Home » News » Topics

Topics

展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金 第2次公募開始 ~経産省

展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金 第2次公募開始 ~経産省 »

9 9月, 2021

展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金 第2次公募開始

経済産業省が、中小企業等が主催する新しい生活様式に対応した展示会等のイベントについて、展示会等のイベントの高度化に繋がる取組を行う事業の開催に要する費用の一部を補助する「展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金」の第2次公募の受付を9月8日に開始した。受付は10月1日17時まで。

これにより、地域の中小企業等による商談、マーケティングの場を確保するとともに、地域経済の活性化と展示会等のイベント産業全体の高度化に繋げるのが目的。

9月16日にオンラインで説明会

展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金 2次公募説明会を下記の内容で実施する。

日時:2021年9月16日(木)17:00~17:45 *受付開始は16:30から 開催形態:オンライン(ZOOM) 申込締切:2021年9月15日(水)12:00まで ※参加希望者は公式Webサイトを確認すること。

■概要 名  称 :展示会等のイベント産業高度化推進事業費補助金 公募時期:2021年9月8日(水)~10月1日(金)17:00まで U R L: https://hojyo-exhibition.jp/ お問合せ先:展示会等のイベント産業高度化推進事業 事務局 受付時間:10時00分~12時00分/13時00分~17時00分 月曜日~金曜日(祝日を除く) E‐mail: info@hojyo-exhibition.jp

同事業は経済産業省から補助金の交付を受けた株式会社コングレが、事務局となり事業を推進している。

バーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast(タッチキャスト)」8月26日リリース

バーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast(タッチキャスト)」8月26日リリース »

28 8月, 2021

バーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast(タッチキャスト)」8月26日リリース

オンライン会議システムを提供する株式会社ブイキューブが、リアルイベントのような没入感や臨場感のある参加体験を実現するバーチャル空間型イベントプラットフォーム「Touchcast(タッチキャスト)」を、2021年8月26日より提供開始する。

Touchcastは、米国のTouchcast, Inc.が開発・提供するサービスで、参加者を自然に引き込めるイベントを配信可能な点が高い評価を受け、多くの企業での導入実績、4日間開催で同時10トラック最大300以上セッションのグローバルでの大規模イベントの開催実績がある。

Mixed Reality(MR)技術によるバーチャル空間セットを作り込み、登壇者のプレゼンテーションをより魅力的にするための演出をリアルタイムに加えながら、ライブ配信が可能。登壇者と参加者、参加者同士の双方向コミュニケーションができる。

ブイキューブはこれまで培ってきたオンラインイベントの配信サポート、運用ノウハウ、スタジオを活用し、利用者のオンラインイベントの成功に貢献するべく、国内独占販売契約を締結した。

Touchcast開発の経緯

コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査

ブイキューブが実施した「コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査」(2021年5月実施)によると、コロナ収束後も「オンラインによるイベント」を希望する人が8割以上となる中で、イベントの主催者側・参加者側の双方において、飽きない仕掛けづくり、イベントへの没入感、参加者間の交流など、双方向性の高いコミュニケーションの実現が課題となってる。

主催者となる企業からは、オンラインでもブランディングの向上、参加者からの共感を得て一体感を醸成するなどのエンゲージメント向上に取り組み、イベントの成果創出につなげたいという動きが活発になっています。また、参加者は、既存サービスによるオンラインイベントは、平面的で飽きやすい、リアルのような一体感を体験したいという要望がある。

「Touchcast」は、参加体験を高めると共に、企業は独自性の高いオンラインイベントに取り組みやすく、リアルとオンラインのハイブリッド開催も実現できることから、コロナ禍において、米国で大きく成長した。

Touchcastの特長

(1)リアルイベントのような参加体験を実現するUI、UX 複合現実(Mixed Reality)技術の活用により、リアルイベント会場自体をオンラインに再現したようなオンラインイベントが可能になる。ライティングや花火といった演出など、イベントの目的やブランディングに合わせて顧客に得て欲しい参加体験を作り込める。

