Home » 開催情報 » イベント開催情報

イベント開催情報

NFTと空間DXで新たな体験価値を 東急不動産、HARTi、丹青社、PxDTの4社が実証実験

NFTと空間DXで新たな体験価値を 東急不動産、HARTi、丹青社、PxDTの4社が実証実験 »

14 3月, 2022

NFTと空間DXで新たな体験価値を 東急不動産、HARTi、丹青社、PxDTの4社が実証実験

3 月 12 日(土)から 2022 年 4 月 3 日(日)まで、東急プラザ渋⾕ 3 階・次世代型商業施設の実験店舗「111-ICHI ICHI ICHI-」で2つの実証実験が行われる。

1つ目は、東急不動産及び HARTi が、NFT(非代替性トークン) を配布しオンライン上のコミュニティ構築。それによる、新たな体験価値創造の検証。商業施設と来場者のエンゲージを高めリピート来館のしくみをつくる。

「浅瀬のおともだち -Friends in the Shallows- 展」を中心とした空間を形成。土・日曜日に作品購入用ホワイトリスト NFT を来館者に先着 1,111枚配布する。所有者のみのオンライン。コミュニティを構築。作品の事前購入権や限定イベントへの参加権などを配布。コミュニティ入会の価値に加え、オフラインでも来館者の体験価値を高め、施設来館へのリピート率を高める。

2つ目の実証実験は、DX による空間の新たな体験価値創造の検証。丹青社の空間づくりのノウハウと PxDT の持つ空間データプラットフォーム「KOTOWARI™」を掛け合わせ、テクノロジーを活用した空間における提供価値の向上に取り組む。来場者の属性や滞在時間といったデータを活用し、データドリブンな手法で、東急プラザ渋⾕ 3 階「111-ICHI ICHI ICHI-」の空間利用者の体験価値向上を図り、空間価値の数値化と最適な空間提案を可能にし、将来的な店舗区画のメディア化につなげる。

実証実験実施の背景

新型コロナウイルス感染拡大により、消費者の E コマース利用の増加や来店機会が減少しており、実店舗ならではの体験価値の向上が求められている。商業施設の新しい体験価値創造に注力している東急不動産、NFT プラットフォームを提供する「HARTi」、空間づくりによる課題解決および空間利用者の更なる体験価値向上を目指す丹青社・PxDT の思いが一致し、実証実験を行うこととなった。

東急不動産は、この実証実験により NFT 活用および空間の DX 促進によって創造される価値を掛け合わせ、商業施設の利用者や出店テナント企業に対して、新しい価値を提供していく。

「浅瀬のおともだち -Friends in the Shallows- 展」実施概要

期間:2022 年 3 月 12 日(土)〜4 月 3 日(日)※3 月 13 日(日)はレセプション実施のため、終日招待客のみ。 会場:東急プラザ渋⾕ 3 階「111-ICHI ICHI ICHI-」イベントスペース 内容:作品購入用ホワイトリスト NFT 配布 (土曜日・日曜日限定) 「浅瀬のおともだち -Friends in the Shallows-」の展示、来館者記念 NFT 配布 (期間中全日実施)

 

各社概要

<東急不動産株式会社> 代表取締役社⻑: 岡田 正志 本 社: 東京都渋⾕区道玄坂 1-21-1 渋⾕ソラスタ 設 立: 1953 年 12 月 事業内 容: 都市事業、住宅事業、インフラ・インダストリー事業、ウェルネス事業、海外事業等 U R L: https://www.tokyu-land.co.jp/ <株式会社 HARTi>

竹芝で音楽祭 アンバサダーに元AKB48の松井咲子さん「TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL」

竹芝で音楽祭 アンバサダーに元AKB48の松井咲子さん「TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL」 »

10 3月, 2022

3月20日・21日に「TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL」が開催される。港区と産官学連携による次世代型のまちづくりを竹芝地区で進める、(一社)竹芝エリアマネジメント、東急不動産株式会社、(一社)竹芝タウンデザイン、東日本旅客鉄道(株)、KATO MUSIC & CREATIVE ENTERTAINMENT(株)の5社が主催する。

音楽の力で街と人とを繋ぎ、一体感をもって街の発展を遂げていくことを狙い、東京湾を臨むウォーターフロントに位置する竹芝で開催される水辺の音楽祭。屋内外の様々な場所でノンジャンルの多種多様な音楽を年齢性別関係なく一緒に楽しめるように「BORDERLESS MUSIC」をコンセプトに掲げ、エンターテイメント溢れる心地良い場づくりをしていく。

人気アーティストが多数出演し、クラシック・ジャズ・オペラ・ゲームミュージック・アイドルライブ・ライブVRペインティング・和太鼓・ストリートピアノなど幅広いジャンルのステージを繰り広げる。イベント会場だけでなく自宅等でも楽しめるよう、リアルとオンラインで同時開催される(一部のイベントに限る)。

一部のプログラムは有料。チケットの購入は公式サイト(URL: https://takeshibaportmusicfestival.jp/)から。

オンライン視聴URL(インスタライブ配信)

<PORT HALL STAGE> https://www.instagram.com/takeshiba_areamanagement/ <WATERS STAGE> https://www.instagram.com/waters_takeshiba/ 

TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL 開催概要

会期:2022年3月20日(日)~21日(月・祝) 時間:10時~21時 会場: ①屋内メイン会場<PORT HALL STAGE>:東京ポートシティ竹芝オフィスタワー1Fポートホール(https://tokyo-portcity-takeshiba.jp/) ②屋外メイン会場<WATERS STAGE>:ウォーターズ竹芝 プラザ(芝生広場) (https://waters-takeshiba.jp/) ③その他エリア会場<AREA STAGE> :ダイアログ・ミュージアム 対話の森(アトレ竹芝)/ メズム東京、オートグラフ コレクション 他 主  催:TAKESHIBA PORT MUSIC FESTIVAL実行委員会 協  力:愛宕警察署 / アトレ竹芝店 / 遠州楽器制作株式会社 / カサイホールディングス株式会社 / 株式会社河合楽器製作所 / CiP協議会 / ダイアログ・ミュージアム 対話の森 / 竹芝Marine-Gateway Minato協議会 / 港区内大使館 / メズム東京、オートグラフ コレクション / ヤマハピアノサービス株式会社 /ローランド株式会社 他(50音順) 後  援:港区

主な出演者

アップアップガールズ(仮)&アップアップガールズ(2)(アイドルグループ) / ANIME SYMPHONY JAPAN(アニメ音楽オーケストラ) / 1966カルテット(弦楽カルテット) / 緒方恵美(声優) / GAME SYMPHONY JAPAN(ゲーム音楽オーケストラ) / さなゑちゃん(YouTuber) / THE LEGEND(オペラグループ) / せきぐちあいみ(VRアーティスト) / 寺地美穂(サックスプレーヤー) / 福井ともみ(ピアニスト) / 松井咲子(タレント) 他(50音順)

港区内地域関連出演者

青山中学校 ダンス部 / 警視庁音楽隊 / 御成門小学校

未来を生むPRODUCE力、つんく♂、小橋賢児、石多未知行、光畑真樹らが語る

未来を生むPRODUCE力、つんく♂、小橋賢児、石多未知行、光畑真樹らが語る »

7 3月, 2022

未来を生むPRODUCE力、つんく♂、小橋賢児、石多未知行、光畑真樹らが語る

(株)グローバルプロデュース

ハイブリッドイベントなどを手がけるグローバルプロデュースが、3月30日に「PRODUCERS 2022-これからの時代に必要な「PRODUCE力」とは?-」をハイブリッドで開催する。テーマはあらゆる才能や能力を掛け合わせて新しい価値を創造するPRODUCE能力について。

登壇者はグローバルプロデュース㈱代表取締役光畑真樹氏、PIVOT(株)CEO佐々木紀彦氏、The Human Miracle小橋賢児氏、裏千家松村宗亮氏、(株)Voicy代表取締役CEO緒方憲太郎氏、(株)トランジットジェネラルオフィス代表取締役中村貞裕氏、カラーズクリエーション(株)代表取締役CEO石多未知行氏、ZVC JAPAN(株)(Zoom)社長佐賀文宣氏、TNX代表取締役つんく♂氏など。

プログラム

16:00 オープニング 16:05 PRODUCERS Short Presentation 16:35 Talk Session 1「これからの時代に必要な“PRODUCE力”とは?」 17:35 Talk Session 2「PRODUCERに聞きたい100の質問」 18:40 特別企画 つんく♂×GP光畑 PRODUCER対談「天才・プロ・アマの定義」 19:00 終了

主催者からのメッセージ

新しい価値観、新しいサービス、新しい働き方。 COVID-19により2022年以降は、まだまだ予測不可能なカオスな時代です。 これからの時代は「あらゆる才能」や「要素」を掛け合わせて新しい価値を創造するPRODUCE能力が企業にも個人にも求められているよう感じます。 様々な製品をかけ合わせてiPhoneをプロデュースしたスティーブ・ジョブズ。 人と人を繋げて未来の日本という新しい価値をプロデュースした坂本龍馬。 私達も今まで以上に、自分達で未来を創造していく必要があります。 現代の日本では、プロデュースといえば、音楽やエンターテインメント業界のイメージが先行しますが、本開催では、より幅広くPRODUCEを捉え、出演者、参加者、視聴者のみんなで未来を生み出していける大きなキッカケとなる開催を目指しています。 1人でも多くの皆様の気づきと知見と、そして勇気に繋がる事を心より願っています。

株式会社グローバルプロデュース 「PRODUCERS 2022 事務局」

PRODUCERS 2022 概要

名称:PRODUCERS 2022 -これからの時代に必要な「PRODUCE力」とは?- 日程:2022年3月30日(水) 時間:16:00-19:00 参加費:無料 参加方法:リアル参加者50名限定/オンライン配信 会場:WITH HARAJUKU HALL 配信プラットフォーム:YouTube/Facebook 登壇者:光畑 真樹/佐々木 紀彦/小橋 賢児/松村 宗亮/緒方 憲太郎/中村 貞裕/石多 未知行/佐賀 文宣/つんく♂

オンライン申し込み:下記イベント特設サイトより https://www.global-produce.jp/lp/producers2022/

 

 

3月14日コングレスクエア羽田でMICE実証実験発表

3月14日コングレスクエア羽田でMICE実証実験発表 »

7 3月, 2022

3月14日羽田でMICEの実証実験発表。展示会高度化事業も

2022年3月14日(月)、株式会社コングレと株式会社新産業文化創出研究所は、「第17回MICEイノベーション研究会」を羽田イノベーションシティ(HICity)内のコングレスクエア羽田にて開催する。今回はwithコロナで、新しいMICEと施設のカタチを創造する技術や製品、ツールの実証実験、提案発表、展示・体験会が行われる。また、経済産業省 令和3年度事業「展示会等のイベント産業の高度化事業(実証事業)」 採択企業の成果発表会を同時開催される。参加費は無料。

MICEイノベーション研究会は2022年1月現在で16回開催し、約560の企業・団体からの参加者、60社を超える企業が新しい技術やサービスを提案。異業種との交流を通じ、DX、AI、ロボットなどの先端技術を取り入れて、新しいMICEのカタチを創造する共創プラットフォームとしての役割を果たしている。

今回は2回目となる会場でのリアル開催。MICEおよびMICEを開催するカンファレンス施設をはじめとした各種施設のイノベーションと共創の出会いの場となるよう、「新しいMICEや施設の『カタチ』を創造する」「MICEや施設などの課題を解決する」技術・事業アイデア・サービスを持った多数の企業が参画し、「実証実験」「提案発表」「展示・体験会」を実施する。

また、経済産業省 令和3年度事業「展示会等のイベント産業の高度化事業(実証事業)」 採択企業 成果発表会を同時開催。経済産業省が、展示会等において新たなデジタル技術・サービス等の実証事業として、With/Afterコロナにおけるブロックチェーン技術等を用いた、展示会等のイベント産業における新たな取引モデルの構築を実証する事業について公募し、このたび採択された企業・団体6者の成果を発表する。

成果発表1: スタートバーン株式会社 渡辺 有紗 氏

「~Sizeless Twin~ファッション産業におけるNFT/メタバースを活用した展示の高度化事業」 3月4日~13日の期間で馬喰町のギャラリーにてユニークピース並びにそのデジタルツインの展示を実施。 これまで、ファッションブランドの収益源は実物の洋服の販売に限られ、特にオートクチュールの場合は販売対象の層が限定的でした。メタバース/NFTを活用することで、ブランドにとっては販路の多様化、デザイナーにとっては表現の広がりを期待することができます。加えて、スタートバーンが提供する「Startrail」の仕組みを通して、二次流通時の還元金という新たな収益源も得ることができます。 ファッション業界の流通に新しいソリューションを提供しながら、実際に来場者がデジタルツインを想起・体験できる展示の結果を踏まえて、お話しします。

成果発表2: 株式会社Mogura 久保田 瞬 氏

「VRとメタバースで実現する新しい工場見学~ワープ型オープンファクトリー~」 Moguraでは、大阪のFacrorISM実行委員会と協働し、VR(バーチャルリアリティ)を用いたオープンファクトリー(技術の見える化展示会)の実証事業を実施しました。今回の講演では、町工場が抱える課題をVRそしてメタバース、アバターを使ってどのように解決を試みたのか、その結果について報告します。

成果発表3: 株式会社リモデルパートナーズ 有田 茂 氏

「VR(仮想現実)とAR(拡張現実)を連動させた新たなバーチャル展示会によるリアル商材の流通」 今後「メタバース(3次元仮想空間)」関連事業の成長は加速、特にデジタルコンテンツは新たな市場が形成されていくでしょう。一方、既存リアル商材の流通は、この変化の波をどう活用していくのか手探り状態かと推測します。 今回は市場規模、成長性、事業採算性からみて誰も取り組まないであろう産業にあえて目を向け、VR(仮想空間)での売場の商品が、現実空間にてAR(拡張現実)により手元で表現される手法にてユーザー反応を実証。また、今後の量産化課題である商品3D化コストに関し、市販の機材等を活用した生産プロセス改善の可能性も検証しました。これらについて報告します。

成果発表4: 株式会社小田急百貨店 石川 真 氏

「『郷土玩具×XR技術×クリエイター』による新たな伝統的モノづくり品展示会に関する成果報告」 コロナ禍によるイベント・展示会の機会損失や産業従事者・職人の高齢化などの課題を抱え、縮小傾向にある伝統的モノづくり産業に対し、その文化継承への貢献を目的に、単なる製品展示・販売に留まらず、国際的に著名なクリエイターによるXR技術を活用した没入型コンテンツを提供する新たな展示会を実施しました。 これにより、今まで郷土玩具に興味がなかった若年層や魅力を十分に感じることがなかった層への訴求。また、リアル会場・多言語対応のオンライン会場での同時開催とし、出展者・参加者双方にとっての物理的な移動や時間的制約を軽減するwithコロナにおける展示会モデル構築も目指しました。当該展示会に対する成果報告を行います。

成果発表5: 株式会社マイナビ 中島 玄揮 氏

「展示会等のイベントにおけるリアルタイムAI自動翻訳の活用実証実験について」 国内のイベント産業の規模を維持、拡大するため展示会のグローバル化は必須の課題となっています。そうした課題解決の一助となるよう、近年発達が目覚ましいAI技術を利用した高精度のリアルタイムAI自動翻訳ツールを用い、イベントの多言語化対応についての実証実験を行いました。 リアルタイムAI自動翻訳ツールがイベントにおける各場面で実用に堪える精度か、運営における講演・対話(商談)・運営の場面等で、取り入れることが可能な簡便さを有しているかなどを検討し、今後のイベントに活用できるよう報告します。

成果発表6: 一般社団法人アート東京 川上 尚志 氏

「NFTを活用したアート取引市場における展示・流通高度化事業」 実物のアート作品の3DCGレプリカを製作し、ARによるバーチャル展示会を開催、高精細なデジタルレプリカによる「質感の再現」により、デジタルの中にリアルを感じるアート作品の新たな楽しみ方を提案していきます。 新たな展示会等イベントのモデルを確立させ、作品のデジタル化とライセンス管理されたデータによる距離的制約を受けない、海外への積極的なマーケティングの場を創出します。「アートフェア東京2022」の併設イベントとして展示会を開催、NFTプラットフォーム「FAT Collection」を利用しNFTアートを流通。なお、転売(二次流通)は行わず、法定通貨のみの取引を実施します。これらについて報告します。

実証実験/提案発表/展示・体験会

- 出展者紹介(一部) PaylessGate株式会社/デジタルゲート認証/決済プラットフォーム「SmartWallet」 |実証実験・提案発表・展示| 「SmartWallet」は、Bluetoothを使ったスマホ端末認証による受付効率化システムです。従来のQRコード受付のようにスマホを操作する必要なく、ICカードのように事前に配布する必要がない新しい受付ソリューションの提案です。 今回は参加者の皆さまにご協力いただき、実証実験を実施します。スマートフォンに「SmartWallet」アプリをインストールしていただき、ストレスを感じさせない参加受付体験をはじめ、講演会場/展⽰会場での⾏動履歴を収集する実証実験です。

株式会社ハシラス /「めちゃバース」/「めちゃイベント」 |提案発表・展示| 一般的なWebブラウザから簡単に利用できるメタバースです。最大数千人規模が同じバーチャル空間に同時アクセスできる独自開発の技術の概要、応用例、実績、未来について提案発表および展示を行います。

タイムリープ株式会社/遠隔接客サービス「RURA」 |提案発表・展示| 「RURA」は施設の接客を自宅や会社から行えるサービスです。接客が必要な場所に設置することで、来場されたお客さまをモニター越しに接客できます。少人数で複数拠点の対応ができるため、優秀なスタッフを配置して人件費削減と収益向上を同時に実現可能です。

株式会社リコー / iPresence合同会社 |展示| ・RICOH Spectrum ・RICOH 4K Live Streaming ・テレプレゼンスアバターロボット ・ハイブリッド交流会ソリューション 映像の遠隔配信技術をベースに、アバターロボットや360度カメラ、ウェアラブルグラスなどのエッジデバイスを組み合わせ、臨場感のある現場リアルタイム映像をハイブリッドイベントで活用できるソリューション・サービスです。

第17回MICEイノベーション研究会 開催概要

会期:2022年3月14日(月)13:30~18:00 会場:コングレスクエア羽田 東京都大田区羽田空港一丁目1番4号 羽田イノベーションシティゾーンJ 京急空港線・東京モノレール「天空橋駅」直結 参加者数:150 名(予定) 参加費:無料 参加申し込み:https://miceinnovation17th.peatix.com/

プログラム

13:30~ 開場・受付開始

13:30~14:30 展示・体験会 / 発表者・出展者・参加者のビジネスマッチング 出展者一覧 株式会社Archaic / 株式会社エヌジーシー / 株式会社Nsystem / 株式会社丹青社 / 株式会社コルドンブルー / 株式会社ジールアソシエイツ / タイムリープ株式会社 / 株式会社トーガシ / 株式会社トリプルアイズ / 株式会社ハシラス / 株式会社ビズコム

受注に強いオンライン展示会機能を追加したファッション系プラットフォーム「homula(ホムラ)」

受注に強いオンライン展示会機能を追加したファッション系プラットフォーム「homula(ホムラ)」 »

6 3月, 2022

受注に強いオンライン展示会機能を追加したファッション系プラットフォーム「homula(ホムラ)」

初期・月額固定費は完全無料で提供、 2021年6月の開始わずか半年でブランド登録数250超、バイヤー登録店舗数2,500超 したファッション・雑貨ブランドと全国小売店を繋ぐオンライン卸売プラットフォーム「homula(ホムラ) 。今回新たに、出展するファッション・雑貨ブランド向けに初期費用 ・月額固定費は完全無料で、オンライン展示会、ラインシート出力、案内メール配信、受注集計まで一連で支援する新機能をリリースした。これにより、ブランドの既存卸先からの展示会受注の売上拡大の支援、卸売営業の効率化を行い、コロナ禍の中での売上拡大をサポートする。

新機能リリースを機に、全国のバイヤーを招待(出展審査あり)して出展無料のオンライン展示会「homula 2022 Online Tradeshow」を2022年2月21日〜3月末まで開催する。

 

オンライン展示会機能

コレクションごとのオンライン展示会ページ(webカタログ)の作成、既存顧客の招待、ラインシート出力、受注集計、決済まで簡単な操作で行える。展示会ページを案内するセグメント化した一斉メール配信、開封やクリック、ページ閲覧数など顧客の反応もアナリティクスで確認できる。homulaの既存の機能である、会員のバイヤーからの展示会受注や在庫販売と合わせて、新規バイヤーから既存顧客バイヤー、展示会受注から在庫販売までワンストップで卸売業務を行えるようになった。同プラットフォーム上で決済を行った場合はhomulaが与信リスクを取るため資金回収のリスクをなくして全国の小売店と取引ができる。

オフライン展示会サポート機能

ラインシート/カタログ出力から受注集計まで、オフライン・オンライン両方の展示会に必要な一連の作業を効率化する

メールマーケティング / 顧客反応アナリティクス

新商品や展示会の案内を顧客へ一斉にメール配信したり、条件に合った顧客にだけターゲティングメール配信が管理画面から可能。顧客ごとのメールの開封やクリック数、ブランドページの閲覧回数から購買確度が高い顧客を簡単に確認でき効率的に売上を拡大できる。

アナリティクス機能イメージ

利用方法

卸売マーケットプレイスhomulaへ出展することで無料で使える。出展も初期費用や固定費一切無料で行えるが、出展審査がある。

問い合わせ・出展応募フォーム:https://www.homula.jp/registration/supplier 資料請求フォーム:https://www.homula.jp/material/supplier

オンライン展示会

「homula 2022 Online Tradeshow」

出展料無料でアパレル / 服飾雑貨 / ライフスタイルブランドのオンライン展示会「homula 2022 Online Tradeshow」を3月末まで開催する。(出展審査を通過したブランド、もしくは招待ブランドのみ参加可能)ブランドの既存顧客バイヤーに無料でオンライン展示会を案内できるほか、homula登録バイヤーとのマッチング、全国の高感度小売店約1万店舗のバイヤーを対象にhomulaがマーケティング・集客を行い新規のマッチングを支援する。

登録ブランド例

GRANDMA MAMA DAUGHTER / HANDROOM / CI-VA / hatsutoki / SALT+JAPAN / Fukuyama Factory Guild / to touch / RE LEAN / KITOWA / SUNDAY MARKET / KURODA etc.

現在ブランド・小売店ともにサービス加盟企業を募集している

オンラインマーケットプレイス『homula』

ファッション・ライフスタイルブランドと全国の小売店を繋ぐ卸売マーケットプレイス。ブランドは自社の卸売用の展示会 / ECページを作成し全国の小売店から受注を行え、バイヤーは出展する優良なブランドから仕入れが行える。また、取引の際に伴う在庫リスクや与信リスク、支払いサイトといった双方の課題を解決する仕組みを提供しており新規のマッチングを加速させる。

ブランドベネフィット

・既存と新規両方の卸売を拡大 ・与信リスク無く ・展示会業務 / 営業を効率化

バイヤーベネフィット

・優良ブランドの仕入れを余計な手間とリスクをかけずに ・60~90日の支払いサイト ・全ブランドとの初回取引返品可能

利用料

1.バイヤー 無料 2.ブランド 初期費用/固定費無料

公式サイトURL:https://www.homula.jp/

都市連動型メタバース 「バーチャル大阪」開始

都市連動型メタバース 「バーチャル大阪」開始 »

4 3月, 2022

都市連動型メタバース 「バーチャル大阪」本格稼働

2021年12月にプレオープンした都市連動型メタバース「バーチャル大阪」に、新たに道頓堀 など、大阪市内をモチーフにした「新市街」エリアが登場し、本格稼働を開始。大阪の都市の魅力を国内外に発信する。メタバースプラットフォームにはclusterが採用されている。

2025 年開催の大阪・関西万博に先がけ、大阪の都市の魅力を国内外に発信するとともに、“City of Emergence”(創発する都市)をテーマに、さまざまな人が集まり、一人ひとりの新たな体験や表現を通じ、 大阪の新たな文化の創出・コミュニティの形成にも寄与することを目的としている。

「新市街」エリア

道頓堀をモチーフに大阪の街の雰囲気を再現したエリアと、大阪城やスカイビルといった代 表的なランドマークが配置されたフォトスポットの広場がある。広場ではビルを上ることができるアスレチックな ど、バーチャルならではの新しいアトラクションも登場する。 エリアや体験の拡張は今後も予定しており、2022年2月28日からは「バーチャル渋谷」とワープゾーンで接続 され、ふたつの空間の往来が可能になる。​

見どころ バーチャル大阪アスレチック

大阪のランドマーク(大阪城、海遊館、梅田スカイビル)ではアスレチックを楽しめる。 ジャンプして頂上まで登れる、頂上にはジャンプ力が強化されたジャンプ台を設置しており、そこで高く飛ぶと バーチャル大阪を眺望できる。現実世界ではできない、メタバース空間だからこその楽しみ方だ。 ギミックもあり、ゲーム感覚で楽しめる。

ライブイベント開催

バーチャル大阪内の特設会場にて、複数のVTuberによる音楽・トークライブイベントや、au CM楽曲アーティ ストのHalf time Oldさん、もーりーしゅーとなどが登場するライブイベントを開催します。

「auじぶん銀行 Presents VIRTUAL MUSIC LIVE」

日時: 3月12日午後7時開始予定/開催場所:「バーチャル大阪」特設会場

「旅立つ君との超応援祭」

日時: 2022年3月下旬予定/開催場所:「バーチャル大阪」特設会場 参加方法: バーチャル大阪は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加可能。 clusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。 clusterアカウント作成:https://cluster.mu/ clusterアプリダウンロード:https://cluster.mu/downloads 参加料:無料

渋谷ファッションウイーク2022春 渋谷を舞台に展開 キービジュアルは水曜日のカンパネラ 詩羽

渋谷ファッションウイーク2022春 渋谷を舞台に展開 キービジュアルは水曜日のカンパネラ 詩羽 »

1 3月, 2022

渋谷ファッションウイーク2022春 渋谷をユニークベニュ―に展開するアート・ファッション施策など、一部を先行発表! 2022年3月15日(火)~31日(木)まで「渋谷ファッションウイーク2022春」が開催される。今回は「東京クリエイティブサロン」(TOKYO CREATIVE SALON)に参画し、渋谷の街からファッションとアートを発信するイベントを開催する。 今回のコンセプトは「RE: RELATION」。これまでにない粛々を求められる中で、⾃然と意識されたのは、当たり前だったはずのヒトやモノコトとの距離。つながり。世界が⼾惑う変化の渦中でなお変わらなかった関係と劇的に変わった関係。その関係性がもたらす知覚と感性、価値観。それらと改めて向き合うことで渋⾕から何が⽣まれるのか。 水曜日のカンパネラ 詩羽がキービジュアル

2022春のキービジュアルに水曜日のカンパネラの二代目・主演&歌唱担当として加入した詩羽(うたは)の登場が決定。

詩羽は2001年生まれ、東京出身。高校卒業後、ストリートスナップなど個人でのモデル活動を行い、音楽と言葉と時間と私をテーマにInstagramに詩と写真を投稿しながら自己表現を模索していた。 2021年9月、知人の紹介から面談を受け、水曜日のカンパネラの二代目・主演&歌唱担当として加入。同年10月には水曜日のカンパネラに加入後初の楽曲「アリス/バッキンガム」のリリースを行い話題となる。2022年2月25日には詩羽体制2度目の2曲同時リリースで「招き猫/エジソン」をリリース予定。

渋谷の大型商業施設のリアルクローズが東急線車内に登場

これまで、Digital Look Bookやオリジナルムービーの配信、情報発信力の高いモデル/インフルエンサーが身に纏ったオリジナルルックポスターが渋谷の街なかの路地壁面に登場するなど、渋谷の今を感じさせる参加商業施設のリアルクローズをさまざまな手法で提案。今春は、渋谷各所で撮影したリアルクローズポスターが、東急線車内に登場する。また、キービジュアルとルックポスターは、渋谷と縁(ゆかり)が深く、今年11周年を迎える株式会社れもんらいふ代表・アートディレクター千原徹也氏が手がける。

千原徹也 アートディレクター/株式会社れもんらいふ代表 広告、ブランディング、CDジャケット、装丁、雑誌エディトリアル、ドラマ、CMなど、アートディレクションするジャンルは様々。その他に、テレビ東京 水ドラ25「東京デザインが生まれる日」監督、「勝手にサザンDAY」企画主催、J-WAVE「Lypo-C DESIGN ENERGY」ナビゲーター、東京応援ロゴ「KISS,TOKYO」発起人、富士吉田市×れもんらいふのコミュニティ「喫茶檸檬」運営など、活動は多岐に渡る。れもんらいふは2022年、新たな展開として映画制作をすすめている。 https://lemonlife.jp/

SHIBUYA RUNWAY

「渋谷ファッションウイーク」のハイライトとなっているランウェイショー「SHIBUYA RUNWAY」は、感染拡大防止を配慮し、オンライン配信で渋谷のユニークヴェニューから最新コレクションを発表する。

分散回遊型FASHIONART

東京の街全体を舞台にのべ22万人規模のデザイン&アートフェスティバルを展開するDESIGNARTによる分散回遊型イベント「FASHIONART」。今春も商業施設や路面店、遊休スペースなどを活用してアートを展示します。様々なカルチャーを牽引してきた渋谷における施設やエリアの特性を活かしたコンテンツの回遊を、アート・コミュニケーションプラットフォームアプリ「ArtSticker」でさらに楽しめる。

青木昭夫 DESIGNART代表取締役兼MIRU DESIGN代表取締役。クリエイティブディレクター デザインイベントのディレクターを経て2009年MIRU DESIGNを始動。ファッション、アート、建築、インテリア、プロダクトなどさまざまなクリエイターのネットワークを活かし、企業のブランディングや展示会の企画・プロデュースを行う。2017年より国内最大級のデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO」の代表を務める。 http://designart.jp/

THE NOW,THE NEW,THE NEXT

会場:COWORKING SALON SLOTH JINNAN 日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木) 時間:9時00分~19時00分

POP in Fashion Art

会場:渋谷ヒカリエ 南側ショー ウィンドウ 全7箇所 日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木) 時間:24時間 ※施設外構部のため

Contact

会場:渋谷ストリーム大階段・2階インフォメーションカウンター上LEDサイネージ 日程:2022年3月15日(火)~3月31日(木) 時間:7時00分~25時00分(大階段) 4時30分~25時00分(2階インフォメーションカウンター上LEDサイネージ)

ArtSticker

ArtSticker(アートスティッカー)は、アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォーム。 著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっている。 渋谷ファッションウイークの詳細や、アートにまつわる情報はこちら

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」では、アート作品の位置情報を地図で確認したり、気に入った作品に感想を送ることもできる。

