Home » Articles posted by 田中力 MICE研究所 (Page 2)
田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

東京ビッグサイト南展示ホールが初披露

東京ビッグサイト南展示ホールが初披露 »

1 7月, 2019

6月28日、開業に先立ち、展示会主催者と関係メディアを対象に、東京ビッグサイト南展示ホールの内覧会が行われた。

南展示棟は総展示面積2万m2で、1Fと4Fの2層構造。各フロアには面積5,000m2の展示ホールが2つ。間仕切りの開放で1万m2に。また、会議棟と南展示棟を結ぶ連絡通路を新たに設置。西展示棟1F、4Fからのアクセスもできる。

南ホールではじめての展示会は、7月3日開催のインターフェックスWeekとなる。

東京ビッグサイト 南展示棟と東京ビッグサイトの全体の構成

(館内の地図)

 

東京ビッグサイト南展示棟 内覧会の動画 (外観やトラックヤードのようす)

 

東京ビッグサイト南展示棟各ホールのようす

 

 

 

 

 

南展示棟1階(南1・2ホール)の電気ピット・排水ピットなどの説明 東京ビッグサイト南展示棟ホール概要

 

UFIが展示会の経済効果発表<br> – 日展協が翻訳資料を提供

UFIが展示会の経済効果発表
– 日展協が翻訳資料を提供 »

1 7月, 2019

国際見本市連盟(UFI)が「Global Economic Impact of Exhibitions 2019 Edition 」を発表。日本展示会協会が同資料を翻訳し、ご提供いただいた。

展示会産業が世界に与える経済効果(2019年版)

本報告書の要旨 p01 第1章:世界で開催される展示会の規模と直接支出 p04 第2章:展示会産業の経済効果 p09 第3章:調査方法   p16

本報告書の要旨 概要

世界で開催されているさまざまな展示会の経済的意義を定量化するために「オクスフォードエコノミクス」(OE)は、世界で開催される多様な展示会活動の総合的なモデルを開発、それは今や、展示会の経済的意義に関する近年のさまざまな研究の基準になっている。今回の調査のさまざまな結果が示すのは、直接支出と雇用の観点で見た世界の展示会産業の範囲だけでなく、展示会産業がより広い経済に与える全体的な効果の範囲といってよい。 今回の分析を行うにあたってOEが踏んだ手順は次のとおりである。

●UFIが所有している、展示会に関するさまざまな既存データ(販売された正味展示面積、来場者、出展者に関する数字など)を分析した。 ●UFIが所有している、展示会産業に関する歴史的データ、13か国における展示会の効果に関する、基準になっている公開された研究、さらに、180か国以上にわたる展示会産業に関する第三者データをそれぞれ分析した。 ●展示会産業の定量化がこれまで行われてこなかった国々における展示会活動を推定するために、経済的および旅行産業の諸データと、展示会産業が持つさまざまな効果との間の関係を示す計量経済モデルを開発した。 ●既存調査とモデル化された関係とを組み合わせることで、世界的な推計値を準備した。以前に行われた、展示会活動に関する国レベルの分析は、推計される世界合計の4分の3以上を示しており、これが1つの確固たる調査基盤となっている。

本資料は、調査と知見に関するカギとなる諸要素を提供しており、それは次の4つのカテゴリーに分類される。 1. 展示会産業の諸基準と直接支出 2. 経済効果分析 3. 調査方法 4. 産業比較 個別の国に関するプロフィール報告は、UFIに加盟する各協会のためにのみ制作されるべきだという考えから、世界調査の補足として追加するに留めた。 なお、本資料に関するより多くの情報を必要とする場合は、UFI調査担当マネジャーであるChristian Druart(chris@ufi.org)までコンタクト願いたい。 展示会の“資格”とは・・・ UFIは、ISO 25639-1:2008 (E/F) の定義に従っており、本資料でもその定義を採用する。本調査が持つさまざまな目的に沿って、展示会(exhibition)、展覧会(show)、見本市(fair)とは、「さまざまな製品、サービス、または情報を陳列し広めるための催し」をいう。展示会は、会議(conference)、大会(convention)、セミナー(seminar)、またはその他の企業・消費者向けの催しとは異なり、またフリーマーケットや路上マーケットを含まないが、次のものは含まれる。

●商取引展示会(trade exhibition):商取引を促進するための展示会であり、主な来場者も商取引を目的とした人たちである。商取引展示会は、時間を限って一般に公開されることがある。 ●一般公開展示会(public exhibition):もっぱら一般大衆のために開かれる展示会で、「コンシューマーショー」と呼ばれることもある。

本調査に使用された方法論に関する詳細は本資料の16ページを参照されたい。

経済効果の主な構成要素

●直接効果:展示会を計画し実行するために直接的に関わる直接支出と雇用であり、来場者や出展者が費やす展示会までの旅費、またその他の展示会関連支出もこれに含まれる。 ●間接効果:展示会に関わるより“川下”のサプライヤーがもたらす経済効果であり、サプライチェーン効果とも呼ばれる。具体的にいえば、展示会が開催される施設が必要とする、エネルギーや食材などの仕入れ、また、多くの展示施設が契約する専門的サービス(マーケティング、設備の維持、クリーニング、技術サポート、経理、法的・財務的サービスなど)の提供者に支払う費用がこれに含まれる。 ●誘発効果:従業員が賃金・給与をより広範囲な経済活動に費やすことをいう。例えば、ホテルの従業員が家賃、交通費、飲食、娯楽などのために支出する場合などがこれに含まれる。 経済効果を経済生産の観点で表現すれば、すべての事業販売、「中間投入を除外した事業販売」と定義されるGDP(国内総生産)、および雇用の総和であるといってよい。

展示会の直接効果(2018年)

●展示会、来場者、出展者の数:この年、180以上の国においておよそ3万2,000の展示会が開催され、3億300万人の来場者と500万以上の出展者がこれに直接関わった。 ●直接支出(事業販売):この年に行われた展示会は、来場者・出展社による直接的な支出、および追加的な展示会関連支出を合わせて、1,159億ユーロ(1,369億ドル)以上を生み出した。 ●直接GDPおよび雇用:世界全体で130万人の雇用を支援するとともに、687億ユーロ(811億ドル)の直接GDPを創出した。 ●この年、世界で約450万の出展者が1,150億9,000万ユーロ(1,360億9,000万ドル)を直接支出したとすると、世界全体で出展者1者あたりおよそ2万5,600ユーロ(3万200ドル)を直接支出した計算になる。 ●この年の直接GDP効果を687億ユーロ(811億ドル)とすれば、世界経済における展示会産業の世界の経済規模は72位にランクされる。

世界で開催される展示会の経済効果の総合計(2018年) 間接効果と誘発効果の両方を勘案すると、2018年、展示会産業は世界全体で次のような経済効果をもたらしたと考えられる。 ●2,751億ユーロ(3,250億ドル)の経済生産(事業販売)をもたらした。 ●320万人分の雇用を創出した。 ●世界全体の総GDPを1,672億ユーロ(1,975億ドル)押し上げた。

全経済生産を2,751億ユーロ(3,250億ドル)とし、すべての展示会スペースを3,468万平方メートルと推計すると(「UFI2017年展示会開催場所世界マップ」の報告による)、2018年、展示会スペース1平方メートルにつきおよそ7,900ユーロ(9,400ドル)が生産されたことになる。 展示会産業は、工作機械や医療・手術機器といった大規模な産業分野よりも大きい直接経済生産(事業販売)をもたらした。 また、世界全体の総GDPのうち展示会産業が押し上げた1,672億ユーロ(1,975億ドル)という数字は、世界の全産業部門の中で56位の経済規模を持ち、ハンガリー、クウェート、スリランカ、エクアドルといった国々のGDPよりも大きかった。

直接効果

展示会来場者数の合計:3億300万人 来場者の国は180か国以上にまたがる。

直接支出(事業販売)の額:1,160億ユーロ(1,370億ドル) ここでいう直接支出とは、展示会を計画・実施するための費用、展示会に関連する旅費、およびその他の直接支出(来場者と出展者による支出)をいう。

直接GDPに占める展示会産業の経済規模:690億ユーロ(810億ドル)

創出された雇用:延べ130万人分 世界の展示会によって直接的に生み出された雇用数

間接および誘発効果 経済効果の合計

経済生産(事業販売)の合計:2,750億ユーロ(3,250億ドル) 直接、間接、誘発生産の合計

世界GDPへの押し上げ効果:1,670億ユーロ(1,980億ドル) 世界GDPに対する直接、間接、誘発効果の合計

創出された雇用:延べ320万人分 世界の展示会によって直接的・間接的に生み出された雇用数

出展者1者あたりの経済効果:6万700ユーロ(7万1,700ドル) 屋内展示会施設1平方メートルあたりの経済効果:7,900ユーロ(1平方フィートあたり870ドル)

第1章:世界で開催される展示会の規模と直接支出 世界で開催される展示会の規模と直接支出の概要

本章では、世界で開催される展示会活動の規模と範囲を要約する。ここで用いられる主要な尺度は次のとおりである。

●展示会における直接支出の額 ●展示会のために販売された正味のスペース(平方メートル) ●来場者および出展者の数 ●展示会に関わった直接的な雇用人数 このうち、展示会のために販売された正味のスペース(平方メートル)、来場者および出展者の数に関するデータはUFIが提供したものを用い、展示会における直接支出の推計額に関するデータはオクスフォードエコノミクス(OE)が開発した計量経済モデルに基づいている。 「展示会における直接支出」とは、「展示会、展示会への旅行、およびこれらに付随するさまざまな展示会関連活動の計画および実施のなかで直接的に発生する支出」をいう。この定義に従えば、展示会への参加者が支出する費用(旅費や登録料など)、展示会主催者が負担する旅費、出展者が支出する費用(スポンサー料、展示物制作費、展示会場以外の場所で開かれるイベントのために出展社が負担する費用など)、展示会主催者およびホストが支出する費用、および、その他一部の展示会関連費用もこれに含まれるといってよい。 展示会における直接支出はまた、多様な産業によって直接的に提供されるさまざまな製品・サービスの全体像を捉えており、それゆえに、展示会の経済的意義を示すための最も明確な尺度といってよい。われわれの要約分析の大半が展示会における直接支出と展示会参加者の数に焦点を当てているのも、こうした理由があるからである。

展示会の定義

UFIは、ISO 25639-1:2008 (E/F) の定義に従っており、本資料でもその定義を採用する。本調査が持つさまざまな目的に沿うために、展示会(exhibition)、展覧会(show)、見本市(fair)とは、「さまざまな製品、サービス、または情報を陳列し広めるための催し」をいう。したがって展示会は、会議(conference)、大会(convention)、セミナー(seminar)、またはその他の企業・消費者向けの催しとは異なり、フリーマーケットや路上マーケットを含まないが、次のものは含まれる。 ●商取引展示会(trade exhibition):商取引を促進するための展示会であり、主な来場者も商取引を目的とした人たちである。商取引展示会は、時間を限って一般に公開されることがある。 ●一般公開展示会(public exhibition):もっぱら一般大衆のために開かれる展示会で、「コンシューマーショー」と呼ばれることもある。

分析対象の地域

本調査では、展示会データ、直接支出の推計、および全体的な効果を地域および世界レベルで分析した。本調査に含まれる地域区分は次の6つである。

●アフリカ

期待を超えていく、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』策定 <br> −パシフィコ横浜

期待を超えていく、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』策定
−パシフィコ横浜 »

30 6月, 2019

~BEYOND EXPECTATION~

6月26日、パシフィコ横浜が、『中期経営計画(2019~2021)~BEYOND EXPECTATION~』および新たな『企業理念』発表した。

2020 年新施設ノースオープンと2021 年開業30 周年大きな転換を迎える、国内最大級の複合MICE施設パシフィコ横浜は、『10 年後の姿』を描き、その実現に向けた経営指標、及び具体的な戦略となる『中期経営計画(2019~2021)~』を策定し、取り組みをスタートする。また、次の30 年を見据え、“Mission / Vision / Value”の3 つのキーワードを基に、新たな『企業理念』を設定している。

MPI Japan が7月11日に総会と懇親会開催

MPI Japan が7月11日に総会と懇親会開催 »

18 6月, 2019

MPI Japan Chapter は7月11日に通常総会および、懇親会を開催する。 懇親会は、MPIの会員とMICE関係者が一堂に集まり、ミーティング産業の発展にむけて、情報交換、ネットワーキングの場となっている。

■概要 日 時:2019年7月11日 19:00-21:00 会 場:六本木ヒルズ森タワー49階 アカデミーヒルズ 参加費:5000円(会員・非会員)

MICE編集部

イベント大賞は建仁寺と博報堂のMR<br> – JACEイベントアワード

イベント大賞は建仁寺と博報堂のMR
– JACEイベントアワード »

17 6月, 2019

日本イベント産業振興協会(JACE)は6月12日、ホテル雅叙園東京で総会を実施。また、第5回JACE イベントアワード表彰式を行い、すでに発表された8作品のなかから、「 最優秀賞 経済産業大臣賞(日本イベント大賞) 」 「イベントプロフェッショナル賞」の発表と表彰が行われた。

日本イベント大賞は、臨済宗建仁寺派 大本山建仁寺とhakuhodo-VRARがてがけた「MRミュージアム in 京都」が選ばれた。国宝「風神雷神図屏風」を題材にHoloLens通して、3Dで技術をもちいてその場にいるかのような体験と絵画にまつわるストーリをエンターテイメント性高いコンテンツにしあげた。伝統とテクノロジーの融合がいま求められているCool Japanとマッチする点も高く評価された。

イベント業務管理士の投票によって選ばれるイベントプロフェッショナル賞は、講談社、電通などがてがけた「MOVE 生きものになれる展」が獲得。動く図鑑をコンセプトに、観察者の視点ではなく、来場者が生き物の着ぐるみなどを身に付け、生き物になった体験をし、生物多様性や他社理解を促すとともに、知識への興味を喚起した。同イベントは好評を博し、東京開催以降は日本全国で実施、現在はアジア諸国で実施されており、今後も全世界で展開される。

中村利雄審査委員長は、「応募作品が昨年を大きく上回る171作品。なかでも自薦71と、JACEイベントアワードが浸透してきたことを感じる。スポーツ、アート、地域振興、災害復興、産業・技術の発展、企業・商品のプロモーションなど、多彩で多様な分野のイベントの応募があり、イベントがさまざまな場所で大きな役割を果たしていることをあらためて実感」と感想を述べた。

各賞の受賞者には賞金の他、日本で唯一のLEGO®認定プロビルダーの三井淳平氏制作の、オリジナルトロフィーが贈られた。

■優秀賞(部門賞)

・時空超越美術賞 MRミュージアムin 京都〈京都府京都市〉

・アオウミガメの涙賞『OGASAWARA 50 COLORS』小笠原色いろ展〈小笠原諸島〉 ・音感アップデート賞 落合陽一.日本フィルプロジェクト (Vol.1 耳で聴かない音楽会Vol.2変態する音楽会)〈東京都〉 ・アーバンスポーツ賞 CHIMERA GAMES 〈東京都〉

・扇子ビリティー賞 Sense Your Aroma Gallery 〈東京都〉

・イベントで復元賞 第24回春姫道中〈愛知県名古屋市〉

・あかりひとづくり賞 燈籠祭〈三重県北牟婁郡紀北町長島(長島港)〉

・こども共感賞 MOVE 生きものになれる展〈東京都〉

取材:MICEニュース

コンベンション協会代表理事に近浪弘武氏

コンベンション協会代表理事に近浪弘武氏 »

17 6月, 2019

6月11日に六本木アカデミーヒルズで、(一社)日本コンベンション協会(JCMA)の第4期社員総会が実施された。今回は役員の任期満了による改選が行われ、日本コンベンションサービス代表取締役社長の近浪弘武氏が、代表理事に就任。2年ぶりの代表理事職となる。前代表理事の武内紀子氏は副代表理事に、相談役の舩山龍二氏は留任。

また、ユーリンクの鵜澤明氏が理事から監事に、KNTーCTグローバルトラベルの髙浦雅彦氏、フジヤ執行役員の田村俊彦氏、キッセイコムテック常務取締役の寺島弘氏、パシフィコ横浜の馬鳥誠氏、ムラヤマの藤田博樹氏が、新しく理事に就任した。

第4号議案の2019年度基本方針は 1)コンベンション事業分野を産業として確立 ・関連業界団体(JNTO、JCCB、日展協、JACE、MPI)との横串連携強化 ・対外的な広報活動強化 ・要望の取りまとめや提言活動 2)グローバル戦略の推進 ・新規MOU締結取組先の検討 ・主催行事への参加勧誘、人材交流を推進

3)次世代人材の交流、育成、提言を推進 ・若手従事者の協会活動への参画を拡大 ・業界への若手従事者の人材獲得と育成支援 ・関連業界団体との連携を検討

4)会員拡大施策の推進 5)その他 中長期計画の検討 などが盛り込まれ承認された。

JCMA 新役員体制

 

 

(記事制作:MICEニュース

道場、MeetUp、メンターシップの3大プロジェクト発表<br>  (一社)マーケターキャリア協会

道場、MeetUp、メンターシップの3大プロジェクト発表
(一社)マーケターキャリア協会 »

17 6月, 2019

マーケターキャリア協会が3大プロジェクト発表

マーケターのキャリア構築支援を目的に今年3月に発足し、すでに526人が加盟している「一般社団法人マーケターキャリア協会(MCA)」が6月13日、協会の具体的な取組みである「3大プロジェクト」を発表した。

3大プロジェクトの概要 1)MCA道場

理事7名による月1回のワークショップ。定員は100人、会場はインフォバーンの本社。 卒業課題を提出して修了した参加者に茶帯を進呈。 2020 年にはマスタークラス開講予定で、終了者は黒帯認定となる。受講価格に定価は設けられておらず、会員は第1回目の講座を受けたのち、自分で支払いたい金額を決めて2回目以降の受講を開始する 第1回目は富永朋信理事が講師となり、「マーケターのキャリア構築に必要なこと」(仮)をテーマに実施する。

2)MCA Meet Up

毎回テーマを決め、ディスカッションとネットワーキングパーティを通じた、会員同士の交流促進が狙い。 第1回は7月23日に、「女性マーケターとして、キャリア × 人生の幸せをどう実現するか(仮)」をテーマに実施。パナソニック コネクティッドソリューションズ社 常務取締役の山口有希子氏が基調講演やパネルディスカッションのモデレーターと務める。

3)MCAメンターシッププログラム

月1回 90分 x 6ヶ月間、著名マーケターとの 1対1の有償メンタリング メンターが参加者の考え方や関連した経験を共有、気づきを与える。1人のメンターが担当するのは最大3名と少人数制。そのため応募者の中からメンターとMCA事務局で選考を実施する。参加費は6万円。

(一社)マーケターキャリア協会(MCA)について

MCAは「マーケターの価値を明らかにする」というビジョンのもと、今年年3月1日に設立。以下の3つのミッションを掲げている。

・ビジネスを動かすマーケティングの貢献度を可視化する ・プロフェッショナルとしてのマーケターのキャリア構築を支援する ・ビジネスパーソンのマーケティング思考を育成する

MICEニュース編集部

イベント学会新会長に愛知万博事務総長の中村利雄氏

イベント学会新会長に愛知万博事務総長の中村利雄氏 »

15 6月, 2019

6月10日にイベント学会の2019年度理事会および総会が行われ、会長に公益財団法人全国中小企業振興機関協会会長の中村利雄氏が第3代会長に就任した。イベント学会の会長職は前会長の堺屋太一氏が今年2月8日に亡くなって以降空位となっており、福井昌平副会長が会長代行を務めていた。

新会長に就任した中村氏は、愛知万博、2005年日本国際博覧会協会の事務総長を務めたほか、イベント産業振興協会主催のJACEイベントアワードの審査委員長などを歴任している。

推戴委員会からの推薦理由

・中小企業庁長官から愛知万博協会の第 3 代事務総長に就任、「愛・地球博」の事業的大成功と国際的に高い評価を達成 ・愛知万博の理念継承事業に抜群の力量を発揮 ・国際博覧会ムーブメントの日本を代表するメンバーとして、国際博覧会条約事務局(BIE)との強い信頼関係を構築 ・日本商工会議所・東京商工会議所の専務理事を8年間務め、日本の企業経営の最前線でリーダーシップを発揮 ・日本イベント産業振興協会が主催する「イベントアワード (経産大臣賞)」の審査委員長としても活躍

などの事由から、政官財・NGOを貫く有為な人材ネットワークをもち、地球規模 で取り組む“SDGs時代”及び社会的価値と経済的価値の相乗効果を求める“ソーシャル・プロデュース時代”の「イベントロジー」発展にリーダーシップが求められる、イベント学会・新会長に相応しいと推戴された。総会では満場一致で中村氏の会長就任が承認された。

中村利雄氏 略歴

氏    名 :中村利雄(なかむらとしお) 生年月日: 昭和21年7月22日生 出生地 :名古屋市 学         歴: 名古屋大学法学部法律学科卒 (主な経歴) 昭和45年4月  通商産業省入省 平成 7年6月 大臣官房会計課長 平成 8年7月 資源エネルギー庁石炭・新エネルギー部長 平成 9年7月 中小企業庁次長 平成10年6月 大臣官房総務審議官 平成11年9月 貿易局長 平成12年6月 中小企業庁長官 平成13年7月  経済産業省退官 平成14年9月   財団法人2005年日本国際博覧会協会 副事務総長 平成15年10月 同上 事務総長 平成19年3月 財団法人2005年日本国際博覧会協会 事務総長 清算終了に伴い退任 平成19年11月 日本商工会議所・東京商工会議所 専務理事 平成27年12月 日本商工会議所・東京商工会議所 顧問 平成28年3月 公益財団法人全国中小企業取引振興協会 会長 (平成30年10月名称変更 公益財団法人全国中小企業振興機関協会)

 

MICEと地域創生

MICEと地域創生 »

9 6月, 2019

MICEと地域創生

全国各地の自治体が観光コンベンション・ビューローを設置し、観光振興とならんで学会などの誘致・受入体制の充実に力を注いでいます。日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)には73のビューローを含む122団体・企業が加盟し、毎年「国際ミーティングEXPO(IME)」というイベントを実施しています。また、各自治体の首長選挙ではMICE施設の建設が争点になるなど、MICEは地域活性化のキーファクターとなっています。

では、MICEによる地域活性化はどれくらいの効果があるのでしょうか。

特集 感情を揺り動かす映像体験とは

特集 感情を揺り動かす映像体験とは »

4 6月, 2019

<2018年6月30日号に掲載した特集記事です>

感情を揺り動かす映像体験とは Unruly Japan カントリーマネージャー 香川晴代さん ブランディング60:販促40

かっこいい入場シーン、コンサートでの演出、商品説明、イベント告知のティザーなど、ジャンルを問わずイベントの現場やその前後に、映像を活用することが増えている。なぜ映像を使うのか、映像のもつ機能についてもう一度考えてみよう。映像でなにができるのか、どうすれば効果を最大化できるのだろうか。