Home » MICE » MICE News » 国際観光コンベンションフォーラム 2016 in 岡山 開催

国際観光コンベンションフォーラム 2016 in 岡山 開催

2014年の訪日外国人数は1341万人を突破、観光庁の目指す2000万人達成も現実的な目標となってきたが、受け入れ態勢の面で、アコモデーションの確保、MICE施設の整備が喫緊の課題となっている中、地域から日本MICEに提言を続けてきた国際観光コンベンションフォーラム(主催:日本コンベンション研究会)を、好アクセスの会議場を有する岡山と白壁の町並み美しい文化のまち倉敷をつないで開催する。

今年のテーマは「スポーツ、インバウンドから考える日本MICEの未来」

会 期 2016年3月17日(木)~18日(金)
会 場 岡山コンベンションセンター「ママカリフォーラム」
岡山県岡山市北区駅元町14番1号
TEL 086-214-1000
定 員 120名(申し込み先着順)
テーマ 「スポーツ、インバウンドから考える日本MICEの未来」
プログラム
(予定)
      第1日(3月17日)
  • 12:30
  • ・日本コンベンション研究会 総会
  • 13:30
  • ・国際観光コンベンションフォーラム 開会
  • ・特別講演
  • 「(仮)スポーツが果たす役割」
  •  仙台光仁(スポーツ庁参事官)
  • ・基調講演
  • 「観光コンベンションがリードする地方創生-スポーツ・コンベンションが生む3つのエネルギー」
  •  高岡敦史(岡山大学教育研究科 講師)
  • 16:00
  • ・分科会―ラウンドテーブルミーティング
    [第1分科会]
    「スポーツ・コンベンションーその効果を高める体制とは」
    コーディネーター 臼井冬彦(臼井事務所 代表)
    スピーカー 高岡敦史(岡山大学教育研究科 講師)
    [第2分科会]
    「インバウンド急増対策-民泊はどう進むのか」
    コーディネーター 玉井和博(立教大学観光学部観光学科 特任教授)
    スピーカー (調整中)
  • 18:00
  • ・意見交換会
      第2日(3月18日)
  • 9:30
  • ・パネルディスカッション
  •  「MICE施設の現状と展望」
    コーディネーター
    太田正隆(JTB総合研究所 MICE戦略室 主席研究員)
    パネリスト
    佐藤利幸(パシフィコ横浜 総務部企画経営担当課長)
    坂本和也(森ビル株式会社 アカデミーヒルズ事業部 業務推進グループ課長)
    牧島昌博(長崎市経済局文化観光部 観光政策課 主幹(MICE担当))
  • ・全体総括
  • 12:00
  • ・エクスカーション&MICEミーティング
    倉敷美観地区散策
    大原美術館見学
    むらすずめ(お菓子)づくり体験
    MICEサロン・ミーティング
    「インバウンドとMICE」
    モデレーター 松野淑恵(NPO法人コンベンション札幌ネットワーク 副理事長)
  • 18:00
  • ・交流会

 

フォーラムチラシ(最新版)(PDFファイル:1.9MB)
参加申込書(Wordファイル:22KB)
日本コンベンション研究会事務局
札幌国際プラザ企画プロジェクト担当課
〒060-0001札幌市中央区北1条西3丁目 札幌MNビル3階
TEL:011-211-3676/FAX:011-232-3833
Email:info@japan-convention.net

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。