特集 集客力の正体

集客力って一体、なんだろう。 要素が複合的に重なっていそうだけれど、因数分解してみたらきっとその正体がみえてくるはず。 CASE 01 5,000 名超えのビジネスカンファレンス Sansan Innovation Project 2019

特集 新しい会場 新しいカタチ

会場の選択は、イベント(主催者)のマインドや目指す品格など方向性を付加するツールにもなる。続々とふえる新しい会場やヒントとなるようなアイデアの扉を開けてみよう

映像・通信と食の対応もウリ「AP新橋」

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE06  AP新橋

新橋駅徒歩1 分の好立地に、シックで落ち着いた空間と高機能な設備を併せ持つ「AP新橋」が、昨年9 月に開業した。

3 階はワンフロア570㎡を

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

ー特集 新しい会場 新しいカタチー CONFERENCE02「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

9つのルームと3 つの控え室、総面積1,500㎡、1,100 名以上を収容する大型カンファレンスセンター「ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター」。

空港直結!日仏共同、初物づくしの国際展示場! 「Aichi Sky Expo」 

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー EXHIBITION01 「Aichi Sky Expo」 2019 年8 月30 日オープン

今年8 月30 日に開業する愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」には展示場としての「日本初」が多い。国際空港に直結、常設の保税展示場、コンセッション方式。そして日仏合同の特別目的会社(SPC)による運営など、すべての「初」が、海外からの来場者、出展者、イベント誘致の強力な武器になりそうだ。

展示場までの道路や県内の有料道路運営をてがける前田建設グループとともにSPC である愛知国際会議展示場株式会社(AICEC)を設立したフランスのイベント会社GL イベンツは、フランス・リヨンにある13 万㎡のユーロエキスポのほか世界で約40 施設を運営。イベント運営会社としてもメゾン・エ・オブジェをはじめ250 本の展示会や、オリンピックなどのメガイベントも手がける。

AICEC社長のモルガン・ショドゥレール氏は、前職で、AICEC と同じ日仏のコンセッションである関西エアポートに在職。今回も日仏共同で、自動車、航空・宇宙技術・ロボットといった愛知の産業ブランドの世界への発信をめざす。ハードウェア面で注目は、6 万㎡と大規模な展示面積。そのうちの1 万㎡は、天井高20 mの無柱空間で、映像・音響・舞台演出が可能でコンサートの利用も可能。オープニングイベントでもe スポーツを実施する。海外インセンティブ・トラベルでの使用も見込み、スペインのIBTM に出展するなどMICE の誘致にも積極的だ。

産学行政の集まる需要創造会議

3月27 日には愛知県庁で需要創造会議を実施。地域をあげて同展示場の需要創造と受入体制の充実を目指すこととなった。同会議は2つのプロジェクトチーム(PT)で構成される。戦略PT は、経済・労働団体・大学・空港・行政機関がブレインとして、イベント開催・誘致に対するアドバイスを行う。また受入体制充実PT では、イベント開催に関連する宿泊・交通・警察などの機関や、アフターコンベンションや地域の魅力発信の主体である観光関係団体と商工農関係団体などが参画する。

 

月刊イベントマーケティングPDF版

ダウンロードできます

イベマケ46号ほか、ダウンロードできます
==46号== 集客力の正体  New
 !  ダウンロード可能になりました  
==45号== 新しい会場 新しいカタチ
==44号== クライアントと創る 空間デザイン
==43号
== オフシーズンのファンマーケティング
==42号== Sport Innovation Summitに学ぶ
                            シェアしたい2018 年のイベント
==41号== 統合リゾートとMICEビジネスを考える

Mail Magazine

メールマガジン発行中!

イベントを活用した企業のマーケティング・営業活動の成功事例や、トレンド、イベントツール、マーケティングツール、最新テクノロジーをお届けします。

社内イベント特集 / 映像特集

企画書ダウンロードできます

特集「社内イベントもインタラクティブ」(5月31日号)

いま社員旅行、社内イベントが見直されている。そこで社内イベントの効果を最大化する手法や、成功事例の共有を行うことで、社内イベント開催機運醸成と、プロによるイベント運営のメリットを掲げる。モチベーション・エンゲージメントをあげるイベントづくり、参加者の感情変化、モチベーション向上の意義、ブランディング、採用に効く社内イベント、イベント事例・企画・運営会社紹介

特集「イベントの映像」(6月30日号)

「映像」が生み出す感動体 験と、マーケティング視点での映像・動画活用に ついて考える。映像の感動科学と記憶定着とは(マーケティング視点で映像を考える)・注目の映像表現・事例・進化する映像体験、3R(AR/VR/MR)、4D、プロジェクションマッピング・映像クリエイター紹介・映像・音響機器とテクノロジー・