Home » MICE » MICE News

MICE News

東京観光財団が刀剣博物館でユニークベニュー体験提供

東京観光財団が刀剣博物館でユニークベニュー体験提供 »

7月8日、東京観光財団は日本美術刀剣保存協会・刀剣博物館と共催で「TOKYO ユニークベニューショーケースイベント〜TOKYO cool traditions〜」を開催した。

 

ユニークベニューとは、歴史と伝統のある建物や芸術文化に触れることのできる施設などで、会議やイベント、レセプション等を特別感を演出しながら開催できる会場のこと。東京には、東京都がもつ11の施設に加え、美術館や庭園、神社仏閣、テーマパークなどの施設が揃っており、2019年3月に東京都が発行した「Unique Venues TOKYO」には、刀剣博物館をはじめ57の施設が紹介されている。外観・内観、利用時の写真や簡易平面図、スペースごとに一覧になった面積や対応人数(着席時・立食時)、利用時間、飲食利用の有無などの備考とともに掲載。「Unique Venues TOKYO」の刀剣博物館のページをみると、1F講堂には160㎡の面積で100名(立食)、カフェスペース60名(同)とあった。

 

 

実際に行われた「TOKYO ユニークベニューショーケースイベント〜TOKYO cool traditions〜」には、関係者含め、約140名が参加。企業関係者が8割のほか、大使館、会場施設運営者、MICEプランナー、プレスも18メディアと多様な顔ぶれとなった。

 

刀剣博物館のロケーションは、両国駅から約5〜7分歩いた場所で旧安田庭園内に位置している。旧安田庭園の和風な門をくぐり、庭園を抜けて刀剣博物館がみえると、日本庭園と刀剣というイメージからは、よい意味でギャップのあるモダン建築な外観が現れる。

 

 

クロークに荷物を預け、1Fホール内に用意された受付を済ませて、オープニングの主催者挨拶が行われる1F講堂に入ると、ガラス張りの半円形ホールでさきほどの旧安田庭園が望める。ガラス面側には庭園との間にテラスがあり、LEDの灯りでほんのりと光るテーブルが夕暮れから夜にかけての風景を演出していた。

 

 

18時に開会された「TOKYO ユニークベニューショーケースイベント〜TOKYO cool traditions〜」のプログラムは約2時間。スタートから約30分ほど、講堂ステージ上で主催者挨拶や施設挨拶、忍者パフォーマンスが繰り広げられ、立食の料理が振舞われた。その後、参加者は4組に分かれ、刀剣研磨デモンストレーション(1F講堂)、刀剣等の展示ツアー(3F展示コーナー)、和楽器&ジャズセッション(1Fホールアトラクションスペース)、庭園散策(旧安田庭園)のプログラムを堪能した。

 

 

刀剣博物館でのユニークベニューとしての活用は初めてで、1F講堂での飲食提供も初と、チャレンジづくしとなった「TOKYO ユニークベニューショーケースイベント〜TOKYO cool traditions〜」。実際に会場側の現場スタッフとして対応した公益財団法人日本美術刀剣保存協会の荒川史人さんは、開催までの背景と初のユニークベニュー提供を通じての課題と期待をこう語る。

 

「ユニークベニューとしての開放については、3年以上前に東京都観光財団さんからお声がけがありました。きっかけとなったのは刀剣博物館の代々木から両国への移転です。建築家として著名な槇文彦さんによる設計で2018年1月にオープンして新しくなったことを機に、『Unique Venues TOKYO』への掲載を決め、そこから貸出規約や料金などの策定に取り掛かりました。

 

今回のようなイベントの受入れは初めての試みでしたのでして課題も多く、われわれ約30名ほどの人員をどう対応体制をつくるかといったほか、本来業務として文化財を残していく日本刀を伝えていくために展示品・保管品の保存状況確保を第一とした運用体制などが根本的な方向性としてあります。今回実施した後に、主催者さんのされたいこと、会場として対応できることを改めて整理するようにしたいです」

 

実際に、演出としての灯り、装飾の草花などは、防虫の観点から虫の誘因性の低いLEDや造花を採用するなど配慮している。また、荒川さんは、公益財団法人の事業制度、文化財の運用と保存に関する法制度の海外と日本の差などは、ユニークベニューを推進するうえでも段階的に検討するべき課題であるとし、それぞれの施設の存在意義に合致したイベント、日本らしいユニークベニューの展開を望む。

主催した東京都観光財団では、大きなトラブルなく開催できたことに安堵しながらも、実施してみて出てきた改善点の洗い出しをし、次の段階に向けて展開したいとしている。また、今回の参加者には、同施設の活用や他のユニークベニュー施設に意識を向けてもらいたい、とも話す。

 

参加した国際団体のマーケティング担当者は「刀剣博物館は日本人のわたしたちも知らない部分もあったりして新鮮でしたし、海外から日本を選択されたときに期待している体験プログラムだと感じました。予算に合えば活用してみたい」とし、よかった点として「東京の食材を使用した地産地消の立食メニューや、土に還るお皿やFSC認証のお箸の使用など、環境への配慮が素晴らしかった。もっと全面に出してもよいのでは」と評価していた。

 

 

 

ユニークベニューでのイベント開催は、特にロンドンの自然史博物館、パリのルーブル美術館を代表とする欧州の海外先進事例から、日本での実施を推進する動きが活発化している。イベント参加者の満足度アップを見込めるポイントとして位置づけられているユニークベニュー。参加者への“特別な時間”の提供が、会場側や主催側の双方にとってプレゼンスを発揮するためには、改善点のリストアップとその裏にある制度や組織体制の理解をあわせて進めることも重要だ。

 

期待を超えていく、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』策定 <br> −パシフィコ横浜

期待を超えていく、新『企業理念』と『中期経営計画(2019-2021)』策定
−パシフィコ横浜 »

30 6月, 2019

~BEYOND EXPECTATION~

6月26日、パシフィコ横浜が、『中期経営計画(2019~2021)~BEYOND EXPECTATION~』および新たな『企業理念』発表した。

2020 年新施設ノースオープンと2021 年開業30 周年大きな転換を迎える、国内最大級の複合MICE施設パシフィコ横浜は、『10 年後の姿』を描き、その実現に向けた経営指標、及び具体的な戦略となる『中期経営計画(2019~2021)~』を策定し、取り組みをスタートする。また、次の30 年を見据え、“Mission / Vision / Value”の3 つのキーワードを基に、新たな『企業理念』を設定している。

イベント大賞は建仁寺と博報堂のMR<br> – JACEイベントアワード

イベント大賞は建仁寺と博報堂のMR
– JACEイベントアワード »

17 6月, 2019

日本イベント産業振興協会(JACE)は6月12日、ホテル雅叙園東京で総会を実施。また、第5回JACE イベントアワード表彰式を行い、すでに発表された8作品のなかから、「 最優秀賞 経済産業大臣賞(日本イベント大賞) 」 「イベントプロフェッショナル賞」の発表と表彰が行われた。

日本イベント大賞は、臨済宗建仁寺派 大本山建仁寺とhakuhodo-VRARがてがけた「MRミュージアム in 京都」が選ばれた。国宝「風神雷神図屏風」を題材にHoloLens通して、3Dで技術をもちいてその場にいるかのような体験と絵画にまつわるストーリをエンターテイメント性高いコンテンツにしあげた。伝統とテクノロジーの融合がいま求められているCool Japanとマッチする点も高く評価された。

イベント業務管理士の投票によって選ばれるイベントプロフェッショナル賞は、講談社、電通などがてがけた「MOVE 生きものになれる展」が獲得。動く図鑑をコンセプトに、観察者の視点ではなく、来場者が生き物の着ぐるみなどを身に付け、生き物になった体験をし、生物多様性や他社理解を促すとともに、知識への興味を喚起した。同イベントは好評を博し、東京開催以降は日本全国で実施、現在はアジア諸国で実施されており、今後も全世界で展開される。

中村利雄審査委員長は、「応募作品が昨年を大きく上回る171作品。なかでも自薦71と、JACEイベントアワードが浸透してきたことを感じる。スポーツ、アート、地域振興、災害復興、産業・技術の発展、企業・商品のプロモーションなど、多彩で多様な分野のイベントの応募があり、イベントがさまざまな場所で大きな役割を果たしていることをあらためて実感」と感想を述べた。

各賞の受賞者には賞金の他、日本で唯一のLEGO®認定プロビルダーの三井淳平氏制作の、オリジナルトロフィーが贈られた。

■優秀賞(部門賞)

・時空超越美術賞 MRミュージアムin 京都〈京都府京都市〉

・アオウミガメの涙賞『OGASAWARA 50 COLORS』小笠原色いろ展〈小笠原諸島〉 ・音感アップデート賞 落合陽一.日本フィルプロジェクト (Vol.1 耳で聴かない音楽会Vol.2変態する音楽会)〈東京都〉 ・アーバンスポーツ賞 CHIMERA GAMES 〈東京都〉

・扇子ビリティー賞 Sense Your Aroma Gallery 〈東京都〉

・イベントで復元賞 第24回春姫道中〈愛知県名古屋市〉

・あかりひとづくり賞 燈籠祭〈三重県北牟婁郡紀北町長島(長島港)〉

・こども共感賞 MOVE 生きものになれる展〈東京都〉

取材:MICEニュース

コンベンション協会代表理事に近浪弘武氏

コンベンション協会代表理事に近浪弘武氏 »

17 6月, 2019

6月11日に六本木アカデミーヒルズで、(一社)日本コンベンション協会(JCMA)の第4期社員総会が実施された。今回は役員の任期満了による改選が行われ、日本コンベンションサービス代表取締役社長の近浪弘武氏が、代表理事に就任。2年ぶりの代表理事職となる。前代表理事の武内紀子氏は副代表理事に、相談役の舩山龍二氏は留任。

また、ユーリンクの鵜澤明氏が理事から監事に、KNTーCTグローバルトラベルの髙浦雅彦氏、フジヤ執行役員の田村俊彦氏、キッセイコムテック常務取締役の寺島弘氏、パシフィコ横浜の馬鳥誠氏、ムラヤマの藤田博樹氏が、新しく理事に就任した。

第4号議案の2019年度基本方針は 1)コンベンション事業分野を産業として確立 ・関連業界団体(JNTO、JCCB、日展協、JACE、MPI)との横串連携強化 ・対外的な広報活動強化 ・要望の取りまとめや提言活動 2)グローバル戦略の推進 ・新規MOU締結取組先の検討 ・主催行事への参加勧誘、人材交流を推進

3)次世代人材の交流、育成、提言を推進 ・若手従事者の協会活動への参画を拡大 ・業界への若手従事者の人材獲得と育成支援 ・関連業界団体との連携を検討

4)会員拡大施策の推進 5)その他 中長期計画の検討 などが盛り込まれ承認された。

JCMA 新役員体制

 

 

(記事制作:MICEニュース

MICE施設の価値を高めるスピーカー<br> JBL PROFESSIONAL「Intellivox」

MICE施設の価値を高めるスピーカー
JBL PROFESSIONAL「Intellivox」 »

31 5月, 2019

<PR>

天井が高くエレガントな会議室、重厚感のあるデザインで格式高い会議場など、MICE施設のもつ雰囲気が国際会議や学会のブランディングに関わる重要な要素になっています。

一方で、会議で最も大切なことは、講演者のスピーチを参加者全員に正確に届けることです。

重要な会議ほど、参加者は一字一句聞き漏らさないように、真剣に話に耳を傾けます。 しかし、天井が高かったり複雑な構造の会場では、音が乱反射し、反射音で濁ってスピーチが聞き取りづらくなります。

本来の音を届けると言う部分がおざなりでは、会議場としての価値は下がり、稼働率の低下につながるかもしれません。

MICE施設の価値を高めるクリアな音になっていますか?

会場の上質な雰囲気を保ちつつ、音を改善し利用者の満足度を高めたい。 そんな想いに応えるのが、アメリカの老舗スピーカー・ブランド “JBL PROFESSIONAL”の「Intellivox」です。

「Intellivox」は、音の出力範囲や強さをパソコンで制御する最先端のスピーカーです。音を反射する壁や天井への放射を抑え、耳に直接届く音を最大化することで、反響が多い会場でも隅々にまでクリアで均一な音を届けます。

しかも、一度設置してしまえば、日々の運用で難しい調整は必要ありません。スリムで目立たず、会場のイメージを崩さないのも大きな特徴です。

新潟コンベンションセンターのメインホールでは、元々フロント・スピーカーと76基の特注シーリングスピーカー組み合わせたシステムを採用していましたが、用途に応じた調整が毎回必要なうえ、調整しても明瞭度が改善されない場所があったそうです。

「Intellivox」の導入により、最前列から最後列まで場所による音量や音質の差がほぼなくなり、会場全体にクリアなスピーチを届けることができるようになりました。

さらに、音量だけ設定すればよくなり、EQなど他の調整がほぼ不要になったので、運用面の負担も劇的に減ったとのことです。

※新潟コンベンションセンターの導入事例

http://rittor-music.jp/sound/magazine/setsubi/79633 https://online.stereosound.co.jp/ps/17271518

「Intellivox」はグランキューブ大阪にも導入され好評を得ています。

※グランキューブ大阪の導入事例

http://www.stereosound.co.jp/media/jbl/201707/

「Intellivox」の詳細は以下をご覧ください。 https://proaudiosales.hibino.co.jp/Intellivox_Special_201906.html

「施設の価値を高めたい。」そう思うなら、まずは音から見直してみませんか?

<PR>

レッドブル・エアレース今季限りで終了<br>幕張が最終戦に

レッドブル・エアレース今季限りで終了
幕張が最終戦に »

31 5月, 2019

Sports MICE Redbull AIr race

主催者・開催地・スポンサー・支援企業 それぞれのマーケティング<BR>レッドブル・エアレース

主催者・開催地・スポンサー・支援企業 それぞれのマーケティング
レッドブル・エアレース »

30 5月, 2019

<2018年大会のレポートです>

2018年5月26・27日、千葉県幕張ビーチでレッドブル・エアレースが行われ約7万人が来場した。千葉での3連覇がかかっていた室屋義秀選手は1回戦で敗退したものの、大会はおおいに盛り上がった。

レッドブルは売上の1/3をマーケティング費用に、そのうちの1/3をスポーツに使う。それも必ずメインスポンサーになり、マイナー競技であろうと「スポーツと一体となる」手法で育てていく。その独自の戦略はイベントマーケティングのお手本事例だ。

エアレースをマーケティングに活用しているのは主催のレッドブルだけではない。会場となっている千葉市にとって、レッドブル・エアレースは、“Chiba”という地名を世界中のメディアで放映する最高のシティプロモーションの場となっている。

効果上げるラウンジの高級感

大会には、国内外の多くの企業がスポンサーとなっている。 そのうちの1社であるJTBは、プレミアムスカイラウンジにブースを構えて、顧客向けのホスピタリーイベントを実施した。同社の金井大三さんは、「メガスポーツイベントでのコーポレートホスピタリティの一環。グローバル企業の商談決定手段で重要視されている」という。

金井さんによると、「メガイベントでは、1開始前に仮設の宴会場で食事をしながら、試合の予想や解説、2専用導線利用〜VIPルームでの観戦、3ハーフタイムでの軽食、4試合終了後のエンターテインメントが基本構成だ。ラグジュアリー層をターゲットにしたイベントでは、質の良い内装やインテリアなどにより、上質な雰囲気づくり、空間づくりが欠かせない。

今回、イベント運営の(有)セットアップとともに、プレミアムスカイラウンジに高級家具を提供したのがモニックだ。品質の高い家具の提供と行き届いたメンテナンスでイベント業界でも高く評価されている。

プレミアムスカイラウンジに要望されるのは高級な家具や応接セット。日本のイベントではこのグレードを使う機会は少ないため、ハイエンドな品揃えをするモニックでも、はじめて携わった第2回大会の時は十分な質と量の在庫が揃わなかった。そこですべて新しい家具を調達したという。

雨が多かったこと、海岸沿いでの開催だったこと、汚れやキズが目立つ白の家具が中心だったことにより、毎日、競技終了後に雨対策やメンテナンスを必要とした。神経を使う現場だが、家具の選定やメンテナンスを担当した営業部部長の小野晃生さんは、「VIPの方々が集まりそこで、大きなビジネスが生まれるので、より良いホスピタリティに貢献しよう、と力が入ります」と笑顔を見せる。

レッドブル・エアレースには今後メガスポーツイベントが続くゴールデンスポーツイヤーズに向け、コーポレートスポーツホスピタリティ分野を見据え、実績で一歩先行し、開拓する企業の姿もあった。

 

記事制作:MICEニュース

岡村篤氏が中小企業向けのMICE語る 〜会議室.comセミナー 

岡村篤氏が中小企業向けのMICE語る 〜会議室.comセミナー  »

28 5月, 2019

5月27日会議室.comセミナーが開催された。基調講演では、野村総合研究所社会システムコンサルティング部の岡村篤氏が「MICEにおけるビジネスチャンス〜中小規模会場におけるMICEビジネスの概要/規模〜」をテーマに語った。

岡村氏の講演は、・はじめに、・MICE市場概観、・なぜMICEなのか、・何を目的に開催しているのか、・中小規模会場の有望ターゲットの5点について、説明された。

今回は大型の国際会議など、大規模で大人数が海外から参加するという印象をもちがちなMICEについて、ミーティングをはじめとする中小規模のイベントを中心に、会場運営者やイベント主催者のビジネスチャンスに焦点をしぼってその可能性にふれた。

報道などの露出が多い大型MICEに比べ、注目されることは少ないが国内の中小規模MICEの市場規模が圧倒的に多いとし、MICEのうちのMeetingが中小規模会場が注力すべき市場ということを説明した。

また、米国ミーティング産業の団体CICが行った「FACETIME  IT MATTERS」についても言及し、フェイストゥフェイスのコミュニケーションの重要性を訴えた。

そのほかにバルコ(株)が「MICEにおけるプレゼンテーション環境構築 〜映像無線化がもたらす会議室運営の変革」について、ネスレ日本が「MICEビジネスと飲み物〜その意外な関係〜」、主催アスノシステムが、ホスピタリティエージェントとともに立ち上げた、「co-mit」のサービスについて語った。

(情報提供:MICEニュース)

長崎市がMICE施設の名称募集

長崎市がMICE施設の名称募集 »

25 5月, 2019

長崎市では、新しい長崎駅の西側を予定地として、2021年11月開業予定をめざして整備を進めている長崎市交流拠点のMICE施設の名称募集を6月1日に開始する。締切は7月7日。

国内外の多くの人に対しアピールできる名称であるとともに、市民が愛着や親しみを持つことができる名称であること、長崎らしさが感じられるような名称であり、

東武トップツアーズが製薬会社イベントのシステム提供

東武トップツアーズが製薬会社イベントのシステム提供 »

21 5月, 2019

東武トップツアーズがVeeva Japanとパートナー契約を締結し、製薬企業のイベントを全社的に管理・企画・実行する総合ソリューションであるVeeva CRM Events Managementに対応したシステム連携および活用支援ソリューションの提供を開始する。

製薬企業の訪問規制が強化されている近年、製薬業界におけるイベント運営は研究会や講演会を含め、自社製品のプロモーションを図る上で最も有効なチャネルの一つとなっている。

近年はWEB講演会の開催数も増加し、製薬企業は従来から実施しているリアルな講演会運営と、バーチャルなWEB講演会をトータルにマネジメントする必要性が生まれている。そのため製薬企業では、イベントの企画から運営管理、そしてその後の経費処理などのコンプライアンス対応も含めて、一元的に管理するシステムやソリューションを求める声が高まっている。なかでも営業担当者の負荷軽減は大きな課題であり、CRMシステムを利用して医師のイベント参加履歴を管理するための入力と、イベントに参加する講演者や参加者に対する交通機関手配のための入力、という二重入力が常に発生している。

こうした背景をベースに、東武トップツアーズとVeeva Japanは、この度正式にVeevaのTechnology Partnerとしての契約を締結しました。両社は、東武トップツアーズが従来から医薬・製薬業界向けに提供するMICE事業や各種システムと、Veeva Japanが提供する製薬企業のイベント管理に特化したVeeva CRM Events Managementとのシステム連携を実現させ、統合されたイベント管理ソリューションの提供を開始します。

Veeva Japanは、製薬業界向けのクラウド型CRMソリューション、Veeva CRMを提供する米国Veeva Systemsの日本法人であり、Veeva CRMは全世界で600社を超えるライフサイエンス企業に採用されています。Events ManagementはVeeva CRMに統合された一つのシステムで、全ての支出や講演者データを集約・可視化してトータルなマルチチャネル戦略の実行を確実にします。東武トップツアーズは法人企業に大会・会議・報奨旅行・販売キャンペーンなど、事業活動を支援する様々サービスを提供する大手旅行代理店です。製薬会社の会議やイベントのための交通機関、宿泊施設の手配やデータ分析を含む幅広いビジネストラベルサービスを提供しています。

両社が提供するソリューションにより、製薬企業の営業担当者の負荷を軽減する旅行代理店システムと連携した、Veeva CRM Events Managementを活用することが可能となり、幾つものシステムを使う非効率性から解放される。さらに一貫した経費追跡が可能となり、各社でトラッキングするべきタクシーチケットなどの経費管理も自動連携されるため、より強固なコンプライアンスソリューションとして、イベント運営の管理強化を実現する。