第3回『ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック』3年連続開催決定 5月18日より参加申込受付開始

一般社団法人スポーツフォーライフジャパン(東京都渋谷区、代表理事:手嶋雅夫)と、三井不動産レジデンシャル株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:藤林清隆)は、企業対抗大規模スポーツフェス「ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック」の開催を決定し、本日5月18日より参加申込みの受付を開始した。両社は、第1回大会の開催時に大会運営を担う「ザ・コーポレートゲームズ 東京 実行委員会」を組成し、3年連続・3回目となる今大会も、両社からなる実行委員会が大会を開催、運営する。当大会では、スポーツを通じた人材交流を軸に、国内外からの参加者による地域活性化や東京湾岸エリアでの先進技術等にかかる実証実験への協力を図るとともに、今大会の新しい取り組みとして、日本最大級のイベント企画学生団体「AGESTOCK2016実行委員会」と企画・運営面でコラボレーションし、学生と社会人の交流促進の活性化も図っていく。

■「ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック」の特徴

2014年の初開催から過去2回の大会を通し、協賛企業様65社、参加企業468社、参加者数約16,000人。 (※参加企業数、参加者数は延べ数)
本年開催の「ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック」は、10種目のスポーツ競技を実施予定。さらに、競技参加者全員が参加できる懇親パーティー「ゲームズセレブレーション」や表彰式典である「クロージングアワードセレブレーション」等、前回大会でも好評であった参加者同士のコミュニケーションの機会を複数設け、スポーツで競い合い、付帯イベントで仲間を称え合う、参加者同士の交流を重視した大規模スポーツフェス。

■「ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック」の開催概要
大会名称: ザ・コーポレートゲームズ 東京 2016 アジア パシフィック ( Asia Pacific Corporate Games in Tokyo 2016 )
主催: ザ・コーポレートゲームズ 東京 実行委員会 (構成委員:一般社団法人スポーツフォーライフジャパン、三井不動産レジデンシャル株式会社)
開催日程: 2016年11月5日(土)・6日(日) <競技大会、開閉会式、付帯イベント>
開催場所: 東京都の湾岸エリア(中央区、江東区) の10数カ所におよぶスポーツ関連施設
開催競技: リレーマラソン・フル/リレーマラソン・ハーフ/フットサル/ドッジボール/野球/ソフトボール/バレーボール/綱引き/バスケットボール(3×3)/ボウリング
参加人数: 約10,000名(予定)
開催内容: 各種目の競技大会、 「キャプテンブリーフィングセッション(競技ルール説明会)」、「ゲームズセレブレーション(懇親パーティ)」、「クロージングアワードセレブレーション(表彰式典)」
参加費用: お一人 6,480円(税込)
参加申し込み方法: 下記大会HPより
オフィシャルサイト: https://asiapacific.corporate-games.jp/2016/
参加申し込み期間: 2016年5月18日(水)〜9月16日(金)【先着順】

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る