特集 Inter BEE タイアップ イベント映像最新トレンド

11月13日(水)から15日(金)までの3日間、幕張メッセで開催される「Inter BEE 2019」から映像の近未来を探る。

エンゲージメント高める 社内イベントづくり

エンゲージメント高める 社内イベントづくり ブランドと顧客の深く良好な関係を構築し、Win-Win で双方向なコミュニケーションをつくる、エンゲージメント・マーケティング。関係構築は顧客との間だけでなく、企業とスタッフ、スタッフ同士の間にも重要だろう。個の力からチームで戦う組織をつくるための、社内イベントを活用したエンゲージメント向上の手法について学ぼう。

特集 感情を揺り動かす映像体験とは

<2018年6月30日号に掲載した特集記事です>

感情を揺り動かす映像体験とは Unruly Japan カントリーマネージャー 香川晴代さん ブランディング60:販促40

かっこいい入場シーン、コンサートでの演出、商品説明、イベント告知のティザーなど、ジャンルを問わずイベントの現場やその前後に、映像を活用することが増えている。なぜ映像を使うのか、映像のもつ機能についてもう一度考えてみよう。映像でなにができるのか、どうすれば効果を最大化できるのだろうか。

オフシーズンのファンマーケティング

ゴールデン・スポーツイヤーズを控え、市場拡大が期待される日本のスポーツ産業。一方、先月号でお伝えしたSportInnovationSummit(SIS)では、欧米に比べ日本は潜在力を活かしていないという意見も出た。ここではプロチームの取組みを紹介し、ビジネス視点でのプロスポーツのあり方、ファンマーケティングにおけるイベント活用を考える。

特集 集客力の正体

集客力って一体、なんだろう。 要素が複合的に重なっていそうだけれど、因数分解してみたらきっとその正体がみえてくるはず。 CASE 01 5,000 名超えのビジネスカンファレンス Sansan Innovation Project 2019

月刊イベントマーケティングPDF版

ダウンロードできます

展示会とイベント、MICEの専門誌「月刊イベントマーケティング」48号はイベントの映像特集、態度変容のある映像体験がテーマ
==48号== New !  態度変容のある映像体験
==47号== エンゲージメント高める社内イベントづくり

==46号== 集客力の正体 
==45号== 新しい会場 新しいカタチ
==44号== クライアントと創る 空間デザイン
==43号
== オフシーズンのファンマーケティング
==42号== Sport Innovation Summitに学ぶ
                            シェアしたい2018 年のイベント

Mail Magazine

メールマガジン発行中!

イベントを活用した企業のマーケティング・営業活動の成功事例や、トレンド、イベントツール、マーケティングツール、最新テクノロジーをお届けします。

イベントの "食" 特集

企画書ダウンロードできます

特集「イベントの “食” 」(7月31日号)

イベントでの食シーンは、以前からコミュニケーションのツールと して、また最近では企業のCSRの姿勢としても、重要な位置づけを 担っています。最終的に、イベントや主催者の印象を左右すること や、スタッフのモチベーションにも影響します。 なぜ食に気を使うのか、イベントの食シーンのもつ機能について、 もう一度考えてみました。食でなにができるのか、どうすれば効果 を最大化できるのでしょうか。