Home » News » 海外イベントの知見活かしたデジタルミーティングパッケージ「MCI CoDo」

News timeline

News
7月 1, 2020

「B2Bイベントの未来ーイベントが、かつての様式に戻ることはない」 Christian Muche⽒

Interview
8月 5, 2020

MICE業界の最長老森本福夫氏が会長職に 〜イベントサービス新社長に立木淳一氏

News
8月 5, 2020

バーチャル展示会のオンラインイベント開催 シンユニティグループ コースケ・よーことのコラボも

Innovatorインタビュー
8月 2, 2020

日本能率協会 理事 小宮太郎さん 「商談機会の創出」関西ホテル・レストラン・ショー開催直前インタビュー

MICE
8月 2, 2020

日本在住外国人の生活を支援する展示会「第1回 EXPAT EXPO TOKYO 2020」11月に初開催

未分類
7月 31, 2020

コロナに負けないイベント業界からのメッセージ

News
7月 30, 2020

[現地レポート#01_感染拡大防止策編]大型BtoB展示会が再開、「関西ホテル・レストランショー」7展にみるリアル開催持続の道のり

EVENT MARKETING 展示会
7月 29, 2020

関西ホテル・レストラン・ショー開幕 商談機会をの声に応えコロナ対策十分に

イベミラReport
7月 29, 2020

【オンライン開催】<シリーズ> コロナがなかったら | #01 SXSW2020 By イベントの未来をつくる105人

イベミラReport
7月 29, 2020

Future Creation#01 いま求めているオンラインイベントツールを考える

News
7月 20, 2020

2021年オリパラでの幕張メッセ使用期間を発表

海外イベントの知見活かしたデジタルミーティングパッケージ「MCI CoDo」

MCI-JCS Japanはこのほど、デジタルミーティングパッケージ「MCI CoDo(エムシーアイ コドー)」を開発、サービス提供を開始した。グローバルなイベント企業MCIのイベントマネジメントの知見と、世界各国で映像・音響サービスを提供するDorier Groupの技術を、日本向けにローカライズしたもの。イベント企画から開催、収集したデータのレポートまでワンストップで提供する。

名称の「CoDo」は、イベントの「鼓動」を参加者へ伝える、オンライン上に人々が集う「講堂」を再現、参加者の「行動データ」をアナリストが分析・考察することで、レガシーに繋がる価値創造を実現する、ことから命名されている。

その特徴は、世界各地で進化をつづけるオンラインイベントの潮流を、迅速に日本向けにローカライズできること、SME(内容領域専門家)による脳科学的アプローチによる”集中力が増し脳に負荷がかからない”視聴環境やコンテンツ、開催目的のヒアリングから開催までワンストップのパッケージ、わかりやすい料金プランなど。

ラインナップはイベントの目的に合わせた3製品。
「CoDoInspire」はPRイベント、プロダクトローンチ、ロードショーなどブランドや製品の認知度を高めるもの。200万円から。
「CoDoConnect」はマッチングイベント、ネットワーキングイベント、展示会、社内向けキックオフイベントといったネットワーキングやインタラクティブなイベント向け。450万円から。
「CoDoEngage」はリードジェネレーション、エグゼクティブ向けイベント、ユーザー会、社外キックオフイベントなど、ブランディングと参加者のエンゲージメントの両方を重視するイベント。750万円から。

MCI-JCS Japanは、世界31か国・61都市に2500名以上のスタッフが在籍、世界中に数多くのクライアントを持つ世界最大級のイベントカンパニーMCI Group(本社スイス・ジュネーブ)と日本コンベンションサービスが設立した合弁会社。MCI Groupは、様々な企業イベントや国際会議など年間7,000件を超えるプロジェクトを運営している。

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。