Home » News (Page 2)

News

  • Topics
  • 新MICE施設 パシフィコ横浜ノースが本日開業、臨時休館へ

    新MICE施設 パシフィコ横浜ノースが本日開業、臨時休館へ »

    24 4月, 2020

    国内最大級のパーティが可能な多目的ホール

    パシフィコ横浜に新たなMICE施設として『パシフィコ横浜ノース』が本日(2020年4月24日)開業した。同施設は国内最大規模の立食5,000人、着席2,300人のパーティーが可能な約6,300㎡の多目的ホールと42室の会議室をもつ。多目的ホールは、海外の先進的MICE施設の大型バンケットホールに倣う仕様となっており、国際・国内会議や大型インセンティブトラベルなどのMICE誘致強化に期待がかかる。

    開業後、臨時休館に

    4月24日にパシフィコ横浜ノースを開業するが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言にともない、そのまま臨時休館となる。事態収束後には、イノベーションが生み出される、人とひとの交流の”場”となり、日本を代表するMICE施設として、より一層の経済効果が見込まれる。

    パシフィコ横浜ノース施設概要

    約6,300㎡の1F多目的ホールG1~G8 「汀(みぎわ)」をイメージした外観をもち、国内最大規模約6,300㎡の多目的ホールは、海外の先進的MICE施設のバンケットルームに倣っており、大中小42室の会議室と併せて、3,000名規模の大規模な会議が開催できる複合MICE施設。既存施設(国立大ホール・会議センター・展示ホール・ホテル)とは、ペデストリアンデッキで接続している。

    正式名称:横浜みなとみらい国際コンベンションセンター(Yokohama Minato Mirai International Convention Center) 通称:パシフィコ横浜ノース(PACIFICO Yokohama North) 所在地:横浜市西区みなとみらい一丁目1番2号 アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分 階数:地下1階、地上6階 延床面積:約 47,000㎡ 主要施設: ・多目的ホール(1F):約 6,300㎡(国内最大規模、床面カーペット仕様、最大8分割可能、天井高10m) 【最大収容人数】 スクール3,600名、シアター6,000名、立食5,000名、丸卓(着席)2,340名 ・会議室(2F~4F):大中小42室 計6,185㎡(面積 78~587㎡、天井高2.4~5.7m) 【収容人数】 スクール32名~288名、シアター56名~504名 ・駐車場 収容台数 普通車152台 ・付帯サービス施設(2F):総合案内、礼拝室、カフェ(ドトールコーヒーショップ)、コピー&プリントコーナー 開業日:2020年4月24日(金) URL:https://www.pacifico.co.jp/planner/facilities/north/tabid/612/Default.aspx 動画URL:https://youtu.be/8Eo97FEIPcg

    「個人の衛生管理」を訴求 ―“#SafeHandFish“プロジェクト

    「個人の衛生管理」を訴求 ―“#SafeHandFish“プロジェクト »

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による需要増で街中では除菌抗菌液の在庫が逼迫。除菌抗菌液の在庫はあっても容器が不足しているケースもある。こうした状況を打破しようと、お弁当でおなじみのタレ瓶から生まれた”ケータイする除菌抗菌液” を、外出自粛や在宅勤務などで需要が高まるフードケータリングや中食業界に無償で提供し、生活者のもとへ届ける“#SafeHandFish”プロジェクトが広がっている。

     

    “#SafeHandFish”プロジェクトは、企業ブランディングやセールスプロモーション事業を展開する株式会社エードットの企画に、飲食店舗・企業が提携・協力、4月20日からスタートしたもの。外出自粛による大幅な注文減少で、大量に余っていたお弁当用の調味料容器に除菌抗菌液を充填することで、多くの人へ届ける試みで、容器メーカーの救済にもつながる。

     

    今回のプロジェクトは、国連のブリーフである、新型コロナウイルス感染症をクリエイティブで解決する呼びかけに則り、企画とクリエイティブをエードット、除菌液の提供をクリア電子株式会社、容器の提供を株式会社大石屋の3社協業で個人の衛生管理を訴求。日本人に馴染みのある醤油さし(魚型タレビン)の赤いキャップを、清潔さのシンボルで国連カラーであるブルーに変更している。

     

    プロジェクト 提携店舗・企業は、代々木上原にあるミシュラン1つ星のフレンチレストラン「sio」、渋谷の体験型ケータリングサービス「Mo:take」、手作りの料理を手軽に楽しめる定額制テイクアウトアプリ「POTLUCK」、世田谷 池ノ上駅直近のフレンチビストロ「la toil」。飲食サービス計13店舗に無償提供する。

     

    イベント向けにもケータリングを提供する「Mo:take(モッテイク)」の坂本英文さんは、「『Mo:take』は、日常に寄り添うをコンセプトに食の体験を提供しています。『#SafeHandFish”プロジェクト』にはコロナ対策の一環である除菌消毒を親しみやすいデザインで興味を持っていただき、除菌消毒をより日常化できる取り組みとして参画させていただきました」と語る。

     

    東京ビッグサイト東展示棟2021年秋まで貸出休止へ

    東京ビッグサイト東展示棟2021年秋まで貸出休止へ »

    4月20日、東京ビッグサイトは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(五輪)延期に伴う貸出休止期間の大幅変更について発表した。

    東京ビッグサイトでは、東展示棟、西・南展示棟と会議棟、青海展示棟と全館が五輪で利用されることから、2020年はそれぞれに貸出休止期間を設けていた。

    今回の大幅変更では、東展示棟(全8ホール・66,140㎡)が、期間の延長を発表。五輪でIBC(国際放送センター)に利用される東展示棟は、当初は工事期間の2019年4月1日から撤去の2020年11月30日まで、1年8カ月の休止期間だったのを、今年12月以降も引き続き延長し、2021年の撤去工事完了の日まで使用できないことがわかった。撤去工事完了日の具体的日程は言及されていないが、同様の期間での利用制限となれば、追加で1年間は利用不可となり、利用制約は実質2年8カ月の長期におよぶ。

    西展示棟(西全4ホール・29,280㎡)・南展示棟(南全4ホール・2万㎡)、会議棟については、2020年5月6日から9月30日までの約4カ月貸出休止だったが解除。2021年に同様の時期に貸出休止となる。また、青海展示棟(全2ホール・23,240㎡)は2020年7月15日から9月9日までの約2カ月間の貸出休止が解除された(青海展示棟は仮設展示棟のため、2021年以降の貸出については未定)。

    東京ビッグサイト全館で約11万5000㎡の総面積のうち、約6割に当たる面積の東展示棟が長期間にわたって利用凍結となる影響は深刻だ。

    2020年12月以降に予定していた展示会にはすでに企画・手配・募集を開始しているものも多い。展示会の主催者・支援企業を会員にもつ日本展示会協会では、2020年12月から2021年11月まで東展示棟が使用できなかった場合の損失額を約1.5兆円と試算*している(売上損失の内訳:主催者430億円、支援企業1440億円、出展者1.3兆円)。*日本展示会協会が3/31作成した要望書より。

    2020年12月から2021年11月までには、すでに多くの展示会・イベントの予約があり、全館使用の「第30回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2020)」(2020年12月7日~12日)や「東京モーターショー2021」(例年は10月~11月)などの大型展示会も予定されていた。

     

     

    自宅で企画展・常設展楽しむ ミュージアム動画を公開ーインターネットミュージアム

    自宅で企画展・常設展楽しむ ミュージアム動画を公開ーインターネットミュージアム »

    丹青社が運営するミュージアム・博物館・美術館の情報サイト『インターネットミュージアム』では、企画展・常設展のようすを伝える取材レポートと連動したミュージアム動画をオンラインで公開している。

    「Life with Museum(ミュージアムのある暮らし)」をコンセプトに運営する『インターネットミュージアム』は、日本最大級のミュージアム情報サイト。1996年のサイトオープン以降、全国約7,900館のミュージアム情報と年間2,000件以上の企画展・イベント情報を発信している。

    メインコンテンツのひとつである「取材レポート」は、文化施設や展示に関する専門的な知見を持った担当者が自ら企画展や常設展に赴き取材・撮影・編集を行っている。インターネットミュージアムのYouTubeチャンネルでは、この取材レポートと連動した4191本(2020年4月15日現在)の動画を公開。レポートと動画を合わせて観ることで、自宅にいながら全国各地の企画展・常設展のようすを楽しむことができる。

    最新取材レポートには、現在臨時休館中の国立新美術館「古典×現代2020 ― 時空を超える日本のアート」(開幕日未定~6月1日)、渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品! ~歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画」(前期:開幕日未定~4月26日、後期:4月28日~5月17日)などが掲載中。

    『インターネットミュージアム』編集長の古川幹夫氏(丹青社 文化空間事業部)は、「日本には個性的なミュージアムが各地にあり、それぞれが特徴的な活動を行っています。大規模な展覧会はもちろん、規模は小さくとも企画が光る展覧会を積極的に紹介することで、皆さんにミュージアムへ足を運んでいただくきっかけになればと思っています」と、ミュージアムの魅力を『インターネットミュージアム』で、たくさん見つけてほしいとする。

    また、『インターネットミュージアム』では現在、新型コロナウイルス感染予防にともなう全国のミュージアム休館情報をまとめた「新型コロナウイルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報」も公開している。

    ニコニコネット超会議2020 東大寺から疫病退散を祈願

    ニコニコネット超会議2020 東大寺から疫病退散を祈願 »

    日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」は、政府の緊急事態宣言を受け、「ニコニコネット超会議」の開催にあわせ、4月11日(土)~4月15日(水)の日程で奈良県の東大寺をはじめ、日本の由緒ある神社仏閣の法要、神事を生中継する。

    仏教が国難に立ち向かってきた歴史をたどるというコンセプトだ。東大寺からの生中継について発表された4月9日は、聖武天皇が、天下の安泰と、命あるものすべての繁栄を望み、世に蔓延する疫病や飢饉、国家の危機を乗り切ろうとして造立し、完成した日。752年の4月9日(1268年前)に、東大寺の盧舎那仏像、通称”奈良の大仏”に開眼供養を行っている。

    「ニコニコ生放送」では、東大寺の僧侶が盧舎那仏に疫病退散を祈願し行う法要を生中継。盧舎那仏像の御前からネット生中継が行われるのは、約1270年に及ぶ東大寺の歴史上初めてとなる。

    番組では法要の生中継のほか、視聴者に向けて「ご自宅で平穏な気持ちになって欲しい」という願いをこめ、盧舎那仏像のお姿を映し続ける定点生中継も行われる。

    株式会社ドワンゴでは、7日に政府から発表された「新型コロナウイルス感染症」の拡がりに伴う緊急事態宣言の発令を受け、出演者・スタッフなどネット超会議に関わるすべての皆様の安全を第一に考慮した結果、各公演や企画の中止・延期・変更の決定を発表している。

    ▼4月7日時点の発表内容

    【中止公演・企画】 ■ 超歌舞伎 Supported by NTT『御伽草子戀姿絵』 ■ NTT超未来研究所 presents ミカカランドONLINE! ■ ニコニコネット超会議2020×EGOIST LIVE TOUR 2020 side-A「chrysalizion code 404」 ■ 超ボーカロイドエリア ■アイドルマスター スターリットシーズン(超ゲームスタジオ from 闘会議2020) ■ みんなで作る!ネットからの差し入れ超カレー

    【延期公演・企画】 ■ VTuber Fes Japan ■ VOCALOID Fes supported by 東武トップツアーズ ■ 超ZUNビール

    【変更】 ■ 超テクノ法要×向源 ■ 超ナマケット(事前番組の中止) ■ 超ゲームスタジオfrom闘会議2020 ほか

    4月9日に発表されたなかには、人気コンテンツ「超テクノ法要×向源」も。東大寺からの生中継の後日には、天台宗総本山である比叡山延暦寺と、延暦寺と関係の深い古社 日吉大社での伝統的な法要と神事を生中継でお届けるとしている。

    【視聴URL】 4月11日(土)20:00~ 【疫病退散・鎮護国家】東大寺から国宝・盧舎那仏像(奈良の大仏)生中継:超テクノ法 要×向源@ニコニコネット超会議 視聴URL:​https://live.nicovideo.jp/watch/lv325186304 

    4月14日(火)2:30~ 【疫病退散・鎮護国家】比叡山延暦寺・日吉大社から山王祭例祭などを生中継:超テクノ 法要×向源@ニコニコネット超会議 視聴URL:​https://live.nicovideo.jp/watch/lv325186445

    【ネット超会議 公式ハッシュタグ】​#ネット超会議2020

    イベント開催概要 イベント名: ニコニコネット超会議2020 Supported by NTT 開催日時 : 2020年4月12日(日)~19日(日) 主催   : ニコニコ超会議実行委員会 公式サイト: https://chokaigi.jp 公式Twitterアカウント: https://twitter.com/chokaigi_PR 企画一覧 :ニコニコネット超会議2020公式サイトよりご確認ください。 https://chokaigi.jp 超特別協賛:NTT

    コロナウイルス感染症病床用のテントを提案 〜西尾レントオール

    コロナウイルス感染症病床用のテントを提案 〜西尾レントオール »

    8 4月, 2020

    建設現場やイベントにさまざまな機器をレンタルしている西尾レントオールは、感染者を受け入れる病棟の不足の対策として、臨時病院として大型テントを活用する感染症対策、システムパネルを用いた臨時病室を用意している。

    そのほかの対策も揃っている。

    「アテナテントを使用した簡易ドライブスルー検査所」は、軒高が高く2.5m以上あり(集会用テントは2m)、高さ制限が2.3m以内のドライブスルー検査所を構築ができ、ハイルーフ車や小型トラックがテント内に乗り入れできることが特徴となっている。サイズは、4mx4m、5mx5m、6mx6mなど様々なタイプを用意しており、会場に合わせたものを設置できる。飲食店や車の展示などにも利用できる。 「赤外線サーモグラフィ」は 新型コロナウィルス感染拡大の防止のために、発熱者の早期発見するしくみ。会場出入口にサーモグラフィを設置することで、37.5℃以上の来場者を即座に見極めることができ、感染源となる可能性のある来場者を水際で食い止められる。現在、コンサート、展示会会場・スポーツスタジアム・体育館・大型テントでのイベントや式典関係者からの引き合いがあるという。

    安倍首相が7都府県に緊急事態を宣言ーイベント中止の指示が可能に

    安倍首相が7都府県に緊急事態を宣言ーイベント中止の指示が可能に »

    7 4月, 2020

    4月7日、安倍首相が総理大臣官邸で緊急事態を宣言した。首相は「基本的対処方針等諮問委員会で新型コロナウイルスの感染症については 肺炎等の重篤な症例の発症頻度が 相当程度高く、国民の生命・健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ感染経路が特定できない症例が多数あり、かつ急速な増加が確認されており、医療提供体制も逼迫しててきている。全国的な蔓延による国民生活・国民経済に甚大な影響をおよぼす恐れがある事態が発生したと判断。体 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第一項の規定にもとづき、緊急事態宣言を発出いたします」と述べた。

    緊急事態措置実施の期間は令和2年4月7日から5月6日までの1か月間とし、実施区域は、埼玉県、千葉県、東京都、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県。措置の必要がなくなったと認められた時点で速やかに緊急事態を解除する。

    また、海外で見られるような都市封鎖をせずに、公共交通機関など必要な経済社会サービスは維持しながら、密閉、密集、密接の3つの蜜で感染拡大を防止していく。

    国民にむけ、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減し、2週間後のピークアウト、減少に転じることができるとした。

    緊急事態宣言の発出により、都道府県知事は、特別措置法で規定されている、施設の使用制限、停止の要請・指示や、飲食店の営業制限を実施可能になる。

    特別措置法の四十五条2項は、

    特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間において、学校、社会福祉施設(通所又は短期間の入所により利用されるものに限る。)、興行場(興行場法(昭和二十三年法律第百三十七号)第一条第一項に規定する興行場をいう。)その他の政令で定める多数の者が利用する施設を管理する者又は当該施設を使用して催物を開催する者(次項において「施設管理者等」という。)に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。

    となっており、

    イベント会場は上記の※興行場にあたり、使用の制限について都道府県の知事が要請、指示を行うことができるようになる。罰則はないが、事業者名が公表される可能性がある。しかし、強制的にイベント中止を命じることができないため、損失補償については規定はない。

    ※興行場法の第一条1項では、「「興行場」とは、映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸又は観せ物を、公衆に見せ、又は聞かせる施設をいう。」と定められている。

    バーチャル空間での法人イベント即日開催へー「clusterスターターパッケージ」の販売スタート

    バーチャル空間での法人イベント即日開催へー「clusterスターターパッケージ」の販売スタート »

    バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社は、2020年4月7日から企業のオンラインイベント、カンファレンスをバーチャル空間で即日実施できる「clusterスターターパッケージ」の販売を開始した。

    「clusterスターターパッケージ」では、バーチャルイベントプラットフォームである「cluster」上で企業のイベントやカンファレンス開催に必要な「会場」「演出」「スクリーン」「音響」等の一式が用意されており、即日開催ができる。

     

    これまでも「cluster」は、ユーザーが誰でも無料でイベントを開催できたが、一方で法人イベントでは会場や演出の制作を発注する必要があった。

    新型コロナウイルス感染症の影響で、バーチャル空間でのイベントについて問合せが相次いでいた同社では、「『会場』『演出』等を選択可能な形で提供、実施に向けた細かい調整や打ち合わせなどのコミュニケーションコストを最小化し、企業様へバーチャルイベントを簡単に即日実施頂きたい」と一式揃ったパッケージとしてリリースしている。

    「cluster」では、2018年8月31日に世界初のVR音楽ライブとして実施したバーチャルYouTuber輝夜月さんの「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や、2020年3月15日に日本最大級のeSportsイベントRAGEが公開した世界初のeSports専用バーチャル施設「V-RAGE」の制作運営。2020年3月24日にはKDDI主催のカンファレンス「KDDI ∞ Labo MUGENLABO DAY 2020」の制作運営を行っている。

    「clusterスターターパッケージ」についての問合せは、enterprise@cluster.mu(クラスター株式会社 担当:成田さん)まで。

     

     

    中国で展示会再開の兆し ー 新型コロナウイルス感染症拡大後初

    中国で展示会再開の兆し ー 新型コロナウイルス感染症拡大後初 »

    6 4月, 2020

    中国のイベント専門メディアの報道によると、4月3日から中国浙江省の海宁会展中心でHaining Export Exhibitionが開催され、家電、服飾、インテリアなどの輸出公司が出展した。新型コロナウイルス感染症拡大により、世界中で展示会が中止になっているなか、同展開催の様子がYoutubeでアップされ、世界中の展示会関係者から「希望が湧いた」「成功を祈る」といったメッセージが寄せられている。

    また、中国の展示会関係者によると、遼寧省政府は瀋陽市のShenyang New World Expoに対して、4月27日から29日まで開催の「Shenyang International Advertising Festival」(同展は当初3月12〜14日に実施予定だったか、新型コロナウイルス感染症の拡大のため、2月8日に延期を発表していた)に開催の許可を与えたという。

    詳細については、本紙月刊イベントマーケティングで引き続き調査していく。

    五輪延期をうけ日本展示会協会が要望書

    五輪延期をうけ日本展示会協会が要望書 »

    1 4月, 2020

    新型コロナウイルス感染症拡大により、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期になり、展示会業界は深刻な問題に直面している。今回の東京五輪の1年の延期で、メインプレスセンター、国際放送センターが置かれる東京ビッグサイトなどの会場などの今後も懸念されており、日本展示会協会は3月31日に、東京2020オリンピック延期により懸念している事態をまとめ要望書を作成、関係各所に訴えている。

    要望の骨子は6点 1首都圏に仮設展示場を建設する 2.幕張メッセ、東京ビッグサイト西・南棟を展示場として使用可能にする 3.青海展示棟の使用期間をオリンピック後後まで延長する 4.首都圏の他の展示会場も含めた調整 5.五輪後の撤去期間の短縮について再検討 6.既に募集を開始している展示会への支援

    今回のコロナウイルス禍が多くの産業にダメージを与えているが、イベント業界はとくに自粛要請による中止・延期と直接的な損害を被っている。なかでも展示会に関係する企業は、事業の場として大きなウエイトをしめる東京ビッグサイトの東ホールが、メディアセンターとしての回収工事で昨年4月から使用できない状況だったため、修復工事も含めておよそ2年半にわたり使用できないことになる。展示会業界ではすでに休業している企業もあり、局面の打開のための行政の支援が求められている。