Home » Articles posted by 田中力 MICE研究所
田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

丹青社がNTTドコモの5G向けARアプリ実証実験に参画

丹青社がNTTドコモの5G向けARアプリ実証実験に参画 »

21 1月, 2020

商業施設・文化施設などの空間づくりをおこなう丹青社は、マルチアクセスエッジコンピューティング(以下、MEC)を活用した NTT ドコモ(以下、ドコモ)の実証実験に、空間づくりのノウハウを活かしたコンテンツ企画 などで参画する。実験は 1 月 23 日(木)・24 日(金)に開催される「DOCOMO Open House 2020」 (場所:東京ビッグサイト青海展示棟)で体験できる。

『MEC』は、移動通信網において、利用者により近い位置にサーバーやストレージを配備する仕 組みのネットワーク技術で、5G ソリューションの創出に向けて活用が期待されている。実験 は、ドコモがエッジコンピューティングを提供するアメリカの企業 MobiledgeX, Inc.(モバイルエッジエ ックス)とともに進めているもので、国内外のパートナーとの連携により 5G ソリ ューション創出を加速し、グローバルマーケットへの提供を目指している。

丹青社は、文化空間およびイベント空間における展示企画・デザインのノウハウを活用し、同社のCMI センターによる ICT を空間に活かすアイデアとテクノロジーによって、MEC のソリューションを来 場者に体験いただけるコンテンツを企画・制作した。丹青社は本実験の検証で得られる知見を活かし、 今後もミュージアムをはじめとした空間において新たな価値の創出を進めていく。

実証実験のイメージと概要・ポイント

1. MobiledgeX が保持するポータルサイトを、ドコモのネットワークに接続された MEC の特徴をもつ 「ドコモオープンイノベーションクラウドTM」と接続。 2.「ドコモオープンイノベーションクラウドTM」に 1000realities の AR アプリケーションを配信 3. 5G・LTE を介して AR グラスのセンサとカメラから取得した大容量の情報を低遅延で MEC に伝送 4. 丹青社が企画したコンテンツ内において、MEC にある AR アプリケーションが鑑賞者の立ち位置と視線を推定 5. 鑑賞者の視点に関する説明を、AR グラス上にリアルタイム表示 <ポイント> ・2 次元バーコードの掲載等を必要としない AR アプリケーションなので作品鑑賞の邪魔にならない ・表示内容の変更も MEC において容易に実施でき、デバイス上でのアプリケーション更新が不要

■ 実証実験参画の背景

2018 年 7 月より、丹青社が手がける空間づくりのノウハウと、ドコモの ICT 技術・ソリューションを掛け合わせ、デジタルトランスフォーメーションを推進した空間価値創出に向けた協業を進めている。 今回の取り組みもその一環として、ドコモが幅広いパートナーと共に進める 5G ソリューションをグローバルに展開することをめざして実施する。

丹青社が手がける空間づくりの領域では、5G ソリューションとして、高精細なコンテンツをリアルタイムに提供する AR・VR 演出のニーズが見込まれます。文化空間・イベント空間の展示や商業空間の空間 演出など幅広い分野での活用が期待されている。

本実験で丹青社は、アプリケーションのコンテンツ企画および検証内容の検討を担当する。博物 館・美術館などの文化空間、展示会などのイベント空間における展示企画のノウハウを活用し、ミュージ アムにおける新たな鑑賞体験を企画した。

大容量データを低遅延で伝送できる MEC の特徴を活かし、ユーザーの位置情報および見ている場所を 推定し、それに対応した AR コンテンツの表示を行う技術で、鑑賞者の視線に合わせて作品名や関連する 絵画に関する情報などをリアルタイムで見られるコンテンツを実現。これにより、絵画の知識が なくても絵画を見ながら見識を深められる、新たな鑑賞体験が可能になった

■「DOCOMO Open House 2020」開催概要

名称 :「DOCOMO Open House 2020」 日時 :2020 年 1 月 23 日(木)・24 日(金)9:30~18:00 会場 :東京ビッグサイト 青海展示棟 A・B ホール(23,200

アカツキライブ小林氏らが新会社BAKERU設立

アカツキライブ小林氏らが新会社BAKERU設立 »

21 1月, 2020

横浜駅直通の複合体験エンタメ施設「アソビル」を手掛けた株式会社アカツキライブエンターテインメントの元代表取締役CPOの小林肇氏と元取締役の小谷翔一氏が、先鋭的なクリエイティブで知られるプロダクション「東京ピストル」の株式取得&社名変更により、1月20日「株式会社BAKERU」としてスタートをきった。

