「江戸川区スポーツチャレンジデー2018」5月30日開催 多数イベントを実施

江戸川区(本庁舎:東京都江戸川区中央1-4-1)は、住民総参加型スポーツイベント「江戸川区スポーツチャレンジデー2018」を5月30日(水)東京・江戸川区内にて開催。当日は、区内各所でさまざまなイベントを実施。イベント当日には、鈴木大地スポーツ庁長官をはじめとするオリンピアンも多数参加予定。

イベント URL
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/sports/edogawa_challengeday/index.html

■「チャレンジデー」開催の背景
「チャレンジデー」とは、毎年5月の最終水曜日に、人口規模がほぼ同じ自治体間で、当日の午前0時~午後9時の間に15分間以上の継続した運動やスポーツを行った住民の数(参加率%)を競う世界的なイベント。江戸川区は東京都で唯一、このイベントに参加。当日は、区民の健康づくりと日常的なスポーツの習慣化を図るきっかけづくりを目的に住民総参加型スポーツイベント「江戸川区スポーツチャレンジデー」として開催する。

■「チャレンジデー2018」実施概要
実施日時 : 2018年5月30日(水)午前0時~午後9時
エントリー: 121自治体(58市1区49町13村)、総人口は542万1,606人
※江戸川区は東京都内では唯一の参加自治体であり、2018年同様、過去最大の人口規模(695,364人)。
対戦方法 : 15分間以上続けてスポーツや運動した『住民の参加率』を競い合う。
参加率(%)=参加者数(人)÷人口(人)
対戦自治体: 山口県下関市(人口266,148人)
人口   : 平成30年2月1日付の人口を使用(外国人登録者含む)。
参加対象 : 当日区内にいる全ての人
※区民以外に在勤・在学者や観光客も対象。
実施種目 : 15分間以上継続した運動やスポーツであればどのような種目でも可。
実施場所 : 実施自治体の中であれば、自宅や学校、職場、スポーツ施設、
公園等どこでも可。

「江戸川区スポーツチャレンジデー2018」公式サイト
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/sports/edogawa_challengeday/index.html

【問い合わせ先】
江戸川区チャレンジデー実行委員会事務局
(江戸川区文化共育部スポーツ振興課内)
Tel:03-5662-1636

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る