Home » 特集 (Page 3)
【特集】映像がつくるイベントの未来 Part 1 -映像演出の進化-

【特集】映像がつくるイベントの未来 Part 1 -映像演出の進化- »

15 6月, 2020

主催者は、オフラインイベントの代替としてのオンラインイベントだけではない、リアルもバーチャルも併催した形の新型イベントをプランニングする必要がでてきそうだ。

制約のなかでのイベント開催では、映像が大きな役割を果たしている。

映像は、オフラインのリアルイベント内での表現手段としてだけでなく、オンラインイベントへの参加スタイルが定着しつつあるいま、 新たな参加手段として、外に向けて、いつ、誰に、どのように伝えるか、全体設計から構築しなおす必要がでてきた。

特集「映像がつくるイベントの未来」では各社の配信パッケージプランや新しい表現を追求するメーカーの動きまでをPart 1〜Part 4まので全4回で紹介する。(※Part 4は掲載準備中)

リアルイベントとオンラインイベント

それぞれの特性を生かし、目的によって使い分けができるようになったとも言える。

 

 

映像演出の進化が 新たな情報の伝わり方を生む ―― タケナカ/シムディレクト(シンユニティグループ)

トップクリエイターが制作した映像コンテンツを最先端の映像・音響機器を運用して、会場に非日常空間をつくりだしてきたイベントの映像会社。コロナ禍でイベントが中止になっているなか、その高いビジュアル技術をどう活かしているのだろうか。

代替ではなく新しい価値を

プロジェクションマッピングやライブイベント、展示会などで映像を用いた空間づくりをてがけるシンユニティグループは、バーチャルイベントのトータルソリューションを開発。

「リアルをバーチャルに “代わり”ではない新たな体感・体験価値」をモットーに掲げて、同社独自の高品質で細部にまでこだわる映像制作、VR、バーチャルキャラクター、インタラクティブ、プログラミング、配信、イベント運営のノウハウを駆使して、人とつながるさまざまな空間をつくりだしている。

同グループのバーチャル・エクスペリエンス専用ページでは、VR、AR、仮想空間・空間拡張技術をまとめた表現をXR(クロスリアリティ)として、現実の舞台空間、人物、音響、観客に加えて、バーチャル表現である3D空間、バーチャルキャラクター、イマーシブオーディオ、バーチャル観客を組合せて、リアルと現実が交差する空間づくりを紹介している。

たとえばバーチャル展示会(写真1)は、仮想空間のなかを3Dゲームのように自由に行き来し、振り返ると後ろの景色がみえる。立体映像で展示ブースを設置、近づくと立体映像の説明員がでてきて説明したり、実際の説明員とつないでリアルタイムで話ができる機能なども今後のアイテムとして加える予定だ。

※各ソリューションの映像は以下のYoutubeで観る事ができる。

 

㈱シムディレクト代表取締役の長崎英樹さんは、「プレゼンボタンを押したら画面に動画が流れる、商品概要のボタンを押すとスペックが表示される、というのは普通のウェブサイトと同じ。オンライン展示会とは言えるかもしれないが、バーチャルではない。私たちに求められているのは、リアルのイベントに近い、もしくはそれを超える体験を提供し、企業と人との新しい接点をつくること」と語る。

 

 

商品説明の動画をプロのプレゼンテーションへと昇華させるバーチャルスタジオ、BACKSTAGEでも注目を集めたJoinVisual(写真2)はアナライザー自体が映像演出にもなるインタラクティブ参加システム。

参加体験を向上させるソリューションをどう組み合せて、活用して、バーチャルイベントを設計するかはイベントプランナーの腕の見せどころだ。

表彰式、学会、展示会、ライブ、eSports、さまざまなタイプの催事があるが、最適なツールの組合せはそれぞれに違いそうだ。  イベントができないから仕方なくオンライン開催で代替するという現状から、オンラインとリアルの良いところを融合したハイブリッドイベントがアフターコロナの新しいスタンダードになりそうだ。

解像度とリアリティは比例する

「ほとんどのイベントは中止や延期になっているなか、バーチャルイベントのニーズは高まっています」と長崎さんは言う。

同社への問合せの多くは、映像をウェブで流すというシンプルなことではなく、リアルのイベントと同じような、あるいはそれ以上のコミュニケーションづくりだという。

1対多の一方通行の情報伝達はウェビナーで実現できるが、多対多や双方のコミュニケーションをオンラインで実現するには、人間がリアルの場で無意識に行っている、多くの情報を集めそれに対して複雑な処理を高速で行わなければいけない。

同社が得意とするクオリティの高いビジュアル演出とインタラクティブ技術があってはじめて、情報を得たり、体験・体感を共有したり、コンテンツを楽しんだり、良質なコミュニケーションの場を創出することができる。

 

エンターテインメントの体験価値向上においても、ディテールまで表現する高精細画像、イマーシブサウンドによる臨場感といった、リアリティを出す映像・音響演出が絶対条件となる。

これまでイベントの映像・音響演出の品質向上は、イベントに適した会場のなかで高機能な機材と高い能力のオペレーターを集約させて、最高の環境をつくる方向で進んできた。

しかし、コロナ禍の収束後に、オンラインへの移行やイベントのハイブリッド化が進むと、ユーザー側の環境でも品質の高いバーチャル体験ができるように、誰もがもつ汎用的な機材(PCやヘッドホン)などで、高性能な機材での演出に近い品質を擬似的に再現する技術や演出手法が求められそうだ。

たとえば2チャンネルのステレオヘッドフォンで10.1チャンネルのイマーシブオーディオのように聞かせるような技術だ。

「5Gが普及すれば高品質な映像を一人ひとりのデバイスに提供できるでしょう。当社はオンラインの会社へ舵を切ろうとしています」(長崎さん)。

現在、同社のソリューションを紹介するXR展示会を企画中。バーチャルマッピングなどエンタメ系の楽しいコンテンツも盛り込まれそうだ。

人と会う。直接話をする。

その手法にバーチャルという選択肢が加わることで、イベントのあり方が大きく変わる。いまはその過渡期にいるようだ。

 

【特集】映像がつくるイベントの未来

Part 1映像演出の進化 Part 2ソリューション提供会社一覧 Part 3進化続けるイベント映像 Part 4配信プラットフォームサービス

特集 Inter BEE タイアップ イベント映像最新トレンド
top

特集 Inter BEE タイアップ イベント映像最新トレンド »

11月13日(水)から15日(金)までの3日間、幕張メッセで開催される「Inter BEE 2019」から映像の近未来を探る。

エンゲージメント高める 社内イベントづくり

エンゲージメント高める 社内イベントづくり »

2 7月, 2019

エンゲージメント高める 社内イベントづくり ブランドと顧客の深く良好な関係を構築し、Win-Win で双方向なコミュニケーションをつくる、エンゲージメント・マーケティング。関係構築は顧客との間だけでなく、企業とスタッフ、スタッフ同士の間にも重要だろう。個の力からチームで戦う組織をつくるための、社内イベントを活用したエンゲージメント向上の手法について学ぼう。

特集 感情を揺り動かす映像体験とは

特集 感情を揺り動かす映像体験とは »

4 6月, 2019

<2018年6月30日号に掲載した特集記事です>

感情を揺り動かす映像体験とは Unruly Japan カントリーマネージャー 香川晴代さん ブランディング60:販促40

かっこいい入場シーン、コンサートでの演出、商品説明、イベント告知のティザーなど、ジャンルを問わずイベントの現場やその前後に、映像を活用することが増えている。なぜ映像を使うのか、映像のもつ機能についてもう一度考えてみよう。映像でなにができるのか、どうすれば効果を最大化できるのだろうか。

オフシーズンのファンマーケティング

オフシーズンのファンマーケティング »

21 5月, 2019

ゴールデン・スポーツイヤーズを控え、市場拡大が期待される日本のスポーツ産業。一方、先月号でお伝えしたSportInnovationSummit(SIS)では、欧米に比べ日本は潜在力を活かしていないという意見も出た。ここではプロチームの取組みを紹介し、ビジネス視点でのプロスポーツのあり方、ファンマーケティングにおけるイベント活用を考える。

特集 集客力の正体

特集 集客力の正体 »

7 5月, 2019

集客力って一体、なんだろう。 要素が複合的に重なっていそうだけれど、因数分解してみたらきっとその正体がみえてくるはず。 CASE 01 5,000 名超えのビジネスカンファレンス Sansan Innovation Project 2019

特集 新しい会場 新しいカタチ

特集 新しい会場 新しいカタチ »

2 4月, 2019

会場の選択は、イベント(主催者)のマインドや目指す品格など方向性を付加するツールにもなる。続々とふえる新しい会場やヒントとなるようなアイデアの扉を開けてみよう

映像・通信と食の対応もウリ「AP新橋」

映像・通信と食の対応もウリ「AP新橋」 »

2 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE06  AP新橋

新橋駅徒歩1 分の好立地に、シックで落ち着いた空間と高機能な設備を併せ持つ「AP新橋」が、昨年9 月に開業した。

3 階はワンフロア570㎡を

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」 »

2 4月, 2019

ー特集 新しい会場 新しいカタチー CONFERENCE02「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

9つのルームと3 つの控え室、総面積1,500㎡、1,100 名以上を収容する大型カンファレンスセンター「ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター」。

空港直結!日仏共同、初物づくしの国際展示場! 「Aichi Sky Expo」 

空港直結!日仏共同、初物づくしの国際展示場! 「Aichi Sky Expo」  »

2 4月, 2019

ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー EXHIBITION01 「Aichi Sky Expo」 2019 年8 月30 日オープン

今年8 月30 日に開業する愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」には展示場としての「日本初」が多い。国際空港に直結、常設の保税展示場、コンセッション方式。そして日仏合同の特別目的会社(SPC)による運営など、すべての「初」が、海外からの来場者、出展者、イベント誘致の強力な武器になりそうだ。

展示場までの道路や県内の有料道路運営をてがける前田建設グループとともにSPC である愛知国際会議展示場株式会社(AICEC)を設立したフランスのイベント会社GL イベンツは、フランス・リヨンにある13 万㎡のユーロエキスポのほか世界で約40 施設を運営。イベント運営会社としてもメゾン・エ・オブジェをはじめ250 本の展示会や、オリンピックなどのメガイベントも手がける。

AICEC社長のモルガン・ショドゥレール氏は、前職で、AICEC と同じ日仏のコンセッションである関西エアポートに在職。今回も日仏共同で、自動車、航空・宇宙技術・ロボットといった愛知の産業ブランドの世界への発信をめざす。ハードウェア面で注目は、6 万㎡と大規模な展示面積。そのうちの1 万㎡は、天井高20 mの無柱空間で、映像・音響・舞台演出が可能でコンサートの利用も可能。オープニングイベントでもe スポーツを実施する。海外インセンティブ・トラベルでの使用も見込み、スペインのIBTM に出展するなどMICE の誘致にも積極的だ。

産学行政の集まる需要創造会議

3月27 日には愛知県庁で需要創造会議を実施。地域をあげて同展示場の需要創造と受入体制の充実を目指すこととなった。同会議は2つのプロジェクトチーム(PT)で構成される。戦略PT は、経済・労働団体・大学・空港・行政機関がブレインとして、イベント開催・誘致に対するアドバイスを行う。また受入体制充実PT では、イベント開催に関連する宿泊・交通・警察などの機関や、アフターコンベンションや地域の魅力発信の主体である観光関係団体と商工農関係団体などが参画する。