News timeline

News
4月 27, 2017

株式会社映像センター 3月8日(水) ~10日(金)に東京ビッグサイトにて初開催された「最新-空間演出EXPO2017」に出展

News
4月 27, 2017

株式会社映像センター 3月7日(火)~10日(金)に東京ビッグサイトにて開催された「JAPAN SHOP2017」に出展

News
4月 26, 2017

ニューヨーク市観光局 ニューヨーク市、MICEのプロモーションを強化…2

News
4月 26, 2017

ニューヨーク市観光局 ニューヨーク市、MICEのプロモーションを強化…1

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 着脱式ワイヤレスコントローラー付「エバポレーターシステム」 – 株式会社ケー・エヌ・エフ・ジャパン

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 反応装置「Blue Label」手動昇降タイプ – 株式会社旭製作所

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 反応装置「Blue Label」手動昇降タイプ – 株式会社旭製作所

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 反応装置「Blue Label」手動昇降タイプ – 株式会社旭製作所

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 小型外部循環用精密温度調整装置「PETITE FLEUR」 – 英弘精機株式会社

インターネット展示会.tv
4月 25, 2017

[P-MEC Japan 2017] 多孔板状混合エレメント積層「MSE撹拌子」 – アイセル株式会社

最新21号「スゴい!会場」&電通ライブ前田圭一社長インタビュー ダウンロード開始!

Back-Number-test2

20号(2月28日発行) 特集:体験価値をカタチにする空間づくり

世界を変える人へ届け![SAMURAI ISLAND EXPO’17]ーー特集みんなの集客

[月刊イベントマーケティング22号 特集 みんなの集客]

case1 SAMURAI ISLAND EXPO’17

サムライインキュベートでは、昨年初めて、「SAMURAI ISLAND EXPO(SIE)」というスタートアップイベントを開催した。投資家や起業家だけを対象としたイベントではなく、広く一般にも“起業を身近に”と呼びかけたもので、天王洲アイルの島丸ごと会場にというフレーズと、屋外でシャウトする青空ピッチが話題となった。初回には約1,500名が参加。2回目となる今年はさらに間口を広げ、小学生や働く女性など、幅広い層へメッセージを届けようと5,000人の来場を目標にしている。

SIEの統括担当をする冨樫憲之さんは「基本的なことですが、集客の強力な誘引になるのは、やはりコンテンツ」と話す。今回セッションにはAIなどのテクノロジー、働き方などの旬なテーマがあれば、親子でケーキを作れるワークショップもあり、起業家からパティシエ、政治家、そして女子高校生インフルエンサーまで登壇し、漠然と全員が楽しめるコンテンツというよりも、各層それぞれに深く刺さる具体的なコンテンツの集合体となっている。

▽SAMURAI ISLAND EXPO’17で展開されるコンテンツ

https://samurai-island-expo.com

 

 

 

 

 

 

 

「SIEが掲げる今回のテーマは、“TECHNOLOGY→PEACE 世界は誰でも変えられる”です。スタートアップというと、とてつもなく革新的なアイデアや、最先端を思い浮かべるかもしれませんが、誰かのための技術やアイデアが世界を変えるかもしれない、変えた後の身近な未来を想像できるような場所にしたい」と起業を目指すひとだけに届けるのではなく、新規層にいかにアプローチするかが鍵となっている。

一方で、「間口を一般に広げ、子供たちにも来て欲しいと言うと、スタートアップのためのイベントという起業家向けメッセージがぼやけてしまうことも悩み」と、幅広いターゲットに自分事に感じてもらうためのイベント全体の魅力の届け方に試行錯誤していると明かす。

多様性がテーマでもあり、コンテンツでもその多様さを表現しているが、集客にはその届け方も重要だ。SIEが事前コミュニケーションで活用した手法は、大きく分けて3つある。コンテンツの出し分けができるメールマガジンによる配信、口コミが期待できるSNS。そして、プレス向けのニュースリリースの配信だ。

懸念していたイベント全体の魅力の発信には、書き起こしメディアのログミーとコラボし、登壇者の一人奥田浩美さんと冨樫さんが対談した、「居心地が良い場所に“未来”はない ウィズ奥田氏×サムライ富樫氏が考える『世界を変える人の共通点』」を企画。Facebookで324いいね!(2017年4月18日現在)を獲得するなどSNS上で展開され、新しい関心層の獲得に貢献したという。

また、前回のSIEからの改善点は、脱内製化だ。プレスリリース作成、メディアアプローチをPR会社に委託、情報発信の頻度とスピードを上げた。限られた人員でイベントを運営しているとコンテンツづくりに比重が偏り、情報発信とのバランスに苦労する主催者も多いが、登壇者プロフィールや写真など、素材を集約・管理する仕組みができ、情報発信がスムーズにできたという。また、外部委託によってリリース作成に別の視点が加わり、想定していなかった新しい切り口でのアプローチも発見したと話す。PR会社のもつルートでYahooニュースに掲載され、申込みや問合せにもつながった。

▽Yahoo!ニュースヘッドラインに掲載された「SAMURAI ISLAND EXPOʼ17」内で行われる「地震対策ハッカソン」

http://samurai-island-expo-hack.strikingly.com

「興味関心の高い層へ適切な回数、タイミング、アプローチ方法(公式アカウントや個人アカウントを使い分け、ビジネス的コンタクトかプライベート的なコンタクトかも大事なポイント)など、タッチポイントの設計が集客のコツ」と、SNSにより会ったことのないコミュニティにアプローチができるようになったことは大きく、トライ&エラーを繰り返しながら運用中と話す。「でも特別なことではなくて、SNSというツールに変わったけれど、個別に連絡する、直接会って『来てね』と言うのと変わらない。もちろんface to faceの対面は強いですけど」と冨樫さんは笑う。

 

SAMURAI ISLAND EXPO’17 http://samurai-island-expo.com/ 会期:2017年4月22日(土)、23日(日) 会場:天王洲アイル地域全体 入場料: 無料(カンファレンス等一部コンテンツは有料チケット) 主催:SAMURAI ISLAND EXPO実行委員会 ブース参加、有料カンファレンス聴講申込み http://eventregist.com/e/sie17

会議に役立つWebメディアが誕生ーー特集スゴい会場(番外編)

[月刊イベントマーケティング 21号 特集スゴい会場]

#10 会議HACK! 2月13日にビジネスリーダー向けの会議術Webメディア「会議HACK!」がオープンした。運営するのは、会議室検索サイトの会議室.COMを展開するアスノシステムだ。「ハコ情報だけでなく、会議をする人や、効率的な会議方法など人・コト情報も発信していき、会議に役立つ『会議の総合ポータル』として育てていきたい」と会議HACK!編集長を務める楠さんは話す。これまで同社では会議室.COMを運営して15年以上になるが、掲載する施設数は空室の有効活用増を背景に、2,000超の施設で8,000室の会場と右肩上がりに掲載件数を伸ばし、サイト利用者も直近の月平均セッション数は10万以上と3年前に比べて約二倍に増加。会議室需要・会議人口も成長していると分析し、質の向上に向けてメディアを立ち上げた。コンテンツには、会議コンシェルジュや会議のプロにインタビューし役立つ会議術を紹介する「スマート会議術」、ユニークな会議の進め方を行う企業やプロジェクトが学べる「POP IN MEETING」、生産性ある時間にするための会議術をまとめた「会議再生ラボ」で展開する。会議を起点に、今後は「セミナー」や「イベント」にも切り込む。

編集長 楠 徹平さん(アスノシステム株式会社 Webビジネス事業部)

◀︎みんなでつくるカオス感がスゴい!ーー特集スゴい会場(9)

  [月刊イベントマーケティング 21号 特集スゴい会場]インデックス 完成前から検索数がスゴい!ーー特集スゴい会場(1) エリア交流コンテンツがスゴい!ーー特集スゴい会場(2) 和の美術工芸がスゴい!ーー特集スゴい会場(3) 間近で花火鑑賞がスゴい!ーー特集スゴい会場(4) 実験的取組みがスゴい!ーー特集スゴい会場(5) 集中できる環境がスゴい!ーー特集スゴい会場(6) 搬入がスゴい!ーー特集スゴい会場(7) 鍾乳洞、古代人…ユニークさがスゴいーー特集スゴい会場(8) みんなでつくるカオス感がスゴい!ーー特集スゴい会場(9) 会議に役立つWebメディアが誕生ーー特集スゴい会場(番外編)

みんなでつくるカオス感がスゴい!ーー特集スゴい会場(9)

[月刊イベントマーケティング 21号 特集スゴい会場]

#09 BETTARA STAND 日本橋 もとは、宝田恵比寿神社横の駐車場。7台分のスペースにイベント・キッチンスペース「BETTARA STAND 日本橋」は建っている。移動可能な動産・タイ二ーハウスやDIYで作る屋台などを利用。「神社境内のような安らぎ、賑わい」の新たなパブリックコミュニティスペース。

場所:東京都中央区日本橋本町3-10-1(小伝馬町駅徒歩2分) 料金:イベントスペース(着席50名)15,000円/1h 運営:YADOKARI株式会社

建設には日替わりで約100名が関わっていて、私は大工をしているので技術指導で携わりました。なかには釘を1本打ちに来たという女性も。 丹工舎 丹羽 芳徳さん

◀︎鍾乳洞、古代人…ユニークさがスゴいーー特集スゴい会場(8) ▶︎会議に役立つWebメディアが誕生ーー特集スゴい会場(番外編)

鍾乳洞、古代人…ユニークさがスゴいーー特集スゴい会場(8)

[月刊イベントマーケティング 21号 特集スゴい会場]

#08 ガンガラーの谷ケイブ カフェ 天然の鍾乳洞で200人規模のパーティーができる。2万年前から古代人が使用した洞窟で、古代人の骨や世界最古の釣り針が見つかっている。もともとが海底なので、天井も壁もサンゴ礁でできている、という他の会場にないものだらけ。鍾乳洞なのに、電気、水道、Wi-Fi、常設のステージが完備されているうえ、機材車の搬入も可能なイベント仕様になっている。鍾乳石の水滴対策で、要パラソルなのはご愛嬌 ?

場所:沖縄県南城市玉城前川202 料金:220㎡/料金は要問合せ 運営:株式会社南都

◀︎搬入がスゴい!ーー特集スゴい会場(7) ▶︎みんなでつくるカオス感がスゴい!ーー特集スゴい会場(9)

搬入がスゴい!ーー特集スゴい会場(7)

[月刊イベントマーケティング 21号 特集スゴい会場]

#07 THE GRAND HALL “お客様の想いを空間でお応えする”をコンセプトに自由な表現ができるイベントスペース。品川駅港南口から屋根付きスカイウェイで徒歩5分という好アクセス、最大462名収容可能なメモ台付きの可動式椅子、パーティー会場としても利用できる広いホワイエなど、使い勝手の良さがウリになっている。なかでもイベントのプロに嬉しいのが、W2425×D5570×H2700、最大積載3.5tのカーリフトエレベーター。分解できない医療機器や自動車など、大型な展示物が多いイベントの搬入出もスムーズにできる。利用料金が2割引きになる月曜割や、日曜・祝日限定で音響照明機材と立会人件費込みで50万円になるエンタメプランも用意されている。

場所:東京都港区港南2丁目16-4 品川グランドセントラルタワー3(東京駅品川港南口から徒歩5分) 料金:432㎡/80万円~*料金は11h 運営:株式会社マグネットスタジオ

◀︎集中できる環境がスゴい!ーー特集スゴい会場(6) ▶︎鍾乳洞、古代人…ユニークさがスゴいーー特集スゴい会場(8)

Mail Mazine

メールマガジン発行中!

イベントを活用した企業のマーケティング・営業活動の成功事例や、トレンド、イベントツール、マーケティングツール、最新テクノロジーをお届けします。

紙版「月刊イベントマーケティング」もダウンロードできます

10号まで900pix

==創刊号== いま、「イベント」×「マーケティング」の理由〜EXPERIENTIAL MARKETING SUMMIT2015レポート
==02号== 2015年夏イベント&マーケティング展総復習
==03号== そのイベント、ゴールに向かってますか?
==04号== イベントテクノロジーの進む先は
==05号== 沖縄MICEレポート、MICE展・展示会展レポート /Web in Travel
==06号== EventTech2015レポート
==07号== 広聴型MICEのススメ/マーケティングテクノロジーフェア
==08号== イベントマーケティングサミット
==09号== セミナー・コンファレンス施設/イベントホール最前線

==10号==  集客と成約を向上するコンボ
==11号== 「リアル」✕「映像・照明」の体験
==12号== 展示会出展、商談席のあるブース、ないブース
==13号== イベントで海外展開
==14号== BACKSTAGEの歩き方

==15号== イノベーターたちと考える「体験価値の可能性」BACKSTAGE Report#01
==16号== イノベーターに捧ぐイベントテクノロジー
==17号== MICE・地域共創を加速するオープンソース
==18号== 1000人イベントの企画・運営レシピ
==19号== EVENTtechリポート
==20号== 体験価値をカタチにする空間づくり