Home » News » 行幸通り初 5万本の花で描かれる花絵「TOKYO FLOWER CARPET 2022」

行幸通り初 5万本の花で描かれる花絵「TOKYO FLOWER CARPET 2022」

一般社団法人花絵文化協会は、世界に誇れる文化、アートを、東京から発信するコンテンツとして「TOKYO FLO WER CARPET 2022(トウキョウ・フラワー・カーペット 2022)」を、319() から321(月・祝)までの3日間、東京丸の内の行幸通りで開催する。

TOKYO FLOWER CARPET 2022」では、江戸時代に一世を風靡した浮世絵師 歌川国貞(三代目豊国)が描いた歌舞伎絵(役者絵)を、50,000 本のカーネーションを使い、巨大な花絵「花歌舞伎」として、行幸通りが花の絨毯で敷きつめられる。総合監修は、花歌舞伎を生み出し、世界各地で作品を創り続ける花絵師の藤川靖彦氏。

TOKYO FLOWER CARPET 2022」は、東京都の大規模文化事業助成の一環として開催され、世界に誇れる文化、アートを、東京から発信することを狙いとし、日本、そして東京の中心である行幸通りで初めて開催されるもの。

花絵は市民参加者みんなでつくる参加型のアートで、「TOKYO FLOWER CARPET 2022」では、事前に募集した 200 名の市民参加者とともに、48 m²(6m×8m)の巨大な花の歌舞伎絵を 5 枚つくる。今回つくられる花歌舞伎作品は、江戸時代、一世を風靡した浮世絵師 歌川国貞(三代目豊国)の代表作「今様押繪鑑」シリーズから、竹抜五郎・白拍子櫻子・快童丸等の 5 作品を選び、花絵師の藤川靖彦が、花絵作品用にリデザインしている。

作品テーマはトウ キョウ リスタート。コロナ収束への期待が膨らむ 2022 年。新しい出会いと発見。新しい希望、感動そして喜び。時 代を刷新(アップデート)するための合言葉トウキョウ リスタートを掲げ、今春東京から始動する。

また今回使用した花は再資源化を行い、再生紙による「お花のスケッチブック」として生まれ変わる。「お花のスケッチブック」は、障がい児童のアートエデュケーション支援として、東京都の特別支援学校に寄贈。こ の活動は 2018 年よりスタートし、現在までに 8,000 冊のスケッチブックを、東京都立の特別支援学校 57 校に寄贈されている。そしてこの「お花のスケッチブック」に描かれた絵は、再び花絵として描かれ、また「お花のスケッチブッ ク」として生まれ変わる。

 

TOKYO FLOWER CARPET 2022(トウキョウ・フラワー・カーペット 2022)

開催期間:2022319()~321(月・祝)

 作品制作:319 9:00~15:00/作品完成 3 19 15

開催会場:行幸通り(千代田区丸の内 1

開催内容:“トウキョウ リスタートをテーマに、花絵師 藤川靖彦総合監修による、巨大な花の歌舞伎絵 を行幸通りに敷きつめ、「東京花歌舞伎」と題し壮大なスケールの花絵巻を創作。東京の中心か ら世界に向けて、コロナ後の新しい時代に向けた、東京の新たな観光文化をキックオフします。

来場予想:200,000

名誉総裁:寬仁親王妃信子殿下

総合監修:藤川靖彦(花絵師/国際連盟理事)

主 催:一般社団法人花絵文化協会

助 成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

:東京都/千代田区/観光庁/InterFM897 ※予定

   東京都大規模文化事業助成事業

協 賛 三菱地所株式会社

公式 HP https://www.infiorata88.com/tokyoflowercarpet

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている