MICEに最適⁉地元食材を使用したシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル“千葉 スイーツ&ベーカリー”

6月シェラトンスイーツボックス

MICEに最適⁉地元食材を使用したシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル“千葉 スイーツ&ベーカリー”

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(浦安市舞浜)のカフェ「トスティーナ」では、6月15日(木)の「千葉県民の日」に合わせて、生産量日本一を誇るピーナッツや、ブランド品種であるアクアメロンなど、千葉県の名産品や特産品を贅沢に使用したスイーツを楽しめる「千葉 スイーツ&ベーカリー」を6月限定で開催。

また、毎月好評のミニスイーツを宝石箱のように閉じ込めた“#シェラトンスイーツボックス”や、金曜日限定開催の“フライデースイーツブッフェ”でも、シェフこだわりのスイーツを提供する。

◆実施概要

“千葉 スイーツ&ベーカリー”
・期間:2023年6月1日(木)~6月30日(金)
・店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)10:00~23:00
・問合せ:047-355-5555(代)カフェ「トスティーナ」

◆千葉県産ピーナッツケーキ 900円

千葉県を代表する名産品、ピーナッツをふんだんに使用した、食べ応え十分のナッツが香るケーキ。ジョコンドやクランチ、ムースなど、各層の随所にピーナッツを取り入れ、様々な角度からナッツの風味や食感をご堪能いただけます。まさに千葉県産ピーナッツ尽くしの一品に仕上がっている。

千葉県産ピーナッツケーキ

◆千葉県産メロンのヴェリーヌ 900円

メロンに見立てたムースが印象的な、見た目にも爽やかなグラスデザート。メロンゼリーの中から覗く千葉県の特産品であるアクアメロンと、濃厚な甘さが特徴のタカミメロンの大きな果肉が口いっぱいに広がる。透明感溢れる初夏にぴったりのスイーツ。

千葉県産メロンのヴェリーヌ-min

◆千葉県産ブルーベリーとチーズタルト 900円

正方形のフォルムが斬新なチーズタルト。千葉県産のブルーベリーや菜の花はちみつの入ったタルトの上に、真っ白なレアチーズケーキを大胆にのせている。コクのある柔らかな口当たりのレアチーズと、すっきりとした酸味のブルーベリーと抜群な相性。

千葉県産ブルーベリーとチーズタルト

◆千葉県産ベーコンとグリル野菜のデニッシュ(写真左)480円

千葉県産の豚を使ったベーコンをのせて焼き上げたデニッシュに、スモークした玉ねぎ、なす、パプリカなどのグリル野菜を盛りつけ。ベーコンやスモークした野菜が香る、具だくさんの惣菜パン。

◆ピーナッツあんぱん(写真右)400円

千葉県産ピーナッツペーストを練り込んだ生地に、同じく千葉県産ピーナッツあんと、粒あんを包んで焼き上げる。遊び心の詰まったピーナッツ形のフォルムが思わず目に留まる、ユーモアたっぷりのあんぱん。

シェラトンホテル ベーカリー

“#シェラトンスイーツボックス”
毎月好評の8種類のミニスイーツを宝石箱のように閉じ込めた「#シェラトンスイーツボックス」。今回は、千葉県の名産品をふんだんに使用したスイーツを詰め込んだ。シェフ選りすぐりのミニスイーツの数々楽しめる。・料金:3,800円

・店舗:カフェ「トスティーナ」(ホテル2F)
※毎日数量限定販売。3日前までの事前予約制。
※引き取り時間は12:00~22:00。

“フライデースイーツブッフェ”
店内に一歩入れば、思わず写真を撮りたくなるスイーツがたくさん並ぶ、毎週金曜日限定の「フライデースイーツブッフェ」も“千葉”をテーマに、地元食材を思う存分に満喫できるメニューを多数用意。スイーツだけでなく、サンドイッチやパンなどの軽食やドリンクもお楽しめるスイーツブッフェ。

・期間:2023年6月2日(金)~6月30日(金)の毎週金曜日
・時間:1部 13:00~14:40 2部 15:15~16:55 ※入れ替え制
・料金:大人 3,800円 4~12才 1,900円 ※ドリンク付き
・予約:https://toastina.sheratontokyobay.com/ もしくは電話047-355-5555(代)カフェ「トスティーナ」
※オンラインでの事前決済で5%オフ。
※開催日当日は混雑が予想されるため、事前のご予約が推奨される。

◆FIELDSTYLE JAPAN 公式サイト
https://field-style.jp/

関連記事

主催者と会場の持続的可能な関係  Aichi Sky Expoモルガン・ショドゥレールさん FIELD STYLE 小池知宏さん
https://www.event-marketing.co.jp/aichi-sky-expo-field-style

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る