「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-」新年恒例イベントが10周年を迎え、1月21日まで開催

2018年1 月12 日(金)より、10 回目の開催となる『ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-』が開幕されている。初日オープニングのテープカットセレモニーでは、イベントの特別協力となる五所川原市より平山誠敏 市長、沖縄市より上里幸俊 沖縄市経済文化部部長、そして主催者を代表してふるさと祭り東京実行委員会会長である株式会社東京ドーム代表取締役社長の長岡勤らが登壇。午後6 時からの「スペシャルお祭りナイト」では、本催事<スペシャルプロデューサー>である小倉智昭さんと<日本の祭りナビゲーター>として『ふるさと祭り東京』を盛り上げるEXILE ÜSAさん、<ナビゲーター>で参加するEXILE TETSUYAさん、Dream Shizukaさんが登場し会場を盛り上げた。

『ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-』開催概要
■名称 ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-
■開催テーマ 「日本のまつり・故郷の味」
■会期 2018年1月12日(金)~21日(日)〔10日間〕
■開催時間 10:00~21:00 ※21日(日)は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
■会場 東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)
■主催 ふるさと祭り東京実行委員会
■後援 国土交通省、国土交通省観光庁、読売新聞社、日本観光振興協会、 全国中小企業団体中央会、一般財団法人地域伝統芸能活用センター、東日本旅客鉄道株式会社、日本航空
■特別協力 青森市、五所川原市、秋田市、沖縄市
■目標入場者数  40万人
■会場構成
【祭り】
●お祭りひろば(バックネット前)
全国から選抜した「祭り」を、スタンド席から観覧できるライブスペースにて披露
●ふるさとステージ(バックスクリーン前)
小規模な祭り、伝統芸能、観光PR、ミニコンサートなど多彩なステージイベントを展開
【市】
●第9回全国ご当地どんぶり選手権
●絶品!逸品!ちょいのせ市場
●ご当地スイーツマルシェ
●イケ麺スタンプラリー
●ふるさとジュー!ジュー!サブサンドフェア
●ザ・北海食道
●魅力発見!全国ご当地マラソン2018
●おみやげグランプリ2018
●にぎわい市(全国からの一般出展)    ほか

※詳しくは公式HPhttps://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

■問い合わせ先:東京ドームシティわくわくダイヤル TEL.03-5800-9999

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る