Home » News » 「TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019」2月に開催

「TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019」2月に開催

世界有数・国内唯一の舞台芸術プラットフォーム「TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019」が、2月9日(土)~ 2月17日(日)に開催される。TPAM (ティーパム) – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜とは、①アジアと世界の舞台芸術の最新動向を伝える公演プログラム、②国内外の重要フェスティバル・劇場・芸術文化団体から数百名の舞台芸術関係者が集まる交流プログラム、③日本の新人アーティストにとって観客開拓・海外公演のチャンスとなる公募プログラムの3つのセクションから成る、世界有数・国内唯一の国際的舞台芸術プラットフォーム。1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、今回が第23回、横浜に会場を移してからは9回目の開催。

KAAT神奈川芸術劇場、Kosha33(神奈川県住宅供給公社)、横浜市開港記念会館、象の鼻テラス、横浜赤レンガ倉庫1号館、mass×mass 関内フューチャーセンター、Amazon Clubほか横浜・東京の複数会場にて

開催概要
名称 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019(TPAM2019)
会期 2019年2月9日(土)~ 17日(日)
会場 KAAT神奈川芸術劇場、Kosha33(神奈川県住宅供給公社)、横浜市開港記念会館、象の鼻テラス、横浜赤レンガ倉庫1号館、mass×mass 関内フューチャーセンター、Amazon Clubほか横浜・東京の複数会場
主催 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019 実行委員会(国際交流基金アジアセンター、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、PARC – 国際舞台芸術交流センター)
助成 公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
後援 外務省、文化庁、神奈川県、横浜市
提携事業 横浜ダンスコレクション2019、舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)、アートサイトラウンジ「場づくりとアートの営み」

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。