マスク姿の新たな魅力を引き出すコンテスト 「フィッティ(R)マスク美人コンテスト2016」を開催

玉川衛材株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 玉川雅之)は、マスクブランド「フィッティ(R)」において、一般の方からマスク姿の写真を募集し、最優秀賞を決定する「フィッティ(R)マスク美人コンテスト2016」を2015年12月22日(火)から開催する。2013年から3回目の開催となる今回は、新しいコミュニケーションツールとして人気のSNSサービス「インスタグラム」を活用して実施。

■「フィッティ(R)マスク美人コンテスト2016」について
本年度で3回目の開催となる玉川衛材株式会社のマスク美人コンテストは、マスクの新しい楽しみ方を情報発信する事をコンセプトとして、一般の方々からマスク姿の写真を募集し、その中から最優秀賞(及び優秀賞)を決めるコンテスト。本年度はこれまでのコンセプトを継続しながら、「HAPPYマスク」をテーマに、人気のSNSサービス「インスタグラム」を活用して“マスクを使った皆様のHAPPYな姿”を幅広く募集。

==============================================================

【コンテスト名】 「フィッティ(R)マスク美人コンテスト2016」
【実施期間】 2015年12月22日(火)~2016年3月21日(月)まで/3ヶ月間
【投稿テーマ】 本年度のコンテストのテーマは「HAPPYマスク」。コンテスト期間中、3回の期間に分けて公式アカウント「@mask_bijin」から「HAPPYマスク」に関連したテーマを出題。
<テーマ1>募集期間:2015年12月22日(火)~2016年1月21日(木)/結果発表:2月5日(金)10:00 WEB公開
<テーマ2>募集期間:2016年1月22日(金)~2月21日(日)/結果発表:3月4日(金)10:00 WEB公開
<テーマ3>募集期間:2016年2月22日(月)~3月21日(月)/結果発表:4月5日(火)10:00 WEB公開

【応募方法】
STEP 1 「インスタグラム」アプリをスマートフォンにインストール
STEP 2 インスタグラムを起動し、コンテスト公式アカウント「@mask_bijin」をフォロー
STEP 3 テーマに沿った“ハッピーマスク”な写真を撮影
STEP 4 撮影した写真にハッシュタグ #●●●●をつけて投稿 ⇒ 応募完了!

【応募に関する注意事項】
撮影に使われるマスクは、一般的な家庭用マスク(カゼや花粉対策等の目的で使用される衛生マスク)であればメーカー等の制限はない。

【賞品】 当選者数は各回5名様×3回で合計15名様。
最優秀賞(1名)・・・賞金10万円+タマガワ商品詰め合わせセット
優秀賞(3名)・・・タマガワ商品詰め合わせセット
くみっきー賞(1名)・・・タマガワ商品詰め合わせセット+くみっきーさんサイン入り「U-160 Under160cm GIRL’s STYLE BOOK」等

【当選発表】
玉川衛材及びマスク美人コンテスト2016事務局によって厳正な抽選を実施の上、テーマごとに最優秀賞1名、優秀賞3名、くみっきー賞1名を決定。
玉川衛材ホームページ:http://www.tamagawa-eizai.co.jp/

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る