Home » インターネット展示会.tv » [FOOMA JAPAN 2017] 1台のロボットでも毎分500個の高速処理が可能「超高速集積装置 ロータリーフィーダー」 – 株式会社ニッコー

[FOOMA JAPAN 2017] 1台のロボットでも毎分500個の高速処理が可能「超高速集積装置 ロータリーフィーダー」 – 株式会社ニッコー

https://youtu.be/wTCHFYnXUE8
株式会社ニッコーはFOOMA JAPAN 2017にて、1台のロボットでも毎分500個の高速処理が可能「超高速集積装置 ロータリーフィーダー」を出展。
「超高速集積装置 ロータリーフィーダー」はピッキングロボットシステムの前段に設ける集積装置で、搬送物を高速で整列・供給する。従来は500個/分の個包装品を箱詰めするのに5台のロボットを必要としたが、同装置を組み合わせれば、ピッキングロボット1台でこのスペックの自動化が可能になる。

日本食糧新聞「毎日が展示会」のFOOMA JAPAN 2017特集に掲載中!
詳細は下記まで:
http://ift.tt/2pQ27s1
via インターネット展示会.tv http://www.tenji.tv/