Home » News » 渋谷の街全体をストリートアートの美術館に BEAMS×ROADCAST「Shibuya Street Museum」開催

渋谷の街全体をストリートアートの美術館に BEAMS×ROADCAST「Shibuya Street Museum」開催

東京急行電鉄株式会社が、2018年7月に事業を開始した未活用壁面による街ジャックメディア開発事業「ROADCAST」(以下、本事業)のテストマーケティングの一環として、株式会社ビームス(以下、ビームス)と共同で、渋谷の街中にストリートアート作品展示イベント(以下、本イベント)を実施する。

本事業は、渋谷エリアに点在する住居や店舗などの未活用壁面を当社が一括して借用し、それらを同時展開するプロモーション手段として提供する事業で、落書きに悩まされる渋谷の裏路地の壁面などを活用して街ジャックという新しい情報発信を可能にしつつ、街の活性化につなげていくことを目的としている。2018年7月から渋谷駅周辺の未活用壁面約30カ所を利用したテストマーケティングを行った後、2019年4月までに、約100カ所の壁面で展開する渋谷街ジャックメディアとしての運用開始を目指している。

今回は、2018年9月13日の渋谷ストリーム、渋谷ブリッジの開業を皮切りにはじまる渋谷まちびらきを盛り上げる企画の一つとして、本事業の理念に賛同したビームスと共同で、花井祐介、加賀美健、平山昌尚ら著名な10名のストリートアーティストの作品を渋谷各所に展示。街全体を美術館に見立て、渋谷の街並みと作品が融合することで生まれる新たなアートを巡るという、普段とは一味違う街歩きの楽しみを提供する。なお、株式会社ビームスは、渋谷区のシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナーで、今回のまちびらきTシャツのプロデュースも手掛けている。

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。