Facebook Japan 代表取締役 味澤 将宏さん METAVERSE EXPO JAPAN

特集:リアルとメタバースそれぞれの空間デザイン戦略

“ 共創” テーマにオープンなメタバース構築へ加速

「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」レポート

Facebook Japan 代表取締役 味澤将宏さん

7 月27 日(水)・28 日(木)の2 日間、メタバース関連プロダクト・サービスの展示や有識者が集まり「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が開催された。メタバースに向き合っている企業・有識者のビジョンや現在の取り組みが共有されたカンファレンスでは、どのような方向性が見出されたのだろうか。主催のMeta 日本法人Facebook Japan 代表味澤将宏さんのコメント、会場でのトークセッション、展示からレポートする。

メタバースの現在、
そして将来像を発信

metaverse-expo2022

「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」(7月27日・28日)のEXHIBITION会場。メタバースの「今」を体験する場として、グランドハイアット東京内にメタバース空間をリアルに再現した

-- METAVERSE EXPO JAPAN 開催の経緯を教えてください
味澤 弊社は昨年コーポレートブランドを変更し、メタバースの構築に寄与することに注力しています。インターネットと同様にメタバースも一社だけで構築していくものではなく、さまざまなプレイヤーが参加し協業することで、よりオープンなメタバースは実現できると考えています。

日本は、VR やAR といった新しい技術に対する利用者の期待が高く、トップクラスのIP を開発する優秀な開発者が多いことから、メタバース構築において最も重要な市場の1つです。

本エキスポでは” 共創” をテーマに掲げ、日本のメタバースビジネスを牽引する企業や団体、専門家、官公庁と共に、メタバースの現在、そして将来像を発信し、業界内の動きを加速させることに貢献したいと考え、エキスポの開催に至りました。

Facebook Japan 代表取締役 味澤将宏さん

Facebook Japan 代表取締役 味澤将宏さん

--今回招待制ですが、参加対象者とした業界や注力された分野は?
味澤 特定の業界や分野に限ることなく、幅広い業界の皆様と連携をし、メタバースの構築に寄与していきたいと考えています。

今回のエキスポでも教育・福祉分野での活用についてのセッションを実施しましたが、メタバースにはゲームやエンターテイメントだけでなく、ビジネス、医療・福祉、教育などの幅広い領域で大きな可能性があると考えています。

--イベント分野におけるメタバースの可能性がセッションにも多く見受けられました。今後、メタバース空間でのイベントの可能性はありますか?
味澤 現時点で予定しているものはございま
せん。本エキスポにおける今後の展開としては、オフラインイベントになりますが、次回は今年10 月18 日より4 日間開催予定の「CEATEC2022」内で本エキスポの内容をアップデートし、一般公開する予定です。


 

メタバースの現在、
そして将来像を発信

AMBUSH CEO VERVAL 元m-flo CEO

AMBUSH®初のメタバース空間を紹介するVERBAL
さん

メタバースのビジネス活用や価値について、身体性を持って体験、理解する機会を提供した「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」。

「正直、メタバースの活用は実際のところ、よくわからない」いう声も少なくないなか、今を体験し、現在地を確認することで、ビジネス機会の可能性を拡大する場となっていた。

カンファレンスで印象に残ったのは、「 2年前は、NFT やメタバースのことは全くわからなかった」と話したm-flo のバイリンガルラッパーで、アクセサリー・ジュエリーブランドAMBUSH® のCEO を務めるVERBAL さん(写真)。熱量高く可能性を語っていた登壇者のなかのひとりだ。2022 年4 月にAMBUSH® からブランド初のNFT アイテムPOW!® の発売は話題となったが、VERBALさんは「トライしていくなかで、新しくコミュニティが繋がっていく感覚は、アクセサリーを自分で作り始めた当初『それ、いいね。僕にもつくってよ』とミュージシャン仲間に広がっていったことを思い出す」と、ブランド創立につながったストーリーと符号すると語る。リアルなイベントでもNFT を通じたブランド体験を準備している。

大日本印刷ブースでは同社開発のバーチャル空間に立っているような体験を提供

大日本印刷ブースでは同社開発のバーチャル空間に立っているような体験を提供

展示ブースの会場は、16 の企業が関連コンテンツを展示した。展示ブースのなかで、リアル×メタバースの可能性を感じたのは、大日本印刷(写真)。床面まである大型LEDのステージに立つだけで、メタバース空間に等身大の自分が入ったような感覚になる。アプリインストールやV R ヘッドセット無しでも、簡単にメタバースに触れることのできる仕掛けとして、メタバース展開事業者にとっては利用者層拡大に貢献する。例えば、地域や観光資源のステークホルダーがメタバース空間を持つことで、PR やビジネスの可能性が広がると提案する。すでに同社が展開する渋谷区宮下公園・秋葉原・神田明神の3ヵ所のバーチャル空間をブースでは体験したが、印刷技術のリアルをデジタル化する微細・高精細さが際立つ。リアルにも送客効果を出すと話す。そのほか、情報を展開する圧縮技術、高いセキュリティ基盤などの強みが同社のメタバース事業を支える。

今回、大手企業が展開するメタバース事業を、カンファレンスと展示で体験して、メタバースビジネスの選択肢の多さから多岐に渡る産業で可能性の広がりを感じた。


 

← 前の記事
個性的な空間つくる品揃えに 新ブランド LUFU も加わる

特集「リアルとメタバースそれぞれの空間デザイン戦略」の他の記事

    –  XR 総合展 / Art + in YomiuriLand HANA・BIYORI
 長崎 英樹さん シンユニティグループ ㈱タケナカ専務取締役
2. 空間デザインは心理戦 物理的制限が武器になる
 東京インターナショナル・ギフト・ショー 石川県ブース
    竹村 尚久さん SUPER PENGUIN ㈱ 代表取締役
    高橋 祐也さん ㈱昭栄美術 クリエイティブ部 プランニング課
4. 来場者をワクワクさせるブース演出  制作には蓄積したノウハウを注入
 ジャパンインターナショナルボートショー 2022 Honda ブース
    細田 憲之さん  サクラインターナショナル(株)クリエイティブ&オペレーション本部 東京デザイン部 次長
 五十嵐 知宏さん 伊藤忠テクノソリューションズ(株)/ Innovation Space DEJIMA プロデューサー
山下 純さん(株)丹青社 デザインセンター デジタルデザイン局 チーフクリエイティブディレクター
大久保 玲亮さん (株)丹青社 デザインセンター デジタルデザイン局 デザイナー
 柴崎 栄二さん モニック(株)営業部部長
7.“ 共創 ” テーマにオープンなメタバース構築へ加速
 「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」レポート
  Facebook Japan 代表取締役 味澤 将宏さん

協賛

モニック、西尾レントオール、昭栄美術、DMMオンライン展示会

モニック
https://www.monic.co.jp/

LUFU Collection
https://www.lufu-monic.jp/

西尾レントオール
https://www.nishio-rent.co.jp/rentall/

昭栄美術
https://www.shoei-bijutsu.co.jp/

DMMオンライン展示会
https://online-event.dmm.com/

 

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る