SXSW2022のPanelPickerと出演アーティスト募集開始

SXSW2022,PanelPicker,出演アーティスト,募集開始

毎年3月に米国テキサス州オースティンにて開催される世界最大級の複合フェスティバルSXSW(サウスバイサウスウエスト)では、2022年のシーズンに向けてPanelPicker®のプログラミング提案と、Music Festivalの出演アーティストの応募受付を開始した。Film Festivalへの出品作品の応募受付は824日にオープン予定となっている。

カンファレンススピーカーのオンライン公募システム「PanelPicker®」

「PanelPicker®」とは、カンファレンスセッションのスピーカーを一般から広く募集するオンライン公募システムで、SXSWコミュニティによるオープンな提案と投票プロセスとしてSXSWの大きな特長の一つとなっているもの。SXSW2022に向けたPanekPickerでは、6月29日~7月22日までプログラミング提案を受け付けており、その後8月10日~26日までのCommunity Voting期間中に投票が行われる。(オースティン現地時間)

https://www.sxsw.com/apply-to-participate/panelpicker/

2022年のSXSWカンファレンスでは15のプログラムトラックが用意されており、各トラックでは大まかなテーマの中から特定の要素に焦点を当てたセッションが行われ、初心者レベルから上級者レベルまで幅広く対象としている。2022年のトラックは以下の通り。

・2050

・Advertising & Brand Experience

・Civic Engagement

・Climate Change

・Culture

・Design

・Film & TV Industry

・Future of Music

・Game Industry

・Health & MedTech

・Making Film & Episodics

・Media Industry

・Startups

・Tech Industry

・Transportation

なお、SXSW online 2021のSXSWカンファレンス部門では、日本からFeatured Speaker として宇宙飛行士の山崎直子氏をはじめ、落合陽一氏や電通の佐々木康晴氏、海外と連携しながらスタートアップ育成を進める愛知県の森氏などが登壇をしている。

The Boardroom to the Moon: Repairing our Planet:山崎直子氏

Online Conviviality via Eastern Festival Culture:落合陽一氏

Code Humanity presented by DENTSU INC:佐々木康晴氏

Regional Startup Ecosystems by Academic Incubators presented by Aichi Prefecture Japan:森昭博氏、矢上清乃氏

 

SXSW Music Festivalへの出演アーティストの募集開始

SXSW Music Festivalでは、2022年の出演アーティストの募集を開始している。SXSW Music Festivalは、SXSW創設の起源ともなっているコンテンツで、世界中のアーティスト、業界関係者、インフルエンサー、音楽愛好家が一堂に会し、伝説的なパフォーマーやエキサイティングな新しい才能のショーケースを見ながら、人脈を広げ、キャリアを高め、ライブミュージックの魅力を讃える場となっている。応募期間は10月7日までとなっており、早期申込で応募料金が割引となる。(オースティン現地時間)

https://www.sxsw.com/festivals/music/

SXSW online 2021のMusic部門には、日本から7組のアーティストが出演した。

Showcasing Artists

Hazy Sour Cherry

おとぼけビ~バ~

Awich

D.A.N.

春ねむり

millennium parade 

Vaundy

 

SXSW Film Festivalへの作品募集は8月24日からオープン予定

SXSW Film Festivalでは、8月24日から10月19日まで、長編映画、短編映画、エピソード、ミュージックビデオ、XRプロジェクト等の作品応募を受け付けている。(オースティン現地時間)

https://www.sxsw.com/festivals/film/

SXSW online 2021のFilm部門では2020年に引き続きアニメーション作家の冠木佐和子氏によるMVがノミネートされている。

 

SXSW Pitchへの応募も受付開始

2007年にTwitterが受賞したInnovation Awardや、スタートアップの登竜門として知られるSXSW Pichへの応募も受付を開始。

SXSWではその他にも、SXSW Innovation Awardsへのデジタルクリエイティブ作品の募集も開始。詳しくは下記のページまで。

<SXSW Interactive Innovation Awards 詳細>

https://www.sxsw.com/apply-to-participate/innovation-awards/

<SXSW Pitch詳細>

https://www.sxsw.com/awards/sxsw-pitch/

SXSWは毎年3月にアメリカテキサス州オースティンで開催される、音楽、映画、インタラクティブをテーマにした巨大ビジネスカンファレンス&フェスティバル。1987年にインディーズの音楽祭としてはじまり、のちに映画とインタラクティブを加えて、現在は10日間で数万人を集める世界最大級のイベントになっている。10日間で開催地オースティンにもたらす経済効果は約380億円。行政・民間・市民ボランティアが連携して行なわれる、30年間続くイベント。

これまでにTwitter、Pinterest、Spotifyなどのネット系サービスや、The White Stripes、Norah Jones、Franz Ferdinandといったアーティストが「SXSW」での受賞や出演を機に世界的なブレイクを果たすなど、スタートアップやカルチャーシーンにおいて、重要な役割を果たしてきた。

2020年はCOVID-19の影響で中止、2021年は初の完全オンライン開催となった。2022年の開催形式についてはまだ発表されていない。

https://www.sxsw.com/

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る