Home » News » 絶対に再生医療JAPAN & BioJapanに来場すべき3つの理由

絶対に再生医療JAPAN & BioJapanに来場すべき3つの理由

今、国内のバイオ関連市場が熱気を帯びている。これまで日本を支えてきた数々の産業が成熟期を迎える中、多くの企業が新規事業探索・創出をテーマとしてライフサイエンスビジネスに注目している。ライフサイエンスは経済成長の最後の砦の一つになると言っても過言ではなく、2014年に国内で再生医療関連法案が改正施行され、再生医療分野での産業化が少しづつ加速している。業界のキープレーヤーたちの出会いと交流の場を創出し、再生医療マーケットがワンストップで見られる再生医療JAPANとアジア最大級のパートナリングイベントBiojapanが、10月12日(水)~14日(金)パシフィコ横浜で開催される。

事前来場登録はこちら
http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html

◆要注目!こんな企業・団体と会える 再生医療JAPAN

・セルシード
再生医療等製品を開発中のリーディングカンパニー。
日時:10月12日(水)12:30-12:40
場所:展示会場内オープンステージ
・神奈川県ライフイノベーションセンター
8月末に開所式を迎えたばかりの神奈川発、再生・細胞医療の国際拠点に国内外が熱視線。
ライフイノベーションセンターの取り組みや今後の展望についてご紹介。
・シミック
再生医療分野のコンサルティング専任チームが10月1日に発足予定。
開発戦略の立案から当局対応、承認申請、許可取得まで再生医療ビジネスにおけるトータルソリューションをご提供。
・ナカライテスク
iPS細胞を心筋細胞へ分化誘導する培地を、東京大学の内藤特任助教と共同で開発。
今後発売予定の新製品を紹介。
・フィルジェン、マイクロジェット、ハイバーテック
3Dバイオプリンターとは、プリンターのように生きた細胞を打ち出して組織を作り上げる装置。
フィルジェンはデスクトップ型の小型プリンターをご紹介。

全出展者一覧はこちら
http://biojapan2016.icsbizmatch.jp/Info/jp

◆外資系製薬企業のホンネ 産学連携の促進に向けて 特別セミナー開催

サノフィ、バイエル ファイザー、MSD、日本イーライリリー、ロシュファーマジャパンの事業開発・ライセンシング担当者がパネルディスカッションを実施。
日時:10/13(木)14:00~ 場所:展示会場内オープンステージ

詳細はこちら
http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/2016seminar/openstage/special.html

◆今最もホットな3名のパイオニアが基調講演に登壇

先端医療振興財団 理事長である本庶 佑氏は、がん治療を目的とした全く新しいコンセプトの抗体医薬品を開発。
武田薬品工業の代表取締役社長CEO Christophe Weber氏は2014年に武田薬品工業のCOOに着任して以来、グローバル戦略の主軸としてリーダーシップを発揮し、欧米、新興国での存在感の強化に着手。

【基調講演】10/12 (水) 10時-11時半
・「免疫学の復権」本庶 佑(公益財団法人 先端医療振興財団 理事長)
・「The Future of Pharmaceutical Companies」Christophe Weber(武田薬品工業株式会社 代表取締役社長CEO)
・「再生医療が拓く新しい医療」戸田 雄三(一般社団法人 再生医療イノベーションフォーラム 代表理事・会長)

詳細はこちら
http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/2016_organizer_sponsor_luncheon_seminar.html

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。