A_BOX Shibuya+Harajuku

東京クリエイティブサロンとの連動企画である「A_BOX Shibuya+Harajuku 」は、人々が集い、特にファッション業界のオアシスである北谷公園で開催。 住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野で活躍する建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠氏、吉田愛氏が手がける。 北谷公園の景観と協調しながら、捨てられるはずだった洋服やハギレをアップサイクルしたアップサイクルボードを用い、様々な「A_BOX」の連続でインスタレーションを展開する。

谷尻 誠、吉田愛 SUPPOSE DESIGN OFFICE 谷尻誠、吉田愛率いる建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE。2000年設立。2014年より吉田愛と共同主宰。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野のプロジェクトを多数手がける。 最近では、東京事務所併設の「社食堂」「BIRD BATH & KIOSK」「絶景不動産」「21世紀工務店」を開業するなど活動の幅も広がっている。主な著書に、創立20周年記念書籍「美しいノイズ」(主婦の友社)、作品集に「SUPPOSE DESIGN OFFICE -Building in a Social Context」(FRAME社)がある。

渋谷ファッションウイーク2022春 概要

3年ぶり幕張メッセ開催「ニコニコ超会議2022」ネット開催から幕張メッセに繋ぐ

3年ぶり幕張メッセ開催「ニコニコ超会議2022」ネット開催から幕張メッセに繋ぐ »

27 2月, 2022

3年ぶり幕張メッセ開催「ニコニコ超会議2022」

「ニコニコ超会議2022」が4月23日から28日オンライン、4月29日・30日は幕張メッセで開催される。リアル開催は3年ぶりとなる。

収容人数の制限など感染対策を徹底しリアル開催へ

多様なエンターテインメントを集合させた日本最大級のインターネットの祭典「ニコニコ超会議」は、2012年に初開催し、今年で11年目となる。新型コロナウイルスの影響で2020年・2021年とオンライン開催だったが、今回は収容人数の制限やネット限定企画を織り交ぜリアル開催する。イベント開催におけるガイドライン(https://chokaigi.jp/2022/etc/guidelines.html)を定め感染対策を徹底し、安心安全のイベントとして、ユーザー、関係者の皆様と共に実施する。

超歌舞伎 は永遠花誉功

「超歌舞伎 Supported by NTT」は「伝統芸能」×「ニコニコ」×「最新技術」が融合したニコニコ超会議の目玉コンテンツのひとつ。今回は新たな演目『永遠花誉功(とわのはなほまれのいさおし)』を上演する。主演は中村獅童と初音ミク。劇中曲は、人気ボカロP・cosMo@暴走Pの代表曲『初音ミクの消失』。

【日時】4月29日(金)・30日(土) 【出演】中村獅童、初音ミク、中村蝶紫、澤村國矢 ほか 【劇中曲】『初音ミクの消失』 作詞・作曲 cosMo@暴走P 【超歌舞伎・特設サイト】 https://chokabuki.jp/

超声優祭2022

声優のトーク、朗読劇、歌、アニメなどの日本最大級の“声優”特化型イベント。昨年は延べ260万人以上が視聴した。協賛のディズニーの特番2番組も放送予定。ほかにも、人気声優の多数出演やここでした見られない企画を用意。 【超声優祭・特設サイト】 https://site.nicovideo.jp/choseiyusai/

The VOCALOID Collection~2022 Spring

”ボカロ文化”のさらなる発展を目指す記念日として立ち上げたイベント。期間中は有名ボカロPや歌い手・踊り手・演奏者・絵師など、ボカロにゆかりのあるアーティストがジャンルの垣根を越えて大集結し、様々な企画を通してボカロの魅力を発信する。2021年10月に開催した「2021 Autumn」では、4日間でネット総来場者67.7万人・ボカロ作品投稿数約4,000件を記録した。 今回は、4月22日(金)~25日(月)の4日間開催し、新作オリジナル楽曲やRemix楽曲など、クリエイターによる多種多様な新作ボカロコンテンツが集まるランキング企画や協賛企業がランキング上位のクリエイターに支援金を援助して活動を応援する「クリエイター応援大作戦」に加え、多彩なコラボ企画も実施する。前年に続き、今回も東武トップツアーズ株式会社が協賛する。 【日時】2022年4月22日(金)~25日(月) ※22日は前夜祭 【The VOCALOID Collection・特設サイト】https://vocaloid-collection.jp/

 

VTuber Fes Japan

 

2019年より毎年開催している日本最大級のバーチャルアーティストたちの音楽&トークライブフェス「VTuber Fes Japan」。今回は3年ぶりに超会議と同時開催となる。人気VTuber達による音楽ライブパートでは、2日間にわたり、前回規模の総勢約60名の出演者とバンド演奏も予定している。このほか、VTuberと1対1で対話ができる「VTuberおしゃべりフェス in 超会議」やイベントを盛り上げるためのアンバサダーを決める「VTuber Fes Japan 2022アンバサダーオーディション」など、推しのVTuberを観る・会える・体験できる企画を多数展開する。

【日時】2022年4月29日(金)・30日(土) 【会場】幕張メッセ特別ステージ 【VTuber Fes Japan・特設サイト】https://vtuberfesjapan.jp/

 

歌ってみた Collection

「The VOCALOID Collection」で実施した動画投稿祭ランキングの1部門「歌ってみた」ランキングが独立した、“歌い手”と”歌ってみたファン”のための新企画。4月26日から28日の3日間にわたり、「歌ってみた動画」の投稿祭として様々な企画を実施する。上位100名を掲載する「TOP100」や、初投稿から2年以内の歌い手から選出する「ルーキー」、2名以上で歌ってみたを行う「グループ」、ボカロPにより選考され、優勝者にはボカロPの新曲を歌う権利が与えられる「○○P枠」などが設けらる。

超演奏してみた

ユーザーが思い思いの楽器を持ち込んで演奏するオーケストラ「ニコニコ大合奏」を4月29日・30日の2日間にわたり開催。演奏曲は、『エル・クンバンチェロ』『「ドラゴンクエスト Ⅰ」より 序曲』『宝島』『マツケンサンバⅡ』を予定。 ■参加応募 https://secure.nicovideo.jp/form/entry/daigassou_2022 (締切:3月27日23時59分まで)

また、「超ストリートピアノ」として、幕張メッセにヤマハオリジナルペイントピアノ「LovePiano®」が設置され、誰でも自由に演奏が可能。そのほか、特別な演奏者も参加予定です。フォトジェニックなピアノで記念撮影もできる。

超踊ってみた

 

4月23日から28日(木)の期間、毎日「超踊ってみたバーチャルライブ」をネット開催する。同企画は、踊り手から選ばれた複数のプロデューサーが、ニコニコ動画に投稿されている18万超の踊ってみた動画から厳選してセットリストを制作し、ニコニコ生放送で配信する“妄想ライブ”。 また、4月29日・30日は幕張メッセの超踊ってみたブースで「超踊ってみたオフ」「超踊ってみたDJ祭り」「超連続踊ってみた」「超踊ってみたランキング」など恒例の人気企画を行うほか、約200名の応募者から最終合格者28名が憧れのクリエイターと「ダンマスワールド3」のステージで共演したオーディション企画「LOVE GENERATION 21」のラストステージを同ブースで開催する。

 超ニコ四駆

2021年に初開催し、改造に縛りを設けたビギナーにも参加しやすいレギュレーションで全国のミニ四駆レーサーが熱狂した「B-MAX GP 全日本選手権」をニコニコ超会議で行う。予選は事前に全国の模型店で行われるほか、予選最終レースは幕張メッセでも開催し、勝ち抜いたマシンが超会議会場で行われる決勝トーナメントで激突します。 また、同ブースではミニ四駆の「ドレスアップコンテスト」や、他のレースとは一線を画す奇抜な要素をふんだんに盛り込んだ「ニコニコっぽさ満載のリモートレース」のほか、マシンをもっていない人でも楽しめる「超ニコ四駆体験会」なども実施する。

ニコニコサイエンス

Read more

DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT サステナビリティをテーマに3月17日開催

DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT サステナビリティをテーマに3月17日開催 »

17 2月, 2022

DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT サステナビリティをテーマに3月17日開催

インフォバーングループの(株)メディアジーンは2022年3月17日、ザ・リッツカールトン・東京で、「DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT」を開催。「Sustainable」をテーマに議論を深めていく。タイムテーブルなど詳細は順次公開される。

DIGIDAY[日本版]副編集長 分島 翔平は「パブリッシャーは常に変化の波に曝されてきた。ここ数年は絶え間ない「ルール変更」に直面してきたが、今起きているのはそのレベルにとどまらない、市場やビジネスそのものの抜本的な変化だ。小手先の対応で乗り切れる状況ではないことは、グローバルで進むメディアの再編が示している。今求められているのはメディアビジネスの持続可能性を見据えた、財務の健全性、コンテンツのあり方、組織体制、あらゆる面での変化、まったく新しい事業のあり方ではないだろうか。」という。

公式サイト:https://event.digiday.jp/event/digiday-publishing-summit-2022/

 

DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT 2022-03 開催概要

日時:3月17日(木)9:00〜20:30(8:30受付開始) 会場:ザ・リッツカールトン東京(〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン) 参加対象:マーケティング・コミュニケーション領域および関連業務に従事している企業・個人

ご参加・ご協賛に関する問合せ

https://www.jotform.com/ibgprteam/digiday_events_ask

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

開催にあたっては、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を十分に講じて運営。また、感染状況などに応じて、運営方法や実施の可否を都度検討していく。

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーンが運営する「DIGIDAY[日本版]」は、メディアとマーケティングという不可分の両業界をグローバルな視点で捉え、報道および考察するだけでなく、イベントおよびコミュニティ運営などを通して、その発展に寄与することを目指すバーティカルメディア。 https://digiday.jp/

NoMaps2022は10月19日から開催

NoMaps2022は10月19日から開催 »

17 2月, 2022

6回目の開催となる「NoMaps2022」が、2022年10月19日(水)〜23日(日)までの5日間、札幌各地で開催。イベントの詳細は、随時発表される。

開催発表とともに、新しい挑戦をしたい学生、学生向けプロジェクトを検討している企業・団体、先端技術の実証実験・社会実装に取り組みたいパートナーなどの募集を開始した。

今回もメインビジュアル用のアートワークはコンペティションで決められる。最優秀賞の受賞者は賞金10万円と、受賞作品がイベント会場など札幌市内の各所で掲出される。応募締切は4月10日。開催説明会のようすはhttps://youtu.be/p9Rjk27IwZM