国内外160社・玩具3万5千点が東京ビッグサイトに 東京おもちゃショー2016開催 

6時間 ago

東京おもちゃショー2016が2016年6月9日から12日まで、東京ビッグサイトで開催される。会場は昨年に引き続き、東京ビッグサイトの西展示棟1から4のホールを使用。4日間のうち前半2日間、6月9日、10日が業界関係者のためのバイヤーズデーとして、後半2日間、6月11日、12日は一般ファンが入場出来るパブリックデーとなる。今年55回目を迎える東京おもちゃショーは、日本玩具協会が主催する国内最大の玩具見本市。玩具メーカーが最新の商品を披露し、ビジネス商談の場として活用されている。近年は、週末2日間をパブリックデーとして玩具ファンに向けたプロモーションの場としても活用。2015年は出展社数が149社(国内130社 海外19社)、展示された玩具は3万5000点、4日間の来場者数は16万人を越え、2016年は2015年を上回る出展社数、展示玩具3万5000点、来場者数16万人とこちらは前年並みを見込む。今回は「おもちゃ」に限らず「こどもたちをとりまく衣食住」にも目を向け、「キッズライフゾーン」を設置し、子ども達に関わる幅広い分野の企業が並ぶ。

ソフトウェア資産管理【SAM】をテーマとした大規模な総合イベント『SAM World 2016』開催

6時間 ago

一般社団法人ソフトウェア資産管理評価認定協会は、日本最大のIT資産管理・ソフトウェア資産管理の専門カンファレンス 『SAM World 2016』 を、平成28年6月10日(金)午前9:50より開催する。

『SAM World 2016』 http://www.samac.or.jp/samworld/2016/

仮想化、クラウドコンピューティングが進む中、情報セキュリティやコンプライアンスにおいて組織にとっての重要課題の1つであるIT資産管理、ソフトウェア資産管理についての知識を身につけるためのイベントであり、社内のIT資産管理運用担当者、顧客にSAMの仕組みを提供するツールベンダーやコンサルティング会社の営業担当者など充実した内容を提供する。今年のイベントでは、先進的なIT導入で話題となった佐賀県の前最高情報統括監 森本登志男氏、BSAザ・ソフトウェアアライアンス 顧問弁護士であり、TMI総合法律事務所パートナー 石原修氏による講演に加え、民間企業による実際のSAM監査対応事例の発表も予定。また今回は、課題解決に有効と定評のある個別セッションを「SAMACセッション」「後援企業セッション」「会員企業セッション」の3つのカテゴリーに分け、昨年よりもさらに参加者のニーズにあったセッションを選択しやすくしている。

次世代ワールドホビーフェア ’16 Summer 開催

日本最大級のゲーム&ホビーの祭典「次世代ワールドホビーフェア ’16 Summer」が6月25日(土)・26日(日)幕張メッセで開催される。入場無料。「最新のゲームやホビー」が一日中遊び放題。まだお店では買えない先行販売商品やここでしか買えない限定グッズも購入出来る。最新のゲーム&ホビーや大好きなまんが家先生のサイン会など、イベントも盛りだくさん。注目のゲームやおもちゃのステージや、人気テレビ番組のステージが楽しめ、入場するだけでおみやげがもらえる。

汐留イタリア街「ナポリピッツァサミット ジャパン 2016」開催

2016年5月26日(木)から5月29日(日)までの4日間、東京港区・JR新橋駅からほど近い”汐留西公園”で「汐留イタリア街 ナポリピッツァサミットJAPAN 2016」が開催される。今回で6回目となる日本最大級のピザの祭典。会場では、ナポリピッツァの実演販売のほかに、「汐留イタリア街」の飲食店を中心とした特設ブースなども登場。ピッツァ以外のイタリアンメニューも堪能できる。特に、イタリアワインやエスプレッソなどを提供する「イタリアンバール」は、前回より品揃えを増やしてパワーアップ。ピッツァと一緒に、イタリアらしいドリンクも楽しめる。

気づきから行動へ、環境問題を考える 「エコライフ・フェア2016」 環境月間6月に代々木公園で開催

環境省は「環境月間」のメインイベントとして今年も「エコライフ・フェア2016」を6月4日(土)、5日(日)に代々木公園ケヤキ並木・イベント広場(東京都渋谷区)で開催する。

■今回のテーマは“地球がすき。未来がたのしみ。” 環境問題について「気づき」から「行動」へと導くことをコンセプトとした本イベントは、環境問題を身近な視点から理解でき、一人一人が行うべき取組を分かりやすく解説するブース展示やステージ企画などにより、昨年平成27年度の開催には11万6千人超が来場した環境省主催の最大イベント。

■「エコライフ・フェア2016」詳細 エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開する様々な行事の中の主たる行事の一つとして平成2年以来、環境省、関係地方公共団体、関連法人、団体、企業及びNGO・NPOが連携し実施している。本年も、「低炭素社会」「自然共生社会」「循環型社会」「東日本大震災からの復興」等の環境問題に焦点を当て、人々を理解・意識の段階から実際の行動へと導くきっかけとなる場を提供し、ライフスタイルや経済社会活動を環境にやさしいものとすることを目指して開催される。

映像センター 東北映像機器フェスティバル2016に出展

株式会社映像センター(本社:東京都江東区 代表取締役社長 尾﨑求 http://www.avc.co.jp/)は昨年に引き続き「東北映像機器フェスティバル2016」に出展する。本展示会では正規輸入総代理店をつとめているAVマウントブランド<CHIEF(チーフ)>と、商空間や店舗などで情報発信ツールとして活用されているLED表示システム、2つのソリューションを展示する。「サイネージによる情報発信」という共通したキーワードのもとに、場所や用途に応じた設置・設営を可能にするディスプレイ・プロジェクター用のマウントソリューションと、耐久性・メンテナンス性に加え色再現に優れた美しいLED表示システムを同時に体験できる。また今年で2年目となるCHIEF全国キャラバンは、引き続き6月末の「サウンドフェスタ(大阪)」、7月末の「九州放送機器展(福岡)」と出展を予定している。

東北映像機器フェスティバル 2016 撮影から編集・送出・ライブラリー、そして中継と映像製作に関するあらゆる機器を一堂に集めた東日本唯一の映像に関する総合機材展。また、東北のコンテンツ制作の向上を目的とした「東北映像フェア2016」も同時開催。 http://www.tohoku-eikyo.or.jp/

優秀賞(部門賞)7作品が決定 -第2回JACEイベントアワード

5日 ago

一般社団法人日本イベント産業振興協会(成田純治会長)は、「第2回JACEイベントアワード」優秀賞(部門賞)を発表した。

総応募数は126作品。優秀賞(部門賞)に選ばれた各賞は、次の通り。

第3回博物ふぇすてぃばる2016 東京九段下科学技術館で7月開催

2016年7月23日(土)と7月24日(日)の2日間、東京千代田区・九段下の科学技術館で「博物ふぇすてぃばる!3」が開催される。自然科学、自然史、生物学、古生物、鉱物、化学、物理、天文など、博物学ゆかりの題材からなる創作・展示・研究の販売発表イベント。今回で3回目の開催。昨年8月に行われた「第2回博物ふぇすてぃばる!」には、海洋堂や技術評論社、ニュートンプレスといった企業をはじめ、科学館から、一般のクリエイターまで2日間で約160のブースが出展。今回の「博物ふぇすてぃばる!3」は昨年よりもさらに規模を拡大し、約210ブースが出展。出展者が制作したグッズを説明しながら販売したり、ワークショップを開いたり、マニアックなものから、「なんだこれは?」なものまで思わず足を止めずにはいれない作品が今回も楽しめる。なお、2016年5月16日から前売券がチケットぴあで販売中。

紙版「月刊イベントマーケティング」もダウンロードできます

10号まで900pix

==創刊号== いま、「イベント」×「マーケティング」の理由〜EXPERIENTIAL MARKETING SUMMIT2015レポート
==02号== 2015年夏イベント&マーケティング展総復習
==03号== そのイベント、ゴールに向かってますか?
==04号== イベントテクノロジーの進む先は
==05号== 沖縄MICEレポート、MICE展・展示会展レポート /Web in Travel
==06号== EventTech2015レポート
==07号== 広聴型MICEのススメ/マーケティングテクノロジーフェア
==08号== イベントマーケティングサミット
==09号== セミナー・コンファレンス施設/イベントホール最前線

==10号== 【New】集客と成約を向上するコンボ
==11号== 【5月31日発行予定】「リアル」✕「映像・照明」の体験

Mail Mazine

メールマガジン発行中!

イベントを活用した企業のマーケティング・営業活動の成功事例や、トレンド、イベントツール、マーケティングツール、最新テクノロジーをお届けします。