多様なオフィスデザインを手掛ける株式会社ヒトバデザインの代表取締役社長の佐藤誠吾を取締役に迎え、場づくりをスピーディーに展開していく体制を整え、「場を仕掛けるクリエイティブカンパニー」として、活動を開始する。

東京ピストルは、メディア制作・運営のほか、クリエイティブコンサルティングからプロモーションをメインとしたイベント制作まで、制作に関連するノウハウをもつ。これまでの主な実績として、ベイクルーズフループの40周年記念事業であり、ファッション業界における初の単独野外フェス「ベイクルーズ フェス(BAYCREW’S FES)」(2019-/全体コンサルティング、及びクリエイティブディレクション・制作)や2022年歌舞伎町に開業する総合エンターテイメント施設にあわせた歌舞伎町のWebメディア「MASH UP! KABUKICHO」(2019-/全体コンサルティング、及びクリエイティブディレクション・制作・運営)などがある。

店舗プロデュース・運営としては、日本近代文学館内の文学カフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」(2012-)や渋谷の百軒店に作られたカルチャーコーヒーショップであり観光案内所である「SHOT」(2019-)などをてがけた。それらのクリエイティブやプロデュースは、常に大きな話題を集め、コミュニティー形成やブランディング、PRまでも含めた総合エンターテイメント創出企業としての可能性を秘めていた。BAKERUと社名変更するにあたり、クリテイティブのプロ集団と場づくりのプロ集団が新たに団結し、スピーディーかつアグレッシブな発展が期待される。

<株式会社BAKERU> 本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷1-20-9 co-factory渋谷 402 電話番号: 03-6427-7145 WEB サイト :https://bakeru.co.jp/ 問い合わせ先:info@bakeru.co.jp

パシフィコ横浜がMICE開催件数1位に 〜JNTO国際会議統計

パシフィコ横浜がMICE開催件数1位に 〜JNTO国際会議統計 »

21 1月, 2020

日本政府観光局が「2018 年 JNTO 国際会議統計」を発表した。2018 年に日本で 開催された国際会議の件数は、前年比 3.6%増の 3,433 件、参加者総数は、前年比 6.6%増の 184 万人、外国人参加者数は、前年比 12.3%増の 21 万人となった。日本での開催件数は 7 年連続で過去最高を記録。外国人参加 者数は2 年ぶりに 20 万人を上回り、過去 2 番目の多さとなった。

会場別開催実績における「開催件数」「参加者総数」でパシフィコ横浜が国内 MICE 施設の中で1位となった。外国人参加者数では国立京都国際会館が1位に輝いた。

分野別では、「医学」が 87 万人と最も多く、次いで「科学・技術・自然」が 53 万人、この 2 分野の合計で、参加者 総数全体の 4 分の 3 以上を占めた。また、中・大型国際会議の参加者総数が前年比 22%増の 82 万人(うち外国人 13 万人)となっており、総数の増加に寄与した。

JNTOのニュースリリース https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20191030.pdf

パシフィコ横浜のニュースリリース https://www.pacifico.co.jp/Portals/0/resources/information/archives/information_20200117_jnto.pdf

 

2020年1月14日配信 セスじゃなくてシーイーエス 【CES報告会情報も】

2020年1月14日配信 セスじゃなくてシーイーエス 【CES報告会情報も】 »

14 1月, 2020

火曜日のお昼下がりに、こんにちは。 イベントマーケティングの樋口でございます。先週はSNSフィードを米国ラスベガスで行われていた「CES」で席巻された皆さんも少なくなかったのではないでしょうか。 セスとつい言いがちですが、現地ではシーイーエスと言わないと通じないあるあるなどはいいとして…。編集部では現地に行けなかった分、「CES報告会」の国内イベントにいく予定です。 今年は、最新ソリューションやエウレカパークなどのスタートアップへの視察といった視点からだけでなく、イベント関係者が行くMICE視点の視察組も現地で合流していたもよう。

今年は画面を眺めてないで、海外イベントに取材に行く!と心に誓った樋口でした。

(トップ写真提供:(株)ホットスケープ 前野伸幸氏)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

== 今週のコンテンツ == ■ Pick up Event Inter BEE 2019 ■ イベマケNews Pick up ■ イベントマーケティングの関連イベント(1-2月) – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

■ Pick up Event/Report

CES報告会イベント・記事まとめ(抜粋)

<イベント> ・1/17 最速!スタートアップ向け CES 2020報告会! ・1/20 第8回 HOT SCAPE Biz セミナー 「イベント会社から見たCES報告会」 ・1/21 CES 2020 大報告会 in Shibuya!! by MAR’z(HEART CATCH & 東京カルチャーカルチャー) <レポート記事> ・eventech企業でアプリ開発もすすめるブレイブソフト社のレポート CES2020最新レポートをお送りします(前編) CES2020最新レポートをお送りします(後編)

<PR> 【SNS活用】【インフルエンサー】などのマーケティングセミナーを開催! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第7回 イベント総合EXPO https://www.eventexpo.jp/会 期:2020年2月5日(水)〜7日(金) 会 場:幕張メッセ 主 催:リード エグジビション ジャパン(株)

開業100日前キャンペーンで7組13人に宿泊券 〜パシフィコ横浜ノース〜

開業100日前キャンペーンで7組13人に宿泊券 〜パシフィコ横浜ノース〜 »

14 1月, 2020

横浜の新しいMICE施設「パシフィコ横浜ノース」が、今年4月24日の開業まであと100日となり、記念キャンペーンを展開。 新オープンのラグジュアリーホテルの宿泊券が当たる「横浜で過ごす極上の休日プレゼント」を実施する。

同キャンペーンでは、『パシフィコ横浜ノース』と同時期に横浜にオープンする4つのハイブランドなラグジュアリーホテルの宿泊券などを 用意。クイズ正解者の中から抽選で 7 組 13 名様にプレゼントするもの。

『パシフィコ横浜ノース』は、「汀(みぎわ)」をイメージした外観をもち、国内最大規模となる約 6,300 m² の多目的ホールと大中小 42 室の会議室からなる MICE 施設。近代日本の開港より日本と世界をつ なぐ窓口として発展してきた都市、横浜の国際交流の「汀=波打ち際」として、さまざまなイベントを誘致・ 開催し、地域経済への貢献を目指す。

■「”パシフィコ横浜ノース” 2020 年 4 月開業記念 ~横浜で過ごす極上の休日プレゼント」実施概要

応募内容:クイズに正解者の中から抽選で、7 組 13 名様にプレゼント。(アンケートに回答すると「当選確率が 3 倍」になる。 応募期間: 2020年1月14日(火)~2020年4月23日(木) 賞品: N 賞:インターコンチネンタル横浜 Pier 8 デラックスルームペアご宿泊券 1 組 2 名様(1 泊朝食付き) O 賞:ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 ザ・カハラ グランドペアご宿泊券 1 組 2 名様(1 泊朝食付き) R 賞ハイアットリージェンシー横浜 スタンダードフロアペアご宿泊券 1 組 2 名様(1 泊朝食付き) T 賞オークウッドスイーツ横浜 ペアご宿泊券 3組 6 名様(1 泊朝食なし) H 賞パシフィコ横浜 みなとみらい 21 共通飲食券 2 万円分(1 名様)

URL: https://www.pacifico.co.jp/visitor/events/2019/northcampagin/tabid/667/Default.aspx 問合せ:パシフィコ横浜 総合案内 TEL 045-221-2155 (平日 9:00~17:30)

MICE関係者が2020年の飛躍を誓い合う MPI Japan 新春賀詞交歓会

MICE関係者が2020年の飛躍を誓い合う MPI Japan 新春賀詞交歓会 »

10 1月, 2020

ミーティングプランナーが加盟する国際団体MPIの日本支部MPI Japan Chapterが1月10日、Place of Tokyoで「MPI2020年新春賀詞交換会」を開催した。

全国各地から多数の会員が参加したほか、観光庁や日本政府観光局の各自治体のMICE担当者、ホテルや航空会社からも多数が参加し、100人を超える参加者が集まった。

開会の挨拶で安田弓会長は、五輪やメガスポーツイベントの開催、IRの設置など、これまでに以上に海外のプランナーからの注目が集まっていることを自身の体験を踏まえて説明。またJapan Chapterが会員継続率(Retention Rate)で表彰されたことについては、「これまで地道に活動してきたことが顕在化しただけ。今後は他の支部同様本部から高い期待を寄せられる」とし、近年続いていた日本での会費優遇が再考される可能性もしめした。安田会長は1月1日付けでMPIの社会貢献活動の委員にも任命されるなど、Japan Chapterのプレゼンス向上へのさらなる活動が期待される。

MPI会長・CEOのPaul Van DeVender (ポール・バン・デベンダー)氏とJapan Chapterの運営を支援しているMPI本部のChapter Operation DirectorのFederico Toja(フェデリコ トヤ)氏から 1)2020のビジネスイベントの世界的動向について、2)その中における日本への期待についてメッセージが寄せられた。

MICE関係者が一同に会し、日本のミーティング事業の振興へお互いの協力と研鑽を誓いあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会の価値を社会に伝え好循環を ー日本展示会協会新年懇親会ー

展示会の価値を社会に伝え好循環を ー日本展示会協会新年懇親会ー »

9 1月, 2020

1月9日、展示会の主催者や会場、展示会の支援企業が集まる一般社団法人日本展示会協会が2020年新年懇親会をANAインターコンチネンタルホテル東京で開催した。

昨年6月に会長に就任した浜田憲尚会長(マイナビ専務取締役)は開会の挨拶で、「日本経済における展示会の価値を高め、それを社会に伝えて好循環を生むのが協会の役目」とし、この10年間で展示会業界は成長をし社会の認識も高まったとし、また今後の課題として、展示会場増設、国際化、地方開催の3点をかかげた。

また昨年まで10年間にわたり会長職を務めた功績を表彰された石積忠夫名誉会長(リードエグジビションジャパン名誉会長)は、「私にとって展示会への取組みは仕事でなく芸術作品」と33年にわたる展示会事業への取組みと10年にわたる会長職での活動に対する思いを語った。石積氏は昨年末まで病気療養をしていたことも語った。

来賓として駆けつけた自由民主党展示会産業議員連盟会長の甘利明氏は、老眼鏡ではじめてメガネドレッサー賞を獲得したことなど石積前会長とのエピソードともに、「展示会は経済発展だけでなく、文化の祭典であり海外から参加する多くのビジネスパーソンにより発信されることも大きい」と挨拶した。続いて、経済産業省商務・サービスグループ商務・サービス審議官藤木俊光氏、国土交通省観光庁長官の田端浩氏も来賓として挨拶した。

 

 

 

来場者した多くの会員企業および展示会関係者は、新年の挨拶とともに情報交換など積極的に交流していた。

熊本城ホール開業。3000人規模のコンベンションに対応

熊本城ホール開業。3000人規模のコンベンションに対応 »

5 12月, 2019

熊本市中心部の桜町再開発地区に熊本城ホールが完成。10月に開業した展示ホール、会議室、シビックホールに続き、12月1日のメインホールの開業をもってグランドオープンとなった。

メインホールは2300席と熊本県内最大の収容人数となり、1600m2の展示ホール、320の可動席、430の仮設席をもつシビックホール、大中小19室の会議室と合わせて、国際会議や学会、文化催事、コンサートホールなど多様な行事が開催できるMICE施設となる。全館を使用して3000人規模のコンベンション、近隣施設と合わせると5000人規模の学会・国際会議に対応する。

11月29日に実施された開業記念式典では、大西一史熊本市長が「熊本市制130周年の歴史のなかで着実に発展してきた熊本市が、平成28年4月にわが国観測史上初の2度にわたる震度7の地震で甚大な被害を被った。発災依頼市民の懸命な努力と国内外の温かいご支援により、復興の歩みを着実にすすめている。熊本市制130周年、令和元年という節目の年に開業する熊本城ホールは 地震を乗り越え新しい熊本の未来への飛躍を象徴する施設。熊本の発展に寄与する重要な施設と位置づけ、利便性や機能性向上、防災面強化など最新鋭のホールとなる」と同施設への想いと期待を語った

式典の後半では柳澤寿男さんの指揮で熊本交響楽団が演奏。その後、歌手の玉置浩二さんとNHK熊本児童合唱団が加わり、「悲しみにさよなら」「清く正しく美しく」などを披露した。

 

こだわりの映像機器・オペレーション <br> 52号映像特集より

こだわりの映像機器・オペレーション
52号映像特集より »

13 11月, 2019

Inter BEE 出展企業以外にも、多くの映像機器メーカーや映像演出会社が、新機能開発による映像品質の追求やサービスレベルの向上に取り組んでいる。

黒の表現力 暗闇から鮮色展開で演出の没入感つくる クリスティ・デジタル・システムズ

ウシオ電機(株)の100%子会社であるアメリカのクリスティ・デジタル・システムズは、10月に「Christie Eclipse」をリリース。

解像度4,096×2,160のネイティブ4K、最大3万ルーメン、という高スペックに加えて、色の再現性へのこだわりがとても強い、プロ好みの製品となっている。

特長的なのは“本物の黒”への挑戦だ。True HDR 20,000,000:1という超高コントラストを実現したのは同社独自技術の6DLP®。

4K映像を司る3チップDLPの前に、光を遮る3チップDLPをもう一つ取り入れることで、根本的な光さえ制御する技術。2重で3DLPを配備する(6DLP®)こだわりようだ。それによりプロジェクターで表現することが難しかった“本物の黒”に限りなく近づいた。

暗闇をつくり、そこから鮮やかな色に展開する演出の、没入感を高める鍵となる。

もう一つの色へのこだわりは色域だ。4K/8K放送の規格であるFullRec2020と、HDR(ハイダイナミックレンジ)のRec2100の両規格の色域をほぼ完全に再現する。奥行き感や立体感を高め、一段階上の映像表現に一役かっている。

また30,000時間の長寿命という高耐久性もヘビーユーザーであるイベント関係者には評価されそうだ

 

支える 企業イベントは大型化・4K 化 ヒビノメディアテクニカル/ヒビノベスコ

映像会社の仕事は大型の映像表示だけではない。

学術会議のオペレーションは、映像会社のノウハウが詰まった仕事だ。

学会では会場数が10室を超えることも多い。数日間の会期で数百のセッションがあれば、その数だけ投影する資料が受付に持ち込まれる。「先生方に負担をかけないようにする、ホスピタリティ業ですね」とヒビノメディアテクニカルの毛利元さんは言う。

一方、企業イベントなどでは、映像の大型化と4K化が進んでおり、「編集作業の多くは、映像を取り込む時間。「4Kの取込みが速い再生機は、オペレーターに必須」(毛利さん)。

同じグループのヒビノベスコは、放送業務機器のレンタルを手掛ける。

統括部長の久松靖志さんは「いまは、周辺機器・12Gケーブルも含めて、各社4K製品が揃ってきた」と語る。クライアントの要望に応えるため、最新製品のキャッチアップは必須で、InterBEEは毎年、情報収集だけでなく、仕入れ検討のため、会場を訪れているという。

日本の文化を生かしたIRができるのは和歌山だけ <br> サンシティグループのアルヴィン・チャウCEOが会見 

日本の文化を生かしたIRができるのは和歌山だけ
サンシティグループのアルヴィン・チャウCEOが会見  »

4 11月, 2019

エキスポには各企業のCEOも訪れ、メディアの取材に応じて、自社の戦略や取り組みについて語った。25日には、和歌山市での参入を希望しているサンシティグループのアルヴィン・チャウCEOが記者会見を行った。

――サンシティグループが和歌山への進出を考えた理由は

大阪など他都市も検討したが、和歌山が一番、日本の伝統を大切にしている都市だと感じた。和歌山には和歌山城や和歌の浦など長い歴史や文化と結びついた地域があり、美しい自然もある。そうした歴史や文化をいかした日本らしいIRを実現できるのは、和歌山しかないと思っている。

――和歌山のためにどのような貢献ができるのか

和歌山は人口が減少している地域だと聞いているが、私たちが進出することによって、雇用を生み出し、地元を離れた若者たちを呼び戻すことができるだろう。さらに東京や大阪などの大都市からも若者がやってくるようにしたい。なにより、世界に和歌山の魅力をアピールできる。

――地元にもたらす経済効果は

収益によって、年間500億の税収増をもたらすことができる。地元経済への波及効果についてはわからないが、人材を発掘し、活用することで大きなインパクトをあたえられるだろう。

――IRを誘致することで、反社会的勢力を呼び込むことになるのではないか、と心配する声もあるが

私たちはマカオを始めアジアの各地域でIR事業を展開しているが、反社会的勢力とは一線を画している。しっかり対処する態勢は取っており、排除することは十分に可能だ。

――日本人にとってIRはカジノ施設だというイメージは強く、ギャンブル依存症の人が増えるのではないかと心配する人も多い。

IRでの楽しみはカジノだけではなく、コンサートや舞台、イベントなどのエンターテインメントもある。グループにはエンターテインメントの会社もあり、和歌山の伝統文化とエンターテインメントの融合を図り、和歌山の新たな魅力も世界に発信していきたい。

ギャンブル依存症については、事業者の責任として対策チームを設けて依存症防止のための情報提供や、立ち直りに向けたカウンセリングやフォローアップのための施設を紹介している。日本でも政府の方針に沿って万全の対策を取りたい。

――ターゲットとする客層は

アジア、特に中国からの観光客をターゲットにしている。サンシティグループはVIP向け事業の収益が大きく、そうした顧客らにも和歌山を紹介し、呼び込みたい。

――IR事業者として選定される勝算はどの程度あるのか

最初のライセンスが与えられるのは3カ所となっているが、私は個人的に大阪と横浜が選ばれると思っている。残る1つは和歌山だ。大阪や横浜のような都会につくられるIRは、海外にあるIRと似たような施設になるだろう。

しかし、日本の伝統や文化を取り入れた日本らしいIRができるのは、和歌山だけだ。ここから和歌山の魅力だけでなく、日本文化を世界にアピールしていきたい。