Home » Interview » 主催者と会場の持続的可能な関係  Aichi Sky Expoモルガン・ショドゥレールさん FIELD STYLE 小池知宏さん

主催者と会場の持続的可能な関係  Aichi Sky Expoモルガン・ショドゥレールさん FIELD STYLE 小池知宏さん

主催者と会場の持続可能な関係

【会場】Aichi Sky Expo愛知国際会議展示場 ( 株 )
    代表取締役社長 モルガン・ショドゥレールさん
【主催】FIELD STYLE 主催 ( 株 ) エムズカンパニー 代表取締役社長 小池知宏さん

合計 6 万㎡の展示ホール、3 万㎡超の屋外多目的利用地を備えた Aichi Sky Expo。2019 年 8 月に開業以来、主催者と手を取り合いイベントをつくりあげている。運営する愛知国際会議展示場(株 )のモルガン・ショドゥレールさんと、FIELDSTYLE 主催(株)エムズカンパニー代表取締役社長の小池知宏さんにうかがった。

FIELDSTYLE とは

フィールドスタイル

小池 アウトドアとかキャンプのイベントと思われがちで、確かにその要素も多いのですが、きっかけは東日本大震災、熊本地震の後に、防災のことを僕なりのアプローチでできないかと考えて回数を重ねて色々あって今の形になっています。

モルガン イベントに参加して初めてそれを実感しましたね。

小池 防災システム、備蓄倉庫、防災グッズなど防災に正面から取り組む展示会は多かったのですが、もっと身近でできることがないかと。僕は毎週の様にクルマで移動して車中泊をして働くといったアウトドア生活をしていて、アウトドアギアやポータブル電源を使っています。こういう生活が災害時や避難時に役立つ。公助だけでなく、自助が特に必要で、アウトドアの遊びノウハウは相乗があると考えています。

モルガン 遊びや生活を通じて備えられる素晴らしいアイデアです。

イベント参加のため愛知に来てもらう

モルガンさん小池さん

モルガン FIELDSTYLE では、参加者自身がイベントを作っているという意識が高いですね。

小池 僕は参加無料のイベントで敷居を下げることより、どこよりも楽しいイベント、入場料払ってでも来てくれる人、思い入れがある人がきてくれることをあえて意識しています。東京でなく地元愛知開催なのも「見たかったら愛知に遊びに来てよ」という気持ちで開催をしています。

モルガン 展示会やイベントの最も大切な役割は、“感動や想い出をつくる”こと。それが出資元 GL events※のポリシーです。来てよかった、また来たいと思って欲しいです。

小池 イベントがけん引力になって街に人が集まり、産業振興につながるのが理想です。

モルガン 日本の展示会は東京に集中していますが、その地域に合うかということも大切だと思います。Aichi Sky Expo は周辺が海と自然に囲まれているアウトドアな雰囲気がFIELDSTYLEにマッチしています。屋内の展示ホールと屋外の多目的スペースを両方使えるのも好評いただいています。

小池 出展者の人たちに駐車場や会場で宿泊してもらい、会期中もアウトドアライフを楽しんでもらう企画があります。他の会場では、ルールに抵触し不可能でした。

モルガン 愛知県とのコンセッション契約で会場保全のルールは遵守しています。また、GL events の内部統制もあります。しかしルールをうまく運用して一緒に、楽しい場を用意するのが私たちの仕事です。

小池 ダメを減らすためのルール。

モルガン はい、ただ誰でもOK ではなく信頼関係が必要で、直接の契約者である主催者だけでなく、出展者や来場者と一緒に、みんながハッピーになる方法を考えます。

小池 Aichi Sky Expo の方はみんな前向きに考えてくれます。人材面だけでなく、物理的条件も重要です。駐車場が直結で搬出入も来場もしやすいこと、飛行機や船のアクセスは、楽しみ方を拡げ世界市場ともつながる、といったところもポイントですね。

Aichi Sky Expo がDestination の魅力を向上

小池 展示会が終わるとみんなさっさと帰ってしまうのはちょっと寂しいですね。北米のショウでは出展者が街のお店を借切りパーティをするのが恒例です。地元の常滑にはおいしいお店もいろいろあるのですが…。

モルガン 観光協会や商工会議所と「Aichi Sky Expo 活性化推進機構」という官民連携組織が、Welcomeパッケージを作っています。

小池 出展者の多くは会期中近隣に宿泊しますし、より多くの来場者を展示会後に地元をつなぐような、コラボをしたいですね。

モルガン 現在も主催者向け助成金などのスキームはあるのですが、いろいろ考えましょう。GL eventsのネットワークを活かして海外 MICE やイベント誘致を進めているのですが、そのためにも会場だけでなくディスティネーション全体の魅力を引き上げたいですね。

小池 僕はイベント主催者を育成して欲しいですね。とくに初開催時は、成功するかどうかわからないリスキーなものですが、その不安を解消するしくみも必要だと。

モルガン そうですね、ノウハウの提供だけでなく、資金面を含めたスキームがあるといいですね。また弊社では自主開催イベントの実施を準備しています。直近では5月にパリで開催されている「Global Industrie」の日本版の企画を進めています。その他にも、愛知県が注力している産業クラスターやスタートアップなど MICEによって地域産業振興への連携をしています。そのなかで空港直結、保税国際展示場、海外ネットワークなどの弊社の強みを活用していきます。

小池 モルガンさんのおかげでフランス人のお友達がだいぶ増えました。ありがとうございます。

モルガン Aichi Sky Expoの特性を 活 か し た FIELDSTYLE と はWin-Win の関係ですよ。

 

「フィールドスタイル ジャンボリー 2022」開催概要

会期:2022 年 11月19日(土)・20日(日)
会場:Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場
主催:FIELDSTYLE 実行委員会
運営:会社株式会社エムズカンパニー/レントオール豊田
ホームページhttp://mscompany-ratoyota.com/

 

Aichi-Sky-Expo-広告-min

6万㎡の世界クラスの展示場

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts