新しい都市の祭典「うめきたフェスティバル2016」 驚きや感動に出会える10日間、約30件の開催プログラム決定

うめきたフェスティバル2016実行委員会(委員長:宮原 秀夫)は、2016年3月25日(金)から4月3日(日)までの10日間、グランフロント大阪(大阪府大阪市北区)で開催する新しい都市の祭典「うめきたフェスティバル2016」の驚きや感動に出会える約30件の開催プログラムを決定した。

「うめきたフェスティバル2016」公式サイト
http://www.grandfront-osaka2.jp/umefes2016/

「学びと文化」「エンターテインメント」「国際交流ビジネス」のテーマの下、日本の食文化の魅力を発信する食育活動「Umekiki旬食マルシェ」や、ナレッジキャピタル参画者による革新的な活動の発信と、中学生・高校生を対象に「未来の仕事を考える」をテーマに広くアイディアを募るコンテスト「Knowledge Innovation Award 3rd.」など、これまで開催してきた魅力的なプログラムを同時開催。身体と映像を使ったメディアアートパフォーマンスを取り入れたナイトパレード(グローイングパレード)や、企業・大学による生活と社会の未来像を展示する「うめきた未来ラボ」など、本フェスティバルを象徴するコンテンツを加えた約30件のプログラムを開催する。

■開催概要
・名称:うめきたフェスティバル2016
・日程:2016年3月25日(金) ~4月3日(日)
・会場:グランフロント大阪
・主催:うめきたフェスティバル2016実行委員会(グランフロント大阪事業者12社※、一般社団法人グランフロント大阪TMO、株式会社KMO、一般社団法人ナレッジキャピタル)

※グランフロント大阪事業者12社:NTT都市開発株式会社、株式会社大林組、オリックス不動産株式会社、関電不動産株式会社、新日鉄興和不動産株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、東京建物株式会社、日本土地建物株式会社、阪急電鉄株式会社、三井住友信託銀行株式会社、三菱地所株式会社

開催プログラムは、
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3966.pdf
グランフロント大阪
http://www.grandfront-osaka.jp/

詳しい情報は http://www.grandfront-osaka2.jp/umefes2016/

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る