Home » News » 「Inter BEE 2021」今年は価値ある対面開催も 入場事前登録を開始

「Inter BEE 2021」今年は価値ある対面開催も 入場事前登録を開始

一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:代表理事/会長 綱川 智 株式会社東芝 取締役会長 代表執行役社長 CEO)は、2021年11月17日(水)~19日(金)に幕張メッセで開催する、メディア総合イベント「Inter BEE 2021(インタービー 2021)」の入場事前登録を、Inter BEE 公式Webサイトで10月5日から開始した。

 

Inter BEEは、日本最大級のメディア総合イベントとして業界関係者に広く認知され、プロオーディオ、映像、放送、通信、プロライティング、配信関連のプロフェッショナルから、映像・メディア業界の技術者・クリエイター・ステークホルダーまでが集まる展示会で今回で57回目の開催となる。オンライン配信も広く活用されているいま、一般企業や地方自治体の広告・マーケティング担当者や、デザイン・Web制作関係者、施設・イベント関連事業者など、幅広い来場を求めている。

昨年は完全オンラインでの開催となり、21,056名が来場。ニューノーマル社会におけるメディアとエンターテインメント関連産業の取り組みや試みを総合的に発信する「オンラインイベント」として活況を呈した一方、対面で機器やサービスを体験し、ユーザーとの対話を望む声が非常に大きかったことから、今年は、オンラインと連動した上でリアルな会場で開催する。

展示は「プロオーディオ部門」「映像制作/放送関連機材部門」「映像表現/プロライティング部門」「ICT/クロスメディア部門」の4部門で構成。多彩な出展企業による新製品やソリューションが紹介される。

「リアル(対面)」で体験できる特別企画も用意されており、「INTER BEE EXPERIENCE」では、音のプロフェッショナルユーザに向けた小型SRスピーカー体験セッション、音響セッション、チュートリアルセミナーを幕張メッセの特設会場にて実施する。「INTER BEE IP PAVILION」では、IPリモート・プロダクション+実体験+5Gをテーマに、ニューノーマル時代の放送技術を紹介。遠隔地からIPネットワーク回線経由で放送機材を操作し、ライブ番組を送出する新しい手法のデモ提示やIP 機材を中心に構成した中継車のデモ展示などが実施される。「INTER BEE CREATIVE」では、世界の映像業界において、次世代の映像制作手法として注目を集めているIn-Camera VFX(実写撮影とリアルタイム3DCG映像をLEDビジョンに描写し撮影する手法)の撮影システムを会場に組み立て、国内の展示会では初めてとなる撮影および体験のデモンストレーションを実施する。

コンファレンスは充実したプログラムを用意。今回の「INTER BEE FORUM」のキーワードは、同時配信、放送とネット連携、スポーツ、IP 化、4K8K、AIなどが挙げられる。その他、最新のソリューションを提案する出展者セミナーや企画別のコンファレンスプログラムも展開される。

【開催概要】
名   称 : Inter BEE 2021(インタービー 2021)
会   期 : <幕張メッセ> 2021年11月17日(水) ~ 11月19日(金)
<オンライン> 2021年11月17日(水) ~ 12月17日(金)
会   場 : 幕張メッセ および オンライン(https://www.inter-bee.com/)
入   場 : 無料(全来場者登録入場制)
主   催 : 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)

公式サイト:https://www.inter-bee.com/ja/

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている