木梨憲武、光の祭典体験に創作意欲UP 来年出品に硬い握手も「TOKYO LIGHTS 2023」

木梨憲武,石多未知行,TOKYO LIGHTS 2023,

9月8日から10日まで開催される*「TOKYO LIGHTS 2023」のプレスプレビューが7日に行われ、大会総合プロデューサーの石多未知行さん、LINK TOWER パフォーマンス演出の藤本実さんがTOKYO LIGHTS 2023および光の祭典エリアについて見所を語った。*9月8日は台風の影響で、中止が発表された。9・10日は実施される予定。

石多未知行,

大会総合プロデューサーの石多未知行さん

 

LINK TOWERパフォーマンス演出,藤本実

LINK TOWERパフォーマンス演出について語る藤本実さん

 

今回、スペシャルナビゲーターに就任した木梨憲武さんもゲスト出演し、アトリエを持つアーティストの観点からTOKYO LIGHTS 2023の魅力についてを伝えた。

木梨憲武,TOKYO LIGHTS,

光の祭典「TOKYO LIGHTS 2023」スペシャルナビゲーターの木梨憲武さん

 

また、オープニングショーではオフィシャルアンバサダーを務めるGReeeeN監修の下、全4曲のメドレーに合わせたプロジェクションマッピングを披露。光と映像とダンスの融合でしか目にすることの出来ない特別な体験での演出を楽しむことができる。

オープニングショーはGReeeeN監修

「TOKYO LIGHTS 2023」は、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館(新宿区霞ヶ丘町1-1)及び明治神宮外苑総合球技場軟式球場を会場に、世界最大級のプロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」と、非日常感のある、光の世界を旅する「光の祭典エリア」で展開される、光のイベント。

今年の国際大会には、「LINK」をテーマ〜に、過去最多の58の国と地域から281作品がエントリーがあり、世界一を競う。なかにはAIで制作された作品もあり、プレビューでも1つはAI作品が上映された。大会総合プロデューサーの石多さんが、ゲストの木梨さん、MCサッシャさんに「どれがAIかわかりましたか?」と問うと、思い思いに回答するも、2人とも予想はハズレ。9・10日には20作品が上映されるので、AIを予想しながら、また各国の文化などにも思いを馳せながら「国際性、多様性を楽しみながら鑑賞してみてほしい」とした。

明治神宮外苑 総合球技場軟式球場で展開される、光のアートや音楽を融合させた「光の祭典」には、「光の振付師」として国際的イベントの開会式に LED 演出を手掛けた MPLUSPLUS の藤本実氏や、 THINK AND SENSE の松山周平氏、他に dod、PRISM らトップクリエイターたちが力を合わせ、光の祭典を創り上げる。

光の祭典エリア「LINK TOWER」

国際大会のプレビュー、そして光の祭典エリアとどちらも体験した木梨さんは「TOKYO LIGHTSは、まだ出会ったことのない世界に、みなさんで突入できる世界だと思う。一緒に楽しみたい」と話すとともに、「自分の油絵のモチーフをプロジェクションマッピング化したり、日本人らしく文字だけでシンプルに表現したらどうだろうと、みているとさまざまに思いつく」と創作意欲に火がつき、来年の出品に石多さんとの硬い握手も交わした。

2021年より始まり、東京の新しい風物詩として未来へのメッセージを発信する。

TOKYO LIGHTSの『LIGHTS』には、未来の可能性を示す「ビジョン」、表現技術を示す「先進性」、これからを担う「人材」、それらを育み集まる「コミュニティ」など様々な意味が込められている。こうした「光」を集め、その化学反応によって輝く希望のメッセージを東京から世界へ届けていく、としている。

9月9日・10日に開催される「TOKYO LIGHT2023」では、GReeeeNオープニングショー、国際大会ファイナリスト20作品、招待作家スペシャル作品2作品のほか、光の祭典エリアで、が堪能できる。入場には有料チケットの購入が必要。

https://peatix.com/group/12752261/events

 

なお、新たな企画として「国際シンポジウム」も開催。シンポジウムでは、オーストラリアの 「VIVID SYDNEY」、フランスの「Fête des Lumières」という2つの世界的な祭典ディレクターが来日し、各都市の成功事例から、夜間観光コンテンツの可能性と日本のインバウンド戦略の糸口を探るもの。 今回はナイトタイムエコノミー推進協議会(JNEA)の企画協力を得て、国内での現状についても照らし合わせ、これからの日本のナイトタイムの活用について、グローバルな視座で議論を深める内容となっている。

 

TOKYO LIGHTS 2023 プレビュー

 

TOKYO LIGHTS 2023,

(左から)MCサッシャさん、スペシャルナビゲーター木梨憲武さん、大会総合プロデューサー石多未知行さん

 

光の祭典エリア

光の祭典エリア

 

*映像はプレスプレビューにて上映された国際大会の最終選考に残った20作品のうち6作品と招待作家によるスペシャル作品2作品

#Tokyolights2023 #1minutePM

 

【TOKYO LIGHTS 2023】

会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館(新宿区霞ヶ丘町 1-1)
及び明治神宮外苑 総合球技場軟式球場 開催日時:
【国際大会】2023 年 9 月 8 日(金)〜9 月 10 日(日) 18:00 開場/21:00 閉場 ・9月8日〜9日/国際大会(2回公演)第1部 18:30-19:20 第2部 20:00-20:50 ・9月10日/国際大会(1回公演)・授賞式 19:00-20:50
【光の祭典エリア】
2023 年 9 月 8 日(金)〜9 月 10 日(日) 18:00 開場/21:00 閉場

TOKYO LIGHTS 2023 公式 HP https://tokyolights.jp

※入場の際は事前にチケットの予約が必要です。

 

【TOKYO LIGHTS 国際シンポジウム】

日時:2023 年 9 月 10 日(日)10:30〜16: 30(開場 10:00)
料金:無料 (事前にチケットのお申し込みが必要です)
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム ホール B(東京都港区虎ノ門 1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4 階)

主催:TOKYO LIGHTS 2023 実行委員会
共催:東京都
企画:一般財団法人プロジェクションマッピング協会
企画協力:一般社団法人ナイトタイムエコノミー推進協議会(JNEA)
協力:森ビル株式会社

https://peatix.com/group/12752261/events

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る