(2)様々な形での双方向コミュニケーション実現 テキストや投票機能によるコミュニケーションが取れるだけでなく、参加者が簡単に想いを伝えられるよう絵文字によるリアクションもできる。また、参加者側はアプリインストール不要で視聴が可能で、主催側や他の参加者との双方向コミュニケーションも取るなど能動的にイベントに参加できる。

(3)イベント開催のROIを向上させるデータ取得・分析 参加者の行動ログの取得に加えて、エンゲージメントスコアを可視化。これにより、継続的に実施されるイベント開催のROI向上に向けて、多面的な分析が可能となる。

(4)リアルタイム自動翻訳により、グローバル規模のイベント開催も可能 AIによるプレゼンテーションのリアルタイム翻訳(字幕&吹替)により、グローバルでの参加に対応する。

「Touchcast」の詳細はこちら

ゲームイベントBitSummitがJubliaのマッチングシステムを採用

ゲームイベントBitSummitがJubliaのマッチングシステムを採用 »

14 8月, 2021

ゲームイベントBitSummitがJubliaのマッチングシステムを採用

9月2日と3日の2日間、京都市勧業館みやこめっせで、インディーゲームの祭典「BitSummit THE 8th BIT」が開催される。 出展する98タイトル、協賛企業などが発表された。

今回は世界中のゲームクリエイターとパブリッシャーの出会い創出を目指し、Jublia社と提携。ビジネスマッチングシステム導入する。Jubliaを活用することにより、イベント中のコンテンツの発見、参加者とのコンタクトなど効率的なビジネスサポートを提供。オンライン・オフラインを問わず世界中のゲームクリエイターがBtoBの機会を得る。システムの利用には、ビジネスチケットの購入が必要となる。

BitSummitは、毎年京都で開催している日本最大級のインディーゲームの祭典。「国内のおもしろいインディーゲームを海外に向けて発信していく」と いう趣旨のもと、2012年後半に発足された。2013年、同業者向けの小規模イベントとして開催した初回の来場者はおよそ200人だったが、2018年には 来場者数1万1千人を超える規模に発展している。

開催概要

BitSummit THE 8th BIT(ビットサミット ザ エイト ビット) 日程:2021年9月2日(木)~3日(金) 時間:10:00~17:00(2・3日) 会場:京都市勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場 主催:BitSummit 実行委員会 ●一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA) (キュー・ゲームス/ピグミースタジオ/Skeleton Crew Studio/BlackSheep Consulting) ●京都府 共催:KYOTO CMEX 制作:株式会社802メディアワークス

【プラチナスポンサー】 任天堂株式会社 Tencent Games 株式会社Cygames

【ゴールドスポンサー】 Devolver Digital 株式会社インティ・クリエイツ × ジェムドロップ株式会社 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 株式会社集英社

【シルバースポンサー】 日本マイクロソフト株式会社 Limited Run games リミテッドランゲームズ Kakehashi Games合同会社

【ブロンズスポンサー】 大阪電気通信大学 Phoenixx 株式会社講談社 コーラス・ワールドワイド合同会社 株式会社CREST PlayEveryWare Japan G.K. 株式会社小学館

【パブリッシャー】 京都コンピュータ学院 有限会社ウルクスヘブン プラチナゲームズ株式会社 Beep Japan Inc ロコビット 株式会社モリサワ 株式会社ゲームスタジオ ハイブリッド・スクアード(株) 京都デザイン&テクノロジー専門学校 設立準備室 DANGEN ENTERTAINMENT 株式会社 Goblinz Studio SUPER DOT COM LTD Pangle(ByteDance PTE. LTD.)

【サポーター】 EDITMODE 株式会社KINSHA 株式会社KINSHAクリエイションズ 802メディアワークス Twitch Asobu VR法人 HIKKY TikTok BiliBili Discord STEAM 株式会社 エルザ ジャパン ViewSonic 株式会社アウリン ホテル アンテルーム京都

【パートナー】

JAPAN PACK ハイブリッド開催の詳細を発表

JAPAN PACK ハイブリッド開催の詳細を発表 »

31 7月, 2021

ハイブリッド展示会へと進化

包装と関連産業の最新機器・技術の展示会「 Japan Pack 2022 (日本包装産業展) 」が来年2月15日(火)から2月18日(金)までの4日間、東京ビッグサイト西・南ホールで開催される(前回は東京2020大会の影響で幕張メッセで開催)。1月17日から25日の期間、公式ウェブサイト(https://www japanpack jp/)内でオンライン展示会も実施し、ハイブリッド展示会として、さらなる進化を目指す。

東京ビッグサイトのリアル空間では、 五感を刺激する実物機械 ・ 製品を通した対面コミュニケーションの場を提供。オンライン空間では、これまで偶然 だった”出会い” を”必然” に導く事前交流 ・ ニーズ調査 、 アフターフォローを行う。これにより、来場者、出展者にとっても展示会をより効果的なマーケティングの場を提供していく。

展示会場とオンライン双方に出展する「ハイブリッド出展」はリアル会場の出展料に加えて30万円(税別)、オンラインのみの出展は50万円(税別)となっている。また、リアル出展社は、オンラインの個別ページ、会社情報、出展製品情報を制限つきながら無料で利用も可能。

7月28日から第一期出展申込、10月1日から、第二期出展申し込みが開始となる。

オンライン 出展は15社・団体を最少催行出展者数としている。

オンライン展示会は、会社・製品情報のほか、映像やチャットも、ログ取得も

ハイブリッド出展は、個別ページ・ HTML+CSS 装飾 ・ 検索システム対応 ・ 会社情報 動画/画像/テキスト ・ 出展製品情報 動画/画像/テキスト ・PDF 資料ダウンロード ・ 来場者ログ取得 ・ 双方向 コミュニケーション チャット ・ オンライン 商談: 1 対 1 形式が可能。オンライン出展も同様な機能をもつ。

リアル出展者は、個別ページ・ 検索システム対応 ・ 会社情報 画像/テキスト ・ 出展製品情報 画像/テキスト × 3製品まで、となっている。

出展者一覧/検索は、フリーワード検索とカテゴリー検索が可能で、ピンポイントか幅広い選択かニーズに応じて使い分けられる。また、ハイブリッド出展、オンライン出展、リアル出展と、カテゴライズされており、出展者の情報量の順に種別され、来場者の期待値と合わせる構成となっている。

オンライン展示会のウェブ機能はbravesoft社が提供、オプションサービスの映像制作・オンライン中継はホットスケープ社が手がける。

 

今度のポケモンはARなし、よみうりランドで”自然に触れる”「Pokémon WONDER」

今度のポケモンはARなし、よみうりランドで”自然に触れる”「Pokémon WONDER」 »

3 7月, 2021

 

昆虫採集がポケモンのルーツ

7月17日(土)よみうりランドに新エリア「Pokémon WONDER(ポケモンワンダー)」がオープンする。来年4月3日までの期間で不定期に開催される予定だ。



およそ20年のあいだ手つかずだった4500㎡の森に隠れた、50種を超えるポケモンを探すネイチャーアドベンチャー。「古代の石垣」、「ささやきの竹林」という2つのコースを参加者は最大6人までのグループになって、90分の間に3つのエリアでポケモンを探索する。

参加者は、アトラクションの入口である「リサーチャーロビー」で、クレソ博士からのオリエンテーションとマップを受け取り、リサーチャーとして調査に参加する。 渡されるマップには、ポケモン探しのヒントとなるポケモンの痕跡が記されている。

ポケモンは人の気配を察して逃げてしまうこともあるため、それぞれのエリアには制限時間があり次のエリアに移動するが、何種類見つけたらといったような条件はなく、自分のペースで探索できる。

ポケットモンスターの世界観は原作者の少年時代の昆虫採集。今回のアドベンチャーもスマホでAR体験といったものではなく、草をかき分け木を見上げるなど自然と触れ合う体験をするもの。ポケモンや周りの環境も自然のものからクリエイターが作り出したものを、自然となじむようになっている。



 

自然体験をつくるためクリエイターが集結

エリア公開に先立ち7月1日には記者会見が行われた。

イベント情報を閲覧し、名刺情報で参加申込みできるEight ONAIR

イベント情報を閲覧し、名刺情報で参加申込みできるEight ONAIR »

16 5月, 2021

イベント情報を閲覧し、名刺情報で参加申込みできるEight ONAIR

名刺アプリを提供Sansan株式会社が5月17日から、名刺でつながるビジネスイベントメディア「Eight ONAIR」の提供を開始する。

「Eight ONAIR」は、イベント情報の閲覧のほか、Eightでつながっている他ユーザーの参加予定状況を可視化。イベント主催者から提供される情報と組み合わせ、自身の関心に沿った内容のイベントを見つけやすくなる。Eightのオンライン名刺を用いて、主催者とオンライン名刺交換。参加申し込みも、フォームに入力することなくできるようになる。また、開催前に通知をうけて見逃しを防ぐことができる。すでに先行して400件以上のイベント掲載の申し込みがあるという。

Eight ONAIRについて

名称:Eight ONAIR 提供開始日:2021年5月17日(月) 料金:無料 特設サイト:https://materials.8card.net/product/onair/

感染症対策施し内覧会 ステーションコンファレンス川崎

感染症対策施し内覧会 ステーションコンファレンス川崎 »

11 5月, 2021

5月13日と14日に内覧会開催

川崎駅西口に新たなランドマークとして、6月から開業するKAWASAKI DELTA。

施設内のイベント施設「ステーションコンファレンス川崎」は、最小15㎡~最大334㎡とサイズが異なる8室の会議室を備え、さまざまな催事に利用できる。デザイン性の高い上質な空間はフォーマルにもカジュアルにも対応可能だ。川崎駅直結の屋根付き歩行者デッキで雨の日も濡れずに到着でき、ホテルと併設しており宿泊研修にも適した施設になっている。

同施設の内覧会が、5月13日(木)と14日(金)の2日間開催される。新型コロナウィルス感染症対策を徹底し、少人数完全予約制での実施となる。

内覧会のポイントは下記の3点。

01:オンライン配信 タッチ&トライ

基本的なオンライン配信の機材一式を実際に見て触って試せる。 専門チームによる説明がある。

02:各会議室の設備・備品、ラウンジ内装

大小8つの会議室やラウンジの上品な内装デザイン、 使い勝手の良い機材設備を直接確かめられる。

03:ケータリングディスプレイ

お料理を1名様ずつ小分けしたポーションブッフェなど 安心してご利用頂ける感染予防対策プランを紹介 ※ディスプレイのみ。試食はなし。

 

【内覧会】参加無料/事前登録

https://eventregist.com/e/stck

アクセス

■東海道線・南武線・京浜東北線 「JR川崎駅(西口)」徒歩3分 ■京急線「京急川崎駅」徒歩10分 品川駅と横浜駅からは直通10分以内、羽田空港からは約30分

ステーションコンファレンス川崎_公式サイト

https://kawasaki.tstc.jp/

予定通り開催「第12回教育総合展(EDIX)東京」リード社が開催宣言

予定通り開催「第12回教育総合展(EDIX)東京」リード社が開催宣言 »

8 5月, 2021

リード社が開催宣言

リード エグジビション ジャパン株式会社は5月8日、緊急事態宣言延長ともに、イベント(展示会)が無観客要請から「収容率50%以下かつ人数上限5000人」に緩和されたことをうけ、「第12回 教育総合展(EDIX)東京」をガイドラインを遵守し、徹底した感染症対策を講じた上で、予定通り5月12日(水)~ 14日(金)の3日間、東京ビッグサイト 青海展示棟で開催することを発表した。

同展は大学、小・中・高校、教育委員会、塾・予備校、専門学校などの職員・教員、企業の人事研修部門などの方が来場する教育分野 日本最大級の展示会。教育ITソリューションEXPO、学校施設・サービスEXPO、STEAM教育EXPO、保育・幼稚園ICT化EXPO、人材育成・研修EXPOの5展で構成され、 学校・教育現場のあらゆる課題解決に役立つ製品・サービスが一堂に出展するほか、文部科学省や大学、学校トップによるセミナーも開催している。

開催概要

第12回 教育総合展(EDIX)東京 概要 会 期:2021年5月12日(水)~14日(金)10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト 青海展示棟 主 催:リード エグジビション ジャパン株式会社 公式サイト: https://www.edix-tokyo.jp/ja-jp.html

▼リードエグジビションジャパンの開催宣言 https://www.edix-tokyo.jp/ja-jp/reference/declaration1.html

※具体的なコロナ対策について https://www.edix-tokyo.jp/doc_statement/

人事関連テック集まる「第3回 HR オンライン展示会」5月20日から開催

人事関連テック集まる「第3回 HR オンライン展示会」5月20日から開催 »

7 5月, 2021

株式会社ネオキャリアは、経営者・人事担当者向けにHR関連テックのイベント「第3回 HR オンライン展示会」を、2021年5月20日(木)、21日(金)に開催する。

今回は、「勤怠管理」「給与計算」「労務管理」「タレントマネジメント」「採用管理」「組織サーベイ」の6つのカテゴリーで、HR Tech事業を行うSaaSベンダー15社が出展、サービスを紹介する。 デモ画面を中心に臨場感あるサービスを体験できる貴重な場になりそうだ。

■開催概要 ・日程  :2021年5月20日(木):13時~17時45分 ★勤怠管理、給与計算、労務管理       2021年5月21日(金):13時~18時15分 ★タレントマネジメント、採用管理、組織サーベイ       ※両日ともに12時55分から入室可能 ・会場  :オンライン開催(ZOOMを利用)       ※視聴URLは、後日御申込頂いたメールアドレス宛にお送りいたします       ※御申込が多い場合、YouTube Live配信に切り替えさせていただく場合がございます ・定員  :500名 ・参加費 :無料 ・出展企業(50音順) 株式会社あしたのチーム、株式会社アスマーク、株式会社OKAN、 株式会社HRBrain、株式会社エフアンドエム、株式会社カオナビ、株式会社SmartHR、 株式会社Donuts、株式会社ネオキャリア、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社、 株式会社ビズリーチ、株式会社ヒューマンテクノロジーズ、株式会社マネーフォワード、 株式会社ラフール、freee株式会社

■問合せ先 株式会社ネオキャリア inbound_jinjer@neo-career.co.jp

Japan マーケティング Week【夏】展示会レポ―ト 東京ビッグサイト会場から -reported by 清永健一

Japan マーケティング Week【夏】展示会レポ―ト 東京ビッグサイト会場から -reported by 清永健一 »

17 4月, 2021



4月21日から東京ビッグサイトで開幕。企業の売上拡大につながる あらゆる製品・サービスが一堂に!“マーケティングの総合展”「Japan マーケティング Week【夏】」のようすを展示会営業Ⓡコンサルタントの清永(きよなが)健一さんがレポートします。

Japan マーケティング Week【夏】は7つの専門展で構成された“マーケティングの総合展”。販促・マーケティング・宣伝・営業推進部などの方にとって、売上アップ・ブランディング・集客力アップなど、課題解決の場となっています。

▼Youtube https://youtu.be/7rnBU4hDrro