで、解決できるのではないかと思います。

具体的にどういうことをやっているかというと

イベントの舞台裏の人をステージにあげてノウハウを聞き出す BACKSTAGEというイベントを1年に1回開催しています。

編集長に叱られる、というのは「イベントの未来をつくる105 人」というコミュニティで編集長の樋口が担当しているセッションです。イベント界隈、マーケティング界隈で活躍する、気になる人にお話をうかがっています。

それからコロナの時期にはじめたYouTube の発信のなかで コースケ・よーこの不要不急な話という、お昼の校内放送のような番組を生放送しています。 イベントって不要不急なものの1つにあげられてしまっているんですけど、実は不要不急のことこそ一番大事というようなアンチテーゼです。編集長の樋口とイベントレジストのヒラヤマさんがホストで、毎回ゲストをお迎えしています。ポッドキャストでも配信しています。

あとはせっかくイベントってやるのであれば ”楽しい”というのも重要なキーワードだと思います。

コースケ・よーこの不要不急な話 第6話 6月19日 ゲスト 竹倉寛敦さん 

コースケ・よーこの不要不急な話 第6話 6月19日 ゲスト 竹倉寛敦さん  »

24 6月, 2020

6月19日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第6話をお送りしました。

第6話のゲストは…竹倉 寛敦 (Hiroatsu Takekura) さん。SUMMER SHOOT ‘20(サマーシュート ニーゼロ)」実行委員長。アーチェリーのインターハイ・全国大会代替え大会を実現へ、各企業から支援の輪が広がっています。竹倉さんの普段の顔は stand up A guy’s という会社の代表取締役。BACKSTAGEのセミナー進行ディレクターでもあります。

EventRegist(イベントレジスト)のヒラヤマコースケさん( Kosuke Hirayama)とイベントマーケティングひぐちようこ( 樋口 陽子 (Yoko Higuchi))がお送りする「コースケ・よーこの不要不急な話」。

この番組は、不要不急とは言っても、いまだから話したい日常で大切にしているコトのお話をお聞きするゆるっとしたトーク番組です。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中。

イベントのコト起こしにもヒントになる、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことをゲストをお迎えして、リスナーの皆さんと共有していきます。

「コースケ・よーこの不要不急な話」第6話

配信日:2020年6月19日(金)12:00〜12:30 ゲスト:竹倉 寛敦さん |SUMMER SHOOT ‘20(サマーシュート ニーゼロ)」実行委員長

配信: ▼YouTubeLIVE イベントマーケティングチャンネルにてライブ配信 ▼Facebookページでもライブ配信を行いますhttps://www.facebook.com/EVENTMARKETING/LIVE

イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その4(第1章-2) コンペにおける提案の流れ

イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その4(第1章-2) コンペにおける提案の流れ »

20 6月, 2020

わかる!イベント・プロデュースの著者で、二松學舍大学 国際経営学科 非常勤講師の宮地克昌先生がお送りする、企画プレゼン・スキルアップの動画。第4回目は、「コンペにおける提案の流れ」をお送りします。

==コンペにおける提案の流れ==

一般にコンペと言われる提案競争では 提案の依頼を受けてから、採用が決定されるまでの間に 情報収集であるインプットから、提案の骨子をまとめるプロセス、そしてプレゼンテーションによるアウトプットまでの流れがあります

まず提案の依頼を受けてから情報収集に着手します 情報収集を、市場環境、傾聴力、ベストプラクティスの3つに分けて解説します

提案の骨子をMTPCマーケティング戦略でまとめます MTPCマーケティング戦略は 1. マーケット、2. ターゲット、3.ポジショニング 4. コンセプト の4つの要素で構成されます そして、発想力、表現力、および段取り力に裏打ちされていなければなりません

プレゼンテーションは基本スキル、論理構成、そして説得力の3つに分けて解説します

最後に、提案の採用が決定されます

体験重視のオンラインイベント開発 〜 ジールアソシエイツ 【動画あり】

体験重視のオンラインイベント開発 〜 ジールアソシエイツ 【動画あり】 »

15 6月, 2020

体験デザインをテーマに、イベントの企画・運営を手がけるジールアソシエイツは、実写やCGによる没入感の高いバーチャル空間を特長として、オンラインイベントプラットフォーム「zone.(ゾーン)」を開発した。

<<動画ニュース&インタビュー>>

==目次== 0:00 zone. について概要説明(田中) 0:56 zone. 開発のきっかけは? 1:40 zone. のターゲットは? 2:43 zone. の特長は? 7:10 いつから使えますか? 11:04 β版トライアル(音声と静止画のみ) 12:43 コロナ後のイベントは?

zone.は、イベント運営会社がつくったオンラインイベントのプラットフォームであり。イベント主催者の世界観をつくるために、バーチャル空間のリアリティを追求している。「リアルイベントに負けない、楽しくワクワクする空間をつくる。」とくに来場者との接触点となるボタンや細かな演出を、自由にカスタマイズできる。「細かいアクションほど、主催会社のカラーをだせるところ」とイベント会社ならではのこだわりだ。

一方、来場者の行動履歴などマーケティングデータも取得できる。うんこミュージアムのようなエンタメ施設から展示会のブース企画まで行うジールアソシエイツらしいコンセプトとなっている。

zone.の特長は

1.リアルに近づけた体験・商談 CGまたは実写による没入感の高いバーチャル空間をつくる。リアルイベントでは実現不可能な演出もできる。 2.来場者の行動分析によりバーチャルブースの公開 トラッキングログからバーチャルブース訪問者を抽出、また各コンテンツの閲覧履歴も統合することで、重点的な営業フォローがにつながる 3.伝えたい・みたい情報がすぐそこに 一般的なスマホやPCからアクセスリアルイベントのように情報を収集・伝達 4.リアルとオンラインの相乗効果 これからの増加が予測される、オフライン・オンラインイベントを同時に設計する、ハイブリッドイベントに対応する

<搭載機能例> チャットボット機能・決済システム ライブ配信 ウェビナー受付登録管理 リッチコンテンツの掲示 商品展示 SNS連動 社員スタッフ紹介 アンケート機能 等

 

zone. の公式サイト https://zeal-as.co.jp/digital/zone/

zone. バーチャルイベント

 

<<インタビュー内容>>

コースケ・よーこの不要不急な話 第5話 6月5日 ゲスト 道山 智之 さん よりあい商店 代表

コースケ・よーこの不要不急な話 第5話 6月5日 ゲスト 道山 智之 さん よりあい商店 代表 »

14 6月, 2020

6月5日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第5話をお送りしました。ゲストは、よりあい商店 代表の 道山智之さん

商店街の人情とぬくもりをモバイルオーダーでつなげた「よりあい商店」。その仕掛け人で、世田谷・松陰神社通り商店街常連客有志、道山智之さんをお迎えします。

緊急事態宣言下、困っていた飲食店主に常連の道山さんがつないだ”よりあい”の物語。テクノロジーとの架け橋、3店舗の店主への想い、常連さん同士の横のつながりが生んだ物語のはじまりから、気になるつづきのお話までお聞きします!

EventRegist(イベントレジスト)のヒラヤマコースケさん( Kosuke Hirayama)とイベントマーケティングひぐちようこ( 樋口 陽子 (Yoko Higuchi))がお送りする「コースケ・よーこの不要不急な話」。

この番組は、不要不急とは言っても、いまだから話したい日常で大切にしているコトのお話をお聞きするゆるっとしたトーク番組です。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中。

イベントのコト起こしにもヒントになる、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことをゲストをお迎えして、リスナーの皆さんと共有していきます。

「コースケ・よーこの不要不急な話」第5話 配信日:2020年6月5日(金)12:00〜12:30 ゲスト:道山智之さん|「よりあい商店」代表

●よりあい商店モバイルオーダー:https://yoriai-shoin.oderapp.jp

●よりあい商店ブランドサイト:https://yoriaishoten.com/

●よりあい商店Instagram:https://www.instagram.com/yoriaishote…

配信: ▼YouTubeLIVE イベントマーケティングチャンネルにてライブ配信 http://www.youtube.com/channel/UCP7aGVqpPFMbBwHNu7K0GqQ?sub_confirmation=1

▼FacebookLIVEでも配信中

コースケ・よーこの不要不急な話 第4話 5月29日 ゲスト 三遊亭わん丈 さん- 江戸落語家

コースケ・よーこの不要不急な話 第4話 5月29日 ゲスト 三遊亭わん丈 さん- 江戸落語家 »

14 6月, 2020

5月29日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第4話をお送りしました。 ゲストは三遊亭わん丈さん - 江戸落語家

バンドマンから落語家に転身し9年、現在は年間1000席の高座に上がり、オンライン落語にもチャレンジする三遊亭わん丈さんをお迎えします。 古典から創作落語まで展開し落語文化を継承していらっしゃる、その想いについてお伺いします!

「コースケ・よーこの不要不急な話は、イベントレジストヒラヤマコースケさんとイベントマーケティングひぐちよーこがお送りするイベント関連のゆるっとしたトーク番組。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中です。

不要不急な話とは言っても、いま本質的に大切にしたいコト…たとえば、ひとが毎日を人間らしく生きるのに必要なちょっとしたコツ、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことで、イベントのコト起こしにもヒントになる、そんなお話をゲストとリスナーの皆さんと共有していきます。

「コースケ・よーこの不要不急な話」第4話 配信日:2020年5月29日(金)12:00〜12:30 ゲスト:三遊亭わん丈さん|落語家

コースケ・よーこの不要不急な話 第3話 5月22日 ゲスト 岡星竜美さん 目白大学 メディア学部メディア学科特任教授 

コースケ・よーこの不要不急な話 第3話 5月22日 ゲスト 岡星竜美さん 目白大学 メディア学部メディア学科特任教授  »

14 6月, 2020

5月22日(金)12時から、「コースケ・よーこの不要不急な話」第3話をお送りしました。ゲストは… 岡星竜美さん 目白大学 メディア学部メディア学科特任教授 

「コースケ・よーこの不要不急な話は、イベントレジストヒラヤマコースケさんとイベントマーケティングひぐちよーこがお送りするイベント関連のゆるっとしたトーク番組。毎週どこかで、ゲストをお迎えし不定期に配信中です。

不要不急な話とは言っても、いま本質的に大切にしたいコト…たとえば、ひとが毎日を人間らしく生きるのに必要なちょっとしたコツ、コミュニケーションデザインや編集術、企画力のようなことで、イベントのコト起こしにもヒントになる、そんなお話をゲストとリスナーの皆さんと共有していきます。

「コースケ・よーこの不要不急な話」第3話 配信日:2020年5月22日(金)12:00〜12:30 ゲスト:岡星竜美さん 目白大学 メディア学部メディア学科特任教授  

137人に聞いたコロナ禍のイベント活動・事業 〜 月刊イベマケ58号の紹介  Weekly イベントマーケティング 5月8日(第2回放送)

137人に聞いたコロナ禍のイベント活動・事業 〜 月刊イベマケ58号の紹介  Weekly イベントマーケティング 5月8日(第2回放送) »

14 6月, 2020

Weeklyイベントマーケティング 第2回放送は、5月8日放送。 新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務の方も多いかと思います。月刊イベントマーケティングが所属会社にお送りしている方が多いので、オンラインでイベントの最新情報を提供します。5月1日の第2回放送は、ゲストなしで、樋口陽子編集長と副編集長のワタクシ田中力でおおくりします。 ライブ配信の動画を音量調整など少し編集して再アップしました。