Home » News » コミケ開催延期、収容人数上限超過を懸念

コミケ開催延期、収容人数上限超過を懸念

2021月年5月2日~4日に開催を予定していた「コミックマーケット99」(会場:東京ビッグサイト)の開催が延期となった。

東京ビッグサイトの『展示会等における新型コロナウイルス感染防止のための対応指針』やイベント開催状況を見据えつつ、「これまでの様に1日に20万人を集めるような形での開催はコミックマーケット99ではできず、様々な制約条件の下、1日数万人程度の来場者の規模とならざるを得ない」ことを前提に計画を立案し、開催実現に向けて、様々な検討・調整・準備を行ってきた。

また、2020年12月10日には、東京ビッグサイトを会場とする同人誌即売会等の主催団体が事務局となっているDOUJIN JAPAN 2020の一員として、『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下における同人誌即売会の開催ガイドライン』を作成・公開した。同ガイドラインは、東北医科薬科大学 医学部 感染症学教室 賀来満夫特任教授ら感染症の専門家や内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室、文化庁、株式会社東京ビッグサイトの協力を得て作成したもの。コミックマーケット99も、同ガイドラインに基づく適切な新型コロナウイルス感染症対策を前提として、開催準備を進めていた。

しかし、新型コロナウイルス感染症に関連して、2021年1月7日に2回目の緊急事態宣言が発出される状況となり、2月7日には1か月間の期間延長が行われた。さらに2月26日、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より出された『基本的対処方針に基づく催物の開催制限、 施設の使用制限等に係る留意事項等について』では、緊急事態宣言解除後の経過措置期間(~4月11日まで)として、イベント開催における収容人数の上限が「『5,000人又は収容定員の50%のいずれか大きい方』又は『10,000人』のいずれか小さい方を上限」と定められるなど、緊急事態宣言解除後のイベント開催について、これまでよりも厳しい制限が課せられる見通しとなった。

3月5日には東京都を含む1都3県に対する緊急事態宣言が2週間延長され、併せて発表された『緊急事態宣言の延長等に伴う特定都道府県における催物の開催制限、 施設の使用制限等にかかる留意事項等について』は、上述した2月26日付の留意事項等と異なり、経過措置期間の終了時期が明確に示されていなかった。

そのため、3月21日に緊急事態宣言が解除された場合、1万人を収容人数の上限とする経過措置期間が2021年GWまで延長される可能性がある。また、経過措置期間がこれまでと同様に1ヶ月間、4月25日頃までだった場合でも、イベントの開催制限がその後も別の形で継続される可能性もある。直前に開催を断念し中止や延期した場合、参加者や関係者がより大きな影響を及ぼすことになる。こうした大きなリスクを考え、また、サークルの当落公開後に延期等の発表を行うことは、サークルの皆さんの同人誌の製作作業の負担等となることも考慮し、現時点で開催延期を判断したという。

コミックマーケットを含めた同人誌即売会のみならず、各種イベント・展示会・即売会は、それぞれ規模・地域・特質が異なる。コミックマーケット99の開催延期は、現時点で想定される情勢における、あくまでコミックマーケットの特質を踏まえた判断だという。

同イベントでは、新型コロナウイルス感染症の影響を厳しく受けている一方で、関連する個人・法人も多く、非常に裾野の広い文化・産業でもあり、政府・地方自治体等からのより一層の支援が求められている。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts

1 Comment