meta-birth-osaka-min 道頓堀

都市連動型メタバース 「バーチャル大阪」本格稼働

2021年12月にプレオープンした都市連動型メタバース「バーチャル大阪」に、新たに道頓堀 など、大阪市内をモチーフにした「新市街」エリアが登場し、本格稼働を開始。大阪の都市の魅力を国内外に発信する。メタバースプラットフォームにはclusterが採用されている。

2025 年開催の大阪・関西万博に先がけ、大阪の都市の魅力を国内外に発信するとともに、“City of Emergence”(創発する都市)をテーマに、さまざまな人が集まり、一人ひとりの新たな体験や表現を通じ、 大阪の新たな文化の創出・コミュニティの形成にも寄与することを目的としている。

「新市街」エリア

道頓堀をモチーフに大阪の街の雰囲気を再現したエリアと、大阪城やスカイビルといった代 表的なランドマークが配置されたフォトスポットの広場がある。広場ではビルを上ることができるアスレチックな ど、バーチャルならではの新しいアトラクションも登場する。 エリアや体験の拡張は今後も予定しており、2022年2月28日からは「バーチャル渋谷」とワープゾーンで接続 され、ふたつの空間の往来が可能になる。​

見どころ

バーチャル大阪アスレチック

大阪のランドマーク(大阪城、海遊館、梅田スカイビル)ではアスレチックを楽しめる。 ジャンプして頂上まで登れる、頂上にはジャンプ力が強化されたジャンプ台を設置しており、そこで高く飛ぶと バーチャル大阪を眺望できる。現実世界ではできない、メタバース空間だからこその楽しみ方だ。 ギミックもあり、ゲーム感覚で楽しめる。

ライブイベント開催

バーチャル大阪内の特設会場にて、複数のVTuberによる音楽・トークライブイベントや、au CM楽曲アーティ ストのHalf time Oldさん、もーりーしゅーとなどが登場するライブイベントを開催します。

「auじぶん銀行 Presents VIRTUAL MUSIC LIVE」

日時: 3月12日午後7時開始予定/開催場所:「バーチャル大阪」特設会場

「旅立つ君との超応援祭」

日時: 2022年3月下旬予定/開催場所:「バーチャル大阪」特設会場
参加方法: バーチャル大阪は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加可能。 clusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。 clusterアカウント作成:https://cluster.mu/ clusterアプリダウンロード:https://cluster.mu/downloads
参加料:無料

関連記事

PR

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2023年イベント一覧

2023年の展示会一覧・イベントスケジュール

次号空間デザイン 特集

97号特集: -空間デザイン
BtoBの集客に効く戦略設計・ツール選択 (2023年7月31日発行)

--マーケターに聞く集客の目標設定と戦略
-空間デザインでの集客 <トータルプロデュースできる空間デザイン会社>
-集客ツール紹介

イベントマーケティング バックナンバー

103号
2024年1月31日発行

2024年動向を聴く 月刊イベントマーケティング103号表紙・2024年動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出とビジネスイベントの映像活用

97号|2023年7月  
空間デザイン戦略

-- プロに聞く集客できるメソッド -
96号|2023年6月  
イベントテクノロジー

-AI・XR・プラットフォーム活用で どう変わる!?
95号|2023年5月  
LIVeNT2023の歩き方

ライブ・エンターテイメントEXPO、イベント総合EXPO、eスポーツビジネスEXPO
94号|2023年4月
映像 / 照明で体感する新たな世界観

プロに聞く、イベント演出の裏側と未来
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
92号|2023年2月
空間デザイン・ディスプレイ 2023

今年はこうなる!?
91号|2023年1月
BACKSTAGE2022

90号|2022年12月
イベントの集客

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2023年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2023年 編集計画(特集)

5月31日95号 LIVeNT(イベント総合展)
6月30日96号 イベントテクノロジー
7月31日97号 集客・ブランディングの
    戦略・ツール・空間デザイン
8月24日98号 BACKSTAGE
    イベント企業合同説明会

カテゴリー

ページ上部へ戻る