Home » News » 空中に吊り、3Dの動きを象徴的に コクヨ株式会社 x ピコ・インターナショナル株式会社

空中に吊り、3Dの動きを象徴的に コクヨ株式会社 x ピコ・インターナショナル株式会社

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは…. コクヨ株式会社
プロジェクト名:Orgatec 2018

1)クライアントのニーズ
オフィスチェア「Ing」(イング)のローンチとして単品で出展。最大の特徴である「グライディング・メカ」を象徴的に見せることが課題でした。

2)ニーズ具現化のポイント
金 東佑さん ピコ・インターナショナル株式会社6ⅿの高さから130 個を超えるすべての部品を吊ることにしました。そのために国内で倉庫を2か月間借り、本番でスムーズに設置できるよう仮組みを繰り返しました。

また、高さ5m、長さ20 mのエア・カーテンで透明の壁をつくりました。ヨーロッパの多数の業者からサンプルを取り寄せました。最終的には5mの高さのアクリルチューブ430 本を一つ一つ丁寧に立たせて設置することになりました。

2つのしかけによって、クライアントのニーズを達成できただけでなく、ベストデザイン賞も獲得し、クライアントと喜びを共有できました。

金 東佑さん
ピコ・インターナショナル株式会社
Account Manager (プロジェクト・マネージメント)

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts