Home » News » 多くの人に 体験してもらう  特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ -3

多くの人に 体験してもらう  特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ -3

特集:リアル戦略の空間デザインとアプローチ

多くの人に 体験してもらう

駒井 明日香さん サクラインターナショナル株式会社

展示会ブース ソフトバンク株式会社

SEMICON JAPAN 2021

解決したい課題

先端技術のコアである半導体産業における製造技術、装置、材料をはじめ、車やIoT機器などのSMARTアプリケーションが集まるSEMICONJAPAN

そのなかで、DX時代を支える5G/6Gをテーマにソフトバンクやパートナー企業がテクノロジーを複合的に掛け合わせる「X-Tech」によるソリューションを展示すること。

そのために、多くの参加者に5Gを活用した低遅延での遠隔操縦デモや自立走行ロボット、ドローンによるロボティクスソリューションをはじめとした紹介・デモ体験してもらうこと。

SEMICONJAPAN2021 ソフトバンク株式会社 出展ブースー 施工・サクラインターナショナル株式会社

展示エリアは白を基調としたシンプルなデザインのなかに、応用分野の名前とパートナーのサービス名を掲示し、体験デモは、ブース内の他のエリアやブース外からも見えるように設計

 

戦略的アプローチのポイント

集客のために遠方やセミナーへの動線からも視認できるようにソフトバンクのロゴを配置しました。それと同時にX-Techのロゴも大きく高い位置に設置し、認知向上を図りました。

X-Techのロゴはブランドカラーのうち“情報革命”を表すシルバーで全体を構成しています。

展示エリアは白を基調としたシンプルなデザインのなかに、応用分野の名前とパートナーのサービス名を掲示し、体験デモは、ブース内の他のエリアやブース外からも見えるように設計しました。展示体験やデモの様子をみて、参加いただける方も多かったです。

もっとも工夫したのが、展示ショーケースをコンセプトに見た目の美しさを追求し、エリアの通信使用量や電気容量を考慮し、ブース内の機材や配線隠しなど細部までの設計です。

(駒井 明日香さん サクラインターナショナル株式会社)

→ 次の記事

← 前の記事

リアル戦略の空間デザインとアプローチ」の他の記事

1. 共創型展示会×大型展示会=成果++ 
 竹村 尚久さん SUPER PENGUIN
2. 空間に時間の概念をプラス
 長崎 英樹さん シンユニティグループ 株式会社タケナカ 専務取締役
3. 多くの人に 体験してもらう
 駒井 明日香さん サクラインターナショナル株式会社
4. コミュニケーションが生まれる空間
 池田 和宏さん 東京企画装飾株式会社 (TEProS) デジタルプロモーショングループ
5. 変幻自在の展示ホール
 藤岡 俊さん 西尾レントオール株式会社 RA 東日本営業本部 東日本施設営業課 課長
6. 人を幸せにする感情の伝達
 吉武 聡一さん 株式会社乃村工藝社 NOMLAB
7. 企業の成長と変わる戦略
 新田 慶太さん 株式会社フレッシュタウン 特販事業部イベント課マネージャー
8. 環境配慮とデザイン性を両立
 石井 敦さん 株式会社昭栄美術 クリエイティブ部 課長
9. 空間をデジタルで楽しく、体験を創造する
 石田 裕美さん 株式会社丹青社 CMI センター空間メディアプロデュース統括部1 部2 課 課長
10. テンプレートでデザインに統一感
 竹下 隆造さん 株式会社 George P. Johnsonシニア アート ディレクター

 

協賛 SUPERPENGUIN、東京企画装飾、サクラインターナショナル、西尾レントオール

SUPERPENGUIN株式会社

superpenguin株式会社80号広告空間デザインディスプレイ竹村尚久

東京企画装飾株式会社

空間演出-東京企画装飾株式会社 TEProS

サクラインターナショナル株式会社

サクラインターナショナル-求人広告-MICE-展示会

西尾レントオール株式会社

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts