Home » News » ビジネス特化のiPad アンケート「Anky」販売開始  ~ 博 展 ~

News timeline

News
7月 1, 2020

「B2Bイベントの未来ーイベントが、かつての様式に戻ることはない」 Christian Muche⽒

News
8月 7, 2020

シンユニティグループのバーチャルイベントへ出張 コースケ・よーこの不要不急な話 第12話

Interview
8月 5, 2020

MICE業界の最長老森本福夫氏が会長職に 〜イベントサービス新社長に立木淳一氏

News
8月 5, 2020

バーチャル展示会のオンラインイベント開催 シンユニティグループ コースケ・よーことのコラボも

Innovatorインタビュー
8月 2, 2020

日本能率協会 理事 小宮太郎さん 「商談機会の創出」関西ホテル・レストラン・ショー開催直前インタビュー

MICE
8月 2, 2020

日本在住外国人の生活を支援する展示会「第1回 EXPAT EXPO TOKYO 2020」11月に初開催

未分類
7月 31, 2020

コロナに負けないイベント業界からのメッセージ

News
7月 30, 2020

[現地レポート#01_感染拡大防止策編]大型BtoB展示会が再開、「関西ホテル・レストランショー」7展にみるリアル開催持続の道のり

EVENT MARKETING 展示会
7月 29, 2020

関西ホテル・レストラン・ショー開幕 商談機会をの声に応えコロナ対策十分に

イベミラReport
7月 29, 2020

【オンライン開催】<シリーズ> コロナがなかったら | #01 SXSW2020 By イベントの未来をつくる105人

イベミラReport
7月 29, 2020

Future Creation#01 いま求めているオンラインイベントツールを考える

ビジネス特化のiPad アンケート「Anky」販売開始  ~ 博 展 ~

博展は10月28日、ビジネスシーンに必要なさまざまなアンケート機能を実装した iPad アンケートサービス「Anky(アンキー)」を 販売開始した。

博展は1970 年の設立以来、BtoB 向けイベントの出展サポートを数多く手がけており、そのノウハウをもとに、様々なビジネスシーンにて利用するアンケートを、より速く・より正確に・よりマーケティング価値の高いものにすべくデジタルアンケートサービスの開発に至った。

「Anky(アンキー)」はイベント・展示会・ショールームや各種セミナーでの来場者アンケートや、商談時の営業ヒアリングに利用できるアイテム。今後、ビジネスシーンの枠を超えての利用に向けて、ネイティブアプリ化やウェブブラウザサービス化の展開等も視野に入れている。

<Anky の主な特徴>
●iPad で撮影した名刺とアンケートデータの紐づけ
iPad 端末で撮影した名刺をデータ化し、アンケート1回答につき最大3枚を紐付けることが可能。名刺データとアンケートデータを連携させることで、即座にマーケティング情報として活用できる。
●アンケート回答中の資料閲覧
アンケート回答中に、動画、PDF、画像などの商談に関連する資料を閲覧でき、商談をより有意義にするためのスムーズな接客をサポートする。
●英語対応
アプリ内のテキストの英語表示に対応し、グローバルなビジネスシーンにも活用できる。
●1ページ内に複数の設問設置可能
1ページにつき設問を 10 問まで表示可能。ページ遷移を減らし、運用の効率化を実現する。
●カスタマイズ自由なデザイン
アンケート回答時のインターフェイスのカラー設定、自社のロゴを表示させるなどのカスタマイズできる。自社オリジナルのアンケートが作成可能になる。
●アンケートの分岐設定機能を搭載
アンケートの回答によって、表示する設問を変更できる。利用者に合わせた最適かつ
詳細なヒアリングを実現する。

<標準料金プラン>
iPad 1台プラン  32,000 円
iPad 5台パックプラン  160,000 円
iPad 10 台パックプラン  250,000 円
iPad 20 台パックプラン  445,000 円
※上記料金は税抜価格となります。
※上記料金は1回のイベントのための2週間のレンタル利用を想定。(回答データは1ヵ月間閲覧可能)
※iPad の配送料は、送付先に応じて別途算出する。
※アンケート設問内容の設計サポートをご要望は個別に対応する。
※20 台以上要望の場合は別途相談すること。

<iPad アンケート「Anky」ウェブサイト>
http://www.anky.jp/

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。