Home » News » 変幻自在の展示ホール  特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ -5

変幻自在の展示ホール  特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ -5

特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ

変幻自在の展示ホール

藤岡俊さん 西尾レントオール(株) RA東日本営業本部 東日本施設営業課 課長

国際会議場

医学学術学会 仮設展示ホール(大型テント)

解決したい課題

大型の国際学会開催時に、既設の3,000㎡の展示室に収まらない展示会・講演会場のスペースを確保するため、仮設展示棟を建てる。

基礎工事を含めると2か月かかるユニットハウスやプレハブの設営工期を短縮、費用削減する。必要な規模への対応や、自由度の高いレイアウトを可能にする。台風など荒天時のリスクにも対応できる仮設材が必要。

戦略的アプローチのポイント

ベルギーVELDEMAN 社製のTFS テントを使用して、屋外展示場におよそ3,000㎡の展示ホールを設営。

TFS テントは10m、15 m、20 m、30 m、40m まで5 サイズの間口をもち、奥行き5mピッチで拡張可能なモジュールとなっているため、展示会などの規模に合わせて建物内無柱の大空間を自由にレイアウトできる。10日から2 週間程度で設置が可能。

採用2 年目の2018 年開催時には、半透明の天幕から遮光性のものを採用し、講演会場のスライド投影を見やすくした。天井も高く映像や照明の演出も可能になった。

これまでのテントは風速20 ~ 25 m / 秒程度の耐風性能で、日本の建築基準で仮設建築物の許可申請時には、条件緩和が必要になっていたが、今後は奥行きピッチを3m に縮め、フレーム強度を増すことで、恒久建物の建築基準と同等の耐風速36m/ 秒に向上した新製品を開発・導入予定で、台風など荒天時の内装・設備・天幕撤去によるイベントの中止リスクを低減させる。また軽量化によって耐震性能も向上し、安心安全なイベント運営を支援する。

(藤岡 俊さん 西尾レントオール株式会社 RA 東日本営業本部 東日本施設営業課 課長 )

→ 次の記事
人を幸せにする感情の伝達  吉武 聡一さん 株式会社乃村工藝社 NOMLAB
← 前の記事

リアル戦略の空間デザインとアプローチ」の他の記事

1. 共創型展示会×大型展示会=成果++ 
 竹村 尚久さん SUPER PENGUIN
2. 空間に時間の概念をプラス
 長崎 英樹さん シンユニティグループ 株式会社タケナカ 専務取締役
3. 多くの人に 体験してもらう
 駒井 明日香さん サクラインターナショナル株式会社
4. コミュニケーションが生まれる空間
 池田 和宏さん 東京企画装飾株式会社 (TEProS) デジタルプロモーショングループ
5. 変幻自在の展示ホール
 藤岡 俊さん 西尾レントオール株式会社 RA 東日本営業本部 東日本施設営業課 課長
6. 人を幸せにする感情の伝達
 吉武 聡一さん 株式会社乃村工藝社 NOMLAB
7. 企業の成長と変わる戦略
 新田 慶太さん 株式会社フレッシュタウン 特販事業部イベント課マネージャー
8. 環境配慮とデザイン性を両立
 石井 敦さん 株式会社昭栄美術 クリエイティブ部 課長
9. 空間をデジタルで楽しく、体験を創造する
 石田 裕美さん 株式会社丹青社 CMI センター空間メディアプロデュース統括部1 部2 課 課長
10. テンプレートでデザインに統一感
 竹下 隆造さん 株式会社 George P. Johnsonシニア アート ディレクター

 

協賛 SUPERPENGUIN、東京企画装飾、サクラインターナショナル、西尾レントオール

SUPERPENGUIN株式会社

superpenguin株式会社80号広告空間デザインディスプレイ竹村尚久

東京企画装飾株式会社

空間演出-東京企画装飾株式会社 TEProS

サクラインターナショナル株式会社

サクラインターナショナル-求人広告-MICE-展示会

西尾レントオール株式会社

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts