News timeline

News
9月 28, 2016

10(ジュー)月10(ジュー)日は「お好み焼の日」! 東京・広島・関西でイベント開催

News
9月 28, 2016

CEATEC JAPAN 2016 主催者特別企画展示「IoTタウン」の出展概要を発表

News
9月 27, 2016

日本の盆栽・水石の粋を一堂に集めた 世界最高峰の展示会イベント開催

News
9月 27, 2016

「ツーリズムEXPOジャパン2016」結果速報 総来場者数は過去最高の185,800 人を記録!

News
9月 26, 2016

国内外のスポーツ担当大臣や国際的な振興団体、グローバル企業のトップ 世界経済フォーラムの次世代ビジネスリーダー、著名研究者などが参加する国際会議 スポーツ・文化・ワールド・フォーラム開催

News
9月 26, 2016

国際会議 「航空フェスティバル 2017年」参加申込み受付開始

News
9月 23, 2016

イベントレジスト、イベント主催者の方にとって便利な「マイコンタクト」機能をリリース

News
9月 23, 2016

凸版印刷、体験型VR観光アプリを開発 ~VRとGPSを組み合わせ、その場ならではの情報を提供する 旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を開始~

News
9月 21, 2016

『京都国際マンガ・アニメフェア2016』大盛況のうちに閉幕 過去最多の総来場者数43,936人(前回比119%)を動員

News
9月 21, 2016

OBP・京橋が文化・スポーツ・グルメでにぎわう 地域と企業で作る文化祭を10月6日~9日に開催

10(ジュー)月10(ジュー)日は「お好み焼の日」! 東京・広島・関西でイベント開催

オタフクソース株式会社(本社:広島市西区、代表取締役社長:佐々木 直義)は10月10日の「お好み焼の日」((一社) 日本記念日協会制定)にちなみ、2016年10月10日(月・祝)に、東京と広島でお好み焼づくり体験イベントを開催する。10月9日(日)には、神戸でのイベントにブース出展し、会場で撮影した画像と「#10月10日はお好み焼の日」をSNSに投稿した方に、その場で画像をプリントしプレゼントし、全国でお好み焼を盛り上げる。

■「お好み焼の日」とは お好み焼が鉄板やホットプレートで焼くときにジュージュー(10・10)と美味しく音を立てることと、みんなでホットプレートを囲んで食べる様子が輪(10の0)になって見えることから2006年に制定。

≪東京 実施概要≫ 開催日時:2016年10月10日(月・祝) 11:00~13:30 場所  :オタフク東京本部ビル Wood Place(東京都江東区木場5丁目6-11) 参加人数:24名(募集は終了) 内容  :広島お好み焼づくり、一銭洋食〔※〕づくりをホットプレートで体験しながら、広島お好み焼の歴史も学べる教室。この日限りの広島限定販売のお好みソースをはじめ、“赤”のトッピングやソースをかけて、東京にいながら“広島”気分も盛り上げる。 〔※〕一銭洋食とは、昭和初期に人気だったこどものおやつ。小麦粉を薄くひき、ねぎやとろろこんぶなどをのせウスターソースをかけた、広島お好み焼のルーツと言われるもの。

CEATEC JAPAN 2016 主催者特別企画展示「IoTタウン」の出展概要を発表

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)、一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)のCEATEC JAPAN主催3団体は、来たる10月4日(火)~7日(金)、千葉・幕張メッセにて開催する「CEATEC JAPAN 2016」において、主催者特別企画「IoTタウン」(主催者特別企画エリア 4ホールブース4P54)を展開。IoTタウン出展者の出展概要を明らかにした。

IT・エレクトロニクスを利活用するユーザ企業が出展するIoTタウンでは、IoTによって変わる未来や、新たなビジネスモデルに繋がるアイデアなどが集結し、多彩な分野におけるIoTの利用シーンによる新たな”街のカタチ”を来場者に提案する。

「暮らし」「街」「社会」の3つのシーンで構成された会場内に、ロボット・ショッピング・仮想店舗・スポーツ・ウェアラブルなど10件が展示される予定。会場内のオープンステージでは出展者より、IoTに関わる先進的な取組みや未来のサービスなどに関するプレゼンテーションを実施。

IoTタウン内では、アイディアソンで生まれた未来のサービスを、ストーリーボードとして展示。IoTタウン出展者とエンジニア・デザイナー・クリエイターなど幅広いバックグラウンドを持ったスペシャリストが集い、「拡張する身体」と「IoTテクノロジー」をテーマにして、9月9日にアイディアソンを実施。組織や企業の枠を超えてIoTテクノロジーの新しい可能性を探求した結果をIoTタウンにて展開する。

日本の盆栽・水石の粋を一堂に集めた 世界最高峰の展示会イベント開催

21時間 ago

第8回世界盆栽大会inさいたま実行委員会(所在地:東京都台東区、委員長:加藤 初治)は、2017年4月28日(金)~30日(日)の3日間、さいたまスーパーアリーナにて、『第8回世界盆栽大会inさいたま』の開催を記念し実施する「日本の盆栽水石至宝展」の前売り券を10月1日(土)に発売する。日本全国より300席を超す名品が出品される、世界最高峰・最大規模の盆栽の展示会。

■「日本の盆栽水石至宝展」開催概要 【本会期】 2017年4月28日(金)~30日(日) 【会場】 「さいたまスーパーアリーナ」コミュニティアリーナ 【前売り券発売概要】 <発売日> 2016年10月1日(土)より <前売り金額> 800円(当日券1,000円)※小学生以下無料

「ツーリズムEXPOジャパン2016」結果速報 総来場者数は過去最高の185,800 人を記録!

23時間 ago

公益社団法人日本観光振興協会(以下、日観振)と、一般社団法人日本旅行業協会(以下、JATA)は、今年で3回目となる世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2016」を、9月22日(木・祝)から9月25日(日)の期間、東京ビッグサイトにて開催し、期間中の来場者数は過去最高の185,800人(4日間合計)を記録した。世界140の国・地域に加えて日本47都道府県、1,181の企業・団体が出展する「展示会」や、最新の旅行動向について有識者が討議する「ツーリズムEXPOジャパンフォーラム」、国内外のサプライヤーと旅行会社が一堂に会する「商談会」、一般消費者や国内外の観光産業のキーパーソンが集う「JAPAN NIGHT」、需要喚起に貢献した企業・団体・個人や優れた旅行商品を表彰する顕彰事業「ジャパン・ツーリズム・アワード」の5つを基本構成として開催した。

〈会期中の来場者数〉 日付/天気/人数 9月22日(木・祝)/雨/7,000人(業界・プレス日) 9月23日(金)/雨/42,000人(業界・プレス日) 9月24日(土)/曇りのち雨/70,000人(一般日) 9月25日(日)/曇りのち晴れ/66,800人(一般日) 合計:185,800人  (参考:2015年合計:173,602人)

※「JAPAN NIGHT」(日本橋エリア)の来場者数は15,200人となり、総来場者数は、201,000人。

国内外のスポーツ担当大臣や国際的な振興団体、グローバル企業のトップ 世界経済フォーラムの次世代ビジネスリーダー、著名研究者などが参加する国際会議 スポーツ・文化・ワールド・フォーラム開催

http://wfsc2016.mext.go.jp/programs/

開催日・開催場所:2016年10月19日(水)~20日(木)京都(ロームシアター京都等) 2016年10月20日(木)~22日(土)東京(六本木ヒルズ等)

文部科学省は、2016年10月19日(水)~20日(木)京都、2016年10月20日(木)~22日(土)東京にて、計4日間、スポーツ・文化・経済の境界を越え、アジア・世界の絆を深めることを目的とする国際会議『スポーツ・文化・ワールド・フォーラム』を開催する。世界経済フォーラムとの連携により、国際的な発信力を積極的に活用し新たなビジネスチャンスを創造することを目指す。

『スポーツ・文化・ワールド・フォーラム』は、ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、関西ワールドマスターズゲームズ2021等に向けて、観光とも連動させつつ、スポーツ、文化、ビジネスによる国際貢献や有形・無形のレガシー等について議論、情報発信し、国際的に機運を高めるためのキックオフイベントとしての国際会議。2016年リオ大会直後の秋に、京都と東京で開催され、「人間力の向上」「世界の人々の交流促進」「新しい経済・文化の創発」の3つの柱を中心に、国内外のスポーツを担当する大臣や国際的な振興団体のトップ、グローバル企業の経営トップや世界経済フォーラムの次世代ビジネスリーダー、著名研究者および国内外主要経済メディア等が参加し、議論を進める。

※プログラム及び登壇者詳細は、添付資料もしくは本会議オフィシャルWEBサイト(http://wfsc2016.mext.go.jp/programs/)より。

国際会議 「航空フェスティバル 2017年」参加申込み受付開始

2017年2月21~22日 シンガポールにて開催される国際会議 「Aviation Festival Asia 2017-航空フェスティバル 2017年」の参加申込み受付が9月23日より始まった。2017年のAviation Festivalでは、およそ100のブースが設置される展示会に2,000人を超える来場者が集まる見通し。また同時併催の会議には、200人の講演者と700人以上の出席者が見込まれており、150社を超える航空会社と空港運営会社の代表が顔を揃える。アジアと中東地域の格安航空会社の代表が顔を揃えるWorld Low Cost Airlines Congressは、今もAviation Festivalのなかで大きな比重を占めているが、今回のフェスティバルでは、この会議を含む7つのイベントが併催される予定、フルサービス航空会社や空港運営会社の代表も数多く集まる。

AirXperience :航空業界にカスタマーエクセレンスの考え方を導入するための取り組みを紹介。 Aviation IT Show :販売や営業、業務の改善に役立つ新たなITソリューションを紹介。 The Aviation Interiors Show :客室内装設計の優れた成果を紹介。 Air Retail Show :付随的な収入を伸ばすための戦略について考える。 Aviation Human Capital :航空業界の人事部門における人材募集、維持、能力開発、雇用のためのアイデアや戦略について議論。 Aviation Marketing :航空会社や空港運営会社のマーケティング部門におけるデジタルマーケティング、ロイヤリティマーケティング、ビッグデータの活用について考える。

イベントレジスト、イベント主催者の方にとって便利な「マイコンタクト」機能をリリース

イベントレジスト株式会社は、イベントレジストを繰り返し利用しているイベント主催者にとって便利な「マイコンタクト」機能をリリースした。

「マイコンタクト」とは?

マイコンタクトページでは、自身の作成したイベントの全ての申込者を確認したり、各ユーザーの申込履歴を確認することができ、全ての申込者の中から、特定の条件によるリストの抽出や、CSV形式のファイルダウンロードも可能。

例えば繰り返し開催しているイベントやセミナーで、リピートで申し込んでくれている人を探したり、全てのリストの中から特定の条件の設定して、リストを抽出することができる。抽出したリストはダウンロードし、自身のメーラーなどを使ってメールを送るためなどに利用できる。

「マイコンタクト」を活用することで、自身の開催するイベントへ何度も訪れてくれるファンを把握し、次のアクションへ結びつけることがでる。

ヘルプページはこちら マイコンタクトとは マイコンタクト画面の使い方

凸版印刷、体験型VR観光アプリを開発 ~VRとGPSを組み合わせ、その場ならではの情報を提供する 旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を開始~

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を組み合わせた旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を、2016年9月21日(水)より開始した。現存しない城郭などの史跡を高精細かつ色鮮やかにVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末で位置情報と連動して見ることができる新しい体感型観光アプリ。旅行者は本アプリを利用することで、VRコンテンツや音声付き映像解説が閲覧できるほか、GPSで実際の地図と連動した古地図を表示できる。まずは江戸城、和歌山城、福岡城、肥前名護屋城(佐賀県)、高松城、屋嶋城(香川県)の6名城をラインアップ。今後も掲載コンテンツを順次拡大していく。(2016年9月22日(木・祝)から25日(日)まで開催される「ツーリズムEXPOジャパン」(会場:東京ビッグサイト)で紹介中。)

紙版「月刊イベントマーケティング」もダウンロードできます

10号まで900pix

==創刊号== いま、「イベント」×「マーケティング」の理由〜EXPERIENTIAL MARKETING SUMMIT2015レポート
==02号== 2015年夏イベント&マーケティング展総復習
==03号== そのイベント、ゴールに向かってますか?
==04号== イベントテクノロジーの進む先は
==05号== 沖縄MICEレポート、MICE展・展示会展レポート /Web in Travel
==06号== EventTech2015レポート
==07号== 広聴型MICEのススメ/マーケティングテクノロジーフェア
==08号== イベントマーケティングサミット
==09号== セミナー・コンファレンス施設/イベントホール最前線

==10号==  集客と成約を向上するコンボ
==11号== 「リアル」✕「映像・照明」の体験
==12号== 展示会出展、商談席のあるブース、ないブース
==13号== イベントで海外展開
==14号== BACKSTAGEの歩き方

Mail Mazine

メールマガジン発行中!

イベントを活用した企業のマーケティング・営業活動の成功事例や、トレンド、イベントツール、マーケティングツール、最新テクノロジーをお届けします。