展示会レポート -ジャパンインターナショナルボートショー2023 ボートとマリンライフをより豊かに彩る

ジャパンインターナショナルボートショー2023
展示会レポート

【ライブ配信番組 2023年3月24日 】

一般社団法人 日本マリン事業協会では、2023 年 3 月 23 日(木)から 26 日(日)までの 4 日間にわたって「ジャパンインターナショナルボートショー2023」を開催。ボートとマリンライフをより一層豊かに彩る商品の展示を軸とした「パシフィコ横浜」、大型艇の海上展示を軸とした「横浜ベイサイドマリーナ」に、「ぷかりさん橋」と「八景島マリーナ」を加えた 4 会場での開催です。家族で楽しめるマリンレジャーの体験・学習プログラムを「ファミリーマリンパーク」と題して実施、この海の素晴らしさ、楽しさを次世代につなぐメッセージを発信します。
会場から展示会営業コンサルティングの清永健一さんにレポートしてもらいます。(聞き手:月刊イベントマーケティング田中力)

2022 年は新型コロナ禍においてアウトドアレジャー、スポーツへの関心の高まりが継続し、マリンレジャーにおいても新規参入者数が伸長しています(ボート免許取得者;コロナ禍前 2019 年 57,809 人、2022 年 61,729 人となり、2019 年比107%)。このような環境のもと、来場者は 50,000 人を見込んでいます(2022 年実績;31,352 人)

  • パシフィコ横浜会場

屋内展示では、ボート、ヨット、水上オートバイの最新モデルの他、マリン用品やマリーナ、ボート免許など、最新のマリン情報やマリンの楽しみ方をお伝えします。またステージでの講演や好評のマリンゼミナール「海ゼミ」等、日替わりのプログラムをご用意しています。

  • 横浜ベイサイドマリーナ会場

屋外展示では、大型ボートやセーリングクルーザー(ヨット)を中心に約60隻を係留展示。海上に係留された展示艇に実際に乗り込むことができる*他、陸上テントでのマリン用品の販売や体験乗船会(要事前予約)等が行われる予定です。

  • オンライン会場

登録不要で、スマホからでも“いつでもどこでもボートショーを楽しもう”をコンセプトに、様々なコンテンツを無料でご覧いただけます。会場の熱気を後日YouTubeチャンネル(外部リンク)で御覧いただけます

  • 八景島マリーナ会場(体験のみ)

八景島マリーナでは親子で楽しめる海に関する体験プログラムを用意して皆さまのご参加をお待ちしております。乗船体験やワークショップは予約が必要な物がございます。 詳しくはこちらをご確認下さい(外部リンク)

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る